ドコモユーザーなら、ドコモ光が断然おトク

最近、若い人達の会話の中で、「空気読め!」という表現が頻繁に使われているのを聞きます。私のようなちょっと古い人間には、なんとも、悲しい表現に聞こえて仕方なののですが...。

まあそれは置いて措いて、そもそもこの表現は、いつ、どこで生まれ、どのように広がったものなのでしょうか?語源等についてご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。


私的な印象なので、ご了承ください。

私が始めて「空気よめねぇ」を聞いたのは、
80年代前・中盤、深夜番組「オールナイトフジ」でとんねるずや「土曜深夜族」で銀蝿の翔とかが、
「こいつ空気読めねえから」とか言ってたのがはじめです。

実際学校でも「空気読めねえなぁ」という会話をしていましたし、
言葉の流行に敏感な人は「場違いな発言をする人」や「天然系で始末におえない」人に対して、事あるごとに「空気読め」といっていた感じはします。

マスコミ業界の言葉が一般に流入し始めた時期と重なります(シーアー・ソイホー・ガイナーとか、今聞くと笑っちゃいます)。

たぶんその世代の人たちが、ネット社会のなかで使い出し、それが「空気嫁(読め)」とかになっていったというのが、私の仮説です。
間違ってたら指摘してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すでに80年代には、実際に使用されていた表現なんですね。だとしたら、私が疎かっただけで、もはや普通の日常会話表現なのかもしれません。御教示ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/12 15:41

#4です。

国語のカテゴリーでありながら誤記をしてしまい申し訳ありません。
「気やように」は誤りで、正しくは「きたように」です。失礼しました。
    • good
    • 0

こんにちは


わたしの感触では、英語の atmosphere から来ているような気がします。
雰囲気という意味はもちろんですが、本来、「大気」、「特定の場の空気」という意味でもあります。
受験英語を勉強しているなかで、自然と支持され広がって気やように思います。

#2の方がお書きのように、深夜のラジオ放送と受験勉強のつながりはあるような感じがします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

英語にも「空気読め」に対応する表現があるのかな、と、興味が湧いてきたので、今度英語板に質問してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/12 15:53

もとは、演劇関係の言葉らしいです。



37 空気を読む

演芸や演劇の関係者が使う表現に、「空気を読む」という言葉がある。
落語家の例で言うなら、高座に上がった当初の、
客席のこわばり具合や意識の散漫さから、それが次第にリラックスしつつ
集中してくるありさま、そして遂には揃って没入してくれだす状態まで、
刻々の変化を読みとり、それに合わせた対応をしていくわけである。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/kanbe/musashi/rakugo.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URL拝見しました。確かに、演芸という世界での、プロに対する厳しい要求であると考えれば、非常にしっくりくる表現ですね。そっち方面の情報を探してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/12 15:48

 1983年に山本七平というライターが「空気の研究」という本を書いています。


 よって、少なくともこの時点で生まれたか、もしくはこの頃にはすでにあったことになりますね。

 実は英語の air にも「雰囲気」という意味はあるんだそうで、もしかしたらもっと古い言葉かもしれません。
 少なくとも、最近生まれたばかりの流行語ではないというのは確かです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

1983年とは!そんなに古いんですね。私はてっきり、最近の流行語かと思っていました。御教示ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/12 15:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q語源で覚える英単語集

英単語を語源で覚えたいのですが、最近、語源で覚える英単語集がお店に多く並んでいるので、どれが良いのか分かりません。
自分の直感を信じて選ぶしかないと思うのですが、できたら、皆さんが使って良かったと思う語源で覚える英単語集がありましたら教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私が大学受験生の頃の話ですが、選ぶのはとても簡単でした。その種のものは1,2種類しかなかったからです。最近「語源で覚える英単語集がお店に多く並んでいる」という事実を知りませんので、お役に立たないかもしれませんが…。

私が使っていたのは、たしか南雲堂という出版社から出ていたもので、割と体系的にまとまっているものでした。厚さも結構あって、合成皮革の表紙がついていて茶色い紙の箱に入っていて、体裁は辞書といった感じでした。その語源の説明も読んでいてなるほど、と思うようなものでした。正式な書名は忘れましたが。

語源をある程度知っておくと、見知らぬ単語に出くわしても何となく意味が推測できて重宝します。

ただ、完璧に語源から単語をマスターしようとすると、ギリシア語やラテン語まで遡らなければならない場合もあり、かえって労力がかかってしまうこともあります。

もし質問者さんが受験生なら、語源だけから単語をマスターしようとするより、語源もマスターしながら別の方法で補うという方法もあります。その節は補足を頂ければまたアドバイスさせて頂きます。

Q空気読めというのは本来どういう意味なのでしょう?

最近は”周囲からはみ出さず(良い悪い関係なし)に周りに合わせろ”という意味になってきていると思うのですが・・・本来はどういう意味なのですか?

Aベストアンサー

古来からの使い方で言えば、『場の空気を読む』が元になっています。他に『暗黙の了解』、『阿吽の呼吸』、『以心伝心』などもほぼ同じ意味を持ちます。

現在主流になっている『とにかく私情を押し殺して全体に従うべし』という意味はまだほんの数年のものです。

ギャル短縮用語で『KY』が出てきた頃(2007年度の流行語大賞の候補に推薦された)から、お笑いバラエティ番組等でもMCの芸能人が若手のひな壇芸人のリアクションが悪いと『お前、空気読まんかい!』と殴りつけたりするようになって、現在の形の意味づけが加速的にメジャーになりました。

もう少し古い時代からの定着を主張する人は、バブルが崩壊した頃から、クライアントには何が何でも逆らってはいけない、という風潮が業界を問わず暗黙の内に広まったものをこの意味づけの始まり、としています。

さて、伝統的な意味での『場の空気を読む』という行為が元来持っていた意味は

(1)まず、その場の雰囲気を把握する
(2)自分が発言するのなら誰を対してが適切化を判断する
(3)その相手と自分の関係から言葉遣いをどうするかを考える
(4)最適なタイミングを見計らって発言する

の4段階に分かれます。

また、何が何でも相手(目上の立場や全体)に従うというものでもなく、自分の主張もするけれど、相手側の立場を潰さないような配慮も同時に考えてやりなさい、という側面を持っています。自分の度量を拡げる結果に繋がるスキルの一つであると言えるでしょう。

古来からの使い方で言えば、『場の空気を読む』が元になっています。他に『暗黙の了解』、『阿吽の呼吸』、『以心伝心』などもほぼ同じ意味を持ちます。

現在主流になっている『とにかく私情を押し殺して全体に従うべし』という意味はまだほんの数年のものです。

ギャル短縮用語で『KY』が出てきた頃(2007年度の流行語大賞の候補に推薦された)から、お笑いバラエティ番組等でもMCの芸能人が若手のひな壇芸人のリアクションが悪いと『お前、空気読まんかい!』と殴りつけたりするようになって、現在の...続きを読む

Qカーネーションについて

そろそろ母の日になるので、母に初めてカーネーションをプレゼントしたいと思います。私はほとんど花屋さんに花を買いにいったことがなく、恥ずかしいことに花によって値段がどれくらい違うのかもまったく分かりません。母の日、当日にカーネーションをプレゼントしたいと思っています。そこで、

・スーパーの中に入ってる花屋さんとかちいさな花屋さんに売ってるカーネーションは何種類くらいあるか

・カーネーション1本の値段

・母の日、当日のカーネーションの値段とそれよりも前の日のカーネーションの値段はちがうのか

・カーネーションは何日くらいかざっていられるか

などのことについて知りたいと思っています。ほかにもカーネーションについて知っている方は是非教えてください!!

Aベストアンサー

何種類・・色は赤(黒ずんだ赤・きれいな赤)・白・ピンク・黄色・薄みどり色・花の淵だけに色がついているもの。

スプレーカーネーションという茎一本に小ぶりな花が幾つも付いている花。
茎一本に一つの花。
とても大きな花びらもボタンの花のように見事な物もあります。
名前は知りません。
鉢に植えてあるものもあります。

普段は80円から150円ですが
母の日の数日前から、5割から2倍くらい、値上がりしています。
(120円から300円位)
切り花は、通常1週間~10日位は、持つものですが・・。
花屋さんの、仕入日が解りませんので、持たない時もあります。

私の家の近くの比較的普段でも安い花屋さんの状況です。

Q「KY」「空気を読め」が出現する以前、これをあらわす言葉は何でしたっけ

「KY」「空気を読め」が出現する以前、これをあらわす言葉は何でしたっけ?


2,3年前から「KY」「空気を読め」という言葉が流行っています。
ご存知のとおり「空気を読め」は周囲の雰囲気を察することができない人に対して「周りに配慮した行動をせよ」という嗜めの言葉であり、それを「空気を読め」と表現し、「KY」はそれを略語風にした言葉遊びです。

この「KY」「空気を読め」という表現が出現する前は、この意味を表す言葉、単語ってどのようなものがありましたでしょうか?
「気を使いなさい」
「TPOを考えなさい」
というような硬い、面白みの無い言葉でしたでしょうか?
それとも「空気読め」というような若者の言葉遊び風な言葉がありましたっけ?

Aベストアンサー

 その前は日常的には、気がきく 気をきかせる 気がつく などだったと思います。
空気読めよは、気をきかせろになるのかな?
その他空気読めないは、察しが悪い、鈍感、鈍い、浮いてる、でしょうか。

Q貴方が好きな漢字、言葉の語源を教えてください。

漢字、言葉、字には語源があります。
貴方が好きな漢字、言葉、字の語源を教えてください。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

> 貴方が好きな漢字、言葉、字の語源を教えてください。

好きな「漢字」は

・『和』

全文引用で失礼します^^;

口が形を表し、禾(くわ)が音を示す。禾は稲の穂で、やわらかくまるみをおびた気持ちを持っている字である。和は、声を合わせてうたうことを表すとともに、やわらぐ、なごやかの意味になる。また、禾の音は、加(か)と通じて、加えるという意味を持つから、和は、一つの声に対して、さらに声が加わることで、人の声にあわせる意味を表すと解する。新選漢和辞典

他にこういったやや難解な説もあるようです^^;
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1419141314

・『情』
(りっしんべん)が形を表し、靑(せい)が音を示す。(りっしんべん)は心。靑には淸と同様に、清らかという意味を含む。情は、心のはたらきの清く純粋な要素をいう。また、靑は請(※つくり=靑)と同じく、求める意味を含むから、情は心の欲求であるともいう。性が人間生まれつきの心であるのに対し、情は外の刺激に応ずる心の動きである。新選漢和辞典


「言葉」の方は

・『一期一会』

http://b.hatena.ne.jp/entry/gogen-allguide.com/i/ichigoichie.html
> 一期一会の語源・由来 一期一会の語源は、「茶会に臨む際は、その機会を一生に一度のものと心得て、主客ともに互いに誠意を尽くせ」といった、茶会の心得からである。 利休の弟子「宗ニ」の『山上宗ニ記』に「一期に一度の会」とあり、ここから「一期一会」の語は広く使われるようになった。 「一期」と「一会」をそれぞれ辿ると、「一期」は仏教用語で人が生まれてから死ぬまでの間を意味し、「一会」は主に法要などでひとつの集まりや会合を意味しており、ともに仏教と関係の深い言葉である。

由来は、「一期に一度の会」

もちろん、日常生活においてもそうですが、特に当サイトでの質疑応答に際しては、この気持ちを忘れずにいこうと心に決めております^^

好きな言葉としましては、

・『筍(まこと)に日に新たに、日日に新たに、また日に新たなり。』

語源といいますか出典になりますが、

筍日新、日日新、又日新 『大学』

今日の行いは昨日より新たに、明日の行いは今日より新たに進歩させよ。といった意味になるでしょうか。

決して中国古典に詳しいわけではないのですが(むしろ苦手なジャンルです^^;)、普段の修養と決意の大切さを教えるこの自己啓発の故事が昔から好きでした^^
昔、殷(いん)の湯(とう)王が、この言葉を洗面の器に刻み込んで、決意を新たにしていたようです^^

ご質問の趣旨からいささか外れた回答になりまして申し訳ありませんでした^^;

こんにちは。

> 貴方が好きな漢字、言葉、字の語源を教えてください。

好きな「漢字」は

・『和』

全文引用で失礼します^^;

口が形を表し、禾(くわ)が音を示す。禾は稲の穂で、やわらかくまるみをおびた気持ちを持っている字である。和は、声を合わせてうたうことを表すとともに、やわらぐ、なごやかの意味になる。また、禾の音は、加(か)と通じて、加えるという意味を持つから、和は、一つの声に対して、さらに声が加わることで、人の声にあわせる意味を表すと解する。新選漢和辞典

他に...続きを読む

Q会話での「あ、そうなんです【ねぇ~】。」の台頭~なぜにそこまで頻繁に使われるの?~

最近(個人的な実感としては、ここ3年くらいでしょうか)、
語尾に「ね~。」と付けて受け答える人がかなり多くなっている気がするのですが、
「そうなんですか~。」と「か~。」で答えるのが昔から日常的な習慣だと私は思っていたので、
「そうなんですね~。」と話してる方を見かけると(大げさかもしれませんが)ちょっとだけ戸惑ってしまいます。

話していて、何か自分が知らない事を話してる相手に言われても、
「へぇ~、そうなんですか~。」と少し驚いた様子をするのではなく、
「あ、そうなんですね~。」と非常に淡々と対応していることが多いと思います。
(企業の電話対応とかでも。)
インタビューなどでも、なぜか、「へぇ~、そうなんですか~!」と感情の入った驚きというか、反応を、私は最近聞いたことがほとんどありません。
むしろ、「そうなんですか~。」と言ってしまいそうになる反射にブレーキをかけて、
「そうなんです、ねぇ。」のように、少し戸惑いつつも、
何が何でも「そうなんですか~。」と言うのを避けようとしているかな?という会話の場面にもしばしば遭遇します。

個人的には、日本語としては、「そうなんですか~。」と返すのがどちらかと言えば正しいと思うのですが…。
自分が知らない事を聞いて、「そうなんですね~。」と「ね~。」をつけるのは、
どこか不自然な日本語のように聞こえてしまい、何となく微妙な心持ちになってしまいます。

たしかに、「あっ、そうなんですね~。」と「ね~。」をつけた方が
相手に対して寄り添って話を聞いている感じを出せるし、親近感も湧くのでしょう。
でも、なんか、どこか、他人行儀な反応でしかないという印象を受けてしまいます。

一方で、「そうなんですか~。」の方は、
聞いている自分はあなたの話に意外性を感じましたよという、無駄な飾りのない素直な反応であり、分かりやすく、そのあとの会話も、「そりゃあ、大変でしたね~。で、それからどうしました?」などと、話がスイスイ展開する気がします。



なぜ、これほどまでに「あっ、そうなんですねぇ~。」
は使われるようになっているのでしょうか?
それとも、昔から普通に頻繁に使われている表現なのでしょうか?

最近(個人的な実感としては、ここ3年くらいでしょうか)、
語尾に「ね~。」と付けて受け答える人がかなり多くなっている気がするのですが、
「そうなんですか~。」と「か~。」で答えるのが昔から日常的な習慣だと私は思っていたので、
「そうなんですね~。」と話してる方を見かけると(大げさかもしれませんが)ちょっとだけ戸惑ってしまいます。

話していて、何か自分が知らない事を話してる相手に言われても、
「へぇ~、そうなんですか~。」と少し驚いた様子をするのではなく、
「あ、そうなんで...続きを読む

Aベストアンサー

「あ、そうなんですか~」には、おっしゃるように、驚き・感動の意が含まれていますね。
「あ、そうなんですね~」は、「あ、そういうことだったのか~」と自分で自分に冷静に確認したり、念を押したりしているニュアンス。
わたしも青空文庫限定で検索してみましたが、(探した範囲で)こうした使い方は見つけることができませんでした。
相手の話を肯定的に受け止める用法としては、歴史的には、それほど古いものではないのでしょう。

「あ、そうなんですね~」の場合、自分自身で納得してしまいたい、という感覚が色濃く出ているように思います。
多少ひねくれてるかもしれませんが、「あなたに聞いたから分かった」という部分を蔑ろにしようとする意図。
あるいは、「いちいち、そんなことで驚いたり感動なんかしてられないんだよね~」という深奥からの声も漏れ聞こえてきそうな気もします。
うかつに驚いたり感動したりしていると、足元を掬われてしまう・・・。
そんなことを思わせる時代に、または、思わざるを得ないような時代に、知らず知らずのうちに、わたしたちは突入してしまった、または、突入しようとしている、のかもしれません。

「あ、そうなんですか~」には、おっしゃるように、驚き・感動の意が含まれていますね。
「あ、そうなんですね~」は、「あ、そういうことだったのか~」と自分で自分に冷静に確認したり、念を押したりしているニュアンス。
わたしも青空文庫限定で検索してみましたが、(探した範囲で)こうした使い方は見つけることができませんでした。
相手の話を肯定的に受け止める用法としては、歴史的には、それほど古いものではないのでしょう。

「あ、そうなんですね~」の場合、自分自身で納得してしまいたい、という感...続きを読む

Qbatを逐次呼ぶbatファイルをバックグラウンド起動したい

バックグラウンド起動するときは、STARTを使う、ということまではわかったのですが、

---a.bat---
@echo off

start b.bat
exit
-----------


---b.bat---
@echo off

start /wait c.bat
start /wait d.bat

echo end
exit
-----------

とすると、b.batのc.batを起動した時点で終了してしまうようです。

b.bat起動→c.bat起動→d.bat起動→「end」表示
とするにはどうしたらいいでしょうか?

b.batの内容を出来ればしなくないのですが…。

Aベストアンサー

callじゃ駄目なのですか?
@echo off

call b.bat
call c.bat
call d.bat

echo end

Q「お読めになる」と「お読みになれる」は何か違うんですか。

「お読められになる」という形の敬語は正しいですか?

どなたか教えていただけませんか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どれもおかしいです。

可能と尊敬を同時に表したいということだと思いますが、無理だと思います。どうしても違和感のある文ができてしまいます。

もともと、可能・尊敬は動作主をぼかすという機能から出てきているので、働きがダブってしまうんでしょうね。

あと、単純に尊敬の意味で使われる「お読みになられる」は、よく見かけますが二重敬語なので本当は正しくないです。

Q英単語の語源に関して

deferという単語は、differenceという単語の語源を構成している単語ですか?ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

語源ではなくただ単に difference を構成している単語と言う意味では differ ですよね。 differ も defer も元々は同じ語源から発生したのですが16世紀あたりに differ と defer と言う二つの単語にわかれたようです。

http://www.etymonline.com/index.php?term=differ

Q「一斤染め」は通常「いっこんぞめ」と読むのですが、 「いっきんぞめ」という読みも同時に振っている文も

「一斤染め」は通常「いっこんぞめ」と読むのですが、
「いっきんぞめ」という読みも同時に振っている文もあります

これは正しいのでしょうか

Aベストアンサー

私も「いっこんぞめ」だとばかり思っていましたが、web上の辞書を見ると「いっきんぞめ」とも読むとあり、気になったので調べました。

コトバンク 一斤染
https://kotobank.jp/word/%E4%B8%80%E6%96%A4%E6%9F%93-192647


結論から言うと、読みは「いっこんぞめ」、「いっきんぞめ」の両様があります。
「いっきんぞめ」と読んでも誤りではありません。

「いっきんぞめ」の読みの用例は、『貞丈雑記 五之下』(天保14年(1843年)序)に確認できます。
「一斤染とは紅花大一斤を以て一匹の絹を染たるを云なり」の「一斤染」に「イツキンゾメ」が見えます。

国立国会図書館デジタルコレクション 貞丈雑記. 五之下
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2583443/28

一方、「いっこんぞめ」は『日本国語大辞典第二版』(小学館)によれば、『助無智秘抄』(1166頃か)「検非違使(けびゐし)は、あをばかまに一こんぞめ」が初出例です。


ただ「いっきんぞめ」とも読むとはいえ、一般的な読みとしてはやはり「いっこんぞめ」が用いられるようです。以下に挙げる私が調べた範囲の辞書や染色名に関する著作では、「一斤染」は「いっこんぞめ」で立項されているかルビが振られていて、「いっきんぞめ」では引けなかったので。

辞書
・『日本国語大辞典第二版』(小学館)
・『角川古語大辞典』(角川書店)
・『大辞林第三版 』(三省堂)
・『広辞苑第六版』(岩波書店)

染色名に関する著作
・『日本の伝統色 その色名と色調 』(青幻舎 、長崎盛輝)
・『日本の色辞典 』(紫紅社、吉岡幸雄)
・『日本の伝統色 配色とかさねの事典 』(ナツメ社 、長崎巌)

この中で「いっきんぞめ」の読みがあることも示されているのは『日本国語大辞典第二版』、用例が挙がっているのは『角川古語大辞典』だけですから、広く用いられている読みではないことが窺えます。
紙媒体の辞書に比べてweb上の辞書に「いっきんぞめ」とよく示されているのは、紙面の制約がないことと、検索される際に二つの読みがあった方が引っかかるからではないかと思いました。

私も「いっこんぞめ」だとばかり思っていましたが、web上の辞書を見ると「いっきんぞめ」とも読むとあり、気になったので調べました。

コトバンク 一斤染
https://kotobank.jp/word/%E4%B8%80%E6%96%A4%E6%9F%93-192647


結論から言うと、読みは「いっこんぞめ」、「いっきんぞめ」の両様があります。
「いっきんぞめ」と読んでも誤りではありません。

「いっきんぞめ」の読みの用例は、『貞丈雑記 五之下』(天保14年(1843年)序)に確認できます。
「一斤染とは紅花大一斤を以て一匹の絹を染たるを云なり」...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報