昨年の年末にスノーボードをしていて右手首舟状骨を骨折しました。
その後、手術(ハーバートスクリュー&針金)を二回やり、今では
普段の生活はできています。6月に撮ったレントゲンでは骨折線にそって
骨がやせていました。
 そこで相談です。舟状骨は血流が悪いので骨ができにくいと聞いています。
もし次に転倒した場合に折らないために、なにかするとしたら何がいいですか?
今考えているのは、エアロバー(通販でやってるゴムの棒で
握って細かく動かすと筋肉に負荷がかかってムキムキになる!らしい)
を使おうかと思ってます。手首の筋肉がつくかなと思いまして。
 買うかどうか踏ん切りがつかないので、アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

以前舟状骨の骨折の患者さんのリハビリを担当したのですが、その彼はラグビーで全国大会(高校生)に出るほどのチームで、1年からレギュラーに出るほどの選手でしたが最終的に手首の背屈が完全に戻らず、レギュラーにはなれませんでした。


この彼で感じたことは、筋力はもちろん大事なのですが、一番は可動域の回復が前提になること、そして早期のリハビリが重要であることです。
そういう意味ではすでにリハビリはかなり行われているのですね。
可動域がまだ不十分なようでしたら、可動域を十分に作るような可動域を全て使った運動を行ってください。
関節を固定した形での運動はあまりお勧めしません。
特にお聞きとは思いますが、ある程度の重量を与えたベンチプレスは、舟状骨や月状骨にストレスを与え、血行障害を起こします。
骨も当然血液の栄養を受けていますから、血行障害は骨の成長を阻害します。
特に骨折時に栄養血管を損傷していますので、そのため骨が痩せているのです。
当然、手根骨に血液が十分行き渡るような運動が適しています。
これは相反することですが、骨の成長には血液の栄養ともう一つ適度の負荷が必要です。
ということはある程度手首に負担が与えられないといけないということです。
これは手首の関節運動によって筋力負荷が得る必要があるので、ある程度の強度は必要だということです。
もしエアロバーというもので運動するつもりなら、それに加えて手首の十分な関節運動を行う種目が必要です。
リストカールなどでしょうか。
反物を巻き取る動作などもいいのですが、私の知る範囲では野球部の人間などが良く行う、30cm位の棒の中央に紐をつけてその紐に重しをつけて、その両端を握り巻き取る運動などが適しているのではないかと思います。(理解できますか?)
ストレッチや前腕のマッサージも必要でしょう。
上記のトレーニング分かり難ければ補足します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hiyoridoさん、早速のアドバイスに感謝致します。

可動域ですが、正常な左手と比べて内側に曲げたときに-15°、
外側に曲げたときに-25°ぐらいの差が出ています。

今までのリハビリとしては、病院の作業療法士のリハが2ヶ月程度、
ぷにゅぷにゅのボールを握り締めること、
2kgの鉄アレイで腕を固定し手首だけを動かすことをやってます。
風呂の中や思い出したときにはいつも曲げ伸ばしをやっていて、
怪我して1人近くなってようやくこれぐらいの可動域が得られるようになりました.

恐れ入りますが、
>リストカールなどでしょうか。
>反物を巻き取る動作
について補足願えるでしょうか。
また、棒についた紐を巻き取るトレーニングについても、
どれぐらいの長さの紐か、重石はどれぐらいかなど
ご教授ください。

よろしくお願いします。

お礼日時:2001/10/12 14:46

PNFは元々片麻痺や神経損傷などの機能回復のためのリハビリのために開発された手技で、アメリカで開発されました。


元々がリハビリ目的であったため、日本でも理学療法士が主に使っています。
スポーツPNFはこれをスポーツ選手に用いたもので、筋持久力の増強や運動フォームの矯正、関節可動域の改良に役立っています。
まだ日本で活躍していた当時の野茂選手がこれを使っていたことから有名になりました。
といってもこれはパートナーが行うもので、トレーナーが必要です。
病院によってはこの手技を使う方もいるとは思いますが、自分では出来ないと思います。
AKAも日本では理学療法士が使う手技ですが、講習会等は柔道整復師向けにも行われていますので、勉強している人の中には出来る人もいるかもしれません。
これはスポーツPNFも同じです。
近所の整骨院に問い合わせてみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

hiyoridoさん、本当にありがとうございました。

大いに参考にさせていただきます。

もしかするとまた教えていただくかもしれません。
そのときもよろしくお願いします。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/15 16:39

リストカールについては恐らくリハビリでされている種目と同様でしょう。


紐は特に決まりがあるわけではありませんので、座ってするなら床から肩の高さ位です。
立ってする場合も同様の長さの決め方で良いと思います。
重さは今現在はそんなに重さを必要としないと思います。(2~3kgからで良いと思います。)
というのは筋力強化といよりは、手根骨(舟状骨)周囲の血行改善と骨への刺激が目的だからです。
本来は大分受傷から経っていますし、可動域制限もありますので、スポーツPNFと呼ばれる手技やAKAなどの関節の可動域を広げる治療が適しているのですが。
転倒して怖いのは、筋力不足より可動域の低下ですから。
特に舟状骨骨折ということは、恐らく手の平を着いたんですよね?
外側に曲げた時というのが手の平を着いた時の姿位に近いと思うのですが、-25度ということはかなりの可動域制限が残ってますから、どこかで可動域回復訓練が出来れば良いのですが。
近くにスポーツ外科・整形でリハビリできるところはないのでしょうか?
可動域制限が残ったままスノーボードをするつもりなら、手の平を絶対に着かないことと、装具かテーピングをして滑ることをお勧めします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

hiyoridoさん、ありがとうございます。

詳しいアドバイス、感謝いたします。
早速、紐巻き巻きをやってみます。

おっしゃる通り、手のひらで体重を支えてしまい、
骨折しました。
そうですか・・・可動域制限がかなり残っていますか。
以前よりはだいぶ良くなったのですが・・・



リハビリに通うことも考えることにします。
手のひらを着かない=こけない・・・これは難しい!
今シーズンは滑りに行きますが、プロテクターを装着して
滑ることは決心しています。現在どれがいいか探しています。

スポーツRNFやAKAなどは良くわかりませんが、素人が
自分で行うことはできないのでしょうか。
教えて頂けますか?

お手数をおかけし申し訳ありません。

お礼日時:2001/10/14 00:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q舟状骨骨折での骨折線について

手関節の舟状骨骨折に関して質問があります。

(自分自身が煩っているわけではないですが、知り合いから下記の質問があり、答えられなかったので、ここに代理質問させてもらいます。
ちなみに自分は研究者で破骨細胞などを研究してます。細胞生理は多少分かりますが、臨床的なことは分からないです。)

Q. 舟状骨骨折は他の骨折とは違って、初期には骨折線が見えにくいとのことですが、これはなぜなのでしょうか?

Q. 舟状骨骨折の骨折線は3週間ほど経って検出されるとのことですが、これはどうしてでしょうか?

Q. 3週間ほど経って骨折線が出てくることに関しては、「仮骨形成後、新生骨が出来るのに3週間かかるから」という機序を考えるのですが、こういった骨修復の機序は舟状骨では他の部位の骨折と何か違いがあるのでしょうか?

すみませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Q3はtommyさん自身の質問ですよね。

正解は私には分かりません。治療計画を選択しているだけの整形外科医の回答が正解というのならこの機会に従っている患者の権利として聞いてもらいそちらから知るのもいいんじゃないのでしょうか。

質問を解決に一歩でも近づけるために逆にお聞きしたいのですが、骨折の治癒過程においてオステオクラストは何か関与をするのでしょうか。その影響がでるのでしょうか。特に、骨折線に一致する部位において。
専門家ならば論文等仕入れられると思うのですが。


思いつくままに列挙しますと。
重積効果。接線効果。関節包。関節面。
手根骨は関節を作りますよね。とりわけ舟状骨は関節面が多いです。
関節や関節包内の骨とはどんなものでしょうか。

治癒の遅い骨折の場合、栄養血管に不自由するとか、骨膜が十分に機能しないとか、そういう場合、骨吸収を起したりしないのでしょうか。

舟状骨の特殊性が語られる背景に、舟状骨の骨折頻度が他の手根骨よりも多いということがあると思います。はたして公平な比較が出来ているのか。


質問者さんご提示の機序ですが、一般的な骨折の、治癒過程について、ですよね。それが骨折線とどのように関係するのでしょうか。それで骨折線はどのように見えてくるという機序でしょうか。たとえば骨透過像ですか、不透過像ですか。仮骨はどこに出来るのでしょうか。

Q3はtommyさん自身の質問ですよね。

正解は私には分かりません。治療計画を選択しているだけの整形外科医の回答が正解というのならこの機会に従っている患者の権利として聞いてもらいそちらから知るのもいいんじゃないのでしょうか。

質問を解決に一歩でも近づけるために逆にお聞きしたいのですが、骨折の治癒過程においてオステオクラストは何か関与をするのでしょうか。その影響がでるのでしょうか。特に、骨折線に一致する部位において。
専門家ならば論文等仕入れられると思うのですが。


思いつくままに...続きを読む

Q手首骨折でこんなに窓口で負担?

子供が自転車で転び、手を付いた時に手首を骨折しました。当日整形外科で、12,000円ほど支払いました。
内容は、初診273点、処置1200点、手術1780点、画像診断433点、処方箋68点で合計11,260円窓口で支払いました。
実際の内容は、まずレントゲン撮影後、骨折ですねと言われギブスと包帯を巻かれただけです。

翌日、再診料71点、処置12000点で、合計3,810円の支払いです。こちらは、「包帯が緩んでるね、」と言われ包帯を交換しただけです。

二つ納得いかないのですが、ひとつは初診時の「手術」です。
レントゲンとギブスをはめただけで何の手術なのでしょうか。子供の傷害保険で通院費用請求時に手術給付も請求出来るよう診断書に書いてくれるのでしょうか。「手術?」疑問です。
二つ目は、翌日の再診時に包帯を替えただけで、12000点(12,000円?)もかかるものなのでしょうか。
客観的に納得できないし、高すぎると思うのですが、、。

以前、骨折の場合は患者が痛くて暴れることもあり、一律決まった請求になっているような書き込みを見たのですが、この場合もそれに該当し、決しておかしくないことなのでしょうか。
どうぞ宜しくお願いいたします。

子供が自転車で転び、手を付いた時に手首を骨折しました。当日整形外科で、12,000円ほど支払いました。
内容は、初診273点、処置1200点、手術1780点、画像診断433点、処方箋68点で合計11,260円窓口で支払いました。
実際の内容は、まずレントゲン撮影後、骨折ですねと言われギブスと包帯を巻かれただけです。

翌日、再診料71点、処置12000点で、合計3,810円の支払いです。こちらは、「包帯が緩んでるね、」と言われ包帯を交換しただけです。

二つ納得いかないのですが...続きを読む

Aベストアンサー

多分このような感じになっていると思います。
初診料 270点 +電子化加算 3点
処置 四肢ギプス包帯(片側)1200点
手術 非観血的整復術 前腕・下腿 1780点
画像診断 単純撮影 四肢 3歳以上の場合
     デジタル映像化処理加算や枚数・フィルムの大きさなども
     影響するため、予想の域を超えません。
 例)四つ切1枚・加算なし 108点+5.6点 
   透視診断というのも入れば、そこに110点も入ります。
処方箋 処方箋料7種類以下の内服薬の投薬であり、尚且つ
    後発医薬品を含まない場合であれば68点

画像処理の点数を除いた合計としても10000円ほどになりますので、結構妥当だと思われますが、画像診断が引っ掛かりどころです。

再診 再診料 71点
処置 1200点・・・・?
包帯を交換ではギプス料は取れないはず。
ギプスを外したのなら、その半分の点数となるような・・・。
変ですね。病院によってはどう取ってるのか分かりませんが、納得いかないようでしたら、窓口に言って見た方がいいかもしれません。
傷がある場合ならば、そういう場合で創傷処置として取るとかも考えられますが、包帯で一気にその点数には疑問を覚えます。

画像診断は骨折の時、もう片方の骨折などしていない腕と比べ合わせて見ることがあります。その場合には撮影回数などが変わり、点数にも差が出ますので早めに受診なさった病院に行かれてはどうでしょうか。
間違っていた場合には返還要求も出来ると思いますので、もう一度計算していただいてみるのもいいかもしれません。

多分このような感じになっていると思います。
初診料 270点 +電子化加算 3点
処置 四肢ギプス包帯(片側)1200点
手術 非観血的整復術 前腕・下腿 1780点
画像診断 単純撮影 四肢 3歳以上の場合
     デジタル映像化処理加算や枚数・フィルムの大きさなども
     影響するため、予想の域を超えません。
 例)四つ切1枚・加算なし 108点+5.6点 
   透視診断というのも入れば、そこに110点も入ります。
処方箋 処方箋料7種類以下の内服薬の投薬であり...続きを読む

Q舟状骨 骨折された方

現在、舟状骨骨折と診断されています(ちなみに右手首)。
この骨折された方がいらっしゃったら、どうやって手術~復帰されたか教えてください!!  

また舟状骨骨折から偽間接になった方はいらっしゃいますか???

Aベストアンサー

人間の体の中には舟状骨と呼ばれる骨が2箇所あります。NO1のKATORIさんの足部と質問者であるKojimaro1126さんの手部であります。足の舟状骨の場合は何ら他の骨と変わりは無く治癒しますが、手の舟状骨の場合は私たちもかなり慎重になります。その理由として、手の舟状骨は血流に乏しく栄養が骨に行き難い為、仮骨という「骨ののり」が出来にくいわけです。従って受傷後に保存的に固定もしますが、手術が必要と思われた場合は即、手術というケースも御座います。6年前に骨折なさってすでに偽関節という診断がされているのなら手術療法しかありません。ただ、日常生活に支障が無い痛みならそのまま放置するという考えもあります。何にしろ一度整形外科にて御相談してください。(手術方法は個々の病院によって色々な方法があると思います。従って復帰時期もまちまちだと思います。)

Q両足踵骨粉砕骨折

昨年の7月25日にアパート4階から転落し、綺麗に両足着地しました。あまりの痛さに救急車で運ばれ診察の結果、両足踵骨粉砕骨折でした。8月10日にくぎのようなもので骨をつなぎ合わせる手術をしました。それから10週間後にくぎを抜きリハビリをしてきました。リハビリの内容は硬直した足首の可動範囲を戻していくマッサージと徐々に踵に体重を加えていくものでした。リハの成果もあって何とか私生活を送れるようになりましたがまだ働いたりはできません。医者はもうリハビリはしなくていいと言いました。ですが少し散歩したりするだけで両足首に激痛がでてそうなると数日間歩けなくなります。前置きはこれぐらいにしておきます。
 僕はスノーボードのインストラクターをしていました。ワンメイクジャンプでもスポンサーを狙っています。具体的に両足首の痛みを我慢できる範囲にしたいです。そのてめの努力は惜しみません。各界のトップアスリートの方々が致命的な怪我から復活したという話もたまに聞きます。
どなたか助言を下さい。今私自身が個人的にしているリハビリはプールでの歩行と遊泳、ジムでの筋肉トレーニングですが無知識なためこれでいいのかさえわかりません。教えて下さい。

昨年の7月25日にアパート4階から転落し、綺麗に両足着地しました。あまりの痛さに救急車で運ばれ診察の結果、両足踵骨粉砕骨折でした。8月10日にくぎのようなもので骨をつなぎ合わせる手術をしました。それから10週間後にくぎを抜きリハビリをしてきました。リハビリの内容は硬直した足首の可動範囲を戻していくマッサージと徐々に踵に体重を加えていくものでした。リハの成果もあって何とか私生活を送れるようになりましたがまだ働いたりはできません。医者はもうリハビリはしなくていいと言いました。...続きを読む

Aベストアンサー

連絡遅くなりました。
痛みの部位と症状から下腿三頭筋の筋力低下が一番の原因になっていると思います。
下腿三頭筋とはふくらはぎの事です。
ここの筋肉で爪先立ちを行います。
踵の骨にこの筋肉がアキレス腱として付着しておりますので、炎症を起こしているのかもしれません。
筋力トレーニングを行う必要があると思います。
くるぶしの痛みも下腿三頭筋の力を代償することで起こっていると考えられます。
訓練方法は爪先立ちを20回の3セットくらいを一日に2~3回行うといいでしょう。
力があって片足でできるならなおさらよいと思います。
最初は両足ではじめてください。
もしそれがきつい場合は、椅子に座った状態で踵をあげるようにトレーニングするとよいでしょう。
ひざの上から手で負荷をかけると結構きついです。
トレーニング行った後はアキレス腱の付着部を軽くアイシングするといいと思います。
まだ、足りないと思いますが一応のトレーニングをお知らせしておきます。
また何かございましたらご連絡ください。

Q足の舟状骨骨折

足の舟状骨を骨折しました。
舟状骨ってどういう役割をし、どれくらいで完治するものでしょうか。
手術をする場合としない場合とではどういうふうに完治の仕方が違うのでしょうか。おしえてください。

Aベストアンサー

足の舟状骨については、こちらを参考にしてください。

http://www.akimoto.ecweb.jp/bone-fracture04.htm

手術しなければ、他にその分負担がかかると思います。
どれくらいで、完治するかについては、お医者様に相談してくださいね。

Q基節骨の頭頂部の骨折の治療期間

中3なのですが
部活中に左手の薬指を骨折し。指の第二関節から先が小指側に5mmぐらいスライドしたような形
になってしまいました。整形外科の先生の話によると季節骨の先っぽにある二つの出っ張りのうちの
中指側ののものが折れてしまったそうです。指の骨折にしてはレアなことらしいですが。
これって普通の骨折より治りにくかったりするんですか。

Aベストアンサー

指の骨折についてはレアなんですね。ということは、診察してくれた先生に訊くのが一番いいのでは?

Q医療保険・舟状骨の件

医療保険の件で教えて下さい。
舟状骨を骨折したのですが、
舟状骨は上肢か手指のどちらに分類されるのでしょうか?
給付金は上肢が40000円、手指13000円とだいぶ違います。
ご存知の方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

舟状骨は、前腕骨の一つである橈骨と手関節を形成いています。
従って手関節となり、上肢に分類されると考えます。

Q収縮する筋肉と弛緩する筋肉について

以下の時に収縮する筋と弛緩する筋を教えて頂けないでしょうか?
(1)股関節屈曲、膝関節屈曲
(2)股関節伸展、膝関節屈曲
(3)股関節伸展、膝関節伸展

Aベストアンサー

(1)股関節の屈曲-腸腰筋が収縮 大殿筋が弛緩 膝関節の屈曲-大腿二頭筋が収縮 大腿四頭筋が弛緩
(2)股関節の伸展-大殿筋が収縮 腸腰筋が弛緩 膝関節の屈曲-大腿二頭筋が収縮 大腿四頭筋が弛緩
(3)股関節の伸展-大殿筋が収縮 腸腰筋が弛緩
膝関節の伸展-大腿二頭筋が弛緩 大腿四頭筋が収縮

ではないかと思います。

上記のものはテキストで調べましたが、股関節の屈曲、伸展については、自信がないので、一応URLのせておきます。

参考URL:http://f-kawaraban.cside.com/find/kinesio/kokan.htm

Q手首舟状骨骨折後のリハビリについて

昨年の年末にスノーボードをしていて右手首舟状骨を骨折しました。
その後、手術(ハーバートスクリュー&針金)を二回やり、今では
普段の生活はできています。6月に撮ったレントゲンでは骨折線にそって
骨がやせていました。
 そこで相談です。舟状骨は血流が悪いので骨ができにくいと聞いています。
もし次に転倒した場合に折らないために、なにかするとしたら何がいいですか?
今考えているのは、エアロバー(通販でやってるゴムの棒で
握って細かく動かすと筋肉に負荷がかかってムキムキになる!らしい)
を使おうかと思ってます。手首の筋肉がつくかなと思いまして。
 買うかどうか踏ん切りがつかないので、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

以前舟状骨の骨折の患者さんのリハビリを担当したのですが、その彼はラグビーで全国大会(高校生)に出るほどのチームで、1年からレギュラーに出るほどの選手でしたが最終的に手首の背屈が完全に戻らず、レギュラーにはなれませんでした。
この彼で感じたことは、筋力はもちろん大事なのですが、一番は可動域の回復が前提になること、そして早期のリハビリが重要であることです。
そういう意味ではすでにリハビリはかなり行われているのですね。
可動域がまだ不十分なようでしたら、可動域を十分に作るような可動域を全て使った運動を行ってください。
関節を固定した形での運動はあまりお勧めしません。
特にお聞きとは思いますが、ある程度の重量を与えたベンチプレスは、舟状骨や月状骨にストレスを与え、血行障害を起こします。
骨も当然血液の栄養を受けていますから、血行障害は骨の成長を阻害します。
特に骨折時に栄養血管を損傷していますので、そのため骨が痩せているのです。
当然、手根骨に血液が十分行き渡るような運動が適しています。
これは相反することですが、骨の成長には血液の栄養ともう一つ適度の負荷が必要です。
ということはある程度手首に負担が与えられないといけないということです。
これは手首の関節運動によって筋力負荷が得る必要があるので、ある程度の強度は必要だということです。
もしエアロバーというもので運動するつもりなら、それに加えて手首の十分な関節運動を行う種目が必要です。
リストカールなどでしょうか。
反物を巻き取る動作などもいいのですが、私の知る範囲では野球部の人間などが良く行う、30cm位の棒の中央に紐をつけてその紐に重しをつけて、その両端を握り巻き取る運動などが適しているのではないかと思います。(理解できますか?)
ストレッチや前腕のマッサージも必要でしょう。
上記のトレーニング分かり難ければ補足します。

以前舟状骨の骨折の患者さんのリハビリを担当したのですが、その彼はラグビーで全国大会(高校生)に出るほどのチームで、1年からレギュラーに出るほどの選手でしたが最終的に手首の背屈が完全に戻らず、レギュラーにはなれませんでした。
この彼で感じたことは、筋力はもちろん大事なのですが、一番は可動域の回復が前提になること、そして早期のリハビリが重要であることです。
そういう意味ではすでにリハビリはかなり行われているのですね。
可動域がまだ不十分なようでしたら、可動域を十分に作るような...続きを読む

Q 脳血流検査について

 脳血流検査について

 いきなりですが、自分の症状で、 物忘れが酷い 、 言葉がもつれる 、 喋りたい事が頭で分かっているのに言葉が出せない 等の症状があり、ネットで見つけた 自己診断で採点すると、
 ”すぐ病院へ行き検査しましょう” との結果が出て ゲーッ と思い、
 有名な 脳外に行き、CT、MRI画像診断をして貰いました。

 結果 微小脳梗塞等の兆候はなく 心配ないだろう との事でした。

 但し、その病院では出来ない 脳血流検査が必要 との事でした。

  この 脳血流検査って、費用はどのくらいかかるのでしょうか?

 また、脳血流低下部があったとして、どのような病気が考えられるのでしょうか?

  ちなみに、上記の症状は、常に では有りません。突然 兆候無しに来ます。

    宜しく御願い致します。 

Aベストアンサー

【脳の血流で心の病診断―今月から先進医療に。うつ病など精度7~8割「光トポグラフィー検査」】
 うつ病患者が急増しているが、診断は問診に頼っているため誤診も少なくないようだ。最新鋭の検査装置を使って脳の血流を調べ、精神疾患かどうかを診る試みが、4月から先進医療として認められた。誤診を回避したり治療方針が立てやすくなったりなどの利点があり、将来、心の病の診断は大きく様変わりしそうだ。

 この検査装置は「光トポグラフィー」。体に害のない近赤外線を脳の前頭葉部分に当てて、頭の表面から2~3センチメートルの深さにあたる大脳皮質の血流を測定する。正常時や病気の種類によって血流のパターンが異なる特徴を生かして診断をする。

 ◇問診の弱点カバー
 首都圏に住む60代の主婦Aさんは約7年前、「さびしい」「やる気がなく家事ができない」といったうつ症状を訴えて精神科を受診した。うつ病と診断されて治療を始めた。いったんよくなってもまたすぐに悪化するといった状況が続いた。ひどいときは「死にたい」と思うこともあった。

 数年前、研究段階にあった光トポグラフィー検査を受けた。血流から、うつ状態とそう状態とを繰り返す「双極性障害」の血流パターンが見られた。双極性障害に有効な薬も処方してもらったところ、うつ症状も少し落ち着いてきた。その後、症状に波はあったが、今では日常生活にほとんど問題のないほど回復したという。

 うつ病やそう極性障害、統合失調症、適応障害などの心の病は一般的に精神科や心療内科が問診によって診断する。うつ症状などはどの病気にも見られるため、Aさんのように誤って診断され、間違った治療で症状が悪くなることもある。特に双極性障害の場合、そう状態は「調子のいい正常な状態」と考えがちで、問診では見落とされるケースも少なくないようだ。

 ◇血流変化その場で
 東京大学付属病院の笠井清登教授(精神神経科)らは2003年、問診後に光トポグラフィー検査を併用する有効性を調べる臨床研究を始めた。これまでのべ約500人に実施した結果、「7~8割の精度で確定診断が可能になった」と話す。

 光トポグラフィー検査を記者も実際に体験してみた。15分程度の説明を受けた後、いすに座ってヘルメット型のセンサーを頭にかぶる。痛みや圧迫感はほとんどない。検査中、磁気共鳴画像装置(MRI)のように横になる必要もなく、大きな音がすることもない。

 正面のディスプレーを見ながら指示に答えていく。最初に「あ、い、う、え、お」と数回繰り返す。脳が落ち着いているときの血流パターンを計測するためだ。次に画面に「え」と表示され「えで始まる文字を挙げてください」と言われた。約20秒間、「えのぐ」「えんぴつ」と次々と単語を上げていった。脳が活性化し血流が増えていく。うつ病なら血流の増加が小さくなり、双極性障害では増加にかかる時間が遅くなるそうだ。血流パターンはその場ですぐにわかる。「とくに問題ありません」だった。

 先進医療として認められたとはいえ、光トポグラフィー検査はまだ研究段階。群馬大学の福田正人准教授(神経精神医学)は「今後、よくなったり悪くなったりといった症状の変化も見極められるようになれば、治療に大いに役立つだろう」と話す。

 光トポグラフィー装置は1台数千万と高価だが、MRIなどと比べれば導入しやすい。うつ症状を訴える人の8~9割は最初に内科を受診するといわれており、「今後は光トポグラフィー検査が、専門医以外がうつ症状を見極めて精神科に紹介する際の判断材料になる」と笠井教授は期待している。

▽先進医療
 最新の医学や最先端技術を取り入れた医療で、厚生労働省が承認する。研究段階の側面があるため、健康保険は使えないが、関連の検査や診察は保険適用となり、例外的に混合診療が認められている。

 多くの場合、一部の大学病院で実施される。光トポグラフィーを使ううつ症状診断の費用は1回約1万3000円。現在は東大病院や群馬大病院などが準備を進めている。

【脳の血流で心の病診断―今月から先進医療に。うつ病など精度7~8割「光トポグラフィー検査」】
 うつ病患者が急増しているが、診断は問診に頼っているため誤診も少なくないようだ。最新鋭の検査装置を使って脳の血流を調べ、精神疾患かどうかを診る試みが、4月から先進医療として認められた。誤診を回避したり治療方針が立てやすくなったりなどの利点があり、将来、心の病の診断は大きく様変わりしそうだ。

 この検査装置は「光トポグラフィー」。体に害のない近赤外線を脳の前頭葉部分に当てて、頭の表面...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報