在来工法の木造住宅で、縁の下にも断熱材(グラスウール)を張り巡らしている
のは、今や一般的なんでしょうか?

私は、断熱材といえば、外壁と屋根裏にばかりあるものと思い込んでいましたが、
イベント会場でやっていた住宅フェアを見に行ったとき、あるメーカーの展示で、
畳下の床板の下にもそれが敷設されている断面模型を見て、初めてそれを
知りました。
床下は直接外気に接しているわけではありませんが、室内と縁下との間で
温度差があると熱交換が起こるであろうことは想像できます。
だから断熱材を床下にもというわけなんでしょうが、しかしそれは同時に、
室内が、建具を全て締め切ってしまうと正真正銘の機密状態となることを
意味します。

私の現在の自宅は、冬場、ファンヒーターなどによる結露に悩まされています。
(数時間ごとに窓を開放して対策としていますが。)
そういう場合、きっと土壁、畳、障子紙も余計な水分を吸っていることと
思います。
床下が断熱材で覆われれば、特に畳の湿度が床下に逃げていかず、ますます
室内の結露がひどくなるのではないかという気がしました。
また、結露だけならまだしも、カビや害虫の発生の恐れも気になります。

室内の湿度をスキマ風によって調整していた時代に、調湿材としても活躍した、
それら和室ならではの建材は、今後は、デザイン(意匠面)だけが残って、
湿度を吸収しない材料のものに替わっていく運命なのでしょうか。

話が長くなりましたが、ここでの質問は、和室の床下の断熱材は、現在では
既に当たり前なのかどうかという点だけでもけっこうです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

湿度と温度の関係は一般の方が理解するには少々時間がかかります。


質問の内容に直接答えることにして、関連事項でわからないことがあれば、質問を補足してください。

>縁の下にも断熱材(グラスウール)を張り巡らしている ・・・
必要です。やっと認識が広まってきたと嬉しく思っているくらいです。
部屋の暖房効果を上げるためには、重要な要素なのに今まで軽視されていました。

>正真正銘の機密状態となることを ・・・
断熱と調湿作用は分けて考えましょう。
グラスウールは断熱材であり、機密性はありません。

>結露に悩まされています・・・
関連質問で回答していますので、参考にしてください。
[カテゴリー:住宅]No143476「質問:結露について教えてください。」、答えNo5です。

>畳の湿度が床下に逃げていかず・・・
湿度(湿気)を除去する手段としてもっとも効果的なものは「風]です。
ご指摘の通り、スキマ風がなくなった最近の住宅では、結露に悩まされています。
視点を変えて、事務所ビルなどの状態を見て見ましょう。
完全な高気密高断熱状態にもかかわらず、結露はほとんど起こりません。
建築設備の設計がしっかりとなされているからです。
四季の外気の状態に応じて、完全な機械空調と自然な外気を上手く使い分け、快適な『作業空間』を作り上げています。

>湿度を吸収しない材料のものに替わっていく運命なのでしょうか
関連質問を参照してください。
「カテゴリー:エコロジー&環境学」No143476「質問:熱環境の問題点について」回答No5です。

最近の住宅が目指している、高気密高断熱住宅は、欠陥だらけです。
おそらく、作っているハウスメーカーの設計者はわかっているのでしょう。
しかし、販売実績をあげることが優先で、本当に良質な住環境を作り上げることには積極的ではありません。
消費者の皆さんは、よく勉強しないと後で後悔する事になります。
省エネ住宅という名の「エネルギー浪費住宅」や
健康住宅という名の「有害物質充満住宅」が、
世の中に蔓延しています。

最後に、良い住宅と悪い住宅の見分け方

・出来上がった直後から劣化が始まるのが悪い住宅

・住み続けるにしたがって完成度が高まるのが良い住宅

昔の木造民家で『100年しか持たない』ものは欠陥住宅でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんと、床下に断熱材は”むしろ必要”であったのですか。目からウロコです。

どうもこういった問題の根源には、昔ながらの日本建築の工法や素材を中途半端
に残しながら、近代的な省エネ住宅の工法を取り入れている住宅建築会社に問題
があるのではないか、そんな気がしてきました。

もしかして、大手メーカーの最新のプレハブ住宅でも、部材の選択を誤ったり
すると、結露が出てしまうのではないかという気さえしています。
ただそれ以前に、住み手の意識というか、住宅の管理知識を正しく持って
いないと、どんな家でもすぐに傷んでしまいますよ、そんなメッセージに
受け取れました。

No143476「質問:熱環境の問題点について」は参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/08 12:03

訂正します。



>湿度を吸収しない材料のものに替わっていく運命なのでしょうか
関連質問を参照してください。
「カテゴリー:エコロジー&環境学」No143476「質問:熱環境の問題点について」回答No5です。は、

回答No2の間違いです。
    • good
    • 0

確かにハウスメーカーに聞くと、今は、プレハブでも在来工法でも、和室の床下も含めて全て断熱材を入れているようです。


畳床自体も化学品を使っているので、室内の湿気を畳から床下に逃がすという考えではないようです。

室内の湿気は、湿度の高いときに畳が吸って、室内が乾燥すると室内に吐き出して湿気の調整をしているとのことです。

むしろ、基礎部分の換気口からの寒気が、床下から室内に入るのを防ぎ、暖房効果を高める省エネに重点を置いているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

焦点を畳に移すと、結局のところ、自然の素材(藁)を使った畳は、近代的な
住宅にそぐわない(採用してはいけない)、という結論になるようですね。

インターネットで調べましたら、最近の新建材でできた畳は、湿度を吸収せず、
虫も入り込めないらしいです。
ここでふと思いましたが、こういった畳に断熱効果を併せ持った商品が出れば、
一石二鳥になるのではないでしょうか。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/08 11:54

 数年前、アパートで1階の畳部屋に住んでいた者です。


 これは実感としてですが、
 湿気が床下から逃げる よりも 湿気&冷気が床下から這い上がってくる という感覚のほうがかなり強かったです。
 試しにコルクカーペットを部屋に敷き詰めてみたところ、おふとんの湿り具合も、室内の洗濯物の乾き具合も全然違いました。
 今は建物周辺もコンクリートやアスファルトで被われているところが増えましたし、昔のように床下換気が効く状況ではないのかな?と思った次第です。

 わたしは学生時代に少し屋内の微気候についてかじっただけなので、確信があって回答しているわけではありませんが。。
 古来の和風住宅(民家)は機械的な温湿度調整をしないで済むように、その土地に合わせて工夫された造りでした。
 でも昨今は温暖化や温室効果などの微妙で広範囲の環境変化がありますし、狭い範囲では周辺環境での緑地帯激減などがあります。
 エアコンなしで過ごせなくなってきている昨今、屋内環境面での素材や造りの変化も避けられない傾向かもしれないと勝手に考えております。

 はっきりした傾向については、専門の研究をされてる方や業者の方などのご回答があるといいですね、、
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

確かに、今年のように、夏に酷暑が続くと、もうエアコンなしではいられません。
家の傷みは、多湿の状態が永く続くことに比例しているようですから、とても
ナーバスになるわけです。

全ての住宅はそれぞれ条件が違うので、こういった疑問を論じるのであれば、
本来ならば、科学的な実験をしなければならないのでしょう。しかし、おいそれと
それができないわけで、そこに技術改善への難しさがありそうですね。

お礼日時:2001/10/08 11:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q北6畳の和室と南4.5畳の和室 夫婦の寝室にするなら?

結婚予定の者です。

寝室を北向きの6畳の和室にするか、
南向きの4.5畳の和室にするか悩んでいます。
ちなみに寝室でない方の部屋は納戸にする予定です。

また、寝室にはベッドを置きたいのですが、
広さにより購入するサイズが変わるかもしれないので
アドバイス頂けると有り難いです。

Aベストアンサー

居間とキッチン、全体との調和が肝心ですが、広さだけから言うと、
4.5畳にベッドは空間的余裕が無くきついです。
6畳といえどもそれ以外の何かは絶対に持ち込まないということも無いでしょう。

北側の部屋は平均的に夜明けの光は差し込みにくく、寒い環境にありますので、冬季は暖房の配慮をどうされるかということもあります。
南側は反対に夏間開放的になりやすいので、保安上、引き戸がついているのかどうか、窓のカーテンなどにも気を配ってクーラーの取り付け勝手などの検討が要ります。

以上の点を参考までに上げました。

Q床下の湿度調整について

先日、床下の換気孔に害虫進入防止用のネットを取付ける業者が来て床下を点検したところ、この床下には湿度調整剤を敷いた方が良いと言われました。
この業者の話では、最近の新築住宅の床下はコンクリートのベタ基礎であるが、我家(築10年建売)は土のままであるので湿気があがり、カビが発生してくるとのこと。現在のところ白蟻はいないがこのままにしておくとカビを餌に白蟻が発生する可能性があり、ゴキブリ等の害虫も発生しやすい、また床下には断熱材が施工されているので床板と断熱材との間に結露して床板も腐ってしまうので、早く床下の湿気を取ってやななければダメとのことでした。
この業者は台所の床下収納があるところから床下に入ったのですが、確かに床下からはカビ臭いにおいが家の中に漂ってきました。
これまで床下の状態について気にしたこともなかったのですが、カビや害虫の温床になっていたのでは健康のためにも良くないので、床下の湿気除去について考え始めました。
床下の湿度調整には、床下換気ファン、除湿機、湿度調整剤、炭等いろんな方法があるらしいのですが、どんな方法が良いのか、費用はどうなのか、詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。実際に施工されて効果のあったものなども紹介していただけたらと思います。
因みに、この業者がすすめた床下湿度調整剤はゼオライト系(エコドライ、セラミックプルーフの2種)のもので坪当たり6~7万円と高価なものでした。

先日、床下の換気孔に害虫進入防止用のネットを取付ける業者が来て床下を点検したところ、この床下には湿度調整剤を敷いた方が良いと言われました。
この業者の話では、最近の新築住宅の床下はコンクリートのベタ基礎であるが、我家(築10年建売)は土のままであるので湿気があがり、カビが発生してくるとのこと。現在のところ白蟻はいないがこのままにしておくとカビを餌に白蟻が発生する可能性があり、ゴキブリ等の害虫も発生しやすい、また床下には断熱材が施工されているので床板と断熱材との間に結露して床...続きを読む

Aベストアンサー

 まず、カビを餌に白蟻、というのは間違いで、白蟻はカビは食べません。セルロースを含む木材を主食にします。そのへんの基礎知識がない業者のいうことは信用できませんね。
 この手の商品は、一軒一軒状況によって対応できるだけの知識をもった業者でないと、マニュアルしごとで製品を売っているようでは話になりません。

木炭は吸湿吸臭性能はいいのですが、吸着しっぱなしになるので、ときどき交換しないといけません。冷蔵庫の○ムコを思ってください。
 ゼオライトは湿気しか吸いませんが、半永久的に使えるはずです。
ただし、回りが常に湿気ていると、水分を吸収したゼオライトは飽和してそれ以上水分を吸わなくなります。ゼオライトの性能を維持するには、床下換気ファンで空気を入れ換えてやる必要があります。

 両方やると高いので、どちらか一方を、ということであれば、ファンのほうがいいと思います。きっと、先にゼオライトを売っておいて、またあとで、やっぱり湿気がきついからといってファンを売りに来るつもりではないでしょうか。

 ゼオライトは「石」ですので、単価はそれほど高くないはずですが、床下に敷き詰める作業代の割合が高いと思います。一袋ずつ床下に持っていっては広げるのだから、ダンプでザザーッとおろすわけにいきません。ホームセンター等で注文して自分で作業すれば、だいぶやすくできるのではないでしょうか。お宅が広ければ、ちょっと片手間では無理でしょうね。

 ファンは、以前、通販生活にのっていたのも、生協のカタログで見たのも工事費こみで(3台セット)14万8000円でした。このへんが相場でしょうか。

 ホームセンターで両方取り扱っているところもありますので、聞いてみてはどうでしょう。

 まず、カビを餌に白蟻、というのは間違いで、白蟻はカビは食べません。セルロースを含む木材を主食にします。そのへんの基礎知識がない業者のいうことは信用できませんね。
 この手の商品は、一軒一軒状況によって対応できるだけの知識をもった業者でないと、マニュアルしごとで製品を売っているようでは話になりません。

木炭は吸湿吸臭性能はいいのですが、吸着しっぱなしになるので、ときどき交換しないといけません。冷蔵庫の○ムコを思ってください。
 ゼオライトは湿気しか吸いませんが、半永久的に...続きを読む

Q和室の湿度

12月に初めて和室のある家(賃貸・築20年)に引っ越したのですが、和室の湿度が常に75%以上はあります。
素人考えでは、冬は乾燥しているというイメージなのですが75%って高いですよね。
畳が湿気を含んでいるのは承知しておりますが、和室の湿度ってこんなものなのでしょうか?
ちなみにその部屋は使用しておらず、暖房器具も設置していません。
しかし、寝室として使用しているもう一つの和室も同じくらいの湿度です。(こちらはファンヒーター使用)
梅雨の時期がちょっと不安です・・・。

Aベストアンサー

こんばんは。

都内23区に住んでいます。
昨年新築し、木造軸組3階建です。

うちの和室の湿度も高いですよ。夜寝るときに確認すると大体70%超えてます。暖房類はつけていませんので室温は10度ちょっとです。

家中のいろんな部屋の温度と湿度を測っていますが、「室温が低いと湿度が高くなる」傾向にあるみたいです。

例として、自分の部屋(3階南向き、約10畳のうち4畳分がたたみで、あとはフローリング)なんですが、

室温16度 → 湿度50%くらい
室温10度 → 湿度75%くらい  です。

新築後、半年くらいなので家の水分がぬけてないのかな~と思っています。
どの部屋にも結露ができないので良しとしています。

梅雨時になったら、押入れ・クローゼットは注意してみる必要があるかもしれませんが、、、

Q結露があれば湿度はたくさんある?

タイトル通りですが、結露があれば湿度対策はしなくっても大丈夫なのでしょうか?
家の中に湿気が多いということでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

一般に言う湿度とは、相対湿度のことで、水蒸気の量を表す絶対湿度ではありません。
冬に結露するということは、室内は外気より多い水蒸気を含んでいることになります。
外気と同じ量なら、外気と同じ温度まで冷やされても結露することはありません。
詳しくは、こちらをお読みください。
http://www.ohm.jp/catalog/technical/tech_09.pdf

人間の生活で水蒸気は発生します(吐息からも)が、それがたまっていて(換気不良)、冷やされる(断熱不足)ことのバランスで起こっています。

その状態で加湿すれば、さらに盛大に結露を引き起こし、カビの元ともなり、逆に健康を害します。
計画換気が十分機能していない、そのような環境では、加湿すべきではありません。

日本でのインフルエンザの流行は、相対湿度ではなく絶対湿度が低くなると起こるとされています。
インフルエンザウィルスの性質については、次をお読みになり、少し考えてみると良いかもしれません。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3671219.html
(生存率ではなく)感染率そのものの温湿度との関係のデータはありませんし、ウィルスが本当に水分に弱いのであれば、水分の多い人間の体内で繁殖するのも不思議だという面もあります。
相対湿度にとらわれるのでなく、人間の粘膜機能を良好に保てる「十分な温度とある程度の湿度」環境を維持するということの方が、ずっと重要でしょう。

一般に言う湿度とは、相対湿度のことで、水蒸気の量を表す絶対湿度ではありません。
冬に結露するということは、室内は外気より多い水蒸気を含んでいることになります。
外気と同じ量なら、外気と同じ温度まで冷やされても結露することはありません。
詳しくは、こちらをお読みください。
http://www.ohm.jp/catalog/technical/tech_09.pdf

人間の生活で水蒸気は発生します(吐息からも)が、それがたまっていて(換気不良)、冷やされる(断熱不足)ことのバランスで起こっています。

その状態で加湿す...続きを読む

Q窓に結露が出ると言うことは湿度が高い?

窓に結露が出ると言うことは湿度が高い、
部屋が乾燥してないと言うことでしょうか?

部屋が乾燥しているからずっと加湿器を使っていたら
窓に結露が付きました。
これは部屋の湿度が十分に保たれるのでしょうか?
加湿器を使うのはストップしたほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

まあ湿度も重要だが、窓の結露の最大の要因はガラスの内外の温度差です。
加湿器で加えられた水蒸気が窓際の冷たい物体に触れることで、水分に変化します。

冷やされた空気が床に流れ、また新しい(水蒸気を含んだ)空気と入れ替わることで次々と水分が供給されます。

例えばカーテンを引くなどして空気の循環を減らし(同時に温度差の緩和)をすれば結露は減ります。
ホームセンターなどで、窓に貼り付けるタイプの断熱シートを貼るのも一つの方法。

加湿器を止めれば室内の水蒸気の総量は減るだろうから、結露も多少減ると思われるがゼロになるわけでは無い。

加湿器の付いている湿度センサーで確認しながら運転するとか、専用の湿度計を準備するなどして
適正な湿度かどうか確認して見た方が良いんじゃ無いのか?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報