痔になりやすい生活習慣とは?

アメリカに住む友人(男性:彼の母国語は英語ではありませんが言葉を使用した仕事をしているので非常に堪能です)からのメールに何度かこの言葉を見かけます。

手紙の結びにAll the bestを使う事は知ってましたが、でも私は使った事がなかったのでアメリカ人にどういう間柄で使う言葉なのか聞きました。

手紙ももちろんですが、会話で分かれる時に会話の最後にも使うと教えてもらいました。知りあい程度の間柄では使わず「近い間柄」で使う言葉だと言われました。

が、友達は手紙の結びでは使わずに文中でよく使います。例えば
「○○ありがとうね。All the best to you. もうすぐ■■が始まるね。それじゃあね。」
こんな具合です。

言いたいことも気持ちも分かるのでいちいち細かいところをつつきたいわけではないのですが、英語には堪能な人なのに結びに使わないんだな?と不思議に思っただけなのですけど・・・。文中に使うとまたニュアンスって違うものですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No2 さんのいうとおりで しょっちゅう手紙のやり取りしている相手には あまりつかわないですね。



退職していく相手 もう当分会えなくなる相手 とかにALL THE BEST ! を使います。
(ですからある意味では これを聞くと 身が引き締まるとまでは言わないけど 相手のことを思いやって 言っている感じなのです。)

これはもともとは WISHING YOU ALL THE
BEST あるいは WISH YOU ALL THE BEST を短くして ALL THE BEST !になっています。

 
ALL THE BEST は英国のほうが米国よりも使うような気がしました。 CHEERSはわりと頻繁にE-mailの結びに使いますが アメリカ人も使ってますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

友達がもともと非英語圏育ちなためなのかどうかは定かではありませんが、cheersは見たことがないです・・・。やはり直接会うことがあまりないからall the bestを使ってるんですね。ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/17 00:07

外資系企業で、英国勤務経験者です。


All the bestは職場の同僚等の送別のカードで使い、しょっちゅう顔を合わせたり連絡を取り合う人、特に近い間柄の人には使いませんでした。
どちらかというと遠く離れて、頻繁に顔を合わすことも無くなる人に使う言葉という感じです。
逆にそれじゃねとか、ありがとうとか、気軽に身近な相手に使う言葉としてはCheersがありました。(でも、これは米国では一般に使われるかは定かではありません。)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確かにその友達とは顔を合わす事が少ないです。年に数回です。連絡も年中というわけではないです。だからなのでしょうか?回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/17 00:05

なんか、バイバイとか手紙の結びで使うみたいですね、確かに。

ただ、言葉は生き物なのでネイティブに聞かないとはっきりしたことは言えませんが、普通は文中には来ないみたいです。

参考URL:http://www.oup.com/oald-bin/web_getald7index1a.pl
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはり文中には来ないですか。友達はあまり考えずノリ?で書いてるのかもしれないですね。すぐに回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2005/07/16 23:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『あなたがいつも幸せの中にいますように』・・・英訳してください。。m(__)m

こんにちは。
どなたか、きれいな英訳してください。
お願いします。

オールウェイズとハッピーの単語を使って、
なるべくなだらかな一文で、呪文?みたいな
綺麗な英語でお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

まだ締め切っていないようですので、私なりに書かせてくださいね。

囲まれている、包まれている、と言う外側からの表現もいいですね. その表現の代わりに、あなたがしあわせに溢れている、と言う中側からの表現をしてみました.

Wish you be always filled with happiness.

Wish happiness be always in you.

Wish happiness be always with you.

May God always fill your heart with happiness

また、幸せと言う物があなたを引っ張っていく、と言うような表現で、

May happiness lead your life always.

May your life be always fulfilled with Happiness.

最後のように、Happinessと大文字で書く事も、幸せ!と言うフィーリングを強調する為にもいい事だと思います.

そして、monti55さんとここの皆さんへ、私から、

I wish you be always filled with Happiness!

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

まだ締め切っていないようですので、私なりに書かせてくださいね。

囲まれている、包まれている、と言う外側からの表現もいいですね. その表現の代わりに、あなたがしあわせに溢れている、と言う中側からの表現をしてみました.

Wish you be always filled with happiness.

Wish happiness be always in you.

Wish happiness be always with you.

May God always fill your heart with happiness

また、幸せと言う物があなたを引っ張っていく、と言う...続きを読む

QGood luck!!と言われたら・・・?

いつも何て答えたら良いのか悩みます。
何か頑張らなければならない時の前に、「Good luck」なんていわれるのですが、その返事って何て言えばよのですか?いつも「ありがとう、頑張るよ!」と答えるのですが・・・

それと、「Have a nice day!」や「Sleep well!やGet some sleep!」と言われた時はなんて返せばよいのですか?

Aベストアンサー

Gです。 こんにちは!!

このカテで書き始めてから5年半になります。 そしてその間一貫してひとつのことをいい続けています。 それは、フィーリング、と言う事なんです。

英語を使いたいときにある表現に対しての返事・反応としていろいろな表現があります。 しかし、その表現にはおのおのフィーリングが含まれているからそういう返事をするということを覚えないと、返事に「意味がない」と言う事になってしまうのです。

Guud luck, Hove a nice day, Sleep well! Get some sleep!と言う言うことはそこにその人のフィーリングが入っている、つまり「入れようとしているから」言うわけですね。 (もっとも、まったくのフィーリングがこもらないTPOだけを重要視した「社交辞令的表現」と言うものも日本ほどではないですがありますね)

さて、Good luckといわれたら、「がんばってね・幸運を祈る」と言う「焼くだけではなく」、相手はあなたのことを思っているんだ、と感じ取って欲しいのです。 フィーリングをつかめ、と言う事なのです。 このフィーリングを掴むことで今度はそれに対してあなたのフィーリングを表現するとそれが返事となるわけです。 お分かりでしょうか。

がんばってね、と言われたら、感謝の気持ちを表すフィーリングがあるかもしれませんね。 そうであれば、「心から」Thank you!!といえるわけです。 学校でHow are you?と言われたらFine, thank you and you!と相手のフィーリングも自分のフィーリングも何もまったく無視して「こういう返事をしろ!」と覚えさせられた人がどれだけ多いことでしょう。 人間はロボットじゃないんです。 コンビニのドアが開いて「いらっしゃいませ」じゃないんです。 すし屋の親父の「いらっしゃい!!!」でもあり、スナックのママの「待っていたのよ」の方がまだ人間性に満ちていると私は言うわけです。

感謝の気持ちのほかに、やるだけやってみるよ、がんばるつもりだ、無理かもしれないけどね、運以上が必要みたいだけどね、ま、祈っていてくれよ、運頼みみたいだけどね、そして、もしかしたら、終わったら電話するよ、がこのGood luckの返事になるフィーリングを持っているかもしれませんね。 もしどれかを持っていてそれを伝えたいのであればありていの"Fine thank you and you"的返事じゃ「もったいない」と私は感じるのです。

やるだけやってみるよ Thanks, I will do what I can do
がんばるつもりだ I'm planning do the best myself
無理かもしれないけどね、Thanks but may not be enough.
運以上が必要みたいだけどね、Well, looks like I need more than just a good luck.
ま、祈っていてくれよ、Thanks, keep praying for me!
運頼みみたいだけどね、I need a lot of them.
終わったら電話するよ、Ok, I'll call you when I'm done.
等の英語表現が使えますね。

がんばってね、と日本語言われたらなんて感じ、どのようなフィーリングを伝えたいですか? それを考えてください。

もちろん、このGood luckを使う情況として、試験やトーナメントで一緒に参加することもありますね。

そういうときでしたら上とちょっと違い、お前もな、といいたいときってありますね。 英語でも同じです。 You too!とかGood luck to you, tooとか時にはいい意味でのSame to you.というような表現を使うことで、あなたもね、と言うフィーリングを伝えることが出来るわけです。

「Have a nice day!」や「Sleep well!やGet some sleep!」も社交辞令と言うときもありますが、気持ちの表れと感じたのであれば、社交辞令的な表現ではなくやはりその気持ちを返したいですよね。

その言葉に感謝したいのであれば、Thank you, Thanksと言う表現を使い、あなたもね、であればYou too, Same to youなんかが上と同じように使えるわけです。

Good luckの方は「幸運であるように」と言うフィーリングで、~をしなさい、と言う事ではないですね。 しかし、これら三つの文章は、~しなさい、と言うフィーリングですね。 いい日を持てよ(いい日でありますように、と訳す人もいますが、意訳ですね)、よく寝なさい(ぐっすり寝てくださいね)、ちょっと寝なさい(ちょっと寝たらいかがですか)、と言われているわけですから、Good luckへの返事のほかに、「はい、やります」と言うフィーリングで、OkとかSureと言う表現に I will. I'm planning to, I'm going to, と言う表現をしたり、出来たらする・いいけど、と言うフィーリングで、Havea a nice dayに対して、I hope so, Sleep wellやGet some sleep.に対して、I hope I can, I wish I could(出来ないけど出来ればいいな、と言うフィーリングですね)などの表現が使えるわけです。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

Gです。 こんにちは!!

このカテで書き始めてから5年半になります。 そしてその間一貫してひとつのことをいい続けています。 それは、フィーリング、と言う事なんです。

英語を使いたいときにある表現に対しての返事・反応としていろいろな表現があります。 しかし、その表現にはおのおのフィーリングが含まれているからそういう返事をするということを覚えないと、返事に「意味がない」と言う事になってしまうのです。

Guud luck, Hove a nice day, Sleep well! Get some sleep!と言う言うことはそこ...続きを読む

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

QMany thanks. と Thanks a lot.

タイトルの2つの言い方はどう違うでしょうか?
ニュアンスを教えてください。

Aベストアンサー

Gです。 こんにちは!

この二つには大きな違いがあります。 この違いとは使い方に大きな違いがあると言う事なんです。 この違いを感じない限り英語を使いこなすと言う事にはならないはずなのです。

確かに、表面的には「大変ありがとう」と言う事です。 そしてその使い方で言えばMany thanksの方が畏まったときにも使えると言う分だけ使いでのある表現でもあると言う事にもなります。

しかし、Many thanksを口で言う事はかなり少ないないでしょう。 メールや手紙の表現に使う事が多くなります。

しかしです、もっと大きな違いがあるのです。

「反意的用法」と言われる使い方です。

つまり、普通なら感謝しない事を相手(立ち)がしたときにいう表現が、Thanks a lot.なのです。

例としてはみんなで食べるためにピザを頼んだのに他の人が全部食べてしまって自分分が残っていないのが分かった時などに、You are are great! Nothing is left for me!!~ Thanks a lot, you guys!!と言うような表現ですね。 それも普通非常に「畏まった」口調で言います。 Many thanks.と言う表現ではなかなか使い切れない「フィーリング」なわけです。

と言う事で会話で使う頻度の違い、そして更に反意的用法の違いがこれらの表現には大きな違いとして存在するわけです。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

Gです。 こんにちは!

この二つには大きな違いがあります。 この違いとは使い方に大きな違いがあると言う事なんです。 この違いを感じない限り英語を使いこなすと言う事にはならないはずなのです。

確かに、表面的には「大変ありがとう」と言う事です。 そしてその使い方で言えばMany thanksの方が畏まったときにも使えると言う分だけ使いでのある表現でもあると言う事にもなります。

しかし、Many thanksを口で言う事はかなり少ないないでしょう。 メールや手紙の表現に使う事が多くなります。

...続きを読む

Qafter thatとand thenの違い

after thatは辞書でその後、それから
and thenは次に、それから
1、何か違いはあるのでしょうか?
2、after thatは文末にしか来ないのですか?
3、僕が見たのは(A),and then (B).なのですが文頭や文尾に来ますか?

Aベストアンサー

after that の that は名詞で、「そのこと」のように、文の前の部分ででてきた事象を指しています。ですから、何らかの事象が事前に述べられている必要があります。事象というのは、基本的に、何らかの行動です。I went to school. とかです。

and then は、「そして」、「それから」ということで、その前に、事象を述べる必要がありません。つまり、 I was sleepy, and then I went to bed. のようなつながりになることが出来ます。つまり、単なる事態状況の変化を意味する言い方です。

after that は、文末にも、文頭にもくることができます。
and then は、文末に来ることはまずありません。

QI appreciateとI appreciatedの使い分け

何かしてもらって感謝するとき、将来のことであれば、I would appreciate. (何かしてくれたらありがたいです。)となりますが、直前のこと、丁度今のこととなると、本当にjust nowであれば、I appreciateと言っているような気がしますが、ちょっとでも過去になるとすぐにI appreciatedと言っているようで、使い分け方が分かりません。
どなたか、アドバイスを宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

アメリカに38年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

今そう感じているのであれば、そしてそのフィーリングを相手に伝えたいと言うのであれば、I appreciate itでThank youと同じです。

しかし、ある過去の事でそのときに感じた感謝の気持ちを伝えないと言うフィーリングを今示すのであれば、I appreciated it.と普通の文章とおりに使います。 

ただ、日本語の「あの時はどうもありがとうございました」という表現は、あのときにそう感じていたかどうかを表現しているのではなくあのときの事を「今」表現したいと言うフィーリングですね。 しかし、I appreciated itはそうではなく、あくまでも、あの時は感謝した、と言う表現なのです。 「あの時ちゃんと感謝しただろう、なんだよ、いま頃になって感謝していなかったなんていうんだよ。 ランチ奢ってやっただろう。」といい時のあのときに感謝した、という事なのです。

そして更に事を複雑にしている、特にこの動詞は他動詞として使うんだと決め付けている人(アメリカ人も含めて、私も含めてです)にとって気になるかもしれないのが、このitを非常に弱くとも言うのではなく言わない人もいる事なのです。 I would appreciate itの代わりにI would appreciateと言い、I appreciate itと言う代わりにI appreciateと言い、I appreciated itの代わりにI appreciated.と言うように言う人がいるわけです。 どれだけ浸透しているか別に英語で生活している人たちで、しかも一応教養があると言う人たちでも言う事実が存在します。

これが定着するかどうかは私はするかもしれないと思います。 定着して辞書に自動詞として載るかどうかはまだまだ先の話でしょう。

確かにappreciate itとappreciatedの発音はitと言う代名詞をthank youでは殆ど言わないと同じように、I appreciate itがすでにフィーリングを心から出しているとは限らないくらい社交辞令的にも使われる事からitそのものに対するフィーリングや口出す(発音という事です)をわざわざ強く出す必要がないと感じていることから、edの発音とまるっきり同じになっている人がかなり多いと思います。 つまり、appreciate itといっているにもかかわらずappreciatedに聞こえる、という事は十分ありえます。

その状況が存在する事を知っている人は、また、itの意味合いをはっきりフィーリングの一部として出したいと感じる人は、I appreciate that. I appreciate what you've done for us. I appreciate your kindness.と言う風にはっきりフィーリングを出す「英語力から来る思いやり」があるわけです。 これは私は英語力の一部と言います。

また、appreciatedがappreciate itに聞こえるという事を知っている人は、どうせ過去のことを言うのだからある程度強調のフィーリングを必要とする状況にあるわけですし(普通なら過去に感謝した事をいう必要はないとします)、 I did appreciate itと言うようにdidを前に持ってきて表現するわけです。

このappreciateと言う単語にはthankよりもっと幅の広いフィーリングが出せる表現なので、今回の様に発音に関してよりもどういうフィーリングまで示せるか、I appreciate your pointと言いながら別に同意しているわけではないフィーリング、I don't appreciate what you said to me yesterdayの様に相手の好意によって気分を壊したというフィーリングを表わしていると言う使い方はいいのか、など理解・フィーリングの表現についてかなりの幅がありそれらの点で???となる人も多いです。 しかしThank以上に使える品のある単語として使える単語だとして私は重宝しています。

これでいかがでしょうか? 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに38年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

今そう感じているのであれば、そしてそのフィーリングを相手に伝えたいと言うのであれば、I appreciate itでThank youと同じです。

しかし、ある過去の事でそのときに感じた感謝の気持ちを伝えないと言うフィーリングを今示すのであれば、I appreciated it.と普通の文章とおりに使います。 

ただ、日本語の「あの時はどうもありがとうございました」という表現は、あのときにそう感じていたかどうかを表現しているのではなくあのとき...続きを読む

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Qcould be と would be の違い

could be と would be のニュワンスの違いを教えていただけますでしょうか。
couldはcanの過去形で、 wouldはwillの過去形であることは分かるのですが、
仮定法的な感じで使う時がどう違うのかが分かりません。
例えば、That would be nice! と That could be nice! では、意味はどう
違うのでしょうか?
私的には、wouldの方は「そうなるといいね~ 」という感じで、
couldの方は「それは素敵に違いない!」というような少し強い感じでしょうか?!
最近海外ドラマを見て英語の聞き取りの勉強をしているのですが、
結構に日常会話にcould、 wouldが、仮定法的な感じでよく使われています。

分かる方、ご解説いただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じような英語のQ/Aサイトに違いを説明する回答があり、ベストアンサーがこれでした。

Would" expresses the idea of "willingness" ,  and  "could" expresses the idea of "ability"

ですから《That would be nice》はこちらの良くなって欲しいという意思が加味されています。

一方、《That could be nice》の方は現状の諸条件を勘案すると、将来《nice》である可能性が極めて大きいといった可能性の予測が入っています。

他の文章で説明します。

●Would you please drop me here?
●Could you please drop me here?

前者は『ここで降ろして頂けると好都合なのですが、同意頂けませんでしょうか?』 相手と喧嘩中なら降ろしてはくれないでしょうね。 運転者のご機嫌を伺っているのです。

後者は『ここで降ろして頂けると誠に好都合なのですが、交通事情など周りの諸条件からして可能でしょうか?』 例えばいくらお家の前であっても高速道路上だったら不可能ですね。 そういう一時停止の可能性の有無を聞いていると判断出来ます。 

参考URL:http://answers.yahoo.com/question/index?qid=20090209230529AAjApFB

同じような英語のQ/Aサイトに違いを説明する回答があり、ベストアンサーがこれでした。

Would" expresses the idea of "willingness" ,  and  "could" expresses the idea of "ability"

ですから《That would be nice》はこちらの良くなって欲しいという意思が加味されています。

一方、《That could be nice》の方は現状の諸条件を勘案すると、将来《nice》である可能性が極めて大きいといった可能性の予測が入っています。

他の文章で説明します。

●Would you please drop me here?
●Could you pleas...続きを読む

QI hope this email finds you well. とは?

友人からのメールで冒頭に I hope this email finds you well. とありました。日本語に置き換えるのであれば
どう訳せばいいのでしょう?findを何と訳せばいいのか分りません。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

これは通信文でよく使われる表現です。昔はemailの変わりにletterでしたが・・・

日本語では一般名詞が人称名詞と同様に主語になるケースは犬、猫など限られた動物だけですが、欧米語では、抽象名詞でも自然現象(風、雨など)でも主語になります。

この慣用文は日本語なら「(私はあなたが)お元気のことと思います」というところを欧米人の習慣(発想)から「このメールがあなたが元気であることを見出すことを期待します→お元気のことと思います」と表現しています。

参考;How do you find yourself this morning?
今朝、あなたはあなた自身をどのように見出しますか→今朝はご気分いかがですか。

Q女性に対する表現について(lovely, sweet, beautiful, sexyなど)

海外に住んでいる者(女)です。とても仲良しの男性が何人かいるのですが、それぞれ私に対して違った表現を使います。

1.オーストラリア人の50歳の友人は私のことを常に「sexy」と言います。「gorgeous」「beautiful」とも表現します。
また、イギリス人の30歳の友人は「lovely」「sweet」と表現します。「beautiful」とも言います。
私から見ると、この2人の表現には違いがあるような気がするんです。前者は、どちらかと言うと私を大人としてみていて、後者は、かわいらしいと感じているような気がするんですが、どうなんでしょうか?

2.イギリス人の友人は常に私のことを「baby」「babe」「darling」と呼びます。(恋人ではありませんが、それに近いくらい仲良しです。)これってイギリスでは当たり前のことでしょうか?誰にでも使うんでしょうか?メールの最後にも必ずxxxxをつけてきます。

3.二人とも「you are beautiful」と常に言ってくれるのですが、これって本心なんでしょうか?(爆)自分では信じられないんですが・・・。それとも、オーストラリアやイギリスでは女性に大してはそういうのが当たり前なのでしょうか?(私は自分でも飛び切り美人だとは思いませんが、いわゆる欧米人ウケするタイプの顔なんだそうです。欧米人の友人によく言われます。)

ちょっとcultual differenceを感じています。(いい意味で)
ご存知の方、教えてください。

海外に住んでいる者(女)です。とても仲良しの男性が何人かいるのですが、それぞれ私に対して違った表現を使います。

1.オーストラリア人の50歳の友人は私のことを常に「sexy」と言います。「gorgeous」「beautiful」とも表現します。
また、イギリス人の30歳の友人は「lovely」「sweet」と表現します。「beautiful」とも言います。
私から見ると、この2人の表現には違いがあるような気がするんです。前者は、どちらかと言うと私を大人としてみていて、後者は、かわいらしいと感じているような気がする...続きを読む

Aベストアンサー

アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

私はここで数回この点に書いてきましたが、「文字からではなく体全体で」言葉である英語の本当の意味あいを感じる事の重要性がこのご質問の中にあると思います。

たしかに単語自体がその人の持つフィーリングを適切に表すことはあるでしょう。 しかし、はっきり表しているのかどうか分からない物もあります。 ご質問の言い方がそれにあたるものと思います。

つまり、特別な感情を表す為に使う人/情況とか逆に深い意味を持たせずに呼びかけとして使う(癖になっている)人もいます。 恋人にも使うし何ら関係ない人にも使える(使い方を知っているとして)表現でもあると言う事です。

だからこそ、トラック運ちゃんが良く行くような大衆食堂でウエイトレスが男のお客(女性のお客も)に向かってsweety, honeyと言う言い方を単に「名前を知らないから代わりに使う」という状況もあるわけです。 

日本の地方のそのような食堂や酒場などでは初見でも「兄さん、なんにする?」なんて言う言い方をされる時があります。

これらは「全く知らない人」だと言う事で「意味の持たない呼びかけ」と言う事で聞き流してしまいますね。

そして、恋人同士であれば、意味のある呼びかけだとわかりますね。 これも問題ないですね。

問題が起こるのは間柄が中間(友達の間柄)にあるなときですね。

こちらアメリカでは知り合いの程度でご質問にある表現をしたら、まず嫌がれるでしょう。 女性によってはDon't call me that!と怒られてしまう可能性ですらあります。 (例外として、そう言う言い方をいつもしている人だと分かっている場合や完全に見下げる人がいった場合) ですから、男性はまず言わないと言う事になります。

さて友達関係になるわけですが、これらの呼びかけはもう気が付いたと思いますが、親しみ・好意を示す表現とされます。 親が子供に対してこの表現する事で子供が怒ることはないわけです。 Jackie are so sweet/beautiful.と言っても問題ないわけで、しかも子育てには必要な表現ともされます。 しかし、年頃の娘にYou are sexyと冗談抜きに言ったらかなりおかしいです。 それを聞いた周りの人はおかしいと思うでしょう。 それはbeautulにはないsexyと言う単語が持っているからですね。

では大人同士の友達だったらと言う事になりますね。

1) 男としてそう呼びたい/呼べる女性がほしいという気持ちはあると思います。 しかし、私個人の感じとしては、この表現を連発する人はまれだと思います。 つまり、少し変わっているなと感じます。 これらの人はあなた以外の友達にもこう言う表現をよくするのでしょうか。 特別なフィーリングを持っているように感じるのは私だけじゃないと思います。

2)はそれほどきつくは感じません。 その人好みの表現ととってしまいます。 しかし、大人の友達関係でこれを言うのはやはりあなたを異性と感じているからでしょう。 女性と感じさせない友達関係であれば、たぶん使わないでしょう。 少なくとも私の知り合いや友達は言わないですね。 必要のない問題を起こしたくない、と言うことでもあるでしょう。 

xxxxがLoveであったら、それは単なる誰でもどんな関係でも使える表現です。特別な意味はありませんので気にする必要はないと思いますよ。

3)は上にも書いたように、あなたが好きであることでしょう。 たぶん本心でしょう。 お世辞ではないと思いますよ。 しかし、上にも書いたように、簡単に女性にそういうことはやはり「変わっているな」と感じます。 少なくとも普通の習慣といえるものではないと思います。 (人それぞれですが)

さて、すごく長くなってしまいましたが、問題点の本題です。

日本語が分かる日本人が、ある人の言った事の「真相」を見極めるにはどうするでしょうか。

それは、相手の全身から真相を掴み取る事です。 ジェスチャー、あなたに対する態度/姿勢/言葉遣い、そして他の人(特に女性)への態度の違いを感じ取る事は大変重要だと思います。 ボディーラングエージですね。 あなたに好意を持っている事は確かなようです。、 それがあなたにとって良い事なのか、それとも、その逆の極端なことをいうと遊ばれているのか、英語と言う言葉ではなく全てから判断する事ができますね。

全くコミュニケーションの問題のない日本語ですら相手を判断する事は難しいですね。 でも、この人下心あるのかしら?、スケベ親父?、やさしい人?、私を本当に思ってくれている人?、などいろいろと日本語でも考える事ってありますよね。

アメリカでもDon't call me that!と言う事もある、と言うことを頭の隅において置いてください。

何か取り留めのない事を長々と書いてしまったようでごめんなさい。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

私はここで数回この点に書いてきましたが、「文字からではなく体全体で」言葉である英語の本当の意味あいを感じる事の重要性がこのご質問の中にあると思います。

たしかに単語自体がその人の持つフィーリングを適切に表すことはあるでしょう。 しかし、はっきり表しているのかどうか分からない物もあります。 ご質問の言い方がそれにあたるものと思います。

つまり、特別な感情を表す為に使う人/情況とか逆に深い意味を持たせずに呼び...続きを読む


人気Q&Aランキング