新生活を充実させるための「こだわり」を取材!!

30代男です。友人が自殺しました。原因は借金だったようです。実は私も自殺を考えていて、いついつに死ぬと日にちまで決めていたのですが、身近な人間が亡くなって、初めて死というものを意識するようになりました。私は恋人ができない悩みがずっとあったのですが、お金で苦しんで命を絶った彼の気持ちは分かりませんが、辛かったのはわかります。
彼にとって本当に良かったことなのか、他に方法は無かったのか、色々考えてしまいます。あの世があるなら、彼には天国に行ってほしいけど、そもそもそういうのがあるか分からないし、自分自身も死ぬということが正しいことなのか分からなくなってきました。
人は死んだらどうなると思いますか?

質問者からの補足コメント

  • 沢山の回答ありがとうございます。ここまで反響があるとはおもわずビックリしました。色々な考えがあるみたいですが、やっぱり死なないと分からないですよね。なんだか少し、死ぬことが怖くなくなりました。ありがとうございます。

      補足日時:2022/07/13 02:39
教えて!goo グレード

A 回答 (67件中1~10件)

人は死ぬとき、身体はなくなりますが、意識は元いた場所の集合意識的な存在に戻るのかなと思ってます。



人はそれぞれ個人で独立していると認識してますが、すべてはつながってるので生きてく中で個人それぞれが学んできたことを最後に持ち帰るのかなと、そんな気がしてます。

自分が行動するとき、動く一瞬前に脳では電気信号が送られてるそうです。自分が無意識で電気信号が送られてくるのは一体どこから?と思ったり、自分の身体だと思ってるのは本当はどこまでで、どこからが自分の意識なんだろうかとか考えてしまうときがあります。

もしかしたら自分個人で選択しているようで、全ての物事は必然で決まってて、本当はもっと大きな存在に動かされてるのかも?なんて、思ったりします。

悪いことばかりがずっと続くことはありません。
生きてて起きる出来事には、良いことも悪いこともあります。
ただそれを事象として映像をみてるように客観的に捉えられるようにする、すこし生きやすくなるかもしれません。
    • good
    • 1

宗教によくある天国地獄みたいなものはないと思う。

無なのかあの世があるのかまではわからないけど、天国地獄はあまりにも理不尽な分け方で行き先を決められるような話が多いからそれはないと思います。
何も無いというのが一番考えられるのかな。
あの世があるのかのうせいもあるはず。
結論、わからない
    • good
    • 0

自殺は他殺と同じぐらいの大罪で、幽界で末永く苦しむことになりますね。



借金で自殺するのも馬鹿馬鹿しすぎますね。

なるべく成仏できるよう諭すか本物の霊能力者に頼んで成仏させてあげてください。



人間も含めて生命の本質は霊魂であり、肉体は霊魂の仮の宿言わば衣であり、肉体が死ねば、生命の本質である霊魂は衣を脱ぎ捨て、自分に相応しい霊界に帰ります。

簡単に言えば、因果応報の法則で、善行を行なってきた善人は霊界の上層である天国に帰り、悪行を行なってきた悪人は霊界の下層である地獄に堕ち、善行・悪行を行ってきた普通の人々?は霊界の中間である中間層に帰るという事ですね。

天網恢恢疎にして漏らさずで、神も全てお見通しで、宇宙の森羅万象の全てがアカシックレコードにも記憶されており、霊界に帰った時に自分の現世での全ての行い・言動・心の思いなどを見せられるので、誤魔化す事もできないのです。

付け加えて、この世での経験や思いや行い・言動など以外、権力や地位や名誉や財産や家族などはあの世に持って行けず、これらに執着する人々ほど天国の門は閉ざされるという事です。

また、覚醒して、地球人類・日本国民の味方として良心と利他愛に従って善行を行っている本当の善人が、この世で地球人類の真の敵であり悪魔崇拝者でもある闇の勢力によって飴と鞭による支配構図の鞭である暗殺・冤罪投獄・首・左遷・デマ流し・民事訴訟などによる預金・財産の差し押さえ等で潰されて地獄のような経験をしようが、肉体の死後には霊界の上層である天国に向かい入れられるのも当然なのです。

これとは真逆で、地球人類の真の敵であり悪魔崇拝者でもある闇の勢力やこの手先や、これらに加担する闇の勢力の家畜・奴隷に成り下がっている人々が、肉体の死後、霊界の下層である地獄に堕ちるのも当然なのです。

たとえ、洗脳されて、悪政・悪行・犯罪などに加担させられている事に気づかなかったとしてもです。

地球人類の真の敵であり悪魔崇拝者でもある闇の勢力に加担させられている事にも気づかずに、地球人類・日本国民の味方を陥れたり被害を与えても、地球人類・日本国民の味方を潰す蛮行に加担した人々は特にですがね。

わかりやすく例えれば、イエス・キリストの迫害・磔に加担した人々ですね。

また、覚醒し日々改心し良心と利他愛に従って善行を行っている本当の善人が、肉体の死後に霊界の上層である天国に向かい入れられるのは当然ですし、

真逆で悪魔崇拝者や悪魔崇拝者の手先でもあるカルト信者や無神論者・拝金主義者・唯物主義者・利己主義者(自分さえ良ければ他人がどうなろうが社会がどうだろうがどうでも良いと考えている人々)や金・物・欲望の奴隷である社畜・国畜・イエスマンらが、肉体の死後、霊界の下層である地獄に堕ちるのも当然なのです。

また、自殺したり急死したりして、この世に未練や恨みがある人々は霊界に帰れず、この世とあの世の狭間である幽界で幽霊として成仏するまで後悔し苦しみ漂い続けます。

それから、 いくらこの世で権力、地位、名誉、財産、良い個性・才能、科学技術などを持っていようが、これらを善用するか、悪用するかも、神に試されているのです。

これらを世のため人のため・人々の幸福のためなどに善用した人々が、霊界の上層である天国に召され、悪用して人々に不幸をもたらした連中が、霊界の下層である地獄に召されるのも、宇宙の法則としても当然なのです。

霊界の下層の地獄で長い間反省し続けた元悪人の人々が、中間層に戻り、中間層で過ごしていた人々も含め、この世に生まれる必要があると思えば(カルマを償う事も含めて)現世に生まれてくるという輪廻転生を繰り返すのです。

下層の地獄で反省しない悪人ほど、下層の地獄に居続けるという事ですね。

生命の本質である霊魂が自ら進んでこの世に生まれてくる目的は、カルマを償うためもありますが、霊魂を磨くため、霊魂の修行のため、霊魂を進歩向上させるため、欠点を修正し長所を伸ばすため、生老病死や愛別離苦や怨憎会苦や喜怒哀楽などいろいろな経験をし、感動し、生命を謳歌するためです。

そして、生命は神の分霊で、輪廻転生を繰り返す存在で、天国の階段を一歩ずつ登り、神に近づいていく存在です。

そのためにも、日々改心し、自分を支えている神や守護神や守護霊や先祖・先人も含めた人々や自然や動植物やものなどに感謝し、世界人類の幸福や平和を祈り、良心と利他愛を発揮して善行を行う事が大切なのです。
「人は死ぬとどうなるのか」の回答画像67
    • good
    • 2

死んだら死にたいとも思わないし、楽になれる。


私も死にたい。
    • good
    • 0

死んだらどうなるのか。

その真実をわかるのが、死というものだと思います。死ぬとはどんなことか、死んだらどうなるのか、それは死んだときしかわからない。
わかりにくいですが、しょうがありません。僕はまだ生きています。死とは不可解でなければなりません。そうでなければ、誰もが一斉に死んでいくはずです。
    • good
    • 0

イスラム教徒の自殺率は非常に低いことが知られています。

コーランでは自殺を禁じています。定めの時が来て、アッラーのお許しを頂いてでなければ誰しも死ぬわけにはいかない。自殺は罪であり、永遠に焼かれ続ける。生前に善行を重ねれば死後に天国へ行ける。人は互いに助け合わねばならないのです。
    • good
    • 0

死んだら神様なった人から


size戻りの言霊破壊されたら
地球丸ごと貰えると言う報酬貰ったので

地球を破壊します
地球貰った私の姿形破壊やられ二度と元へは戻らないので
地球は二度と戻らない

それだけ
    • good
    • 1

死んでしまったらあなたの意識で作り出されていた世界が無くなる。


あの世は残された人がその人を記憶に留めるために作り出した空想世界。

体は法に則り火葬されて骨灰になり埋葬されて残るが、そこには物質・物体としての形しかなくて、あとはあなたに関わった人の記憶に残るだけ。
あなたの記憶に刻んできた世界は、楽しくとも辛くともあなただけが作り、管理する他の誰も触ることができないもの。
 事件や事故で他人に壊されることはあっても、守ることは自分にしかできないもの。
生きている状態は自然界の法則に逆らいものすごいエネルギーを使って維持されています。
その証拠に食べることを止めたり、酸素や水が無くなればたちまちエネルギーの低い、死んだ状態になります。
 ヒト以外の多くの生物は、生きている状態を保つために必死というか意識のない植物ですら「生」を保つ方向に活動します。
 生きている状態に疑問を持つのはヒトだけだと思います。それだけヒトの意識には強い感受性があり、苦しみや虚無感に打ち負かされて生を諦める気持ちになるのは複雑高度な意識世界を持っているからだと思います。
「自分は、人は何のために生きているのか」それを自分の意識世界の中で自問自答し続けているのがニンゲンなんだと思います。

 恋人はどこからかあなたにあてがわれるものではありません。あなたが求めているならば、外の世界に常に働きかけなければいけません。出来たらできたで、自分とは違う世界、価値観と常に向き合わなければなりません。
 それはあなたにとって本当に必要ですか?必死で求めてもダメならば何でそんなに恋人が欲しいのか、そもそもいなくてはダメなのか、いろいろ考えることはあるはずです。そして、あなたが活気にあふれて生きている姿に未来の恋人候補は立ち止まります。何かにぶら下がることなく力強く立ち続ける自分をイメージして、そうなりたいと行動することがあなたの疑問を解決してくれると思います。
何でもいいんです、ただあなたが楽しいと思うことを追求するだけです。
人に迷惑さえかけなければ、どんな自分でも好きに生きていていいんです。
    • good
    • 0

人は死んだら、もとの自然に還る。



人間は生きている時、実に不安定な存在として生きている。
証拠として、食事など栄養をとらないと死んでしまい、人間としての存在ができなくなる存在。

対して、もとの自然に還った状態、即ち人の死後の状態は、人間が生きている時よりもずっとずっと安定した状態。
言い換えれば、人は死してから安定した状態へと変化して、自然へと還って行く状態。

こちらこそ、不安定な人間の生の状態に対して、比べ物になどならないほどの安定化した状態といえよう。
こちらこそが真の姿である。
勿論、意識はない。
    • good
    • 2

ただ無になるだけだと思う、何の功績も無く死んだ場合は世の中かられて忘れ去られて行くだけです、著名な功績や悪名を轟かせた人達は時として後世で思い出してもらえるかな。

    • good
    • 1
1  2  3  4  5  6  7 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング