whichの非制限用法について教えてください。
まず、非制限用法と継続用法の違いがわかりません。

He has 900 records , which is jazz .
この場合は、非制限用法だから、900 records のずべてはジャズということですよね。

The pen , which I bought long ago , is useful .
この場合は、よく、which I bought long ago はカンマでくくられているから挿入だという説明がされますよね。この場合は、非制限用法のといわれると思うのですが、挿入の性質とは違って、制限、非制限の性質はどうなのでしょうか。この文を見ると、明らかに制限用法ですよね。そうすると、カンマでくくられたwhichは挿入的に先行詞を説明する制限用法であるととらえてよいのでしょうか。
また、
Our car , which is second-hand , never breaks down .
この文は非制限用法ですよね。この2つの違いは、どのように考えればよいのでしょうか。

She said she was anurse , which was not true .
のような先行詞が節の場合も非制限用法で、直接かからないのでっしょうか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは 非制限用法と制限用法の区別は確かにときどき難しいですよね。


実際制限用法にすべきなとき非制限用法を使っていたり、その反対のことをしたりと、NATIVEでも良くやることみたいです。

私はM.A.K. Halliday 氏が構成したFunctional Grammarという英言語学を使って説明します。

まず、ezokaguraさんが指摘したとおり、非制限用法と制限用法というわけ方をとるのが一番いいと思います。ちなみにFunctional Grammar では非制限用法のWHICHは non-defining relative pronoun, 制限用法ではdefining relative pronounといいます。その名前が示すように、非制限用法では代用する名詞を特定するためには使われず、制限用法では名詞を特定するために使われます。例をあげると分かりやすいでしょう。

e.g. from M.A.K.Halliday, An Introduction to functional Grammar

Non defining relative clause
They decided to cancel the show,|| which upset everybody alike.
Defining relative clause
the only plan [[which might have succedded]]

制限用法では、whcih might have succeddedが、どのonly planなのかを特定しているわけです。そして、この特定することが、制限用法の目的です。
では一方で非制限用法は何をしているのでしょうか?
whcih upset everybody alikeがしているのは、すでに特定されているthe showに対してあらたな特徴を与えているのです。非制限用法は、すでに特定されている名詞、節、フレーズに対して、あらたな特徴やコメントを付け加えるとき利用されます。

それではs-WORDさんの例を考えて見ましょう

The pen , which I bought long ago , is useful .
コンマによって区切られているのはよく大きな手がかりです。というのは、コンマで区切るという行為自体が、何かをあらたに付け加えるということを示すからです。逆にthe pen which I bouth long agoといった場合はthe penと言っただけではどのペンだか相手が分からず特定する必要があるからでしょう。しかしながら、このコンマをどこにつけるかどこでつけるかは非常に微妙かつ、状況の大きく左右されるので、S-WORDさんが言うように、普通に見ただけでは性質としては制限用法に見えますよね。しかし、根本的ルールにしたがえば、非制限用法となるわけです。

Our car , which is second-hand , never breaks down .
この場合は、特徴の追加というのにすっぽりはまりますよね

She said she was anurse , which was not true .
非制限用法は、先に述べたように、名詞、節、フレーズにたいして利用することができます。逆に制限用法では、ほとんど名詞のみにしかかかりません。


どうでしょうか?すっきりしました?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

特定することが、制限用法の目的です。
では一方で非制限用法は何をしているのでしょうか?
whcih upset everybody alikeがしているのは、すでに特定されているthe showに対してあらたな特徴を与えているのです。非制限用法は、すでに特定されている名詞、節、フレーズに対して、あらたな特徴やコメントを付け加えるとき利用されます。
-------------------
ご回答ありがとうございました。制限用法と非制限用法の目的について考えたことがなかったのですが、御説明を聞いて「そういうことだったんだ」と納得いたしました。非制限用法は「それ例外は考えない」ことだから「もう既に特定されている」ということと同じに内容ですね。
The pen , which I bought long ago , is useful .
という文を見て、「penっていっぱいあるはずなのになぜ、、非制限用法なんだろう」と思いましたが、The pen がもう既に前の文脈で特定されていたのですね。そうじゃなかったら、非制限用法はおかしいですもんね。

>どうでしょうか?すっきりしました?
すっきりしました!!どうもありがとうございました!!

お礼日時:2001/10/01 09:23

言葉が複数ありますので、私の回答では「制限用法」「非制限用法」を使います。


「非制限用法」は「継続用法」と同じ意味で、「制限用法」は「限定用法」と同じ意味です。

>He has 900 records , which is jazz .
>この場合は、非制限用法だから、900 records のずべてはジャズということですよね。

まず率直に言って、s-wordさんが考えておられる用法の区別が、大きく誤っています。
He has 900 records which is jazz .
つまり制限用法であっても、900 recordsのすべてはジャズということになります。
私たちが知っている「制限」という言葉の意味は適用しない方がよいです。

何が違うのか、よくある例文で説明します。
1.I have a brother who is a doctor.
2.I have a brother , who is a doctor.

どちらの文でも、a brotherがa doctorであるという事実は変わりません。

3.And I have two brothers who are teachers.
1.と2.の違いは、1.の後に3.を続けて全部で3人兄弟という意味にすることはできますが、
2.の後に3.を続けることはできません。

2.の日本語訳としては、「俺って男の兄弟が一人いるんだよね、あっそうそう、そいつは医者なんだよね」
というように、医者であるという部分は付け足しの情報で、「男の兄弟が一人いる」
という部分までで切ったとしても、それは正しい意味を伝えることができます。

一方1.の日本語訳としては、「俺の男の兄弟にはぁ、医者をやってるやつがいるんだよ」
となり、その後に3.「それから先生をやってる奴らもいるんだよね」という文が続くことができます。

次の文がおかしいとわかれば、かなり上級に理解できています。
Tokyo which is the capital of Japan is a megaloplis.(,whichが正しい)

,なしのwhichだと、「え?日本の首都じゃない東京もあるの?」と思わせることになります。
Tokyoはなんらかの説明をつけなくてもどの東京かわかるわけです。

一方1.+3.の場合は、複数いるbrothersの中から、どのbrotherかを選ばなければならないので、
,はつけないのが正しいと言うことになります。
この意味では「制限用法または限定用法」との言葉を考えた方がいいかもしれませんが、
それ以外では、「制限」「継続」「限定」などの言葉の意味は考えない方が良いと思います。
昔の英文法学者のネーミングの悪さ、と考えるのが適当でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>He has 900 records , which is jazz .
>この場合は、非制限用法だから、900 records のずべてはジャズということですよね。
まず率直に言って、s-wordさんが考えておられる用法の区別が、大きく誤っています。
He has 900 records which is jazz .
つまり制限用法であっても、900 recordsのすべてはジャズということになります。
--------------
すいません、理解があやふやだったので、勝手に自分で解釈して作ってしまったようです。そうですね、よく考えてみれば、どちらも900 recordsのすべてはジャズということになりますね。
-------------
何が違うのか、よくある例文で説明します。
1.I have a brother who is a doctor.
2.I have a brother , who is a doctor.
どちらの文でも、a brotherがa doctorであるという事実は変わりません。
3.And I have two brothers who are teachers.
1.と2.の違いは、1.の後に3.を続けて全部で3人兄弟という意味にすることはできますが、2.の後に3.を続けることはできません。
---------------
わかりやすい御説明ありがとうございます。両者の違いが明確になりました。それと、上の文と下の文では、伝えたい内容がかなり違うことも御説明でわかることができました。1の文は“医者”の兄弟がいることを表しているのに対して、2の文は“兄弟”がいることが伝えたい内容で、その兄弟が医者をしているということは単なる情報の付け足しなのですね。
---------------
次の文がおかしいとわかれば、かなり上級に理解できています。
Tokyo which is the capital of Japan is a megaloplis.(,whichが正しい)
,なしのwhichだと、「え?日本の首都じゃない東京もあるの?」と思わせることになります。Tokyoはなんらかの説明をつけなくてもどの東京かわかるわけです。
---------------
なるほど、固有名詞はカンマwhichにするのはそういう意味だったのですね。この知識を利用すると、先行詞を特定するのにひとつの武器になりますね。お返事どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/10/01 09:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q制限用法と非制限用法は限定用法と継続用法と同じ?

関係代名詞や関係副詞で限定用法と継続用法がありますが、
問題集によっては制限用法と非制限用法とあります。
これは同じものでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。おっしゃる通り、

限定用法=制限用法
継続用法=非制限用法=連続用法(一部でこう呼ばれるらしい)

です。これは、その関係詞が導く節(clause)のことを英語圏でも
a restrictive clause ⇔  a continuative clause
a defining clause  ⇔  a non-defining clause
と二通りの呼びわけをしていることから、それぞれの訳で名づけたことと思われます。

Q関係代名詞の非制限用法 , which ~

●Everything was old about this man except his eyes, which had the same color as the sea and were young and cheerful.

こういう関係代名詞の非制限用法の which は、なぜ that に置き換えてはダメなのですか?理由を教えて下さい。

Aベストアンサー

that は本来「それ」という指示代名詞です。
だから that が接続詞や関係詞になる時、コンマなく使います。
コンマで区切ると「それ」と感じてしまう。

一方、which のような疑問詞から来た関係詞は、本来、今の what のように先行詞の意味を含むはずなのです。
実際、wh 系の関係副詞は多くが先行詞を含んで先行詞なしで用いられています。

現代英語では who と which は先行詞が別に存在しますが、これは他の言語と比べても特殊です。

でももともとは which も先行詞の意味を含んでいて
今でも根っこには残っているため、
コンマで区切って、新たに始めることができます。

which はコンマがない場合も根っこに先行詞を含み、すなわち名詞を繰り返しているところがあります。

ここに that は制限性が強いと言われる所以があります。

that は指示語であるため、これで副詞的に使うことが可能で関係副詞にもなります。
だから in that のような前置詞は必要なく、
自然と避けられ、文法的におかしく扱われるようになります。

Q制限用法と非制限用法の使い分け

夏休みに入り英語の復習をしている来年大学受験するものです。

関係代名詞には制限用法と非制限用法がありますよね。
I have two sons who became doctors.
I have two sons, who became doctors.
前者は息子は二人とは限らず、後者は息子は二人ですよね。ここまでは大丈夫です。

次に非制限用法を使う場合ですが「先行詞が固有名詞、初めから特定している場合、(無)生物の総称」などの時ですよね。
『文法問題で間違いがあれば直せ』の問題において
My wife who is in Tokyo will come here tomorrow.
これは間違いなのでしょうか?普通 ,whoとするとは思いますがこれは文法的に間違いなのでしょうか?(大学入試ではどうすればよいのでしょうか)

また次の二文を見てください。
Tom, who is my friend, came to my house yesterday.
Tom who is my friend came to my house yesterday.
私は前者が一般的だと思いました。Tomは固有名詞であるし、話題となっているTomは特定のTomだと思ったからです。しかし一方では後者が一般的なのかもしれないとも思いました。Tomというのはこの世に何人もいるわけで、その中で私の友達のTomと言っているとしたらこちらがでいいのかなと思うわけです。
一般的にはどちらを使うのでしょか?またどちらも文法的には正しいのでしょうか?
一応私の中ではTomという名前の人はたくさんいるかもしれないが、Tomという人はそれぞれ別々の人であり、この世にひとつ(一人)しか存在しないわけで前者が正しいと考えています。この考えはあっているのでしょうか?

複数の質問があってスイマセン。無知な私に御教授下さい。

夏休みに入り英語の復習をしている来年大学受験するものです。

関係代名詞には制限用法と非制限用法がありますよね。
I have two sons who became doctors.
I have two sons, who became doctors.
前者は息子は二人とは限らず、後者は息子は二人ですよね。ここまでは大丈夫です。

次に非制限用法を使う場合ですが「先行詞が固有名詞、初めから特定している場合、(無)生物の総称」などの時ですよね。
『文法問題で間違いがあれば直せ』の問題において
My wife who is in Tokyo will come here tomorro...続きを読む

Aベストアンサー

My wife who is in Tokyo will come here tomorrow.

日本では重婚が認められていないので、妻は1人ということになります。とすれば、妻が特定できる以上は非制限用法を用いて、カンマを入れるのが正解です。


Tom who is my friend came to my house yesterday.

Tomという友人が複数いて、そのTom全員が家に訪ねてきた場合にはそちらでよいですが、一般的にそういうことはないので、Tomを特定した上で非制限用法を用いるのがよろしいかと思います。

Q制限用法と非制限用法について

例えば、JapanとかTokyoというのはこの世に1つしかないから、
whichを使って修飾する場合、カンマ+whichというふうに非制限用法にする
というのは分かってて、
この世にいっぱいある(いる)もので、たとえば
I saw the person who stumbled on the curb.みたいなふうに制限用法にしますよね?


それで、質問なのですが、
I imitated a variety of dialects to amuse the teenage girls, who chuckled and
made fun of my desperate attempt to entertain them.
といった英文なのですが、

teenage girlsってこの世にいっぱいいますよね?
だからこれもカンマつけずにwho ~というふうに制限用法かと思ったのですが、
なぜ非制限用法になっているのでしょうか?

Aベストアンサー

補足にあった下記の文について回答します。

I understand that children brought up overseas have difficulty adapting to life in this society, which requires them to conform.
(海外で育った子供は、集団に合わせることを要求するこの社会での生活になかなか適応できないと聞きます。)

この文の訳は、どちらかというと、「海外で育った子供はこの社会での生活になかなか適応できないと聞いています。それはこの社会が集団に合わせることを要求するからです」となります。最初の回答で、非制限用法にはカンマまでの文の理由を述べるのにも使うと書きましたが、この文はそれにあたります。

この文をカンマなしの制限用法で書くと、補足に書いてあった訳のとおり、「集団に合わせることを要求するこの社会で~」となります。制限用法と非制限用法のどちらを使うかという選択にあたり、this の有無は関係ありません。

なお「この社会以外の社会」は存在します。this society は、話者と聞き手が属する社会で、それ以外の外国の社会もあるからです。つまり、制限用法で書くと、「この社会以外の社会」、つまり海外で育った子供がもともと属していた「海外の社会」の存在を含みにした表現になります。

補足にあった下記の文について回答します。

I understand that children brought up overseas have difficulty adapting to life in this society, which requires them to conform.
(海外で育った子供は、集団に合わせることを要求するこの社会での生活になかなか適応できないと聞きます。)

この文の訳は、どちらかというと、「海外で育った子供はこの社会での生活になかなか適応できないと聞いています。それはこの社会が集団に合わせることを要求するからです」となります。最初の回答で、非制限用法にはカ...続きを読む

Q制限用法 非制限用法

He had three daughters, all of whom became teachers.
という文がありました。このカンマを取ってしまうことはできますか? またとってしまったら、意味にどのような違いが出てきますか?

Aベストアンサー

こんにちは。またまた難しいご質問ですね。

>He had three daughters, all of whom became teachers.
>という文がありました。このカンマを取ってしまうことはできますか? またとってしまったら、意味にどのような違いが出てきますか?

これは、allと言った時点で娘三人全員と言う意味になりますから制限用法には出来ませんね。制限用法と言うのは、それ以外のものがあり、一定の条件をつけて対象を限定する用法ですから。

googleのbook検索で"all of whom"を引いても、カンマありのものしか出てこない様子です。
http://books.google.co.jp/books?q=%22all+of+whom%22&btnG=%E6%9B%B8%E7%B1%8D%E3%81%AE%E6%A4%9C%E7%B4%A2


人気Q&Aランキング

おすすめ情報