有害性のある物質を輸送する際に、イエローカードを添付しますが、その際に「指針番号」というものが記載されています。しかしながら、どんな物質が何番になるのか、分かりません。HPアドレスでも構いませんので、詳細を知っている方は教えて頂きたいのですが。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

緊急時応急措置指針(改訂版)という本が日本化学工業協会から出版されています。

これに書いてあるようです。
http://www.webstore.jsa.or.jp/lib/lib.asp?fn=/ge …

また、少しならHPでも公開されていますね。
http://www.st.rim.or.jp/~shw/unyc.html

参考URL:http://www.st.rim.or.jp/~shw/unyc.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

安かったので、早速購入しました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/04 10:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラップフィルムの断面からの有害物質

ずいぶん前ですが、ラップフィルムというものが一般的になったころ、断面から有害物質が出るので、気をつけましょうというニュースを見たことがあります。
みじん切りのように細かく切ったラップフィルムを、かなりの量、金魚鉢に入れると、しばらくしてすべての金魚が浮いてしまうのいうものでした。
今は、当然そういう危険なラップフィルムはないと思いますが、ちょっと短めだったりしたとき、切れ目が食品に直接触れても全く大丈夫なのかどうか、ご存じの方、教えてください。
商店などで、けっこうラフに扱っているのを目にするたびに、気になります。

Aベストアンサー

ラップの切れ目(断面)を特に気にする必要はありません。
というのは、家庭用ラップは単層構造で、表面も断面も同じ物質だからです。
(sasaiさんが見られたというニュースは、特殊なラップについてのものだったのではないでしょうか?)

http://www.asahi-kasei.co.jp/saran/motto/factory/index.html

なので、「ラップそのものが安全である限り」は、切れ目が食品に触れても問題はないと思います。

ラップそのものが安全である限り:
 2,3社見た限りでは、「環境ホルモンとしての働きが疑われた可塑剤は不使用」とのことですが、
 「可塑剤は一切使っていない」とは書いていないので、今後新たな知見が得られると
 どうなるかはわかりません、ということで・・・(汗)
※但し、こういう商品に使われる素材は、一般的な有害性(変異原性・生殖毒性etc.)の検査は
 全てクリアされていますので、念のため。

Q有害物質に詳しい方、教えてください。

今日の15時頃にトラックと乗用車の事故があり、トラックが横転しかけたときに、
「モノクロル酢酸」がばかまかれたようです。

そのとき現場の状況が気になり、
トラックから約100mほど離れたところで約1分ほどみてましたが、後ほどテレビで有害だということを知りました。

この「モノクロル酢酸」は吸引すると、吐き気、皮膚の痛みを伴うみたいですが、いまのところなにも起こってません。

ですが、1分ほどでも後遺症の可能性はあるのでしょうか?

かなり心配になったので、教えてください。

Aベストアンサー

有害物質に詳しいわけではありませんが、判断はできますので回答します。

モノクロル酢酸(またはモノクロロ酢酸)ですが、腐食による有害な作用が特徴です。
近くで吸ったり皮膚に付着すれば、体の細胞に直接的なダメージを与えて、
比較的短時間で症状が出ます。

近くで吸ってしまって吐き気などが起こり、後遺症が残るということは大いにあり得ます。
逆に、その時には全く症状が出ず、しばらくしてから後遺症が起こる可能性は極めて低いです。

トラックから漏れた量や、その時の風向きなどにもよりますので絶対とは言えませんが
100m離れていて1分なら、まず全く問題ないでしょう。

Qポリプロピレンと有害物質

ポリプロピレンのボウルを熱湯につけて15~20分くらい消毒していました。

日本製なら問題ないようですが、中国製のボウルだったので、何か有害な成分がお湯に溶け出していたらと心配になりました。

湯気もけっこう吸ってしまい、授乳中なので心配です。

お湯に何かの成分が溶け出した場合、その成分がボウルをつけている熱湯から上がってくる湯気の中にも含まれる可能性はありますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ポリプロピレンは無毒の化合物です
着色や改質の目的で他のものを添加します
何が添加されているか分かりませんが低融点低沸点のものだったら気化して湯気に混ざることはあり得ます

Qプラスチックの耐熱温度と有害物質

ポリプロピレンを主原料としたプラスチックについてです。
プラスチック製品の耐熱温度が120度と表示されている場合、しばらく熱湯につけたりしても、製品に含まれる着色料や添加物などが溶け出すことはないですか?

耐熱温度以下で使用すれば変形はしないと思いますが、熱湯につけおきしたら、耐熱温度以下でも添加されている成分や、場合によっては環境ホルモンなどが溶け出したりしないのか気になります。
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日用品に使用されるプラスチックでは、ポリプロピレンは最も安全度が高いと思います。加工しやすいようあるいは酸化による劣化を防止するために添加剤が含まれているでしょう。熱湯につけると場合によっては何かしらが溶出する可能性は必ずしも否定はできませんが、その量は基準値内なのが一般的です。毒性を示すほどであれば、ニュースで見ますよ。過去にはBHTという添加剤が問題になりましたが、現在は使用されていないでしょう。中国製などは、確かに不安な面もあります。気になさるなら、ぜひ高くても日本製をお使いください。一般消費者が中国に直接クレームするのも難しいですし。
蛇足ですが、ポリエチレンのラップありますよね。こちらは添加剤がかなり使われていますが、電子レンジで使用することも多いと思います。便利であるため、よく利用されておりますが、こちらも基準値をクリアしてなければ、当然販売してません。

Qタバコに含まれる有害物質

下記 4つの物質は酸性でしょうか?アルカリ性でしょうか?


1)ジメチルニトロソアミン
2)アニリン
3)ナフチルアミン
4)メチルナフタリン


それと化学物質のPHが調べられるサイトなど、ご存知でしたら、
ご教示ください。

宜しく御願いします。

Aベストアンサー

ジメチルニトロソアミン MSDS情報なし
http://anzeninfo.mhlw.go.jp/anzen/gmsds/0800.html

アニリン pH8.1 (0.2モル水溶液)
http://anzeninfo.mhlw.go.jp/anzen/gmsds/62-53-3.html

ナフチルアミン  pH pKa=10.0 21) pKa=3.92 (25℃)
http://anzeninfo.mhlw.go.jp/anzen/gmsds/1015.html

メチルナフタリン  pH MSDSデータなし
http://anzeninfo.mhlw.go.jp/anzen/gmsds/90-12-0.html

MSDS情報が有利かと思います
・http://anzeninfo.mhlw.go.jp/anzen_pg/GHS_MSD_FND.aspx


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報