絶縁抵抗計の内部で、発電機で発生した交流を直流に変換して端子に出力しているのはなぜなんでしょう?交流では測定できない理由を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

絶縁抵抗だけを正確に測るためです。



もし交流で測定すると、絶縁物は、誘電体ですから、コンデンサーが形成され静電容量によっても交流電流が流れ正確な絶縁抵抗は、測定できません。

もし交流回路でのコンデンサーの働きをご存じないときは、この回答では、分らないと思いますが、そのときは、どこまで分り、どの点が理解できないか補足してください。

ちなみに電気機械では、耐電圧試験を交流で行いますが、その前に直流の絶縁抵抗計で絶縁が保たれていることを確認してから、行います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど。
理解いたしました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/10/13 21:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電圧計の内部抵抗Rvを∞電圧計の内部抵抗RAを0とみなせるのはどのような条件

電気系の問題に
「現実に、電圧計の内部抵抗Rvを∞、電流計の内部抵抗RAを0とみなせるのはどのような条件を満たす場合かを述べよ。」

とあるのですがいまいちよくわかりません。
是非とも教えてください。

Aベストアンサー

電圧計の場合ですが被測定側のインピーダンスが電圧計の内部抵抗に比べて極めて小さい場合、具体的には家庭用電源にその電圧計をつないだ場合などがそれですね。電源の能力に対して電圧計に流れる電流が無視出来るほど小さいので電圧計をつないでもつながなくても電圧そのものはほとんど変化しないという事です。

電流計の場合は被測定側のインピーダンスが電流計の内部抵抗に比べて十分大きい場合、具体的には100ボルトの電源に10キロオームの抵抗をつなぐと10ミリアンペア流れますがこれに例えば内部抵抗0.01オームの電流計をつないだ場合も流れる電流にはほとんど差は無いわけです。

実際に数字を入れて計算すれば分かりますよ。

Q可動コイル形電流計電圧計の内部抵抗の測定について

内部抵抗の測定を行うときに被測定用の電圧計電流計M2にフルスケールの1/2の電流を流して、その時のM1の電圧を測るですが、なぜ1/2の値まで電流を流すのでしょうか?さっぱりわかりません…

-----------------
|     |      |
|     |       RL
↑E   M1     |
|     |       |
|     |      M2
|     |       |
-----------------
M1…測定用電圧計
M2…被測定用電圧計or電流計
RL…外部抵抗
E…電源

Aベストアンサー

ヒステリシス特性の直線部分を使うために、1/2の部分が適切だからでしょう。
また、この部分の誤差を最小にするのが目的でもあります。

ヒステリシス特性がどの範囲でも直線ならば流す電流は特に指定する必要は無いと考えます。

なお、M2は電流計であって、電圧計ではないです。(磁力線の強さは電流に比例します)

Q絶縁抵抗計の測定について

絶縁抵抗計の測定について電気回路の知識が乏しいため、理解出来ない点がございます。
添付図に示すように、回路Aでは20V電源のGND(グランド)がEARTH(アース)につながっており、
回路Bでは、20V電源でEARTH(アース)はなくGND(グランド)のみです。

この場合、回路AではGNDがEARTHにつながっているため、図の赤点線で絶縁抵抗計で測定しても
測ることができない?とのことなのですが、なぜなのでしょうか?(回路は正確でないかもしれません)GNDがEARTHにつながっているため、浮いてしまっているらしいのですが、浮いているとなぜ
測れないのか分かりません。

また、絶縁抵抗計は電流計と何が違うのでしょうか?

素人質問で申し訳ございませんが、できるだけ詳しくご教授お願いします。
可能であれば数式もあるとありがたいです。
わがまま言って申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 >GNDがEARTHにつながっているため、浮いてしまっているらしいのですが、浮いているとなぜ測れないのか分かりません。

浮いているという表現は良く分りませんので、私なりにお答えしたいと思います。
まず添付されている回路では説明できないないので、修正させていただきます。
・負荷が回路中にないので接続し、実際の回路に近づけます。
・電源が接続されていると、絶縁抵抗計の電圧以外に不要な電圧が回路にある為、正確な絶縁抵抗測定できないので回路から切り離します。

そして、絶縁抵抗測定とは、電線、機器に使用されている絶縁体の性能を測る事だという事を理解してください。
その為には、回路導体を絶縁体で切り離している状態にする必要があります。

添付図の(1)、(2)を見てください。
質問者様が添付されている図では、電線間でも、対地間でも回路ができている為、負荷抵抗を通り過ぎ、
 絶縁抵抗 = 負荷抵抗
となってしまいます。
特に対地間では、回路アースの取る位置が負荷側なので、この問題がおきています。

その為、通常の回路アースは、電源側に接続します。(添付図 (3)(4))
そして、電線間での測定では、負荷を切り離し、対地間の測定では、負荷を接続し回路全体とするか、+、-を短絡して回路全体として測定します。

ちなみに実際の回路に近づける為、回路外側に接地帯を書き入れてあります。


 >また、絶縁抵抗計は電流計と何が違うのでしょうか?

これについては、メーカーの人間なので明確なお答えはできません。
ただ、抵抗を測定するには、電流を直接利用する方が良いので、内部抵抗は直列接続。
電流を計測するには、過大な電流は不要なので、内部抵抗は並列接続になろうかと思います。

 >GNDがEARTHにつながっているため、浮いてしまっているらしいのですが、浮いているとなぜ測れないのか分かりません。

浮いているという表現は良く分りませんので、私なりにお答えしたいと思います。
まず添付されている回路では説明できないないので、修正させていただきます。
・負荷が回路中にないので接続し、実際の回路に近づけます。
・電源が接続されていると、絶縁抵抗計の電圧以外に不要な電圧が回路にある為、正確な絶縁抵抗測定できないので回路から切り離します。

そして、絶縁抵抗測定とは、電線...続きを読む

Qメガー(絶縁抵抗計)の測定手順がわかりません。

楽器用のシールド(フォンケーブル)の絶縁抵抗値を計測したいのですが、赤の端子をどこに、黒のワニ口をどこに接続すれば計測出来る・・・などの具体的な手順が分かりません。

色々と調べてみて、家庭用電化製品などの計測はネット上で見つけたのですが、ケーブルとは勝手が違い情報が見つけられず困っています。

誰か教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 電線の絶縁測定を行う場合、片端は開放してください。
端子が小さくて取り扱いが面倒ですが、自分が感電しないよう
注意しながら絵のように接触させ計測します。
 その結果が、1MΩとすれば、その程度の絶縁抵抗値と
なります。なお、本来はもう少し高い値が計測できると思いますが、
デジタル絶縁抵抗計とすれば、読み取り誤差もありませんし、
計測値として間違いはないと思います。

Q電圧計は並列にして内部抵抗をおおきくすることが望ましいらしいですが、 どちにしろ内部抵抗が大きくても

電圧計は並列にして内部抵抗をおおきくすることが望ましいらしいですが、
どちにしろ内部抵抗が大きくても電圧は同じになりませんか?
図のようになりませんか?

Aベストアンサー

電圧計はその+端子とー端子の間の電位差を指す装置です。ですからこの回路図だと、この電圧計は5Ωの抵抗の両端にかかっている電圧を正しく表示します。もし図のように電池の電圧がちゃんと10Vであれば、図の電圧計は10Vを示します。しかし、定格電圧10Vと表記されている電池は必ず10Vをキープするとは限らないのです。10Vと表記されている電池は電流が流れていないときに10Vであるという意味です。一般的に、電池は電流が流れるとそれに比例して電圧が低下します。(これは電池の内部抵抗によるものです。電池の内部抵抗が0Ωなら電圧は低下しません。)図のような回路では電流計の中を5A流れますので電池の中は7Aも流れてしまい10Vをキープできないでしょう。しかし、もし電流計の内部抵抗が大きくなればそれだけ電流が流れにくくなります。電圧計を流れる電流が小さくなれば、電池を流れる電流は2Aに近くなるのです。ですが、回路を流れる電流は存在するわけですから電池の電圧はやっぱり10Vを維持できないので、例え内部抵抗が無限大の電圧計であっても、図の5Ωの抵抗にかかる電圧は10Vより低い値を指します。
まとめ:電圧計を回路に接続することによって、回路を流れる電流が増加し、それによって電源電圧が低下する。その影響を少なくするには、電流計の内部抵抗が大きい(電流計の中を流れる電流を極力少なくする)ほど良いということです。

電圧計はその+端子とー端子の間の電位差を指す装置です。ですからこの回路図だと、この電圧計は5Ωの抵抗の両端にかかっている電圧を正しく表示します。もし図のように電池の電圧がちゃんと10Vであれば、図の電圧計は10Vを示します。しかし、定格電圧10Vと表記されている電池は必ず10Vをキープするとは限らないのです。10Vと表記されている電池は電流が流れていないときに10Vであるという意味です。一般的に、電池は電流が流れるとそれに比例して電圧が低下します。(これは電池の内部抵抗によるものです。電池の...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報