痔になりやすい生活習慣とは?

膀胱洗浄は逆に感染を起こしやすいという理由からも、近年行わなくなってきていると聞きました。
その為か文献もほとんどなく、調べようがありません。
手順と注意点や根拠などを詳しく教えていただきたいです。
また、バルーンカテーテルではなく、自己導尿用のネラトンカテーテルを用いて膀胱洗浄を行うやり方があれば教えてほしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 「国立大学病院集中治療部協議会:ICU感染制御CPG策定委員会、ICU感染防止ガイドライン、じほう、2003」の中で、「膀胱洗浄は閉塞が予測される場合以外は避ける(A-III)」と書かれているようです。



推奨ランクの「A」とは、「強く推奨する」もので研究論文のランク付けとして「III」とは、「症例集積研究や専門家の意見」とのことです。

 膀胱留置カテーテルに関して、このガイドラインの中では他には「膀胱留置カテーテルの無菌的な挿入と維持に関する正しい技術をもった医療従事者だけが膀胱留置カテーテルを取り扱う(A-III)」「医療従事者はその教育を定期的に受ける(A-III)」「膀胱留置カテーテルは清潔器具を用いて無菌的操作で挿入する(A-III)」「必要時に必要な期間だけ留置されるべきである(A-III)」「閉鎖式採尿システムを使用することによって尿路感染を減少しうるので、清潔な閉鎖式採尿システムを維持する(A-III)」があるようです。

 また、「感染コントロールとしての、導尿患者の定期的な細菌培養検査は行わない方がよい(B-II)」「予防的な抗菌薬投与が尿路感染を減少させたとする明確な証拠がないため、行わない方が良い(B-III)」「抗菌薬による膀胱の持続洗浄には有用性が認められておらず、ルーチンの感染予防として行わない方が良い(B-I)」とも書かれているようです。

 ご質問の全てに回答できたわけではありませんが、膀胱洗浄が行われなくなってきた根拠は、こんなところかと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q膀胱洗浄について

病院勤務の看護師です。

最近はほとんど行わない膀胱洗浄ですが、先日医師より指示があり、3wayのバルンカテを入れて閉鎖式で行いました。
そのさい、思い込みによるミスで生理食塩水ではなく注射用滅菌蒸留水で実施してしまいました。

患者の状態に変化はありませんでしたが、滅菌蒸留水で膀胱洗浄を行った場合、どのような害がかんがえられますでしょうか?

ご教授、ご意見をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

生食と蒸留水では浸透圧が違うのはご存知ですよね。

蒸留水が膀胱に入ると、浸透圧差で水が膀胱から体内に吸収されます。
少量なら大きな問題にはなりませんが、多量に入れると低ナトリウム血症等、いわゆる水中毒になります。
心機能が低下している場合には、心不全を起こしたりします。酷いと死に至ります。
インシデントレポート書かないといけませんね……。

Qバルンカテーテルの挿入の仕方のポイント

ある施設の看護婦ですが、非常勤の医師はいますが、殆どバルンはナースがいれないといけません。医師の介助はしたことがあるのですが実際挿入したことがないのでうまく入れるポイントなど男性、女性の場合どちらもどなたか教えてください。看護婦も少なく殆ど一人でしないといけないので困っています。

Aベストアンサー

これは私が新人のころ先輩に教わったコツなんですが、お役に立てればと思います。 
 まず男性の場合→はじめは下向いてるペニスをバルンを自分が入れやすい角度で持ち、挿入していきます。しばらく入れていくと、壁にあたったような軽い抵抗を感じます。そうしたら、ペニスを直角にするか、腹部のほうに向けて再び挿入していきます。男性の尿道の長さより2~3cm長く挿入し、バルンを膨らませます。初めから直角に持って挿入しても問題ないと思います。 
 また、仮性包茎の人は、しっかりと皮をむいてから挿入し、挿入後は皮を元に戻しておきましょう。勃起したときに、俗に言うカリの部分が締め付けられて亀頭がうっ血してしまうのです。(泌尿器科のDrが言ってました)
 前立腺肥大のある患者さんはこの方法でも入りにくい場合があります。そのときは無理をせず、Drに挿入してもらってください。 
 女性の場合→陰核の下あたりにバルンの先端を当て、まっすぐ滑らせていけば尿道に入ることが多いです。しっかりと開脚してもらい、尿道が見えるように、大陰唇や小陰唇を指で広げましょう。バルンの膨らませ方は男性と一緒です。
 たまに尿がチューブ内に逆流してこないときがありますが、くれぐれも入れ過ぎには注意してくださいね。膀胱を傷つけてしまいますから。

これは私が新人のころ先輩に教わったコツなんですが、お役に立てればと思います。 
 まず男性の場合→はじめは下向いてるペニスをバルンを自分が入れやすい角度で持ち、挿入していきます。しばらく入れていくと、壁にあたったような軽い抵抗を感じます。そうしたら、ペニスを直角にするか、腹部のほうに向けて再び挿入していきます。男性の尿道の長さより2~3cm長く挿入し、バルンを膨らませます。初めから直角に持って挿入しても問題ないと思います。 
 また、仮性包茎の人は、しっかりと皮をむいてから挿...続きを読む

Q【医療従事者の方へ】針刺し事故をしてしまいました。。不安です

今日、初めて針刺し事故をやってしまいました。
患者さんの処置の際、点滴中の翼状針が抜けているのに気づかず、私の指にチクっと刺さったのです。すぐに流水で5分程度流し、肝臓内科を受診し、私と患者双方のB・C肝検査をしました。
土曜の時間外でしたのでそれらの結果は週明け、しかも連休中なので、3日後にしか分からないとのことでした。本来、患者側がB(+)の場合、グロブリン投与を48時間以内に行うということですが、1週間以内なら効果は変わらないから、週明けに投与しても問題ないということでした。一刻も早く検査とグロブリン投与をしてほしいところですが、専門医がそういわれるので、それに従うしかありません。が、そんなに悠長なことで大丈夫なんでしょうか?
チクっとしか刺していないし、すぐに流水洗浄をしましたが、時間が短くやや不十分であったこと(穿刺部をもっと爪でギュっとしごくようにすればよかった)と、消毒をアルコールで軽くしかしなかったことをすごく後悔しています。
点滴の針なので、血液の付着も(見た目的には)ないと思うので、感染の確率は低いとは思いますが、やはり不安で仕方がありません。

職場には針刺し事故に関するマニュアルがあり、グロブリン投与や今後定期的に肝機能検査を行うことなどの記載があり、体制としてはしっかりしていますので、それに準じていれば安心かなとも思います。ただそれにはHIVのことが一切含まれていないので、自費で抗体検査をするしかないかなと思います。
私の周りで針刺し経験者は何人かおり、みな健在ですが、全国では亡くなった医療従事者も少なからずいるみたいで、不安が募る一方です。
このままだと連休中、ずっと悶々としそうです。
できればちょっと安心できるような回答がいただけたらなあと思って質問してみました。

今日、初めて針刺し事故をやってしまいました。
患者さんの処置の際、点滴中の翼状針が抜けているのに気づかず、私の指にチクっと刺さったのです。すぐに流水で5分程度流し、肝臓内科を受診し、私と患者双方のB・C肝検査をしました。
土曜の時間外でしたのでそれらの結果は週明け、しかも連休中なので、3日後にしか分からないとのことでした。本来、患者側がB(+)の場合、グロブリン投与を48時間以内に行うということですが、1週間以内なら効果は変わらないから、週明けに投与しても問題ないということでした。...続きを読む

Aベストアンサー

針刺し事故で医療従事者が感染するかどうかは、患者さんがウイルス保有者であること、患者さんの血液量が多いこと、本人の体調が悪いこと等が関係すると思います。貴女の事故の場合、翼状針が刺さったと言うことですので、おそらく貴女に入った血液量としては非常に少ないのではないでしょうか。量が少なかった場合にはたとえ患者さんがウイルス保有者であったとしても感染する可能性は少ないと考えます。また、患者さんがウイルス保有者であったとしてもそのウイルス量が問題で例えばキャリアであればウイルス量は少ないので感染する可能性は少ないと思います。また、貴女自身の免疫力も関係しますので、貴女が免疫力が正常で、その時の体調が悪くなければ、それほど問題にはならないと思います。あと、患者さんの疾患名が書いてありませんが、肝疾患患者ではないですね。肝疾患でなければたとえB型、C型が陽性であってもウイルス量が少ないので心配ないと思いますよ。それにHIVが心配と言うことですが、増加しているとはいえ、HIV患者はまだ日本には少なく、針刺し事故に関係した患者がHIV陽性であったという可能性は非常に低いと思います。いずれにしろあまり心配なされない方が良いかと思います。

針刺し事故で医療従事者が感染するかどうかは、患者さんがウイルス保有者であること、患者さんの血液量が多いこと、本人の体調が悪いこと等が関係すると思います。貴女の事故の場合、翼状針が刺さったと言うことですので、おそらく貴女に入った血液量としては非常に少ないのではないでしょうか。量が少なかった場合にはたとえ患者さんがウイルス保有者であったとしても感染する可能性は少ないと考えます。また、患者さんがウイルス保有者であったとしてもそのウイルス量が問題で例えばキャリアであればウイルス量...続きを読む

Q1Frは何mm?

吸引カテーテルなどの12Fr、1Frは何mmになりますか?(さっきの、質問に引き続きさせて頂きます)

Aベストアンサー

チューブ類のサイズ表示はFrは外径で、mmは内径です。

一般的には1Frは1/3mm(0.33mm)、3Frが約1.0mmです。
これは計算しやすく四捨五入されている数字です。

Fr÷3=mm(外径!)です

普通使うのは単純計算の1/3で十分ですが、本当ならチューブの厚みでの違いも入ってくるとmmの外径と内径の差が出てきますね。

例えば15Frのチューブと同じ太さのものは5mm(外径)
ですが、医療用に使われているチューブのmm表示は内径なので、5mmのものと15Frのものを比べると5mmの方が若干太いのではないでしょうか?

ちなみに挿管チューブは内径mm表示で吸引チューブは外径Fr表示です。
カテとかは内径mm・外径Fr両方が表示されているものもありますね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング