四月にパニック障害を発病し、発作自体は薬によりほぼおさまったのですが、それ以来微熱が続くようになり、またアレルギーが悪化(アトピー、喘息)するようになり、又頻繁に風邪を引くようになりました。血液検査、心電図などの結果によりおそらく内科的疾患は存在しなく、自律神経の働きが良くないのだろうとのことで、今はソラナックス(0.4mg)という精神安定剤を朝晩及び不安時に1錠服用しています。

 自律神経を安定させるためにも、規則正しい生活リズムが必要だとカウンセラーにも言われたのですが、僕はどうも「熱中型」であるらしく、ひとたび何かに取りかかると、侵食を忘れて延々と取り組んでしまう傾向があります。おかげで24時間くらい卒論をやっていたりすることがよくあり、その最中には寝ることだとか薬を飲むことだとかを思いつくことが滅多になく、せっかくもらった睡眠薬も飲まずに朝を迎えてしまうことがほとんどです。カウンセラーにも相談しているのですが、カウンセラー自身もすぐには上手い対処法を思いつかず困っているみたいです。

 風邪を引いていたにもかかわらず、ここ1週間は徹夜を4回もしてしまい、体がぼろぼろです(風邪をぶり返しました)。こういう性格の人間になにか良いアドバイスはないでしょうか?甘えた質問かもしれませんが、何か思いつくことがあったらよろしくお願いします。

#ちなみにタイマーをかけるという方法では無理でした。ピーピーなっていても、意に介さないようです(苦笑)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私もパニック障害です。


私の場合は睡眠障害というのも煩っており、生活リズムが
固定できず1回転することもしばしば。

拝見する限り、本当に熱中されるタイプなんですね。
私は薬を飲まないとまったり具合が悪くなるので、それがブレーキに
なってしまいます。

拝見したところ「卒論」という言葉が出てきているのでお若いのでしょうね。
私も昔は徹夜を良くしましたが、30をまじかにしたせいか、
本当に徹夜できなくなってしまいました。
体力の低下というやつですね--;

今までの生活リズムに新しいことを定着させるというのは
とても大変なことです。
気長に考えて見てはいかがでしょう?
私はPCに向かうときはディスプレイの横に薬の袋をぶら下げて
目薬をさしたりするときに飲んだりします。

でも薬って忘れるときは忘れますよね(笑)

あとテレビを見る方でしたら、このテレビ番組を見るときは
薬を飲む、など、何かと一緒にしてしまうと定着しやすいように
思います。(経験上ですが)

あとその日のテーマなどを決めて(散歩をするなど)やると、時間の
取り方がうまくなるように思います。
あまり役に立たないアドバイスですみません。
お互い体は大事にしましょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
HDDの掃除や卒論などでこのサイトのことをすっかり忘れてまして、
いま気が付いのでやってきました。

もう見ていらっしゃらないかもしれませんが、
このような漠ほっぽっといてある質問にわざわざお答えしていただき有難うございます。

ええといまだに睡眠障害はつづいておりまして、
いまも眠いんだか眠くないんだかわからない状態なのですが(2時間しか寝られなかったし、やはり睡眠薬には抵抗があるのでなかなか飲めません。抗不安剤は普通にのめるんですけど)とりあえず卒論や授業などで(学生の割には)忙しくなってきているので、
とりあえずこれをのりきってから、ゆくり体を休めようと思います。

くすりの飲み方、参考にさせていただきます。
僕の場合、飲み物の横にちいさなノートをおき、そこに薬を飲んだ時間を
記述するという方法を始めました。
飲み物は良く飲むので、それを水筒に入れ、水筒の横に薬とノートを貼り付けておくことで大体忘れることはなくなりました。

お礼日時:2001/12/05 09:05

はじめまして 私も寝付きは悪いし、夜中に目がさめると眠れないタイプです。


以前は時計の針の音で眠れない時もありました。
聞きかじった話では、「不眠症」という病気はないそうです。あるのは「眠らなけ
ればならないという脅迫観念」だそうです。
でうから、無理に意識して眠ろうとすると、かえって眠れなくなります。
若いようですから、一晩くらい眠らなくても大丈夫です。「眠らないことが悪い」という考えは捨てると気持ちが楽になります。少なくとも眠れなくて死亡した人はいないはずです、その前に体が眠るようにできています。
私も神経質な部分がありますが、私の息子も神経質な部分があり、アトピーや喘息を時々起こします。ストレスがあるとなりやすいようです。
カーネギーの本の中の話で最悪のことを先に考え、その確率を考えてみるというのがありました。戦場で爆撃の最中で眠れなかったのが、冷静に直撃の確率を考えると安心して眠ったというのがありました。
あなたは爆撃されることも無いし、不眠で死ぬこともないです。薬を飲み忘れたからといっても現実にあなたは生きているから質問をしてきた訳です。
私も先週は風邪でダウンしていましたが、今は良くなりました。
あなたも、今より状況は悪くなることはありません。
良く言われることは、コップに半分水が残っている時「半分しか残っていない」と考えるか、「まだ、半分も残っている」と考えるかの違いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

確かに、死ぬわけではないしまったく眠れないわけでもないので、
その点では安心ですね。
体調が悪くて嫌になりますが、気楽に構えることにしてみます。
とりあえず、集中してしまうようなことをなるべく避ける等してみようと思います。

お礼日時:2001/10/10 07:30

何かスポーツをやられた経験はありますか?体の場合疲れるとギブアップしますよね?もうこれ以上階段上れないとか、腕立て出来ないとかありますよね?ただ精神の場合分かりにくいだけでもうギブアップ状態だと思います。

それが色んな病気になって出てくるのだと思います。それに一時的に成果は得られても長い目で見ればマイナスだと思います。熱中するのも休息をセットでうまくとることで成果が上がることもあるのではないでしょうか?集中して考える事も確かに大事ですが、考えないでボーっと(のうのうと)精気を養うのも必要なのじゃないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

仰るとおりなのですが、集中しているときにはその「休息をとる」ことが思いつかないのですよ。

お礼日時:2001/10/10 07:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q風邪を引いてて不安で仕方ありません

風邪を引いてしまったのですが、風邪を引いてから不安で仕方なくなったような気がします。

例えば時間が経つのが怖くなったり、いつか人が死んでしまうのが怖いと思ったり将来が不安になったりします。
不安にならなくても良い事にまで不安になったりしてしまいます。

急に泣きたくなったりもします。

この不安が風邪が治った後も続いたらどうしようとか不安になってしまいます。
今も泣きそうで辛いです。


風邪を引いたら不安になったりマイナス思考になったりする事ってありますか?
私の不安は風邪から来るものなんでしょうか?

とても困っています。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

風邪をひいてからそんな状態になったのなら
風邪が完全に治れば元に戻りますよ。
だって風邪以外思い当たることないんでしょ(^-^)b
不安のままでいると治るものも治らないですよ♪

Q引くべきか引かざるべきか

今の世の中身も知らぬ人いえ知り合いだとしても
危ないところを助けるなんて言うことは悲しいかな
ほとんどないようです
昔 群集心理について調べていたところ
ある事件を知りました
それはあるバス停で人が並んでいたところ
少年二人が割り込んできてそれを富めようとした1人の人が 二人に暴行され死んでしまうという事件がありました
まあそれ事態は大して珍しい話でもないんですが
問題はそれを見ていた人間が何人もいたにもかかわらず
誰一人留めに入るどころか警察や人を呼ぶことすらしなかったそうです それは心理学用語で多数派同調バイアスと
言うそうです 自分が何かしなくてもいずれ誰か何とかするだろうと言うことらしいです
そこでふと思ったのですがもし自分が同じ状況かに
いた場合 自分は何か行動を起こせるのか?
仮に起こせたとしても自分に危険が及ぶかもしれない
この事について聞きたいのですが
どちらを選ぶのが正しいのでしょう?
いえもちろん
正しいのは助けに入るのが正しいと思うのですが
そのことで自分の命が危険にさらされる可能性がある
しかし・・・皆さんはどちらにすべきと思いますか?
引くべきか引かざるべきか・・・助けるか見てみぬフリをするか・・・
どうすべきでしょう?

今の世の中身も知らぬ人いえ知り合いだとしても
危ないところを助けるなんて言うことは悲しいかな
ほとんどないようです
昔 群集心理について調べていたところ
ある事件を知りました
それはあるバス停で人が並んでいたところ
少年二人が割り込んできてそれを富めようとした1人の人が 二人に暴行され死んでしまうという事件がありました
まあそれ事態は大して珍しい話でもないんですが
問題はそれを見ていた人間が何人もいたにもかかわらず
誰一人留めに入るどころか警察や人を呼ぶことすらしなかった...続きを読む

Aベストアンサー

理想論と現実,可能性を心に留めなければならないと思います。

やはり理想は、被害者を助けに入り,自分の身も守り
そして廻りにも被害を与えない。

可能性は、「どれだけの事が出来るのか」と「どれだけの成果が望めるのか」「どれだけの影響が見込まれるのか」・・・。
廻りへの影響を考えると、これはかなり複雑な問題です。
あなたは他人に勝手にリスクを背負わせる事が出来ますか?
という事で、理想を求めたいのならそれに見合う実力も付けないと。


で、実際にその場に居合わせた場合は、
廻りに被害を広げず,自分の身も守れるという理想の為の実力を有しているのなら、
助けるのが正しいでしょう。
ただ、周りへの被害は問題ないが自分の身は守れるかどうかという場合は、白黒付けずに灰色とでも。
それよりも問題は、廻りに被害を広げる程に無力な場合、
これは逆に助けに入る事が悪い場合もあります。


まとめると、
日頃から自分の能力を高め,自分を良く知り、
その場で何が出来るか素早く考えられる様にする。
また、それらの行為は他の人が行った場合に
自分が行って邪魔などのマイナス面があるのか知る事。
(警察への通報は、複数行われても誰も行わないよりはまし。
余程のリスクがない限りは、警察への通報は既知であるか否かに関わらず良い事であると知っているべきである。)

何か考える一助にでもなれば幸いです。

理想論と現実,可能性を心に留めなければならないと思います。

やはり理想は、被害者を助けに入り,自分の身も守り
そして廻りにも被害を与えない。

可能性は、「どれだけの事が出来るのか」と「どれだけの成果が望めるのか」「どれだけの影響が見込まれるのか」・・・。
廻りへの影響を考えると、これはかなり複雑な問題です。
あなたは他人に勝手にリスクを背負わせる事が出来ますか?
という事で、理想を求めたいのならそれに見合う実力も付けないと。


で、実際にその場に居合わせた場合は、
...続きを読む

Q妻に言われて少し傷ついたのですが(苦笑)、

妻に言われて少し傷ついたのですが(苦笑)、

私は本を読んだり、仕事の事で勉強しようとする時に、
周りが静かでないと全く集中が出来ず、頭に入って来ません。

家庭の事情で私の勉強机はリビングの隅っこにあるのですが、
勉強している後ろで、テレビを見ながら爆笑している妻に対して
気が散ってしまい、どうにもなりません。

後、しょっちゅうチャンネルを変えまくるので
余計に気になってしまいます。

そこで角が立たないように、妻に
「ちょっとテレビの音、下げてもらってもいいかな?」って聞いたら

「集中力ないん?」とやんわり返ってきました・・・

前フリが長くなってしまいましたが、
皆さんにご質問したいのは、周りが静かでないと集中できない私は何か問題あるのでしょうか?
普通の人は少々周りがうるさくても集中できるものなのでしょうか?

つまらないご質問かもしれないですが、
どうか宜しくお願い致します。

ちなみに妻との仲は至って普通です。
私が密かに傷ついているだけです・・・(涙)

Aベストアンサー

まず、貴方の向上心とその努力されている行動力に敬服します。

事情でリビングで勉強されているとのことですが・・・。
やっぱり、その場所でないと勉強できませんかね(笑)
”所定の場所”って案外自分自身でモードチェンジできるんですよねぇ・・・。
この場所だったら読書モードとか、この角度で座ったら気合いが入るとか(笑)

貴方のお気持ち、わかるような気がします。
でも、奥さんのひと言ってグサッときますよね(笑)悪気はないんだと思いますけど・・・。

で、まず、場所を変えることってできませんでしょうか・・・。
どっか部屋の隅っこでもいいと思いますよ。
(俺は読書の時は、部屋の隅っこです。なぁ~んか、隅だと落ち着くんですよね)
また、気持ちを落ち着かせるCDとかありますよね?川の流れる音だけが聞ける奴。
ああいった類のものをヘッドホンで聞くとか、耳栓なんかも効果ありますよ。
俺は、仕事で集中したい時(自分の殻にこもって考えたいとき)なんかは耳栓しています。

お試しください。

Q心理カウンセラーについて

今カウンセリングを受けています。
もう五回通いましたがどうも何も好転しません。
カウンセラはただ話を聞く一方で、たまに当たり前の意見しか言いません。
黙っている時間もやたらと多いです。五十分で五千円です。
なにやらお金を捨てているのではないかと思い始めました。
これでは心理学の本を買って自分でやるほうがいいのではないかと
素人考えでおもっています。
カウンセラーは臨床心理士でユングがベース?で森田療法と言うのをやっていて、
夢を分析したり、箱庭療法とかをやるそうです。
カウンセラーは言葉を選んでいないのか、彼が言った言葉に
ショックを受けて一週間引きこもりました。
ぜんぜん前に進んでいないので聞きました。良くなっているんですかと。
私にはそれはわからないけど、早急に結果を求めないでまた来なさい
と言います。カウンセラーてみんなこうなんでしょうか?
これではただ単に話を黙って聞いてくれる気のいいおっさんです。
話して少し楽にはなりますが。

Aベストアンサー

>もう五回通いましたがどうも何も好転しません。
というのを伺って辞めるにはまだ早いかも、と思ったのですが、

>彼が言った言葉にショックを受けて一週間引きこもりました。
と知り、うーんこれはカウンセラーを変えた方がいいな、と思いました。

私も最近までカウンセリングに数ヶ月通っていたのですが、そのカウンセラーに疑問を抱かされることがありまして、こちらから中止を申し出ました。
カウンセリングは相性が最も大切・・・と言われているのですが、相性というよりも心の医者として信じられない暴言を吐き、治るものも治らないどころか、さらに心の傷を増やすような医者は信じられないほど多い・・・のは残念なことですが事実として多々あります。
しかしよいカウンセラーにめぐり合えた場合、根気よく通い治癒に至ったという話もたくさん聞きます。そしてセカンド・オピニオンは心の医療についても当然適用されますから、あなたが合わないと感じたならその直感のままに他のお医者様を探すのも当然の権利です。

そして、確かにカウンセリングの場は「気持ちのはけ口」かもしれませんが、カウンセラーの存在理由というのは身近な人たちの主観的な意見で混乱してしまわないための存在、受容、共感、成長を助ける、「気づき」のための介入をする・・・という意義があります。
とくに受容というのは、クライエントを否定も肯定もせず、「ありのままのあなた」を受け止めるというところが最大の特徴であり、重要な点かと思っています。
例えば両親や友人に悩み相談をすると、もしかしたら「あなたが悪い」「相手が悪い」「なぜそんなことをしたのか」「~しなければならない」という彼ら自身の価値観が(一般論)が入るのは避けられません。そうすると悩む者を混乱させてしまうのです。

問題というのは結局は自分自身で解決しなければなりません。変えられない過去で苦しんでいても「生きる力」を自分で育まなければならないのです。どんなに悪いことをしても決して咎めず、裁かず、命令もしないカウンセラーにすべてを受け止められているという実感の中で自分を肯定することから癒しは始まるのだと思いました(自分の経験で)。

家族でも友人でもない特別な関係での「会話」は一種のファンタジーのようで、それが治癒に向かうという現象もなぜか現実感を伴わない「物語」のようでもあります。しかし身の上話を開示する相手に「匿名性」があるからこそ、患者は「はけ口」とできるし、相手の主観に惑わされず、かといって客観性も受け取る義務はなく、自分の主観そして客観によって自分が主体となれるのです。
浅学ですが、現在心理学の理論を学んでいる立場とその逆の立場-つまり患者となる-ことによってそう実感いたしました。

また私自身も幼少の頃から自分に降りかかる具体的な、そしてそこから昇華した人生とは?世界とは?などの抽象的な「不条理」の意味を知りたくて、そのために心理学を学ぼうと決意して生徒として苦労しているわけですが(笑)、自分の問題(病)のタイプ、その原因、理論などについては頭ではわかりました。でも心の「痛み」が消えてなくなるということはない、と知りました。あくまでも理論は参考なんですよね。

だからご質問者さんの心理学への動機やカウンセリングへの不審がすごくよくわかるのですし、そのお金がもったいないというのもわかるのですが、理論と患者としての実践、はまったく違うものです。
言い方は悪いのですが、テキストには「キレイ事」しか書かれていない場合もあります。それを立体的に生かし、また「書き込み」をするには、患者も医者も現場に赴く・・・ことが必要だと思うのです。

結局私のカウンセラーとはご縁がなかったわけですが、「人生が変わる経験」になったのは事実です。カウンセラーとは家族でも友人でも先生でもない特別な関係です。「何をもらった」のではなく「何を盗んだのか」とポジティブに捉えていくほうが効果的だと思います。
私のカウンセラーも「全てが悪い」カウンセラーではありませんでした。物事は何でも黒か白か、結論を求めたがる「症状」について「グレー部分もある」ということを教えてくれたし、何しろ自分の長年ずっと悩んでいた症状はれっきとした「病」である、と諭してもくれました。それがどれだけ救いになったことか。これからの人生が変わる、といってもよいくらいです。また皮肉なことですが、先生の欠点も長所も認める、ということは私が決別したカウンセラー自身が教えてくれたことです。なんだか・・・とても貴重な経験をしたように思っています。

もちろん押付けはしませんが、できればもう1回信頼できるカウンセラーなりお医者様を探すことをお奨めします。100打って1当たればいいや、という具合に。またプロとして、いや「人として」言ってはならないことを言うような相手ならば論外ですが、相性というのは相手も人間ですから100%ない、という認識も必要だと思います。
私は次回は相手を探ろうと思います。前回のカウンセラーの件を次のカウンセラーと話し合うんです。そこで前カウンセラーと同じタイプだったらまた次を探すつもりです。
私もあきらめないつもりです。何よりも焦らずに、です。

以下のリンクはカウンセラーと決別したことをテーマとした私の質問と皆さんのご回答です。ご参考になれば。
http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=2261624

また質問者さんは、どのような症状なのですか?もしご自分でもどんな病気なのか分からないのなら、病院やカウンセリングルームを訪ねる前に病院や保健所に駐在している精神保健福祉士などに相談してみるのもよいかもしれません。

*蛇足ですがユングは最も敬愛する私の「マスター」です。ユング理論は温かいです。たくさん希望をいただきました。
そしてユングを日本に始めて紹介した河合隼雄先生のご回復をお祈りします。

>もう五回通いましたがどうも何も好転しません。
というのを伺って辞めるにはまだ早いかも、と思ったのですが、

>彼が言った言葉にショックを受けて一週間引きこもりました。
と知り、うーんこれはカウンセラーを変えた方がいいな、と思いました。

私も最近までカウンセリングに数ヶ月通っていたのですが、そのカウンセラーに疑問を抱かされることがありまして、こちらから中止を申し出ました。
カウンセリングは相性が最も大切・・・と言われているのですが、相性というよりも心の医者として信じられ...続きを読む

Q産業カウンセラーと臨床心理士について

当社、中小企業ですが、最近各職場でメンタルヘルスの話題が出ています。
確かに疾患が確認されないのに効率が下がったり、時折休んだり・・・(しかお連絡無しで)するケースが増えているような気もします。
そこで、内部組織だけでは手に負えないため、外部から専門家の手を借りたいのですが、そこで質問があります。
産業カウンセラーと臨床心理士では、いったいどう違うのですか?
お医者さんではないため、当然お薬の処方は出来ないとは思いますが、
カウンセリングを中心にお願いする場合は、産業カウンセラーと臨床心理士とではどちらがいいのでしょうか?
是非お聞かせ下さい。

Aベストアンサー

臨床心理士とは、日本臨床心理士会が認定する資格で、心理学系の特定大学院を卒業し、かつ当該会の試験を合格して得られる称号です。本人のメンタルな問題を主に扱い、より個人が生きやすくするために、心理療法を用いていきます。
http://www4.ocn.ne.jp/~jcbcp/what.html

産業カウンセラーとは、心理士の中の種別のようなもので、日本産業カウンセラー協会が認定している、産業従事者専門のカウンセリング資格です。心の問題の治療と言うよりも、むしろ、個人と企業との間で、いかにしたら仕事がしやすい環境にできるかの仲介+相談・アドバイスとなります。
http://www.counselor.or.jp/

違いと言えば、臨床心理士はほぼ、オールマイティで、産業カウンセラーの資格を持っていなくとも、企業でもカウンセリングはできるのに対し、産業カウンセラーは、企業でのカウンセリングしか行えません。

また、どちらが良いかと言えば、貴社がどちらをメインにするのかに寄ると思います。
・個人の問題まで解決することをサポートする
・個人の問題は、個人が外部で解決し、会社では仕事に関してのサポートとする
前者なら、臨床心理士、後者なら産業カウンセラーでよいのではないかと。どちらも対応できるようにと思われるなら、臨床心理士となると思います。

ただ、臨床心理士による療法を行う予定であれば、どのような療法を行うかによって、それなりに場所の条件は出てくると思いますので、まずは企業が物理的にどこまでできるかを検討されるのが先かと思われます。

臨床心理士とは、日本臨床心理士会が認定する資格で、心理学系の特定大学院を卒業し、かつ当該会の試験を合格して得られる称号です。本人のメンタルな問題を主に扱い、より個人が生きやすくするために、心理療法を用いていきます。
http://www4.ocn.ne.jp/~jcbcp/what.html

産業カウンセラーとは、心理士の中の種別のようなもので、日本産業カウンセラー協会が認定している、産業従事者専門のカウンセリング資格です。心の問題の治療と言うよりも、むしろ、個人と企業との間で、いかにしたら仕事がしやすい環...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報