「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

初歩的なことなのだと思いますが、教えてください。
ある方と顧問契約を結びます。その方には原稿執筆・講演をお願いします。
期間は1年、顧問料は消費税額や源泉徴収額を考慮して、52632円としました。
金額     52,632円
消費税   + 2,631円
源泉徴収額 - 5,263円
計      50,000円
当方で領収書を用意することになったのですが、源泉徴収分はどのように記載すれば良いのでしょうか?
近く、その方に直接現金で5万円をお渡しすることになっています。どうぞ宜しくお願いします。

A 回答 (4件)

こんにちは。


領収証は消費税を含んだ金額になります。
この場合は、55,263円で源泉徴収税については記載しなくても構いません。
取ることを義務づけられています。
支払調書については#1、#2の方の回答をご参考にして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

yoshizovvv様
どうも有難うございました。
バッチリ!です。
感謝!
htmykn

お礼日時:2005/04/21 13:36

#3の者です。


すみません、申し遅れました。
領収料には”消費税額2,631円を含む”という文言を入れて下さい。
また、講演料等といった所得税法204条に該当する文言も入れておくとわかりやすいですね。
    • good
    • 0

上記金額をそのまま記載します.


領収金額 55263
 内訳 顧問料    52632
    消費税     2631
    △源泉所得税  5263

上記金額が1年分の金額なら
 同時に支払調書を作成して渡してもいいかと思いますが
 1ヶ月の金額なら、また発生するので、後で作成すればいいかと思います.
 
    • good
    • 0

こんにちは。


『報酬・料金・契約金及び賞金の支払調書』という様式がありますのでこれに記入してお渡しします。
年末調整時に一緒に入ってくる用紙で『法定調書』というのがあります。これに記載し添付しないといけないので本人渡すときに必ず会社でもコピーを保管しておいてください。
様式のフォーマットが国税局のサイトにありますので載せます。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/yousiki/soukatu/pd …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q領収書の書き方

領収書の書き方について質問です。10,500円(消費税500円)の報酬から源泉所得税1千円を差し引いて9,500円を受取りました。このときの領収書の書き方ですが9,500円と書けばよいのでしょうか?それ以外に源泉の金額などは書かないといけないのでしょうか?

Aベストアンサー

 受け取った金額9,500円で領収書を切れば結構です。
特に源泉所得税の金額を付記する必要はありません。

 質問内容からすると士業の方と思われますが、この報酬にかかる
請求書のほうで源泉所得税について記載はしなかったのでしょうか?
 請求書で記載してあれば、依頼者もそれで源泉分の処理もできます
から問題ないです。


人気Q&Aランキング