灯油缶をナナメに切って取っ手をつけた、三つ手ちりとり(鉄道ちりとり)を昔はよく、今でもたまに見かけるのですが、あれはどうやって製作するのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

まさに、リサイクル。

本来の形を活かしながら別用途に転用する。
通常の「ちり取り」より沢山ゴミ回収出来るし、取り口を上に向ければ箱となり、運ぶ時にこぼれない。
昔は、結構見かけたものです。

     作業の際、軍手をはめて、金属片の刺さり、金属のふちで切り傷を作らないように手を保護します。
製作の仕方は、
2つに分断するためのカット線を油性ペンで、定規を当てて線引きします。
その線を金工ばさみで切るために、線付近に穴をあけます。 穴をあける位置は、ちり取りとして使わない側に開けるのがミソ。
(金切りのこがあれば缶の角部分から引くと綺麗に切れ目が入ります)

穴、切れ目部分から金切りばさみの刃先を入れて線上を切ります。
この場合の 直線を切るのは、直刃(すぐば)ではなく、柳刃(やなぎば)が使いやすいです。(紙を切るのとは、勝手が違います)
切り口は、「かえり」が出来るので、要注意。線を逸れる事無く、正確に時間を掛けて切ります。仕上がり、見栄えを良くするには途中の行程が大事です。

切っている最中にも、切り口が波状に変形する事がありますが、平らな所で木槌で叩きまっすぐに直します。
切り口は、金工ヤスリでかえりを削ります。

切り口部分の強度を増やすために、「折り返し」「折曲げ」をつけます。
切り口が4辺あるうち、床に接する辺だけは「折曲げ」にし、他3辺は「折り返し」です。
「折り台」「打ち木」「刀刃」があると作業が、正確に出来ます。(直線で折曲げるのに、コツと慣れがいります)
「折曲げ」もぺったんこにしないこと、直線が生きてくる部分なので、ぺったんこ手前で止める。

持ち手部分(3点で支持)は、平棒(断面が長方形)を曲げて(使いやすい形)作ります。この持ち手にその人の「こだわり」が出たりします。
平棒と本体の接合は、平棒に穴あけしリベット接合したり、平棒同士の接合部分をアーク(電気)溶接する人もいます。
本体よりも持ち手の方が、難物です。

金属加工で使用する工具名がいくつか出てきましたが、検索すれば理解出来ると思います。
大雑把ですが、自身が経験した範囲の内容です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に書いてくださり、ありがとうございます。いくら検索しても見つからなかったので・・・・結構難しそうですね。トライしてみます。

お礼日時:2005/04/02 11:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一斗缶に本当に18リットル入るのか?

とあるサイトで「1斗9升5合の酒を…」と言うのがありました。
1斗は18リットル、1升は1.8リットル、1合は180mlと記憶しています。
灯油を入れる赤いポリタンクも確か18リットルだったはずです。
そこで頭の中でそれぞれをイメージしたのですが
一斗缶よりもポリタンクの方が大きいイメージで
一斗缶から一升瓶に注ぐと10本も無いような気がしてなりません。
つまり一斗缶が実際よりも小さいイメージが拭えません。
一升瓶と一斗缶、一斗缶とポリタンク
これらが同一のサイズで写真に収められているようなサイトは無いでしょうか?
できれば動画などで移し変えて「ほらピッタリ」と言うサイトがあればベストなのですが…

Aベストアンサー

直接測ってみました。
一斗缶は24×24×35センチ、20160立方センチです。
ポリタンクは33×17×37センチ、20757立方センチ。
一升瓶は直径10センチ、高さ40センチで、口いっぱいまで水を入れたら1900立方センチほど入りました。
(ひまなヤツ…笑)

一斗缶・ポリタンクは外側をざっくり測ったので、内容量はもっと少なくなります。
一斗缶に比べて、ポリタンクや一升瓶のほうがでっぱりが多いので、容量も多く感じられるのではないでしょうか。

Q台所の混合詮の取っ手が取れてしまいました(;´д`)!! リンナイのシステムキッチンの取っ手がポロッ

台所の混合詮の取っ手が取れてしまいました(;´д`)!!

リンナイのシステムキッチンの取っ手がポロッと外れ、差し込んで回せば使えなきは無いのですが、なにせ直ぐに外れてしまいます。
“万能ボンド”をつけて、一晩置いたのですが、接着されませんでした。
ワンホールタイプではなく、ネジ穴は見つからず、差し込んでプラスチック(?)のツメで止まっていた(写真)様です。

交換の仕方を御存知の方、同様の症状で業者さんに頼んだ方がいましたら、

個人で交換出来るのか?
そのやり方は?
業者さんに頼むと、幾らぐらいかかるのか?
教えてただければ、幸いです。

Aベストアンサー

たぶん取っ手の方にヒビが入ってしまっているのでは?(力が加わると広がってしまう感じ)
紐や針金のような伸びないものを下図の赤い所が広がらないように巻きつけて接着剤などで固めて乾いてから取り付けてみて下さい。

Q一斗缶の絵を描きたいですが

一斗缶の絵を描きたいのですが、私の力では難しいのです。
フリー素材で、一斗缶の、写真もしくはイラストが描かれているものをご存じないでしょうか。
また自分で書く場合、パワーポイントをどのように利用したら、一斗缶らしくなりますでしょうか。
どうか御助言宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フリー素材は知りませんが、PowerPointやWordでお絵かきするコツをご参考までに。

直線を使い、そのオブジェクトを右クリック「頂点の編集」を使い所々を曲げていく。

四角を画いたら「オートシェイプの書式設定」で色を付ける。

一斗缶であれば四角の頂点部分を「頂点の編集」で丸くしていけばそれらしくなると思います。

Q灯油缶のリフトアップ

給湯器の燃料タンクに灯油を供給する際に18リッター缶をタンク上部へ持ち上げて蛇腹ポンプで(サイホン利用)入れているのですが、女子供や老人の作業では無理があり危険です。最近は持ち上げずにタンクを地面に置いたまま電動(電池式)ポンプで供給しているのですが、非力であり、時間がかかり、よく途切れたりします。タンクをリフトアップするような安価な器具はないでしょうか。ちなみに80センチほどの高さ(落差)があります。自作で出来ればいいのですが、パンタジャッキくらいでは高さが全く足りません。

Aベストアンサー

給湯器の近くに屋外コンセントが有る場合です。
AC/DCアダプタを利用して、市販電動ポンプで揚げるのが簡単で速く安全です。

我が家では、100Vを3V/2Aに変換するアダプタ(コード長さ2m、
中国製525円)を使い、市販灯油ポンプ(自動停止機能付き、1200円位)で満足しています。
灯油ポンプ側にはアダプタ出力側に合うソケット(105円)を取付ました。
直接半田付けでもかまいません。
パワーが電池より遙かに強く、切れることもなく、当然サイフォン
より短時間で、満タンなら自動停止します。

18Lポリタンを安定して置ける、30cm程度の高さの箱(プラケースでも良い)を使って、
灯油ポンプの吐出口が無理なく燃料タンク給油口に入るようにしてください。

Q有機溶剤を運搬するには、一斗缶しかないのでしょうか?

現在、有機溶剤を運搬する容器には一斗缶(ステンレス)が一般的みたいですが、一斗缶は処分をするのにコストもかかるし、手間もかかると聞きました。

処分するのに一斗缶よりもコストがかからず、安全性のある容器は他にはないのでしょうか?

また、もし有機溶剤もシャンプーみたく詰め替えとして運搬することができるとするなら、処分するのに手間もコストもかからないのでは?と思うのですが現実的には無理なのでしょうか?

Aベストアンサー

工場ではドラム缶で購入し、ドラム缶から移し変えるなり、使い切るなりして、ドラム缶を再利用しています。もっと大きな工場ではタンクローリーで運んできて、工場の専用タンクに入れます。どちらも入れ物を廃棄しませんので容器ごみは発生しません。

少量の有機溶剤を使用する場合は瓶詰めの場合(ベンジン、アルコール、その他試薬など)もあります。この場合、ガラス瓶はガラスとして再利用可能です。

一斗缶がステンレスなのは、普通の金属だと溶剤に侵されて錆びたり腐食したりしやすいため。またステンレスは長期保存でもかなり丈夫で中味が缶から漏れ出すのを防ぎます。ステンレスにするのはそれなりに理由があるということでしょう。

おっしゃるように詰め替えのPET容器、PE容器にするのは大変良いアイデアだとは思うのですが、現場ではステンレス製の入れ物などに移していただかないと長期保存中に容器が腐食・劣化・破損などして中味が漏れ出す危険性があります。耐熱性にも問題があります。また移し変える入れ物は専用にしておかないと、残っていた溶剤と入れた溶剤が混ざって危険なガスが発生したり、火災を起こす場合もあります。単に運ぶだけでなく、保存することも考えるとステンレス缶になってしまうのだと思います。
ポリエチの袋を使用した液体の輸送については下記の記事も参考になると思います
http://www.po-aso.co.jp/encyc/page/21.html

灯油のようにガソリンスタンドようなところで量り売りしていただける有機溶剤があるのなら、ポリタンクで運ぶのもいいでしょう。ポリエチを侵さない溶剤かどうかを確かめてからご使用ください。

工場ではドラム缶で購入し、ドラム缶から移し変えるなり、使い切るなりして、ドラム缶を再利用しています。もっと大きな工場ではタンクローリーで運んできて、工場の専用タンクに入れます。どちらも入れ物を廃棄しませんので容器ごみは発生しません。

少量の有機溶剤を使用する場合は瓶詰めの場合(ベンジン、アルコール、その他試薬など)もあります。この場合、ガラス瓶はガラスとして再利用可能です。

一斗缶がステンレスなのは、普通の金属だと溶剤に侵されて錆びたり腐食したりしやすいため。またステン...続きを読む

Qアルミ缶とアルミ缶の接続

画像のように二つのアルミ缶を接続したいと考えています。
接続箇所は赤い線の部分で、缶の周りを隙間無くです。
缶の中で火をおこすので耐熱性も考えなければいけません。
銀ロウというのを見つけたのですがアルミには使えないようなので断念しました。

できれば溶接以外でこれらを接続する方法を教えてください。
溶接するしかないという場合は個人で溶接をする場合のオススメなどを教えてもらえるとうれしいです。

Aベストアンサー

耐熱アルミテープ
http://www.monotaro.com/g/00027776/

Q一斗缶のキャンロックタイプの蓋の開け方

一斗缶のキャンロックタイプの蓋の開け方
水分と一緒に食品が入った一斗缶のフタをうまく簡単に開ける方法が
ありますか?四隅をカッターでは切りたくないのです。
どなたか 教えてください。

Aベストアンサー

筍の水煮のような上に○の栓蓋がしてある一斗缶ですか。それでしたら○の部分を強く蹴飛ばすような感じで踏みつけると丸蓋が外れます。これで開きます。蓋の再利用は無理です。

Q18L缶(一斗缶)の最大内圧をご存知の方、教えて下さい。

18L缶(一斗缶)の最大内圧をご存知の方、教えて下さい。
具体的には、18L缶へ空気を送り込み、中の液を圧送したいのですが、どれくらいの圧力までなら掛けても良いのか判りません。おそらく規格上の最大内圧が有ると思うのですが、私には見つける事が出来ませんでした。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

18リットル缶の規格であるJISZ1602の耐圧試験では、下記の圧力をかけても漏れないことを試験します。

非危険物用
気密試験10kPa
水圧試験40kPa


危険物用
気密試験20kPa
水圧試験100kPa



最大内圧ではありませんが、この圧力までは耐えられると言うことで。
長時間や繰り返しの負荷に耐えられるかはわかりませんので、自己責任でお願いします。


http://www.jisc.go.jp/

Q一斗缶の耐久性

いざ自分の家が火事になった時のために、大切なものを床下収納しようと思っているのですが、一斗缶の耐久性はどんなものですか?
一斗缶の他にも火事に耐えれそうな入れ物があったら教えて欲しいです。

Aベストアンサー

床下収納とはどのような形態をお考えでしょうか。
最近のプレハブ住宅にみられるボックス形式の床下収納庫でしょうか。
江戸時代の長屋の熊さんみたいに、床下の地面に穴を掘って埋められるおつもりでしょうか。
いずれにしても「大切なもの」の種類によりけりです。

権利書や契約書のような紙の書類や、布などの類は地面よりも下に保管することはお勧めできません。
保管容器以前の話です。
日本は湿気の高い国ですので、あっと言う間に湿気てしまいます。
紙や布は湿気を吸い込みやすいので水に浸したようになってしまいます。
下手をすると書類としての効力が無効になってしまいます。
お札は耐久性があるので、銀行で交換はしてもらえます。

火災時の火焔周辺は相当に高温ですので、一斗缶程度の厚みでは中身はオーブンに入ったのと同じ程度に加熱されてしまいます。
金銀は熔けて形が変わっても金銀の地金としての価値は残ります。
ダイヤモンドは炭になってしまいます。
真珠、琥珀、珊瑚もOUTです。宝石としての価値はゼロになってしまいます。

ということで、長屋の熊さんのように瀬戸物の壺に小判をいれて埋めておく以外はお勧めできません。
家とは別なところに保管されることをお勧めします。
貸倉庫は大小さまざまあります。
貸金庫は銀行にあります。
土地に余裕があれば土蔵がお勧めです。
地震にも火災にも空襲にも耐えたものが沢山あります。
取りあえずということであれば、家具調で目立たない金庫が大小さまざま売られていますので、これを身近に置いておくのが一番便利で安心です。
耐火金庫であれば、ある程度の火災にあっても中身が保護されるように作られています。

一斗缶は鉄板にメッキをしただけのものですから、半年もすれば錆てきます。
魚箱のようなプラスチックケースのほうが錆びないだけましです。
燃えるのも蒸し焼きになるのも中身がダメになるのは同じことです。

床下収納とはどのような形態をお考えでしょうか。
最近のプレハブ住宅にみられるボックス形式の床下収納庫でしょうか。
江戸時代の長屋の熊さんみたいに、床下の地面に穴を掘って埋められるおつもりでしょうか。
いずれにしても「大切なもの」の種類によりけりです。

権利書や契約書のような紙の書類や、布などの類は地面よりも下に保管することはお勧めできません。
保管容器以前の話です。
日本は湿気の高い国ですので、あっと言う間に湿気てしまいます。
紙や布は湿気を吸い込みやすいので水に浸したようにな...続きを読む

Q玄関ドアの取っ手

玄関ドアの取っ手の取り付け部分が がたがたと緩んできました。自分で直せるでしょうか?

取っ手は 5cm×40cm位の板状で 上下2箇所でドアに接続されていて、ドアと取っ手の繋ぎ役である 5cm×5cm×2cm位の箱状の部分(上下2箇所)が緩んでいます。取っ手を引くことで、ドアノブを回した事になるタイプです。
美味く説明できませんでしたが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 つまり、ドアの表面に上下2箇所、タバコの箱ぐらいの大きさの四角な部分があり、そこからアームが出ていて、押し引きする板につなかっている、そんなロックという意味ですね。

 これは、プッシュプル錠と呼ばれるタイプのロックで、単にドアを開く方向に板状や棒状の取っ手を操作するだけでいいという簡易さと、最近のドアがいずれも背が高くなったことの2つの理由から、最近はとても広く普及しているものです。

 さて「がたがたと緩んできました」とおっしゃる部分はドアの表面に直接取り付けられた2つの箱状の部分でしょうから、一度、ドアの内側を見てください。多くは内側(屋内側)にも同様の箱状の部分があり、そこに、外側の箱状の部分とつなぐネジが見えるはずです。

 つまり、内外の箱状の部分はこのネジで互いにドアを挟んで呼び寄せ合い、締め付けられているということですので、単にこのネジをドライバーで締め付けてやれば、外側の箱状の部分は密着し、ガタは無くなるはずです。

 ただ、たまにネジの緩みと日頃のドアの開閉の衝撃によって、この取っ手の部分がやや下がり気味になっていることもあり、そのままネジを締め付けなおすと、時として取っ手の動きが重くなることがあります。
 このような不調を避けるためには、ネジの締め付けの途中で、一度、取っ手を上下左右に手の平で叩いて機構が自然に元の取付け中心に戻るようにして下さい。

 また、たまに内側(屋内側)はノブ(握り玉)といった形式のものもありますが、その場合もほとんどの製品でやはり、外側の取っ手部分は内側からネジで呼び込んで取り付けているものです。

 ネジというものはとかく緩むものですので、定期的に増し締めをして頂きたいところですが、とりわけ緩み防止剤を使うほどのことはないと思います。

 つまり、ドアの表面に上下2箇所、タバコの箱ぐらいの大きさの四角な部分があり、そこからアームが出ていて、押し引きする板につなかっている、そんなロックという意味ですね。

 これは、プッシュプル錠と呼ばれるタイプのロックで、単にドアを開く方向に板状や棒状の取っ手を操作するだけでいいという簡易さと、最近のドアがいずれも背が高くなったことの2つの理由から、最近はとても広く普及しているものです。

 さて「がたがたと緩んできました」とおっしゃる部分はドアの表面に直接取り付けられた...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報