照明の勉強をしていて、公式 E=1(ΣE□+2ΣE△+4ΣE○) をもとに計算して
                   4MN  注)4MN分の1です。          いるのですが、Σの意味が、知識不足でわかりません。問題は、4点法で計算した値を求めなさい。というものです。ぜひ、わかる方がいらしたら、教えてください。

1120 1320 1480 1550 1450 1330 1150 (左記は事務所の照度測定結果)
1220 1350 1500 1620 1490 1360 1210 (横および縦の測定寸法は同じ)
1210 1340 1510 1640 1510 1380 1220
1110 1300 1450 1540 1430 1300 1120
□隅点-照度E□ △辺点-照度E△ ○内点-照度E○
M-縦の照明と照明の間の間隔数(この問題では、3だと思います)
N-横の照明と照明の間の間隔数(この問題では、6だと思います)

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

Σは和を表す記号です。


例えば、
 ΣE□ = 1120 + 1150 + 1110 + 1120
ということです。

照明の知識はないのですが、
Eという量は、内点に4倍、辺点に2倍、隅点に1倍の
重みをつけた平均ということですよね。
縦と横の間隔数をM、Nとすると
 ・内点 (M-1)(N-1) 個
 ・辺点 2(M-1)+2(N-1) 個
 ・隅点 4 個
ですから、
 4(M-1)(N-1) + 2{2(M-1)+2(N-1)} + 4
= 4(MN-M-N+1) + 4(M+N-2) + 4
= 4MN
で割っているのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

即、ご返信頂きありがとうございました。初めて、教えて!goo を利用したので、
更新の仕方が分からず、お礼が遅くなり申し訳ありません。質問の仕方が下手にもかかわらず、わかりやすく回答していただき、その結果、答えを導き出す事ができました。ずばり、ΣE□=1120+1150+1110+1120 が決め手になりました。よって、
ΣE△=1320+1480+1550+1450+1330+1210+1220+1300+1430+1540+1450+1300+1210+1220=19010

ΣE○
=1350+1500+1620+1490+1360+1340+1510+1640+1510+1380
=14700

これを、公式に代入して計算したら、1407.22・・・・で、答えが五択だったんですが、その中に「1407」がありました。
地道に計算していく問題でした。2週間に渡って、この問題をやってきたので、
本当に助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/25 20:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q次の図で四角形ABCDは正方形で点A、Bは円Oの周上の点、点Oは辺DC上にあるまた点E、Fはそれぞれ

次の図で四角形ABCDは正方形で点A、Bは円Oの周上の点、点Oは辺DC上にあるまた点E、Fはそれぞれ円Oと直線BO、BDとの交点である。AB=4cmのとき次の問いに答えよ
線分FBの長さを求めよ
これ教えてください

Aベストアンサー

BEは直径です。
ということは、∠BFEは直角です。

ここで、CEに補助線が引いているので「はは~ん」と考えると、△OBDと△OCE、△OBCと△OEDは合同ということが分かります。
そうすると、△DEFは直角二等辺三角形で、DF=CF ということもわかります。

あとは、具体的に長さを当てはめて、

BD = 4√2
DF = 4/√2 = 2√2

よって
 BF = 6√2

Q数学Aで、写真の170の問題です。付属の解答では「△ABDと△ACEについて 仮定からAB=AC,B

数学Aで、写真の170の問題です。付属の解答では「△ABDと△ACEについて 仮定からAB=AC,BD=CE 四角形ABDCは円Oに内接しているから ∠ABD=∠ACE よって△ABD=△ACE ゆえにAD=AE したがって、△ADEはAD=AE二等辺三角形である。」となっていました。なぜ、円Oに内接したら∠ABD=∠ACEになるのかが分かりません。円周角の定理を使うとしても、どこにどう使えば良いか分かりません。回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

円に内接する四角形なので、「向かい合う対角の和は180°」を使います。
http://mathtrain.jp/naisetsuquad

 ∠ABD + ∠ACD = 180°

一方、∠ACE + ∠ACD = 180° です。

従って、
 ∠ABD = ∠ACE

Q問題 nを4以上の自然数とすると、n進法で表された32(n)と11(n)は互いに素であることを示して

問題
nを4以上の自然数とすると、n進法で表された32(n)と11(n)は互いに素であることを示して下さい。

解いてください、お願いします。

Aベストアンサー

n進法の32=3n+2
n進法の11=n+1

2数の最大公約数p(>1)を持つと仮定する。
①3n+2=mp
②n+1=m'p と書ける。

②×3-①を計算すると
p(3m'-m)=1
m,m'は整数だから、(3m'-m)は整数。∴p=±1
これはp>1という仮定に反する。

従って、2数の最大公約数は1。
∴2数は互いに素。

Q大阪の中学三年生です。 内申点が 450点中320点 松高バージョンでは 540点中384点です

大阪の中学三年生です。

内申点が
450点中320点

松高バージョンでは
540点中384点です。

定期テストや実力テストでは、合計200~220点くらいをさまよっています。

懇談では、当日どれだけとれるかが問題、と言われました。

これくらいの学力で、受かるでしょうか?
また、当日はどれくらい取ればよいのでしょうか?
こんな質問してる暇があったら勉強しなければ
いけないのですが、どうしてもこれだけ
聞きたかったんです(;_;)

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

松原高校は偏差値45前後ですね。
内申点は悪くないです。

>定期テストや実力テストでは、合計200~220点
ちょっと低いですね。
大阪南部の中学校と思いますが、この地域は全国的に見ても
偏差値が最低ラインで、校内でこの点数だと外部の試験では
あまり点数が取れないと思います。

私学で行ってもいいと思える高校に合格していれば受験するのも
いいと思いますが、そうでないならばランクを下げるべきです。

Q囲碁で「A氏はB氏と先手□」□に一文字入れて下さい。

囲碁好きが書いた古文書の解読で困っています。「A氏はB氏と先手□」□が解読できません。□に一文字入れて下さい。漢字でも仮名でも一文字です。なお「番、打、取」ではありません。

Aベストアンサー

いささか苦しいのですが、
「合」ではないでしょうか。

囲碁では「手合」という言葉があり、主に二つの意味で使われます。
(1)棋戦、試合:もう廃止されましたが、囲碁のプロが昇段を決める棋戦で「大手合」というものがかつてありました。
(2)囲碁で対戦する場合のハンディキャップ(ご質問の件はこちらに関するものと思われます)

もう少しこのハンディについて申し上げます(ご質問者が囲碁にお詳しければ以下の説明はご放念ください)。

ご存知かとは思いますが、囲碁では先手が黒石を持って先に打ち、以下後手が白で交代に打ち進め、囲んだ地の大小で勝敗を決しますが、そのままでは黒の勝率が高いので、黒から白に一定の「コミ」というハンディを与えます。ただ、それでも先手後手は勝敗に微妙にかかわるので通常複数回戦うタイトル戦などでは先手後手を一回ごとに交代します。

このように実力が互角でお互いに先手を交互に持ち合う場合の「手合」を「互先(たがいせん)」といいます。

ところが、明らかに実力差がある場合、実力の劣るほうが常に先手(黒)を持って打つ場合があり、この「手合」を「定先(じょうせん)」といいます。

さらに実力差がある場合は「置碁」といって最初に黒石をいくつか盤面においた状態から始めます(石を置く場所は決まっており、通常2~9個までです。当然多く置いた方がハンディは大きく黒にとって有利です)。

以上を踏まえて考えたとき、A氏とB氏はB氏のほうがやや強く、「定先」の手合だったため、これを「先手合」と表現したのではないかと考えた次第です。

以上、ご参考になれば幸いです。

いささか苦しいのですが、
「合」ではないでしょうか。

囲碁では「手合」という言葉があり、主に二つの意味で使われます。
(1)棋戦、試合:もう廃止されましたが、囲碁のプロが昇段を決める棋戦で「大手合」というものがかつてありました。
(2)囲碁で対戦する場合のハンディキャップ(ご質問の件はこちらに関するものと思われます)

もう少しこのハンディについて申し上げます(ご質問者が囲碁にお詳しければ以下の説明はご放念ください)。

ご存知かとは思いますが、囲碁では先手が黒石を持って先に...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報