大店法と大店立地法の違いを教えてください

A 回答 (2件)

従来の「大店法」は中小小売業を保護していましたが、大店立地法は、地域社会の環境の保全により、生活者を保護しようというものです。

下のHPに説明があります。

参考URL:http://www.lsg.melco.co.jp/sss/kanren/horei/dait …
    • good
    • 0

大店立地法(大規模小売店舗立地法)は、一九九八年に、大店法(大規模小売店舗法)の変りに制定されたものです。


下記のページに説明があります。
http://www.jcp.or.jp/faq_box/001/2000729_faq_dai …

参考URLの「大店法と大店立地法の違い」に、一覧で説明されています。

参考URL:http://www.pref.shimane.jp/section/syouki/daiten …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます

お礼日時:2001/10/25 11:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大店法と大店立地法の違いについて

大店法と大店立地法の違いを教えてください

Aベストアンサー

従来の「大店法」は中小小売業を保護していましたが、大店立地法は、地域社会の環境の保全により、生活者を保護しようというものです。下のHPに説明があります。

参考URL:http://www.lsg.melco.co.jp/sss/kanren/horei/daiten/

Q大規模小売店舗立地法

1)平成10年実施の大規模小売店舗実施法の英語名は何と言いますか?
2)上記法律の英語訳はありますか?
3)上記法律の関連英語資料がほしいのですが?

Aベストアンサー

今現在、法律の公式な英訳というものは存在しません。

これでは、国際的に対応できないということで、統一英訳を作ろうと、昨年の夏ごろから司法制度改革審議会や、各学会が作業を始めています。ただ、現在は、まだ民法の統一英語訳を検討している段階なので、大店法などの特別法については、公式な英語訳は当然ありません。

もっとも、私的に翻訳したものは存在すると思いますが、一般に公開されているものが存在するかどうかは、私は知りません。

ご期待に添えず申し訳ありませんが、一応、情報として回答しておきます。

Q大店法の影響について

大型小売店向けの蛍光灯を製造している業者さんの話で、平成13年3月期の決算は高決算になるとの話を聞きました。要因を聞くと、大店法の改正が寄与したとの話でしたが、大店法改正によって店舗が建てやすくなったとかで、需要が増加したとの見方でよいのでしょうか。それとも、他に何か考えられることはありますか。大店法についてインターネットで調べてみたのですが、この質問の答えが見つかりませんでした。すみませんが、教えてください。

Aベストアンサー

新大店法は去年から施行されましたが、(法律の内容は専門家ではないのでよく覚えていませんが...)
従来の大型店舗を建てる場合の規制が、規模の制限や小規模な商店を保護するというもだったのに対し、出店で起こる渋滞等の問題を出店を計画している企業が、周辺住民に理解を得られる様、対策を立てていくというようなニュアンスに変わった。
以前の規制が面積等の問題だったのが、周辺住民の理解に変わった。この大型店の出店は周辺住民には便利になる反面、恐ろしいほど、道が混んだり、万引きの増加や、年上に子供がからまれるとかいった問題も起きる。
このため、新大店法では出店は困難と判断され、移行処置期間の2001年1月末までに、計画に登っている出店をしていまおうと出店ラッシュになりました。この結果、多量の蛍光灯を使うため、業者さんが儲かったのではないかと思います。
逆に今年からの出店は、大型店舗では、目ぼしい物は何も無いので、業者さんの売上も天と地程の差が出るのではないでしょうか?
 つまり立て易くなったのではなく、立てにくくなるから
、それまでにやってしまえとばかりに、一時期に集中したと見るべきです。

新大店法は去年から施行されましたが、(法律の内容は専門家ではないのでよく覚えていませんが...)
従来の大型店舗を建てる場合の規制が、規模の制限や小規模な商店を保護するというもだったのに対し、出店で起こる渋滞等の問題を出店を計画している企業が、周辺住民に理解を得られる様、対策を立てていくというようなニュアンスに変わった。
以前の規制が面積等の問題だったのが、周辺住民の理解に変わった。この大型店の出店は周辺住民には便利になる反面、恐ろしいほど、道が混んだり、万引きの増加や、年上...続きを読む

Q個人情報保護法の利用目的の「変更」と「範囲を超えた取り扱い」の違いについて教えてください

行政書士試験の勉強をしているものです。

利用目的の「変更」は、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲内なら行ってもよく、本人への通知・公表も変更後でよい、とあります。(16条1項)

利用目的の「範囲を超えた取り扱い」はあらかじめ本人の同意を得ていた場合は行ってもよい、とあります。(15条2項)

この、利用目的の「変更」と「範囲を超えた取り扱い」の違いがつかめていません。
具体例などで教えていただけないでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

経産省のガイドラインに明記されていますよ。

法第15条第2項(利用目的の変更)
事例) 「当社の行う○○事業における新商品・サービスに関する情報のお知らせ」とした利用目的において「既存の商品・サービスに関する情報のお知らせ」を追加すること。

法第16条第1項(利用目的による制限)
事例)就職のための履歴書情報をもとに、自社の商品の販売促進のために自社取扱商品のカタログと商品購入申込書を送る場合

参考URLを見てください。
知ったかぶりした回答を読むより確実です。

参考URL:http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/privacy/kaisei-guideline.pdf

Q規制緩和とは何ですか?

規制緩和とは何ですか?

また、具体的に規制緩和を受けた国内産業を例に挙げるとすると何ですか?

その利点と欠点とは何ですか?

質問ばかりですみません。
大学の課題で困ってます…;v;

Aベストアンサー

規制緩和とは、文字通り規制を緩和することです。

色々な事業や活動を行うためには、大抵の場合行政の承認・認可が必要です。
歴史的な経緯、安全上の問題、技術上の問題、政治的な背景などを理由に、
この認可のための条件が高めに設定されることが多いです。

例えば、ある事業を行うときに参加した企業が簡単に潰れると、事業の存続が難しくなりますので、
一定の売り上げがある企業しか参入を認めないなどの条件を設定します。これが規制です。
しかし、この条件のハードルが高すぎると大企業に独占的な活動になってしまいます。
そこで、この条件を緩和することで、大企業以外の企業も参加できるようにします。
これが規制緩和の目的です。

近年ですと、バスツアー会社の参入条件の緩和があります。
これを例にとると、参入条件が緩和されたことにより、多数の会社がバスツアーに参入しました。
これにより、この産業の活性化と市場や雇用の拡大が起こりました。
また、参加企業が増えたので競争原理が働き、サービスの向上や価格の下落がおき、
ユーザにとっては非常にうれしいことになります。
これらは、規制による弊害の解消と言えるでしょう。

一方で、規制が緩和されたことにより、本来その事業に参加できるだけの企業体力がない会社も
参入が可能になってしまいました。
このため、一昨年の高速道路でのバス事故のように、安全面がおざなりになる側面が表れました。
また、競争が起こるということは、その競争に負ける会社も出てくるわけで企業の倒産なども起こります。
また、この競争が過剰になると、その従業員の給料や労働条件にシワ寄せがいきます。
これが規制緩和の弊害と言えます。

規制緩和とは、文字通り規制を緩和することです。

色々な事業や活動を行うためには、大抵の場合行政の承認・認可が必要です。
歴史的な経緯、安全上の問題、技術上の問題、政治的な背景などを理由に、
この認可のための条件が高めに設定されることが多いです。

例えば、ある事業を行うときに参加した企業が簡単に潰れると、事業の存続が難しくなりますので、
一定の売り上げがある企業しか参入を認めないなどの条件を設定します。これが規制です。
しかし、この条件のハードルが高すぎると大企業に独占的な活動...続きを読む

QToSTNeT-1とToSTNeT-2の違いと、クロス取引と非クロス取引の違いについて教えて下さい。

これまで立会外取引=ToSTNeTだと思っていたのですが、ToSTNeTには1と2があるそうです。今回ライブドアが行ったのはToSTNeT-1でのニッポン放送株の購入で、これは個別に条件交渉を行い取引を成立させることになり、一般投資家が取引に参加する機会が失われるため不公正だという指摘があります。

一方、発行済株式総数の1/3以上を取得することになるような大量売買(株式持合解消や自社株購入のケース)では、ToSTNeT-2の非クロス取引が利用されてきたそうです。ToSTNeT-2の非クロス取引なら時間優先の原則が適用され、一般投資家の参加の可能性があるからだそうです。さらに事前に買付けに関して公表を行うので、一般投資家が取引に参加する機会が保障されているそうです。

東京地裁のニッポン放送の新株予約権発行禁止の仮処分決定を読むと、ToSTNeT-1によるライブドアの取引が証取法違反になるとのニッポン放送側の主張に対して、ToSTNeT-1は競争売買の市場でなく、十分な情報開示がないことは認めながらも、結論としてはToSTNeT-1は東証が多数の投資家に対し有価証券の売買の場として設けられていること、金融副大臣の衆院予算委での答弁(今回のToSTNeT-1の取引は現行法上違法でないとするもの)からこれを斥けています。

ところで、ToSTNeT-1とToSTNeT-2はどこがどう違うのでしょうか?また、クロス取引と非クロス取引はどこがどう違うのでしょうか?証券市場に関しては素人ですので、できるだけ易しくご説明下さいます様お願い致します。

これまで立会外取引=ToSTNeTだと思っていたのですが、ToSTNeTには1と2があるそうです。今回ライブドアが行ったのはToSTNeT-1でのニッポン放送株の購入で、これは個別に条件交渉を行い取引を成立させることになり、一般投資家が取引に参加する機会が失われるため不公正だという指摘があります。

一方、発行済株式総数の1/3以上を取得することになるような大量売買(株式持合解消や自社株購入のケース)では、ToSTNeT-2の非クロス取引が利用されてきたそうです。ToSTNeT-2の非クロス取引なら時間優先の原則が適...続きを読む

Aベストアンサー

クロス取引の定義はこちら(↓)
http://www.nomura.co.jp/terms/ka-gyo/kurosu.html
非クロス取引はクロス取引でない取引ということでしょう。

トストネット1と2の説明はこちら(↓)
http://www.nomura.co.jp/terms/t/tostnet.html
http://www.tse.or.jp/cash/tost/

でも法律相談じゃないので、このカテゴリでは不適切なような気がしますが・・・。
納得のいく回答がなければ、株式のカテゴリなどに行かれては?

QDeregulationは「規制緩和」それとも「規制解除」??

Deregulationは「規制緩和」それとも「規制解除」??

こんにちは。

規制緩和に当たる単語を探しているのですが、deregulationは規制緩和にあたるのでしょうか?

英英辞書では
To deregulate something means to remove controls and regulations from it.
とあり、規制自体を全てなくしてしまうという意味のようです。

そうではなく、規制自体がゆるくなった(撤廃された訳ではない)ことを言いたいのですが・・

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

政治用語?としての「規制緩和」でしたら「Deregulation」でいいみたいです。

「もともとの英語 deregulation は本来、規制「緩和」ではなく規制撤廃の意味が強い言葉であるが、日本では規制撤廃に反対する官僚が意図的に意味をずらして翻訳した(ダブルスピーク)ため、そのまま国内に広まったという。」

参照元
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%8F%E5%88%B6%E7%B7%A9%E5%92%8C

Q『商業施設変更計画の大規模小売店舗立地法に係る地元説明会』って…ナニ??

自宅から少し離れたところにあるスーパーマーケットの名義でチラシがポストに投函されていました。
チラシのタイトルは『(店舗名)スーパーにおける商業施設変更計画の大規模小売店舗立地法に係る地元説明会』でした。

チラシには
『この度、当店では下記の通り施設の計画を変更させていただくにあたり、大規模小売店舗立地法の定めに基づき、平成○年○月○日に○○県に対して変更計画の届出を致しました。
つきましては、同法第7条に基づき、地元の皆様に変更計画の概要並びに届出内容を御説明させていただく為、下記の日程にて地元説明会を開催させていただきます』
と書かれていました。
この後、チラシには地元説明会の開催場所と日時、店舗名称、店舗所在地、小売業者(スーパーを経営する会社)の名称とその所在地、変更内容と変更をする年月日が書かれていました。
変更内容を見て分かったのですが、どうやら営業時間を変更するようです。
変更前と変更後の違いは、開店時間が1時間繰り上がり、閉店時間を1時間遅くすることでした。
また、それに伴って店舗の駐車場の利用時間も変更すると書かれていました。
店舗(スーパー)は団地に隣接して建てられています。
やっと本題に入りますが、自分は法律に疎いので、なぜ説明会を行うのかが分かりません。
営業時間を変えるのに、何故『地元説明会』を行うのでしょうか?
お暇な時で結構ですので、教えてください。
(店舗そのものを改築するわけでは無いようです)

自宅から少し離れたところにあるスーパーマーケットの名義でチラシがポストに投函されていました。
チラシのタイトルは『(店舗名)スーパーにおける商業施設変更計画の大規模小売店舗立地法に係る地元説明会』でした。

チラシには
『この度、当店では下記の通り施設の計画を変更させていただくにあたり、大規模小売店舗立地法の定めに基づき、平成○年○月○日に○○県に対して変更計画の届出を致しました。
つきましては、同法第7条に基づき、地元の皆様に変更計画の概要並びに届出内容を御説明させていただく...続きを読む

Aベストアンサー

 こんばんは。

 大規模店舗の場合,開店時間の変更により,周辺道路の混雑時間帯が変わったり,人の通行量が変わるなど,周辺住民への生活環境に影響を与える可能性があるため開催されるものです。

Q規制緩和について

規制緩和について調べているのですが、いまいちよく理解できません。
規制緩和とはどんなものなのか、どういった影響ををあたえるのか、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

規制により守られていた業種に、新規参入業者が増え、競争が活発になります。それにより、価格が下がる、サービスがよくなるといった、消費者にとって利便性が上がります。
たとえば航空業界。日本航空、全日空、日本エアシステム(とそれらの関連会社)しかなかったのに、スカイマークやエアドゥといった新規参入企業が現れ、運賃が劇的に下がりましたよね。
今後、住宅に関する規制がかなり緩和されると思います。建築基準法など、海外の同様の法律をクリアしている材料をそのまま使えるようになれば、建築費用が格段に下がるでしょう。すると、老朽家屋の立替などが進むでしょう。そうやって内需を拡大すると景気回復につながると思います。

Q行政法に関しての法の両面拘束性について教えていただきたいです。法の両面拘束性の定義や、簡単な具体例を

行政法に関しての法の両面拘束性について教えていただきたいです。法の両面拘束性の定義や、簡単な具体例をあげて教えてくださるとありがたいです。

Aベストアンサー

法の両面拘束性とは、法が国民と国家の両方を拘束するという性質のこと。専制君主時代は、国王は法の拘束を受けず、国民のみが一方的に拘束を受けたという片面拘束性に対する概念。

……これは特に具体例なんて要らないでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報