プロが教えるわが家の防犯対策術!

現在の日本の英語教育では、アメリカ英語の発音やアクセントを教えていますが、ぶっちゃけそんなものは無益どころか有害だと思います。
共通テストによってなくなりましたが、センター試験のアクセント問題などがその最たるもの。
なぜなら英語はストレスタイミングの言語であり、ストレスタイミングの言語は世界でも少ない方です。
中国語、スペイン語、フランス語といった人工でいえば英語ネイティブの4、5倍はいる主要言語の話者がシラブルタイミングですし、日本語はモーラタイミングです。
また、これが最大の問題なのですが、アメリカ英語の周波数帯は世界の殆どの言語よりも高く、日本人はもちろん、ドイツ人にもフランス人にも中国人にも聞き取りづらく、発音しづらいです。
私の勘違いでなければ、英語は英国・アメリカの言語というよりも世界共通語として教えられています。
なら、世界の多くの人を排除するような発音を強要するのはお門違いでしょう。
ある国際会議で、インド人の英語が聞き取りづらいから、もっとしっかり喋れと英語ネイティブの人が文句を言ったら、そのインド人は「これはしっかり発音された英語だ。ネイティブの英語が全てじゃない。傲慢な態度を捨てろ!」と怒鳴ったそうです。
日本人もこれくらいの勇気を持ちたいものです。

どう思いますか?

A 回答 (5件)

はい、そのとおりと思います。

私はViennaでインターナショナルスクールにいましたけど、英語は、みなバラバラです。中国のこノ英語も、Britishの英語も、ありましたし、特にアメリカにゆくと、みんな英語がちがいます。そしてそれはだれもきにしていません。だから、気にしないほうがいいと思う。
    • good
    • 0

沖縄返還以後 さらに 米語が主流になりました。



すでに 英語教育は定着して 義務教育の学校制度が出来上がっています。

でも ALTには ネイティブといっても 発音は様々。

取りあえず 外国人に英語をしゃべらせておけば 授業になるといういい加減な考え方です。

もちろん 教科書用のCD DVD 英検のアナウンス TOEICも 米語でしょう。

なぜか 日本人には identity がありません。 怒鳴るなどしない民族です。

喋ると文字化する現代翻訳機器もあります。  

国際会議で大切なのは 発音ではなく 中味です。

日本人は 「皆がやっている」から「自分もやる」
民族です。 穏やかな ケンカを好まない まともな?民族です。
    • good
    • 0

>現在の日本の英語教育では、アメリカ英語の発音やアクセントを教えていますが



その何がいけないのですか。あなたの論旨が分かりませんね。
    • good
    • 0

発音は通じれば良いのでは?



間違った発音でも、大抵は文脈で判断してくれますからね。
日本語だって、病院か美容院かどちらかの発音がおかしくても
文脈で判断できますからね。
    • good
    • 0

仰る通りですね

    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング