dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

こだわりが強い、仕事を繰り返す定職につけない、人の話を理解が難しい、柔軟に考えられない、否定的、
考えが浅はか、逃げ癖がある、、
こういう人は精神科に行くべきでしょうか?
考えられるとしたらそれに当てはまるものはありますでしょうか?
そういう似たような方はいますか?
どう対処してますか?

A 回答 (10件)

発達障害じゃないですか。

    • good
    • 0

ご自身のお話でしょうか?



私もグレーゾーンなので、自分の経験も踏まえてお話ししますね。

確かに会社はコミュニケーションで成り立っているので、人の話が理解できないと難しいかもですね。

でもこだわりが強いことは、悪いことばかりではないと思います。

専門的なお仕事は、拘りが強い方が有利に働きます。
そもそも拘りが無い人には、専門職は地獄ですから。
しかし拘りのある人は、水を得た魚の様に良い仕事をします。
自分の元々持っている拘りを、専門的な分野にシフトすることで、くだらない拘りが弱まる事もあり、双方にメリットがあります。
程度にも寄りますが。

人の話は理解し難い、とおっしゃいましたが、読む方はどうでしょうか?
文章を読んで理解したり書いたりが得意なら、WEB系や在宅系のお仕事が向いてると思います。

プログラミングやWEBライターなどがそれにあたります。

メールでのやり取りが主流になるので、面接の時だけは、頑張ってコミュニケーションとる必要がありますが。
あとは何とかなると思います。

あとは荒療治で、一度簡単な接客の仕事をしてみるのも良いかもしれません。

パターンを身につければ、話の汲み取りができるようになります。
そうすれば後が楽になりますよ。

私は好きな分野の話を理解するのは得意ですが、雑談の汲み取りが苦手で
今でもたくさんの人と雑談するのが苦手です。

仕事中はアンテナ立てるようにして、コミュニケーション頑張ってます。が、たまにアンテナ下ろしてしまい失敗します笑。

では、健闘を祈ります。


因みに、今世界でブレイクしているクリーピーナッツさん。
天才的なラッパーと世界レベルの技術を持つDJのコンビですが。
ラッパーの方の方は、道を歩いていても、電柱を自分の右で通るか左で通るかで気持ち悪くて、戻って通り直したり
服の袖を右から左から、もその時の自分のこだわりがあるそうです。
そう言った拘りが、天才的なラップミュージックを生んでいるのですね。
DJの方も、いっ時は一年中スーツ姿。
次は一年中半パンスタイル。
とかなり変わった方の様ですよ。
でも、DJをやっているときは、神がかってます笑。
    • good
    • 0

精神科確定です


精神疾患ある人はまず定職につけません
    • good
    • 1

仕事を繰り返すのも


雇用先がブラック企業ばっかりだったら、そうなるのが普通の反応であり、
本人が狂ってるわけじゃないですからね

人の話を理解が難しいのは、耳が悪いか、頭が悪いのか、
難しい話ばかり聞いてるかでしょう

柔軟に考えないのは、保守的な人の特徴です、役所や大企業がそうです

逃げ癖は先に行った通り、ブラック企業だったら逃げたくなります

こだわりが強いのはむしろ仕事に有利な側面があります
    • good
    • 1

別に病気ではなさそう。


あるとしたら知的・発達障害ですが大人になってからの診断はデメリットの方が大きいです。
受診すべきかどうかは本人がどう考えるかですね。
    • good
    • 2

わたしはあなたと同じ発達障害で障害年金もらってる生活保護受給者です。



精神科へ行くべきです。

対処は簡単です。自分のことを受け入れて、他人のことは放っておくことです。仕事なんかできやしません。あきらめてください。
    • good
    • 0

自分の欠点を理解してらっしゃる。


素晴らしい。
精神病の方はなかなか気付けないとおもいます。
なので性格の問題ではないでしょうか。
理解している欠点を直せばいいと思います。
    • good
    • 0

発達障害だろ。


上手くやれば障害年金が貰える。
    • good
    • 1

プライドだけ高い無能な人


無視します
    • good
    • 1

世の中ってのはジャングルなの


正論は叩かれて、
ずるい汚いやつが生き残る、勝ち残る
真面目とズルのギリギリで
皆ビジネスをやっている
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A