【初月無料キャンペーン中】gooドクター

日本列島における、新石器人、縄文人、弥生人ってそれぞれ断絶してるのですか?

A 回答 (6件)

新石器人については人骨等の個体数が少なすぎることもあって、まだ良く分かっていない。

今後の考古学的成果が期待される。現状では縄文人との連続性は証明されていない。

縄文と弥生は混血が進んでいる。記紀でも、日本に渡来した天孫族(弥生人)は数も少なく男性中心だったと思われるが、渡来当初から地元の薩摩隼人などの縄文人と思われる部族の女性と婚姻を繰り返していることが示唆されている。

最近の研究では、時代はかなり下るが、古墳時代の遺跡から別系統の中国大陸系の人骨が発見され、それらの民との混血で現代日本人が形成された可能性を唱える学説が最先端の研究だろうか。
    • good
    • 0

混血を繰り返しているんだから断絶してるってことはないでしょう。

それよりも面白いのは、古墳時代の人と弥生人の間には遺伝子に違いがあって、現代人は単なる弥生人の子孫というわけではないらしい。先週、そういう論文の発表がありました。
    • good
    • 0

個々の集団ならば、イロイロの場所で、イロイロの時期に、その集団が消滅し構成員の血統が絶えてしまったということなら、沢山あったでしょう。


ただ、例えば、22,222年前に日本列島に生きていた人間の血統が11,111年前には途絶えていたとか、33,333年前に生きていた人間の血統を継ぐ者は22,222年前にはいなかったというようなことはなかったでしょう。

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/18/071000 …
https://news.yahoo.co.jp/articles/0385168d8bc581 …
https://news.yahoo.co.jp/articles/2d779fce8b384f …
https://www.asahi.com/articles/ASP6F4FX4P6BULBJ0 …
人間は、他の動物に比べて他集団の個体を簡単に受け入れることが多いですから、移動先でであって混血してしまうことが多いです。
    • good
    • 0

9万年前・・きっとアフリカから空でも飛んできた超文明の先祖様が居たのでしょうね、痕跡はなくともw

    • good
    • 0

系譜は続き、定住と移民による混血が進んでいった可能性が一番自然だと思います



ただ、旧石器時代の9万年前に阿蘇山が大噴火していますから、九州方面に関しては、一度人類は絶滅している可能性が高い気はします
    • good
    • 0

我々はその子孫で遺伝されてますけど

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング