最新閲覧日:

会社で経理をやっております。<(_ _)>
実は会計等の本で、自己資本と総資本という言葉が出てくるのですが、
それらは何を指しているのでしょうか?貸借対照表上に出てくる科目
で教えていただけませんか?
下記は因みにうちの会社の貸借対照表の資本の部欄です。

---------------------
資本の部
---------------------
[資本金]     ¥****
[法定準備金]   ¥****
 利益準備金   ¥****(法定準備金と同額)
[剰余金]     ¥****(別途積立金+当期未処分利益)
 別途積立金   ¥****
 当期未処分利益 ¥****
 (うち当期利益)¥****

本当に初歩的で恥ずかしいのですが宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

皆さん書かれているので、参考程度に(すぐに出てくるでしょうから)



自己資本比率=資本合計÷総資本(負債・資本+割引手形+裏書譲渡手形)
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました!
rayknollさん経理マンですか?
また機会がありましたら教えてくださいね!

お礼日時:2001/09/12 09:35

例にあげられている項目は全て自己資本です。


総資本は他の方が述べられているように借りたお金、または物を買っていながらまだ払っていないお金(買掛金)も資本に含めます。
変な感じがしますが、返す義務が存在する反面、借りている限り、自分の金として
運用できると言う面から見れば、資本と見ていい訳です。(借金も運転資金として使えます)
貸借対照表には負債の部があると思いますので
総資本=資本の部+負債の部 で計算してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく理解できました!誠にありがとうございました。

お礼日時:2001/09/12 09:33

>下記は因みにうちの会社の貸借対照表の資本の部欄です。



この、貸借対照表の「資本の部」の金額が「自己資本」で、一番下に有る「負債・資本合計」が総資本です。

ちなみに、総資本と総資産は同じ金額です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お恥ずかしい質問となりましが・・・
よく理解できました。ありがとうございました。<(_ _)>

お礼日時:2001/09/12 09:32

自己資本というのは資本の事です。

つまり上に挙げられている勘定科目(資本金・利益準備金・別途積立金・当期未処分利益)がそれに当たります。
総資本は自己資本に他人資本(負債)を足したもので、総資産と同じものを指します。
つまり、
総資本(総資産)=自己資本(資本)+他人資本(負債)
ということです。
http://www.a-firm.ne.jp/index.htm
↑このページの簿記入門を見たらよく分かると思います。

参考URL:http://www.a-firm.ne.jp/index.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

nanariさん、ご回答ありがとうございました。
本当にわかりやすいご説明でした。
それにURLまでも・・・本当に勉強になります。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/12 09:29

資本の部=自己資本です。


純資産ともいいますね。

総資本=自己資本+他人資本
   =資本の部+負債の部 です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
勉強になりました~ <(_ _)>

お礼日時:2001/09/12 09:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ