AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

回答すぐにでもお願いします!!

本日、派遣で顔合わせをしてきました。
航空会社にかわって貨物のスペースの予約の
受付だそうです。
私もフォワーダーにいたので、仕事の内容はわかるんですが、どのくらい忙しいのか検討がつきません。
残業はほとんどないですが、夕方まで仕事は濃いですよとのこと。
これって、精神的にかなり負担な仕事ってことでしょうか!?
いけないことですが、別の派遣会社のメーカーの輸出輸入の仕事も気になっている(まだ何もすすんでいない状態&まだ誰とも話が進んでいない&50円高い)ので、どっちにしようかあと数時間で決めなくてはいけないので。。。

スペースの予約受付(スペースの組み立)の経験ある方、精神的にきつい仕事ですか?
メーカーとどっちにしようかホント悩んでいます。
回答すぐにお願いします!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

友人がフォワーダーでエアー担当で働いていました。


めちゃくちゃ忙しくて、深夜残業は当たり前でしたよ。

特にヨーロッパ担当などになると、時差の関係で日本が夕方になった頃むこうがちょうど朝なので、電話はガンガンかかってくるわ、ファックスはくるわで、なかなか帰宅できないと言っていました。

私もメーカー(特に輸入)がいいと思います。

そしてフォワーダー希望でしたら、エアーより船のほうがラクだそうです。(荷物が着くのが遅いから)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
どうやら今回の案件はフォワーダー業務ではなかったようです。
私もフォワーダー経験あるので、エアーは大変ですよね!!
今回もマイナーなフォワーダーなのか!?と思っていたのが、違ったようです(汗)
フォワーダーから飛行機のスペースの予約が入るので、簡単に言うとパズルのように収まるように組み立てる(各マスターを出す)というような仕事のようです。

なので飛行機が出るまでが勝負!つまり一日一日仕事の終わりがはっきりしているので残業がないようなのです。ただ、飛行機が出るまでが大変というようなことをオブラートにつつんで!?言われたので、
げ?どんなに大変なの?と思ってしまったんです。

結局将来的にメーカーの経験の方が良いのではと思って、断りました。

ちょっと未練がありますが、そこは時給が低かったしと言い聞かせて・・・・

お礼日時:2005/07/06 22:23

元コーディネイターです。


メーカーの貿易事務がいいと思います。
貿易事務は仕事が面白いほど残業が増えます。
やりがいがある仕事ほど忙しいものです。

その点が留意です。
空港?のお仕事は繁忙期があると思います。
これからは繁忙期だと思いますのでメーカーの方が良いかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
空港の仕事ではなく、航空会社の仕事を一部
請け負っているだけなので、会社は普通のオフィスビルにあるんです。
私も今日顔合わせするまでどんな仕事か検討がつかなかったし(営業の方もよく仕事内容がわかっていなかったようです)、輸出って言ってたので
フォワーダー的な仕事と思っていたのですが。

結局、今後のことを考えてメーカーの貿易事務の方が今後需要が多いと思うし経験としてはよいと思ったので、断りました。

おもしろそうな仕事だとは思い、おしいかな・・・
とも思ったんですが。
これで良かったと思えるような未来が来ればいいな(汗)

お礼日時:2005/07/06 22:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q実際物流業界って??

私は現在海外との関わりを持ちたいという思いから、国際物流の会社を中心に回り、選考もいくつか進んでいます。
ですが、物流業界に関しては「激務」「給料も良くない」などあまり良くない噂を聞くこともあります。
実際に社員の方にお会いしてお話をさせて頂く機会もありますが、みなさんバイタリティー溢れる良い方ばかりなので、物流の仕事に携わりたいという思いはあります。
ですが、できるだけ多くの方のお話を伺うことができれば幸いだと思いこちらに質問させて頂いています。
実際、物流業界ってどうなんでしょうか?
みなさんが働かれている会社や環境、職種などによっても違ってくるとは思いますが、是非色々勉強させていただければと思います。

Aベストアンサー

国際物流業界の代表格である海運関連の仕事をしている者です。基本的に、海運・国際物流業界は、商社・貿易業界などと並んで、海外とつながりが持てる代表的な業界であり、海外出張・赴任の機会も多く、世界中でその物資を必要としている人に、その物資が存在している所から調達し、送り届けるという、非常にやりがいの大きい仕事だと思います。以下に思いつくまま、この業界の一般的な特徴を挙げてみます。但し、これは一般論であり、個々の会社や職場、職種によって、それぞれ環境が異なることをご承知置きください。

1.海運・国際物流業界は、国家的な重要産業である。まわりを海に囲まれ、資源の乏しい日本は、生活物資の大半を海外に依存せざるを得ない。海外との間で物資の輸出入を行う場合、大量輸送を行える海上輸送は最重要手段であり、現状99.7%(数量ベース)は海上輸送に頼っている。残りのわずか0.3%が航空輸送である。
2.海運・国際物流業界は、B to B (Business to Business:企業間取引が主体)の産業であり、鉄道・車・飛行機に比較しても我々の直接の利用の機会が少なく、又産業従事者の絶対人数が少ない為に、国家的な重要産業である割には消費者の目に触れる機会が少なく、「海運」と言っても、先ず「航海」・「船乗り」・「港」等「労働集約型産業」のイメージや「造船」のイメージが先に連想される向きが多いように見受けられる。
3.しかし、海運ほど時代の最先端を進んでいる産業も少ない。勿論運航面でも、最新鋭のIT機器を備えているし、世界の海とつながっている産業なので、競争相手は世界中の国際物流会社であり、これまでに熾烈な競争が繰り広げられてきた。
 だから、国内の多くの他産業の会社がバブル後にリストラなどで苦しんだような経験をもっと前に通り越してきた。(戦後昭和39年とその後の海運集約があり、多くの会社が合併し、リストラを断行した。)
  その過程で、事務や経営を大幅に効率化し、少数精鋭でも仕事をこなせる骨太の産業に生まれ変わった。
4.少数精鋭であるため、傾向的に国際人たるにふさわしい、優秀かつ人柄良好の社員が多く(私の会った人たちも素晴らしい)、社員の結束も高く、経営者と若手社員との距離が近く、若い頃から多くの裁量が与えられるケースが多いように見受けられる。
5.若い頃から人を育てようという意識が高く、若いうちは、比較的短いサイクルで、多くの部署を体験させることが多いように見受けられる。(ただ、まれに、最先端分野の部署では、年の近い先輩がおらず、うまくOJT(仕事の場を通じて仕事を教えてもらうこと)が機能しないケースもあるようだ。)
6.又、職場によっては、女性が少なく、うるおいに欠けることが多いかもしれない。女性が少ないのは、元々採用人数が少なく門戸が狭いのが原因かもしれない。(女性が多く、活躍している職場は、男性にとっても働きやすいかどうかのバロメーターといわれるが・・・)
しかし、一旦採用された女性は、男性と同等に活躍し、昇進についてもほぼ差はないと思う。セクハラの相談部著なども完備され、又、結婚・出産後も働ける環境は備わっているようだ。(例:日本郵船(丸の内)には、託児所がある)
7.「激務」で「給料も良くない」かどうかは、一概には言えないと思う。(会社や職種によって違う。)
  ただ、昔ほど際限なく残業をすることはないと思う。ITが発達し、海外との時差を気にすることも少なくなった。ただ、決算期には、経理が集中的に忙しくなったり、重要案件が集中した時に、少数精鋭で人数が少ない為に、色々な業務が集中することはあるかもしれない。
  又、給料については、業績を反映し(今は、中国景気のおかげもあり、海運・国際物流業界の業績は押しなべて最高で、株価もすごい!)そんなに悪くはないと思う。
 

海運・国際物流業界の概要は次の本や、各社のHPもご参照下さい。
でもやはり、会社の社風を肌で感じるなら、多くの先輩と引続き会われるのが一番いいと思います。

・(社)日本海運集会所編「入門『海運・物流講座』」
→海運専門書店「ツキヂ書店」などに在庫あるはず
・会社の歩き方シリーズ・商船三井

海運・国際物流業界をめざす学生のためのサークルもあります。↓
中段右側の「掲示板」をクリックすると最近のセミナーなどの情報もあります。

参考URL:http://mamoruoiwa.hp.infoseek.co.jp/

国際物流業界の代表格である海運関連の仕事をしている者です。基本的に、海運・国際物流業界は、商社・貿易業界などと並んで、海外とつながりが持てる代表的な業界であり、海外出張・赴任の機会も多く、世界中でその物資を必要としている人に、その物資が存在している所から調達し、送り届けるという、非常にやりがいの大きい仕事だと思います。以下に思いつくまま、この業界の一般的な特徴を挙げてみます。但し、これは一般論であり、個々の会社や職場、職種によって、それぞれ環境が異なることをご承知置きくだ...続きを読む


人気Q&Aランキング