こんにちは。ぼくは今大学4年で、税理士試験を受けれる条件を満たしました。それで、いま税理士を目指すために休学中です。もし休学中にうかれば、高卒の税理士になります。高卒の税理士でも就職できるのでしょうか。食べていけるんでしょうか。大卒の税理士との待遇が違ったりするんですか。若い税理士のほうが有利なんでしょうか。すごく不安です。教えて下さい。どうぞ宜しくお願いします。

A 回答 (3件)

私は、約10年間税理士事務所で働いてました。


ちなみに、私は税理士資格は持っておりません。
経験上、別に高卒の税理士でも全然問題なく就職出来ると思います。
でも、採用する側の事務所によっては、資格より即戦力を求めてる所もあるので・・・質問にあった、大卒の税理士との待遇の違いですが、多少はあってもほんの些細な程度だと思います。
若い税理士の方が有利か?ともありましたが、はっきり言って有利ではないと思います。会社によっては違うと思いますが・・・・採用する側には、これからいろいろ教えながら育てようと考えている所もあると思いますので・・・
それは、やはりある程度経験が無ければ、簡単に言えばお客さん(関与先)が付いてないですよね。なのでまず就職してから、関与先の信頼を得るような丁寧な仕事をすると、もし将来独立し開業する際お客さんもついてくると思いますよ!
あなたが、就職できるのでしょうかとおっしゃているので、すぐに開業という事は考えてないと思いますが、資格を取って、経験も無くすぐ開業した例はあまり聞いた事がありません。
あなたが気にしている、大卒の税理士との待遇の違いよりも、資格をもってなくとも多少でも経験者の方が、待遇はいいと思います。それは、さっき言った関与先の多さなどで(納得出来ないかもしれませんが・・)
そんなに不安に思わなくても、大丈夫だと思います。税理士資格をもっている人には、これからを期待して採用してくれる所は決して少なくないと思います。
ただ税理士事務所に就職するなら、せめて日商簿記2級をもっている方や、経理経験者を採用する所が多いんですから。
ちなみに私が以前働いてた事務所も、知人が開業している事務所もその程度の資格をもっていれば採用されてました。
食べていけるかといった不安もあるみたいですが、それは大丈夫だと思います。
でも、以前働いてた時に同業者の方と、いろいろ話す機会ありましたが、この業界は給料良くないからなとはみなさんおっしゃてました。
最初から、どこも高待遇という所はそんなにないのではないでしょうか。
給料は良くないって話していたのも、皆さん若かったし・・・・最初はしょうがないよ。  でも資格がある場合は、経験を積めば任せてくれる仕事も多いだろうし、将来は独立も出来るんですから・・・
自分に合った就職先じっくり考えて、後悔の無いよう頑張って下さい。
長いだけで、良いアドバイスしてあげられませんでしたが・・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

manaeさんありがとうございます。現場にいる人の意見でとても参考になりました。すごく安心できました。これで迷い無く勉強することができます。丁寧に優しく教えていただいてすごくうれしかったです。今後ともお体に気を付けてがんばってください。本当にどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/11 00:38

先の方達が書いているように税理士の資格があれば最終学歴は余り関係有りません。

しかし資格は実務が出来ること同じでは有りません。

何処か税理士事務所に入っても始めは雑務、例えば帳票の転記、先輩の作成した
書類の整理、来客の窓口業務など本来の税理士業務以外の事をさせられる。

等々貴方の期待を裏切るような仕事が多いと思います。資格があっても実社会
は資格だけで片つかいないことが多く有ります。

税理士は普通は知りえない個人の所得、相続など場合によってはその家庭のプライバシーにもかかわるのですから、クライアントの信頼を受けなければ成り立ちません。

やがて自立するにしても、その事務所のエキスパートになるにしても社会的信頼
が一番大切と思います。その点で若いと言うことは余り有利ではないでしょう。

税務申告をする人は良く言えば合法の節税を望み、中には脱税を考えている人も
あるかも知れません。

これらの人たちの税務申告を行うのですから、資格取得後も学ぶことは多いと
思います。

現在個人または中小企業は不景気にあえぎ苦しんでいます。その数は減少傾向
税理士の供給過剰の地区もあり、それなりに大変とも聞きます。

しかし税金が無くなることは有りません。仕事としては良いと思います。
多くを学び信頼有る税理士になることを期待します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

sdaruさんご返信ありがとうございます。税理士の具体的なビジョンがみえました。ご丁寧に有り難うございます。

お礼日時:2001/09/11 00:53

大卒とか高卒というより、社会経験や得意分野と、営業能力(自分で仕事が取れるか)が大事です。


 若い税理士は、「頼りない」と思われがちで、事実、そうでしょう(経験不足の可能性が大)。
 税理士は、どの分野が得意かによって、収入は違ってきます。「所得税」が得意な人が多いようで、小さな商店・会社の便利屋で終わります。
 相続税のアドバイスができたり、会社税務の指導ができると、収入は高くなります。
 また、税理士は、税務署を退職した人も簡単になれるので、彼らは評判は良くありません。待っていても仕事は来ませんから、独立したら、金融機関等と密接な関係を結んだり、セミナー講師をしたり、本を出したり、知名度を上げることが大事です。その際は、上手に話ができる(素人にもわかりやすく)、文章も書ける、ことは最低条件でしょう。
 最初に入る会計事務所で「税理士」資格があるからといって、偉そうにせず、謙虚に学べるかどうかでしょう(先輩は、案外いいかげんな仕事してます)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

maisonfloraさんありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2001/09/11 00:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q税理士の相場について

はじめまして。相続の件についてお聞きしたいんですが、兄弟二人で母親(配偶者は死亡)の財産を相続した場合基本控除を超えるため相続税の申告を税理士に任せようかと思いますが税理士にかかる費用の大体の相場(費用の計算方法)などわかる方がおりましたら教えてください。相続する額は総額約1億円です。相続する内容は戸建の家屋と保険金や会社の退職金などです。税務署から税理士のリストをもらいましたが、費用などがあまりにも高い税理士はなるべく遠慮したいのでくわしい方いましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まずは、基礎控除ですが、兄弟二人が相続人ということですので「5000万+1000×2=7000万」になります。

次に「相続する額は総額約1億円」とありますが、これは単純は時価もしくは相続税評価額の合計でしょうか?

相続税評価の方法についてみていきますと

1.居住用家屋…固定資産税評価額(経過年数等によっても違いますが、時価の7割程度)

2.居住用土地…市街地ですと路線価を基に算定しますが、土地の形状によっては評価減ができますし、居住用土地の評価はそこに居住している人などが取得すると240平米以下の部分まで80%の評価減(つまり、20%の評価)ができます。(小規模宅地等の評価減といいます)

3.保険金…非課税枠「500万×法定相続人数2人=1000万」を死亡保険金から差引けます。

4.退職金…非課税枠「500万×法定相続人数2人=1000万」を死亡退職金から差引けます。

つまり、上記3.4.で確実に「1000万+1000万=2000万」は課税対象額が減額できますし、居住用家屋も通常時価よりは低い金額であること、土地については80%(240m2まで)の減額が可能です。

仮に単純な時価の総額が1億円というここであれば、そこから非課税枠合計2000万を差引いて8000万。8000万から基礎控除7000万を差引いて1000万。ということは居住用不動産の財産評価や他に負債によっては相続税はかなり圧縮できます。

ただ、相続税がOであっても、小規模宅地等の評価減を使用してOになっている場合には相続税の申告が必要です。

税理士に依頼すれば、#1の回答の通り数十万の報酬は必要になりますが、親族関係も特に複雑でなく、分割方法も決まっていて、財産内容も上記のものでしたら、ご自身でも申告書作成は可能です。わからないことがあれば税務署に資料を持ち込んでお尋ねになれば教えてくれます。

もし、税理士に依頼されるのであれば下記のような紹介してくれるサイトもありますのでご参考までに。(同じ税理士でも相続申告の経験があまりない税理士もいますので・・・)

http://www.expert-net.com/samurai/ad/

http://www.jalic.jp/

参考URL:http://www.fpstation.co.jp/souzoku/souzoku-now/1_30.html

まずは、基礎控除ですが、兄弟二人が相続人ということですので「5000万+1000×2=7000万」になります。

次に「相続する額は総額約1億円」とありますが、これは単純は時価もしくは相続税評価額の合計でしょうか?

相続税評価の方法についてみていきますと

1.居住用家屋…固定資産税評価額(経過年数等によっても違いますが、時価の7割程度)

2.居住用土地…市街地ですと路線価を基に算定しますが、土地の形状によっては評価減ができますし、居住用土地の評価はそこに居住している人などが取得すると240...続きを読む

Q24歳の高卒

今24歳の高卒の男で今までフリーターをしていたのでちゃんとした職歴は無しです。今まで親に散々迷惑をかけてきたので、学歴がない分、例えば難関な資格(一年かかってもいいので)を取るか技術的な資格を取ろうと思っています。でもネットで資格について調べていると、「今この資格が人気だ」「いや、その資格を持っていても使い道がないとか」いろんな情報があるので、どれが正しいのか分からないのが現状です。できれば一生ちゃんと家族を養っていけるほど、お金がもらえる資格は何ですか?

Aベストアンサー

私の経験のあるネットワーク業界のことしか分かりませんが
学歴は関係のない世界ですのでまだ24歳ならCCNAでも取得していれば
契約(派遣)社員やアルバイトでの求人はそれなりに多いと思いますよ。
(英語力があった方がさらに仕事の幅は広がりますが)
そこで3年以上経験を積んでその間にさらなる上位資格を取得して
正社員での転職を目指されれば良いんじゃないでしょうか?

ただし、企業によっては休日も週に1回休めればいい方みたいですし
休日や深夜に呼び出されることは日常茶飯事で
普段の勤務も深夜勤務や残業も当たり前ですし
さらにはネットワークの日々進化しているもので
この業界にいるまでは日々勉強が必須ですので
ネットワークに興味がなければ続かないと思いますし
1つ資格を取って一生食って行きたいとか言う考えでは無理だと思います。

Q税理士費用について

小規模法人ですが税理士費用の相場について教えてください。現在の契約は月に2万円強、決算6ヶ月分、年末調整4万円前後です。中長期の経営コンサルタント的な契約も含んでおりますが、年間40万円を超える額を払うのは高すぎだと思っています。一般的な相場などがありましたらお教えください。

Aベストアンサー

相場の話になってしまえば、現在の数字は、そうかけ離れたものでもないと思います。
記帳代行を含み、コンサルタント業務に一定の信頼が置ければですが。

税理士さんの仕事は、原価が有って無い様な物ですし、法人の利益の上下によって仕事の内容が、そう変わらないのが良し悪しのようです。

一寸関係ない話のようですが。

仕事の取引先であれば、提供された商品・仕事の質について不満があれば双方の要望をぶつけ合うわけですし、また、その質によって値引きの交渉をなさる場合もあるでしょうし、さらに、厳しい状況なのだから、同業者どうし助け合おうや、などと言う場合もあるわけですよね。

税理士さんとの関係も、それと同じだと思います。

今まで、会社の数字について、損益状況であったり、財務体質であったり、あらゆる面で何らかの共同作業をなさって来たと思うのですが。
そうであれば、今の会社の状況で、どうしても支払額が負担であることを、率直に御相談なさったほうが良いと思います。

私の知り合いの社長のところでは、残念ながら売上の減少傾向が止まらず、社長・奥さんとも役員報酬の減額を止むを得ずする状況になったら、税理士さん自ら、報酬の減額を言ってきたそうです。

「経営の負担になるような報酬まで頂くわけにはいかない」、「今はお互い我慢の時期ですが、一緒に乗り越えて、将来一緒に笑いたいから」、との考えでそうしたらしいです。

一度今後の経営状況の見通しを中心に、今の状況の厳しさをどう一緒に乗り越えて行こうとしてくれているのか、きちんと御意見をぶつけたほうが良いと思います。
その話し合いの中で、「この人は真剣に会社の将来を考えてくれていない」と判断なさったのなら、次の段階にお進みになればよいと思います。

その場合、下記を一つのご参考までに。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1270932

相場の話になってしまえば、現在の数字は、そうかけ離れたものでもないと思います。
記帳代行を含み、コンサルタント業務に一定の信頼が置ければですが。

税理士さんの仕事は、原価が有って無い様な物ですし、法人の利益の上下によって仕事の内容が、そう変わらないのが良し悪しのようです。

一寸関係ない話のようですが。

仕事の取引先であれば、提供された商品・仕事の質について不満があれば双方の要望をぶつけ合うわけですし、また、その質によって値引きの交渉をなさる場合もあるでしょうし、さら...続きを読む

Q弁理士と税理士

弁理士と税理士の両資格を取得すれば、実際どのような仕事が開けていくのでしょうか?
そのような人は結構多いのですか?弁理士試験は社会人が多く受験されていると聞きます。行政法専攻で院卒です。選択科目免除申請して2年で合格したいと考えています。
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

あまり聞かない組み合わせですね。少なくとも私は。
特許をよく出願する会社の、特許と税務を一手に引き受けるっていうことですか?
弁理士は単に出願の書類を機械的・事務的に整えればいいという仕事ではありませんよね。
工学、技術等のことを常に勉強していかなければなりませんから、
税理士の仕事を併せて(片手間で)できるのかどうか。
まっ、資格だけ取っておいて、
資格はないが税務の知識はあるという職員を雇うという手もありますが。

社会人が多く受験するのは、
社会経験(人生経験)を通して、そういう仕事・資格の存在・魅力・重要性を知っていくというのが大きな理由かと思います。
子どもでも弁護士や医者、パイロットという職業、資格は誰でも知ってますが、
税理士は知ってる人と知らない人がいそうです。
弁理士に至っては、高校生や大学生でも知らない人が多くいそうです。
私の持っている資格、社会保険労務士は社会人でも知らない人が沢山いそうです。
ともあれ、合格めざしてがんばってください。

Q税理士、適切な費用は?

10年間やってもらった知り合いの税理士が病気で突然引退しました。適当な人(会社)を探していますが費用がまちまちのようで、どうしたらいいか迷っています。
私は個人営業でパートが一人だけ。やっていることが毎年同じで、税理士に質問することもとくべつありませんので税理士への費用はできるだけかけたくないのです。
今までの税理士と会うのは年に一回だけ。そのとき、一年分の毎日の売り上げや出費をEXCELで書きこんだものを渡しちょっとした話をし、あとは6月と12月にパートの人の給料をメールで知らせるだけの関係でシタガ、税務署の立ち入りを含め問題になったことはまだありません。
節税対策の知恵は不要です。しかし税理士に対する費用を節約したけっか,申告手続きがおざなりになり税務署ににらまれるようになるのも困るのですができるだけ少ない費用で、安心できる税理士を見つける方法,適切な費用(謝礼)をおしえてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
10年間継続している税理士がいなくなると不安ですね。

質問者さんはきっちりと出納帳もつけられているようですし、内容も軽そうなので税理士のかかる負担は抑えられるかと思います。
もちろん青色申告かと思いますが、その場合での相場は月額10,000円~15,000円、決算料(確定申告料)60,000円~80,000円くらいの相場かと感じます。つまり年間全て含めて20万円前後には納まる内容だと思います。

探し方は、ネット、タウンページ、税務署の名簿など多々ありますが弊社で税理士紹介事業を行っていますので、もしよろしければご利用いただければ幸いです。
税理士紹介おまかせナビ http://www.omakase-zeirishi.com/
女性税理士紹介Net  http://josei-zeirishi.net/

価格だけでなく、相談しやすいか、誠実か、など相性の部分もありますので、複数名の税理士に会われて、決めるということも大事かと思います^^

参考URL:http://www.omakase-zeirishi.com/

Q税理士の科目選択

こんにちは。

税理士の科目選択についてお聞きしたいです。

簿記、財務諸表は必須で
法人は実務では外せないと聞きました。

残り二科目の組み合わせが良く分かりません。
皆様はどの様に選んでいますか?
理由も教えてください。
あと、なるべく開業後に役に立つ組み合わせを
教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

開業後の専門分野や勤務する会計事務所の業務、あと試験に対する考え方という部分もあります。

もちろん試験も重要ですが、通常受験した試験科目である税目だけを扱うことは少ないと思いますので、人によっては試験用の科目と実務を別に考える方もいると思います。

私は試験を諦めましたが、受験経験は、簿・財・法・相・事でした。それ以外に税務会計検定で所得税を勉強しました。
税理士事務所に勤務していた時は、会計はもちろんのこと、法人税、都道府県民税、市町村民税、事業税、事業所税、所得税、消費税、固定資産税、償却資産税、自動車税、軽自動車税、社会保険、労働保険、議事録作成、登記準備書面の作成までやらされました。

試験科目にするか問わず、所得税・法人税・消費税・相続税・事業税をなにかしらの形で勉強をしていれば、実務上役に立つと思います。

Q税理士へ確定申告を頼みたいのですが、相場を教えてください。

税理士へ確定申告を頼みたいのですが、相場を教えてください。

Aベストアンサー

青色申告なら、10万程度
白色申告なら、5万円程度・・・が相場だと思います。
自分は、その程度の金額でやってもらっていました。

Q税理士資格

今仕事で経理課に所属しています。税務業務が理解しにくく悩んでいます。税務の勉強をするには税理士資格に挑戦するのが一番かと思いますが、五科目合格するまでに相当な時間を要すると思います。
なので、働きながら税理士資格を取得された方の勉強方法を教えてください。今考えているのは、近くにスクールがないため、TACのDVD通信講座にしようと思っています。また、企業内税理士として仕事している方からの意見もお聞きできたらと思います。

Aベストアンサー

働きながら5科目合格…10年で取れたら優秀だと思います。
私は働きながら5年で2科目取りましたが、結局仕事を辞めて専念しています。
絶対に税理士になる!という確固たる意思がなければ合格は無理です。
試験勉強の内容は一般的な実務では必要のない部分がほとんどですので、
実務のために試験勉強をするのは効率が悪くオススメできません。
税法入門講座や税法実務講座があるので、こちらのほうが仕事に直結すると思います。
もし税理士を目指すのであれば、まず受験資格を確認してみてください。

Q税理士資格を取得した後の費用について

税理士資格を取得した後の費用について
税理士資格取得後、税理士資格維持のため費用(更新料、研修・講習料など)は、1年にいくらぐらいかかりますか。(登録料は日本税理士会連合会にありました。)よろしくお願いします。

Aベストアンサー

税理士資格の維持だけでしたら各エリアの税理士会への会費だけです
ちなみに近畿税理士会では本会費 82,800円、支部会費 12,000円です。
地域によって違いますが年間10万くらいですね

研修費は無料のものとかいろいろあります。現状では年間研修を36時間受けるよう努力目標が定められていますが、強制ではないです。

研修費は無料が多く、1回、1000円、2000円程度のものが多いです(だいたい2~3時間コースです)

Q税理士になるには‥

 大学1年の女です。税理士に興味を持ち始め、資格を取りたいと考え始めています。質問なのですが、税理士は専門学校などに行かないと合格は難しいですか?通信講座や他のテキストで勉強された方も多いのでしょうか?難しい試験だと思うので心配です。わかる方いらっしゃいましたら、アドバイスお願いします。ちなみに専門学校だったら大原と考えています。

Aベストアンサー

twinklestarsさん、こんにちは。
税理士試験は、現状として専門学校への通学もしくは専門学校で行われている通信教育を受けないと合格は難しいです。そして、大学生のWスクールとして通学もしくは通信をお考えなのでしたら、お考えの大原やTAC、DAI-X等の大手の専門学校をお勧めします。

なお、大原等の専門学校では無料の受講体験等があるかと思いますので、学校のふんいき等がご自分に合うかどうかを見てみることもお勧めします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報