Apple IDログイン機能メンテナンスのお知らせ

金城学院の公募推薦

金城学院の公募推薦、適性検査型で合格した場合
必ずそこに入学しなければいけませんか?

A 回答 (2件)

金城学院大の「入学試験要項」をよく読んでください。

一応、私の見解は回答しますが、もし間違っていても何の保証も出来ません。入試という人生が掛かっているような大事なことは、大学の公式情報が唯一の正解です。

要項のp.9-10に「一般公募推薦型推薦入試[適性検査型]併願制・[適性検査・面接型]専願制」2種類の要項があります。あなたが質問しているのは「適性検査型(併願制)」のほうですよね。
p.9の「出願資格」のところに、「適性検査・面接型」のほうには「(4)合格した場合は必ず入学する意思のある者。」の項目があるのに対し、「適性検査型」のほうにはこの(4)の項目がありません。
また、p.10の「入学手続き」のところに注意事項として「[適性検査型]の入学手続金について」の最後の方に、既に期限までに納入済みの入学金・授業料について「他大学へ入学された場合は返還いたしません」という文言があります。つまり、「適性検査型」のほうは、合格手続きを済ませた人でも辞退して他大学に入学することを想定しているということになります。

ただ、要項を読んでも本当に合格を辞退てきるのかどうか、わかりやすく買い手はいないですよね。それは、大学側からすれば推薦入試の合格者には基本的に合格辞退して欲しくないし、併願型だとしても、基本的に推薦入試というのは高校が「この生徒は優秀で、貴大学に行きたいと強く望んでいることを保証しますよ」と推薦する形式なので、気軽に受験して気軽に辞退できると思われては困るからでしょう。
なら専願のみにすれば良いのでしょうが、私大は受験そのものが受験料や入学金という収入の貴重な機会ですから、併願可能ですよ、という選択肢も用意することで、受験生を集めたいという事情があったりします。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

分かりました!
すごく丁寧な回答ありがとうございます!

お礼日時:2022/02/05 12:16

推薦入試はその性質から言って公募推薦だろうが指定校推薦だろうが基本的には合格すれば入学しないといけません。

ただし中には併願の効く公募推薦もあります。併願か効くかどうかは募集の時点で発表されているので、知らないのであれば先生を通じて確認するべきです。なお最初の回答者の方が書かれた「入学試験要項」の類には一般入試の場合しか書かれていないはずなので、推薦入試については何も書いていないと思います。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています