ボケと痴呆症は違うのは分かるのですが、昨年、今年になり痴呆症ではなく認知症と言うようになったのは、何故なんでしょうか?痴呆症というのは、その患者さんに失礼な言葉で、医学的な病名として、認知症と言うようになり、痴呆症という病名はなくなったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「認知症」は行政用語およびマスコミ用語であって医学用語ではありません。


医学論文等では今後も「痴呆」の呼称が用いられます。
また「社団法人呆け老人をかかえる家族の会」も名称変更の予定はないそうです。

呼称変更の経緯は下の検討会報告書に書いてあるとおりですが,
批判をかわすためのアリバイ作りに
行政主導で拙速な決め方をしてしまったという印象が否めません。

「痴呆」に替わる用語に関する検討会報告書
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/12/s1224-17.html


社団法人日本心理学会,日本基礎心理学会,日本認知科学会,日本認知心理学会の4学会が連名で
呼称変更への反対意見と代替案を含む意見書を提出しています。

「認知症」呼称に対する意見書
http://www.cogpsy.jp/ikensho.html
    • good
    • 0

はい、そのとおりです。


先ごろ精神分裂症が統合失調症という名称に変わりました。古くは蒙古症がダウン症、癩病がハンセン氏病という例もありますね。不適切な(失礼な)命名のもの、誤解や差別を助長するような名称は淘汰されるべきという考えからでしょう。

先日徹子の部屋に宇崎龍堂(この字でよかったかな?)さんが出てて、認知症のお父さんの話をされていました。その時に徹子さんが認知症と名称が変わったと説明してましたよ。いいプロパガンダになったと思います。早く浸透すればいいですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルツハイマー型痴呆症の原因としてのアルミニウム論争は決着しましたか?

数年前に、アルツハイマー型痴呆症の原因はアルミニウムであるという研究発表があり、またこれを否定する論文が出たという話も聞きました。アルミニウム原因説に決着がついたのでしょうか。

Aベストアンサー

否定されたと思います。

Q年とともに性格が変化したのは認知症(痴呆症)?脳卒中?それとも?

最近どうも父のことで納得がいかないことがあるのですが、

今、まだ50代の父がちょっとしたことで被害妄想になったり、感情をコントロールできなくなってきているようで、家族に暴力を振るうことが増えてきて、しかも内容がひどくなってきているのですが、こういうことって認知症(痴呆症)や脳卒中の表れだったりすることがあるのでしょうか?
昔より多少は暴力的ですたが、今現在の暴力にはどうも昔と違うようで納得いきません。また、家庭の中のちょっとした出来事を公的機関に訴えることが多くて(たとえばおまわりさんに行くとか)、家族ではどうしても対応しきれません。
父はまだ若いとは思うのですが、以前脳外科から脳の老化が激しく70代後半ぐらいの人のような脳だといわれたことがありましたので気になっているところです。
もし、変調の原因だけでもわかれば対応がとりやすいのですが、何かぴんと来るようなことがありましたらお願いします。

Aベストアンサー

看護師です。
以前精神病院で認知症治療に関わっていた経験から思い当たることを書きます。

※認知症の判断は、本来専門医の診断(検査)が必要になりますが、お父様の現状は受診を勧めるのが困難(怒るのではないですか?)だろうと推測しとりあえずのアドバイスをします。

まず一般的な事をいいますと、50台で認知症が起こるとすれば、初老期痴呆でアルツハイマー病等が該当します。脳の萎縮が顕著(CTを撮らないと判断できません)に見られ、性格の変容(人が変わった様になる)をともないます。
以前脳外科から脳の老化が激しいと言われたのは、もしかすると脳萎縮が年齢よりも進んでいるということかもしれませんので少し引っかかります。

あと、経験的に疑わしいのは、アルコール性のものです。
お父様は飲酒の習慣がありませんか?飲酒が原因でトラブルを起こしたことはありませんか?
アルコール依存症における脳萎縮やせん妄状態(夢うつつの状態)は理性的な行動ができませんから暴力的になる場合があります。

被害的、易怒的という症状は、痴呆の初期症状でも見られますし、精神病やアルコール依存症の場合にも見られます。

ちなみに脳卒中の表れというのは、全くないとは言いませんが、臨床的にはあまり聞いたことがありません(麻痺や言語障害が最初に起こるのが一般的です)。

看護師です。
以前精神病院で認知症治療に関わっていた経験から思い当たることを書きます。

※認知症の判断は、本来専門医の診断(検査)が必要になりますが、お父様の現状は受診を勧めるのが困難(怒るのではないですか?)だろうと推測しとりあえずのアドバイスをします。

まず一般的な事をいいますと、50台で認知症が起こるとすれば、初老期痴呆でアルツハイマー病等が該当します。脳の萎縮が顕著(CTを撮らないと判断できません)に見られ、性格の変容(人が変わった様になる)をともないます。
以前脳外科から...続きを読む

Q父が原因不明の脳症(脳炎)となり、痴呆症状が進んでいます。

77歳の父が原因不明の脳症(脳炎?)となりました。
1ヶ月以上検査を続けていますが、病名が判明せず、治療も施されていません。父の病気はなんなのか、これからどうなってしまうのか、わずかなヒントでも結構ですので、どなたかお教えください。
経過は以下の通りです。
2009年
1月中旬:忘れっぽい、怒りっぽいなど性格の変化
1月下旬:突然支えがないと歩けなくなる。非常に短気。
2月初旬:かかりつけの外科に検査入院。
病院を空港と間違え、4時間のフライトだと言い出す。病院食を機内食と間違える。
2月中旬:外科系の疾患でなく、変性脳症またはパーキンソン病の疑いと告げられる。父は激高し、自殺すると叫び暴れる。精神安定剤を投与され、アリセプト錠を飲み始める。廃人のように無反応、無表情となる。食事、飲み込めない。
2月下旬:意識混濁、痙攣。目が半開き、アゴが上がる。手が空を舞う。総合病院の神経内科に転院。
3月初旬:アリセプト錠をやめてから、意識はやや回復。独り言が多い。ほとんど意味不明。「どけ、帰れ」など乱暴な言葉遣いが目立つ。舌が喉に落ちいびきのような呼吸。
3月下旬:タンパクと白血球の量が多いとのこと。低血圧で貧血気味。悪性リンパ腫、がん、ヤコブ病、真菌性脳炎を視野に検査を続けるが、病名は判明しません。以上です。どうぞ宜しくお願いいたします。

77歳の父が原因不明の脳症(脳炎?)となりました。
1ヶ月以上検査を続けていますが、病名が判明せず、治療も施されていません。父の病気はなんなのか、これからどうなってしまうのか、わずかなヒントでも結構ですので、どなたかお教えください。
経過は以下の通りです。
2009年
1月中旬:忘れっぽい、怒りっぽいなど性格の変化
1月下旬:突然支えがないと歩けなくなる。非常に短気。
2月初旬:かかりつけの外科に検査入院。
病院を空港と間違え、4時間のフライトだと言い出す。病院食を機内食と間違える。...続きを読む

Aベストアンサー

NO1です。

ご心配ですね。
状況が詳しく分からないだけに尚更不安が大きい事と思います。
今は髄液検査の細菌検査結果待ちといった状況でしょうか?
血液検査で白血球が多いとのこと。何らかの感染症の可能性を疑われているのでしょうね。

遠方で諸事情もおありでしょうが、
これだけの情報で、このサイトで回答できる人はいないと思います。
質問者様がご都合をおつけになり、医師に検査結果等の詳しい説明をお受け下さい。(病名がつけなくとも、各検査の結果を医師は説明する義務があります)

無理なようなら、お母様に質問項目をメモして聞いて貰っては如何ですか?
1)脳委縮があるとの事→アルツハイマーは否定的ですか?
パーキンソンは否定されましたか?
2)髄液検査の結果
3)現在の治療内容(抗真菌薬の投与はされているか)
4)血液検査の結果の推移(今までの検査結果をすべてプリントアウトして貰えればベストですが、無理なら白血球数・CRP、電解質、その他異常値の推移だけでも。)

Q認知(痴呆)症の祖母への対応

実家の祖母(83歳)の言動が1週間ほど前からおかしいと
同居している家族から聞いていたのですが
ここ2日間ほどで完全に痴呆の症状が出てきてしまったそうです。
そこで飲んでいる薬の管理などを母がしようとするのですが、
祖母はプライドが高く、「自分でできる」と言い張るそうです。
来週わたしも帰省して祖母に会ってくるのですが
どんなふうに対応していいのかなあと不安に思っています。
例えば会話が食い違ったとき、「そうじゃないでしょ」と
ちゃんと正すべきなのか、それとも
「そうね、そうだったかな」と合わせて流すべきなのか
どっちがよいのでしょうか?
何でもけっこうですので痴呆症の人と接する注意点や
アドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
お祖母様のご様子、ご心配な事と思います。

基本的に、痴呆症の方と接する時は、「共感、同調」です。
「ちがうでしょ」とか、「さっき言ったのに」等という
否定の言葉は、相手を不安にさせ、精神的に不安定になってしまうため、
症状を悪化させてしまいます。
「そうだったかな」と、相手に合わせてあげてください。

お薬の管理ですが、曜日と時間(朝、昼、夜、寝る前)で
小分けにして管理出来るケースが売られているのをご存じですか?
ご実家に行かれる時に、「これ、すごく評判が良いから
ぜひおばあちゃんに使って欲しくて」と買って行かれては
如何でしょう?孫からの贈り物だったら、案外素直に受け入れて、
使ってくれるかもしれません。
たしか、1000円~位だと思います。
(大型ドラッグストアーや、便利グッズを扱うようなお店で
手に入ると思います。おそらく、ネットでも買えるかと)
痴呆症でも、初期の場合は印象的な出来事は覚えていられる
と思いますので、後で「こんなモノ知らない」って言い出す
心配は少ないと思います。
そういうモノを使って貰えば、同居のご家族もさりげなく
チェックしやすいと思うのですが・・・よろしければ、
お母様と相談なさってみてくださいね。

#介護者のお母様も、色々お疲れでしょうから、いっぱい
愚痴を聞いて、ストレス発散させて差し上げてください。

こんにちは。
お祖母様のご様子、ご心配な事と思います。

基本的に、痴呆症の方と接する時は、「共感、同調」です。
「ちがうでしょ」とか、「さっき言ったのに」等という
否定の言葉は、相手を不安にさせ、精神的に不安定になってしまうため、
症状を悪化させてしまいます。
「そうだったかな」と、相手に合わせてあげてください。

お薬の管理ですが、曜日と時間(朝、昼、夜、寝る前)で
小分けにして管理出来るケースが売られているのをご存じですか?
ご実家に行かれる時に、「これ、すごく評判...続きを読む

Q痴呆症とアルツハイマー病について

痴呆症とアルツハイマー病の違いがよく理解できません。症状や原因の違いを教えてください。

Aベストアンサー

若干誤解があるように思います。
アルツハイマー病は病名ですが,痴呆は症候(群)を表わす言葉です。

痴呆とは
後天的な脳の障害によって正常に発達した知能が持続的に低下した状態であり,
多くの場合,不可逆的なものです。
先天的あるいは発育期に知能障害を生じる精神発達遅滞とは区別されます。

#1さんが挙げておられる参考URLにもあるとおり,
痴呆の原因疾患の代表的なものとして
アルツハイマー病をはじめとする中枢神経の変性疾患と
脳梗塞をはじめとする脳血管障害がありますが,
これ以外にも梅毒やクロイツフェルト=ヤコブ病のような感染症,
また代謝性疾患,薬物中毒,脳外傷,脳腫瘍など
いろいろな原因がありうるということです。

Q早期痴呆(認知症)の合宿治療について

 82歳の父が1年前自ら「頭がボーッとしている」といって脳神経内科に受診しました。脳シンチグラム・脳の血流測定などの結果から認知症と診断されアリセプトも服用しています。介護認定も受け(要介護1)デイケアも週1~2回通所しましたが1年経ってゆるやかに進行しているようです。
「認知症は治る」という本に出会い今の父の状態が良くなればと希望を持ちました。静岡にあるそのクリニックでは半年間生活改善のプログラムを中心に少人数グループで散歩・ゲーム等をこなすことにより前頭前野の働きを良くすることで認知症を治療するらしいのです。
 そこで治療を受けられた方、もしくは関連情報お持ちの方回答お待ちしております。

Aベストアンサー

誤字だらけで申し訳ありませんでした。
実習で1日だけ、認知症対応型のデイサービスを経験させていただいたのですが、「家に帰りたい」と時間夕方頃になるとどなたもおっしゃっておりました。
デイサービスが終わり間際になると、帰りたいをなだめるのに終始していました。
実施しているところがあまりにも少ないですよね。それだけ対応が困難であることも否めないのが事実です。
グループホームでは、帰りたいばかりに本人さんも必死です。杖を振り回されたり、コップを割られたりされます。
それでも施設の体裁上、落ち着いて居られますと述べざるを得ない環境に介護員はあるのが辛いです。
家族に心配をさせないとの配慮もあるのですが、これを本人が「あきらめる」まで続けるのは、大変です。裏話になってしまいましたが、実体です。
今までの住み慣れた環境が本人にとって安寧の場であることは間違いがないようです。
介護員も家族さんの対応には何年経ってもかないません。それほどに家族というのは切っても切れない関係であることを切に感じております。
一般のデイサービスでも、本人さんが楽しまれているのであれば、意味はあると思います。高齢期にになると、知人などの同年代の方と死別して孤独になるのが一番堪えるようです。そこで「生き甲斐」が重要になってきています。
デイサービスが活用できるのであれば、社会に出て交流が出来ると言うことで、メリットがありますよ。
出来るだけ明るい毎日を過ごしていただきたいですよね。

誤字だらけで申し訳ありませんでした。
実習で1日だけ、認知症対応型のデイサービスを経験させていただいたのですが、「家に帰りたい」と時間夕方頃になるとどなたもおっしゃっておりました。
デイサービスが終わり間際になると、帰りたいをなだめるのに終始していました。
実施しているところがあまりにも少ないですよね。それだけ対応が困難であることも否めないのが事実です。
グループホームでは、帰りたいばかりに本人さんも必死です。杖を振り回されたり、コップを割られたりされます。
それでも施設...続きを読む

Qアルミによる痴呆症の影響について

 アルミは痴呆症の原因と言われていますが、
料理で使用するアルミホイルは、利用しても大丈夫でしょうか

Aベストアンサー

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「痴呆」
このページで特に「原因と危険因子」等と関連リンク先を参考にして下さい。

さらに
◎http://www.pref.kyoto.jp/shohise/hot/science/hot_05.html
(アルミ鍋を使っていると痴呆症になる?)
◎http://www.health-station.com/topic92.html
(フリーラジカル(活性酸素)の過剰発生など、現代人は痴呆症誘引物質に包囲)
●http://www.dango.ne.jp/nofuture/judgement3.html
◎http://www2.incl.ne.jp/~horikosi/No32.html
(アルミを飲んだり使ったりしますか)

ご参考まで。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi-bin/view.cgi?123_158_215_0_0_0

Q「痴呆度」は「認知症度」?それとも・・・

痴呆症は認知症、と病名が変更になりましたが、それでは「痴呆度」はどう呼び方が変わったのでしょうか。または変わってないのでしょうか。

Aベストアンサー

病名が変更になったわけではありません。
「認知症」に変更されたのは行政用語:一般的な「呼称」であって、医学的には現在でも「痴呆」「痴呆症」が使われています。

診断や検査結果の指標などは医学用語ですのでそのまま「○○痴呆」「痴呆○○」などが使用されています。
例:「アルツハイマー型痴呆」「痴呆性疾患」
痴呆度は医学的基準に基づいて医師が判定しますので医学用語としてそのまま使用されています。

ただし、今後は医学用語の面でも変更の可能性はあります。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%97%B4%E5%91%86%E6%80%A7%E7%96%BE%E6%82%A3#.E8.A1.8C.E6.94.BF.E7.94.A8.E8.AA.9E.E3.81.AE

Q痴呆・骨粗鬆症について

痴呆症・骨粗鬆症とは一体どんな病気なのか?
どういった事が原因でなるのか?
防ぐ為にはどうしたら良いのか?
進行を遅らせる事は出来るのか?
身近に痴呆の人や、骨粗鬆症の人がいたらどうすれば良いのか?
どれか1つでも答えてくだされば光栄です。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

骨粗鬆症とアルツハイマー性痴呆を防ぐためにはエストロゲンが必要です

女性はエストロゲンが更年期後でなくなるので更年期後
骨粗鬆症とアルツハイマー性痴呆になりやすいのです
女性のアルツハイマーは男性の3倍以上です
女性は年取ると腰が曲がる人がいますがそれは骨粗鬆症が原因で
骨が圧搾骨折をした結果です
男性の場合は男性ホルモンが長く出てくれるのでその
男性ホルモンによってエストロゲンがつくられるので
骨粗鬆症とアルツハイマーにはかかりにくいのです
男性のエストロゲン濃度は若い女性の半分くらいです
勿論ストレスや病気で睾丸機能が低下すると
女性と同じように腰が曲がったりアルツハイマーになったりします
睾丸はまさに金の玉なので大事にしましょう

若い女性が食べないダイエットをして
エストロゲンを減少させ早くしわくちゃばあさんになり
アルツハイマーと骨粗鬆症になるは
馬鹿としか言いようがありません

あなたが女性ならば
更年期になったときホルモン補充をおすすめします
エストロゲンだけだと副作用があるのでプロゲステロンも併用してください
そうすると効能だけで副作用がありません
知識がない医者も多いので注意を

骨粗鬆症とアルツハイマー性痴呆を防ぐためにはエストロゲンが必要です

女性はエストロゲンが更年期後でなくなるので更年期後
骨粗鬆症とアルツハイマー性痴呆になりやすいのです
女性のアルツハイマーは男性の3倍以上です
女性は年取ると腰が曲がる人がいますがそれは骨粗鬆症が原因で
骨が圧搾骨折をした結果です
男性の場合は男性ホルモンが長く出てくれるのでその
男性ホルモンによってエストロゲンがつくられるので
骨粗鬆症とアルツハイマーにはかかりにくいのです
男性のエストロゲン濃度は若...続きを読む

Q介護保険の器質性認知症って? 認知症との違いは?

カテゴリーが迷ったんですが、、、あくまで民間の介護保険についてです。

民間の介護のための保険などで、よく器質性認知症のみ対象というのがありますが、いわゆる一般的な認知症との違いはなんでしょうか。

認知症なのに(器質症じゃないので)介護保障が出ないケースってどんなケースでしょうか。

Aベストアンサー

介護福祉士ではありますが、実務経験に乏しく、
当然、ケアマネでもないので、正しいかどうか今一つ自信がないのですが、
それで良ければ判る範囲で書いてみますね。

一般的な認知症と言えば、後天的な脳の器質的障害があり、知能が低下する事を言います。
例えば脳血管性認知症(脳梗塞等)や、変性性認知症(アルツハイマー)ですね。
脳の組織が物理的に変容する器質性の、という意味合いはそういう事です。
で、器質性じゃない認知障害と言えば、精神疾患(統合失調症等)が原因でなる認識力の低下(脳の器質的変容が見られない)や、
外傷性(脳それ自体が変容するのではなく、外部からの衝撃で破壊される)の知的障害が当たるかと思います。
でも、うーーーん、制度的な意味合いだからなぁ。
ちゃんと役所の健康福祉課で訊いてみた方が良いかも、です。


人気Q&Aランキング