dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

長方形と言えば、

① 正方形
② 正方形以外

の様に分類することが出来ると思うのですが、
他にも黄金比で区切って、

① 1:1.618以下 の長方形
② 1:1.618越え の長方形

或いは、

① 1:1.617以下 の長方形
② 1:1.618   の長方形
③ 1:1.619以上 の長方形

で長方形の形体のタイプが変わると思っているのですが、幾何学的にはどうなのでしょうか?
特に黄金比を区切りに長方形の形体のタイプに違いは無いのでしょうか?

詳しい方がいましたらご教授お願い致します。

A 回答 (11件中11~11件)

逆に「黄金比による形体のタイプ」なるものが全く想像できません。

それを言うなら「1:1.2を境に」「1:1.3を境に」などと言った分類も可能ですが、黄金比で分けたものと全く変わりないものとしか思えませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

形体のタイプが違うかなーって思ってるんです。

1.619以上だと横長の長方形になる
1.618以下だと横の方が長いけど上手く収まっている長方形になる

という感じで。
どう思いますか?

お礼日時:2024/03/10 00:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A