マンガでよめる痔のこと・薬のこと

先日FMで、お名前を忘れたのですが、
おそらく言語博士か国語研究家の方なのですが
「『ありがとうございます』は正しいけれど、
『ありがとうございました』と過去形にしてしまうのは間違っている使い方だ。」
というような内容を話していたのですが、
実際どうなんでしょうか?間違いですか?

その方の説明では、
気持ちを表現する言葉なので
「現在も感謝している」現在進行形はあり得るが..といった見解でした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

 前にも同じような質問に回答しました。

「ありがとうございました」の「た」は単純に過去を表しているんじゃないと思うんですが。下記の#5を見てください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=490669
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
過去にもこのような質問があったのですね。失礼致しました。

>下記の#5を見てください。
>「決意や確認の気持ちを強調する」働きもあります。

参考になりました!

お礼日時:2005/07/24 19:15

#4です。



これまでのご回答を興味深く拝見しておりました。なるほど、と思うもの、そうかな?と思うもの、色々ありましたが、言葉を掘り下げて考えると、それは非常に深いものだなと改めて感じました。
一番説得力があったのは、#8さんのご意見でした。「○○していただき」を付けてみて、確かにその語感の違いを感じました。

しかし、だからと言って「先日はどうもありがとうございました」という言い方本来誤りであった、とは必ずしも言えないと思います。

そもそも「感謝しております」と「ありがとうございます」はともに感謝の意を表す言葉ですが、その成り立ちは若干異なります。
「感謝しております」は話し手の感情をそのまま表しているのに対して、「ありがとうございます」は「有り難うございます」つまり「めったにないことでございます」という意味で、その出来事が「めったにないことだ」という事で間接的に相手への感謝の気持ちを表す言葉です。

つまり、「先日は○○していただき、どうもありがとうございました」は言い換えれば「先日は○○していただき、(そのことは私にとって)何とも在り難い(めったにない)ことでございました」と言えます。
相手に○○してもらったことは過去のことですから、文末も「めったにないことだった」と過去形にするのが妥当です。

一方「感謝しております」の場合は、直接話し手の感情を表していますので、「感謝しておりました」では、感謝の感情が過去のことという意味になってしまいます。ですから、この場合は「感謝しております」が妥当だということになります。(なお同様の例で「おめでとうございます」も「めでたく(=ほめたたえたく)思います」ということですから、現在形が妥当だと思います)

「ありがとうございます」が間接表現であるということで、それを「感謝する」という直接表現で補うと、「先日は○○していただき、ありがとうございました。感謝しております」ということになると思います。


それから#12さんの回答も考えさせられました。辞書によれば、

<大辞林>物事や事態の確認を表す。
「見ると、それは若いスマートな青年であっ〈た〉」「国境の長いトンネルを抜けると雪国であっ〈た〉」
http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=1207720 …

<大辞泉>動作・存在の確認の意を表す。
「あれ、君はそこにいたの」「坊やは今年いくつだった」
http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=1107210 …

ということでした。

それぞれの文例は若干意味合いが異なりますが、大辞林の方は「青年であると確認できた」「雪国であると確認できた」と言い換えることができるもの、一方、大辞泉の方は「そこにいること」「いくつであるか」ということを確認する意味のものです。

そのことを踏まえて「ありがとうございました」をあてはめてみると、確かに「ありがたいことだ」という事の確認の意味とも取れると思います。
ただ私は、上で述べたような成立過程から、「た」は過去形と考えても妥当だと思います。


以上が私の解釈ですが、言葉は変化するものですから、過去のことについて「ありがとうございます」というのが誤りだという気持ちは毛頭ありません。
ただ少なくとも「ありがとうございました」が誤りだということはないと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>色々ありましたが、言葉を掘り下げて考えると、それは非常に深いものだなと改めて感じました。

本当にその通りですね。
記憶も無い幼いころからその言語を使用しているのだからそれまた凄い事ですよね。

お礼日時:2005/07/24 19:26

実は私、ここの「お礼欄」を書くとき迷うんです。



「回答を書く」という過去の行為に対するお礼だから、過去形が適切なのか、お礼を言うのは現在の行為だから、現在形がいいのか・・・などと迷うのです。

それで私なりの基準を決めました。
お礼欄には他にもいろいろ書きますよね。で、一行目に書くときは、「ありがとうございます」。いろいろ書いた後、最後に書くときは「ありがとうございました」。
私の気持ちとしては、違和感無く納得できます。

でも、どっちにしてもあまり拘ることはないと思いますが。感謝の気持ちはおんなじですから。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>どっちにしてもあまり拘ることはないと思いますが。
感謝の気持ちはおんなじですから。

そうですよね~。
それにしても、日本語を習いたての外国人の方などは
どんな風に教わるんでしょうね、この件..。

お礼日時:2005/07/23 19:02

「有り難うございました」=「ありがたい(=めったにない)ことでございました」


間違ってないと思いますが…。
過去も今も「めったにない」ことなら現在形なのでしょうね。

>気持ちを表現する言葉なので
つまりその方の話では「申し訳ありませんでした」という言い方も間違っているということですね。

「申し訳ない」=「申すこともない」=「弁解のしようもない」
今も弁解できないなら現在形かなぁ。

「ごめんなさい」なら過去形はないでしょうけど。
「ご免なさい」=「許してください」

う~ん、だんだん過去形が間違っているような気がしてきました。

「あの時は感謝していました」とはあまり使わないでしょうし。
「あの時のことは感謝しています」と使いますもんね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>う~ん、だんだん過去形が間違っているような気がしてきました。
>「あの時は感謝していました」とはあまり使わないでしょうし。
「あの時のことは感謝しています」と使いますもんね。

えぇ...、私も皆さんのいろいろなご意見を伺って
ますます混乱しております(笑)。

お礼日時:2005/07/23 18:57

逆に質問です。


「ありがとうございました」
といっているときに、そう思っているのはいつですか?
少なくとも今そういっている最中ではないでしょうか。
今そう思っているのに、過去形で話すのは変ではないですか?
また、過去のことに対して言う場合でも「ありがとう」という気持ちを表しているのは
「今」ではありませんか?

つまり「ありがとうございます」という対象が過去のものであっても、
「今」ありがとうといいたいなら、「ありがとうございます」というのが正しいと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

今まで
「ありがとうございます」
「ありがとうございました」
の両方を使い分けていて(というか無意識に使い分けていたので)
どちらが正しいとか間違っていると意識した事が無かったんですよね。

ですので、noranukoさんやFMで話していた研究家の方の仰るように

>「今」ありがとうといいたいなら、「ありがとうございます」というのが正しいと思います。

と言われれば、なるほどそうか..とも思えます。

お礼日時:2005/07/23 00:09

こんにちは。



私は、もともと「先日は、○○していただき、どうもありがとうございます。」(現在形)が正しかったが(この言い方は、現在でも、正しいし、不自然ではないと考えています)、「先日は、どうもありがとうございました。」という間違った使い方(過去形)が普及し、現在では、「先日は、どうもありがとうございました。」という言い方も間違いとはいえなくなった(むしろ、現在形を凌駕しつつある)、のではないかと考えています。明確な文献や根拠はありませんが。

この表現を、「先日は、○○していただき、大変感謝しております。」という言い方に変えると、分かりやすいかと思います。この言い方(現在形)は、おかしくないですよね? ところが、「先日は、○○していただき、大変感謝しておりました。」と過去形にすると、さすがにおかしいでしょう。そして、注意すべきは、「先日は、大変感謝しております。」という表現もおかしいということです。これは、語尾が現在形だからおかしいのではなく、「先日は」を残しているのに、「○○していただき」の部分を省略するからおかしくなるのです。すなわち、「先日は、ありがとうございます。」(現在形)がおかしく感じられるのは、「先日は」を残していることに原因があるのだと思います。

「ありがとうございます。」の時制は、感謝の「対象の行為」が現在か過去かを示しているのではなく、「感謝」そのものが現在か過去かを示しているので、現在感謝している場合には、その部分を過去形にすることは、おかしいといわざるを得ないと思います。

日本語が省略に寛容な言葉であるため、「○○していただき」の部分(感謝の対象)を省略できてしまう、とすると、感謝の対象が過去であるということを示せなくなってしまい、かつ、「先日は」が浮いてしまう(掛かる先の過去形の言葉がなくなっている)、でも何とか過去を示したい(「先日は」を掛けることのできる、「過去形」がほしい)、そこで、「ありがとうございました。」と、「感謝」の部分を代わりに過去形にしよう、という流れの結果が現在の「先日は、ありがとうございました。」という表現になっているのではないでしょうか。

なお、比較することにどれだけ意味があるか、やや疑問もありますが、英語で、相手に対して、「Thanked you!」などとは決して言いませんよね。「Thank you for...」で、「for」以下に感謝の対象が過去であることを示すような表現が入るはずです。

ちなみに、「ありがとうございました」という過去形の表現は、NHKの「のど自慢」の番組の司会者が、歌い終わった人をとにかく早く退場させるために、頻繁に使い、世の中に普及し始めたという説があるようですが、真偽のほどはよくわかりません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

素晴らしい分析ですね。
確かに、「感謝の対象」を省略してしまった事で、
「先日は~」につじつまを合わせる意味で「~ございました。」と過去形になったのかも知れませんね。

>英語で、相手に対して、「Thanked you!」などとは決して言いませんよね

なるほど。そうですね。

>ちなみに、「ありがとうございました」という過去形の表現は、NHKの「のど自慢」の番組の司会者が、歌い終わった人をとにかく早く退場させるために、頻繁に使い、世の中に普及し始めたという説があるようですが、真偽のほどはよくわかりません。

これ、面白いですね。

とても参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2005/07/23 00:16

ありがたいと思っている行為が過去のことだったら


「ありがとうございました」で間違っていないと
思います。「あの時は本当にありがとうございました」
使いますよね?

でも、例えば「過去」のことについて「今」褒められて
いるとしたら、使うのは「ありがとうございます」です。
過去のことでも褒められているのは「今」ですから。

↑私はこの間違いを小学生の時に直されました。
表彰された際に「ありがとうございました」と言ったら
「賞状をもらったのは今だから『ございます』だよ」と
校長先生から・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

↑と書き込んではおりますが、「回答を頂きありがとうございました。」でも正しいですよね。

gorou23さんが回答を下さったのは過去。
私がgorou23さんに感謝しているのは今。
はぁ...、難しいですよね。

お礼日時:2005/07/22 23:20

http://home.alc.co.jp/db/owa/jpn_npa?stage=2&sn= …
スペースアルクの日本語教師のページです。「ありがとうございました」はしてもらったことが「ありがたい行為だった」ということを表わすので自然だという見解です。常識的な説明と思います。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~hkimura/unchiku.htm
スーパーマーケットの研修の話。お客様との関係を維持するには現在形を使うということらしいです。

http://ronbook.air-nifty.com/ronbook/2005/06/270 …
「ありがとう」に過去形はないとのことですが、こうなると一種の主義でしょう。

結論としては、完了したことに感謝の気持ちを述べるなら「ありがとうございました」で充分感謝の気持ちが通じます。「ありがとうございました、だから今はありがたくないんだな!」などと解釈するのはよほどひねくれた人でしょう。しかし、主義として過去形を使わない人もあるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
リンクも参考にさせて頂きました。

>主義として過去形を使わない人もあるようです。

主義、なるほど納得。

>「ありがとうございました、だから今はありがたくないんだな!」などと解釈するのはよほどひねくれた人でしょう。

確かに(笑)
こんな考えの方がいたら、よほどひねくれた人でしょうね。

お礼日時:2005/07/22 23:13

「先日はどうもありがとうございます。

おかげで助かりました」という表現は、自然だと思います。

過去形というのは、その時点ではそうだったけれども、今は違うという意味合いを含む事があります。

「私は彼(女)が好きだった」

今現在,目の前にいる相手に対して、感謝の意を表すのであれば、現在形でお礼を述べるべきというのは、納得がいく説明だと思います。


言葉としては,過去形でも十分通じますから、間違いとは言い切れないと思いますがけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。

>「先日はどうもありがとうございます。おかげで助かりました」

私なら、
「先日は~」で始まると「~ございました。」と締め括りたくなりますが、

>過去形というのは、その時点ではそうだったけれども、今は違うという意味合いを含む事があります。

確かにそうですよね。
日本語は柔軟だけど、その分ややこしいですね。

ありがとうございます。(←この締めくくりも合っているのかどうか...笑)

お礼日時:2005/07/22 23:06

お礼を言う場面にもよると思います。



過去のことを話す場合だったら、過去形の方がいいでしょう。
「先日は式においでいただきありがとうございました」

今日の話の場合、相手の好意を受けた直後であれば、現在形にすべきだと思います。例えば、ある式に招待した相手が式場に到着した直後であれば、
「本日は式においでいただきありがとうございます」
となると思います。

ただ、式が終わって見送る時には、「ありがとうございます」では違和感があります。
「本日は式においでいただきありがとうございました」
の方が妥当だと思います。「今日おいでいただいたことはありがたいことでございました」という意味で、日本語としても間違っていないと思います。

別の例で「うれしい」を挙げると、
「今日は来てくれてとてもうれしい」:相手が来た直後
「今日は来てくれてとてもうれしかった」:相手が帰る時
「うれしい」という気持ちは継続していても、後者においては「来る」という行為は既に過去のことですから、現在形は使わないと思います。

その研究者の方がご自分の方針として、現在形をお使いになるということであればそれで構わないと思います。ただ、過去形を「間違い」とおっしゃるのはちょっと違うのではないかと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>その研究者の方がご自分の方針として、現在形をお使いになるということであればそれで構わないと思います。

方針、なるほど。

>ただ、過去形を「間違い」とおっしゃるのはちょっと違うのではないかと思います。

同感です。

お礼日時:2005/07/22 22:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qありがとうございます?ございました?

お客様への挨拶で「ありがとうございました」って良く使いますが。
これは間違っている、あるいはオカシナ使い方なのでしょうか?
「ありがとうございます」だと訂正されますが、皆さんはどのように
認識していますか?「過去形になるのがおかしい」というのが理由だ
そうです。

Aベストアンサー

 助動詞の「た」には「決意や確認の気持ちを強調する」働きもあります。(少し大きな国語辞典を引いてみてください。)
(例)「そういえば、今日は金曜だった」
ということで、「ありがとうございました」は過去形ではないんです。おかしくありません。

Q「ありがとうございます」と「ありがとうございました」

どちらが正しい使い方なんでしょうか?
「ありがとうございます」の方が良く耳にする、または使用する気がしますが(気がするだけかもしれませんが)、普通これを使う時って何かをしてもらってその後に言いますよね。だから過去の事にお礼を言うという事で「ありがとうございました」が正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

私は「ありがとうございました」反対派です。
以前に別の場でこのことをテーマにあげたら、語源は「有り難いこと」つまり、「なかなか無いこと」「有り得ないようなこと」だから、どちらでも良いとされました。
ただ、「ありがとう」ということばを感謝の意を表すことばとして使うなら、感謝の気持ちに過去もしくは過去完了はなく、現在進行形であるべき、と私は今でも思っています。
ですから、過去形のほうが自然かなと思える(殆どの人が過去形にする)、話の終わりにいう「本日はお越しいただき(素晴らしいお話等)ありがとうございました」や、「その節はありがとうございました」でもあえて「~ありがとうございます」(但し、後者のような場合は一言加えて「~本当にお世話になりました、ありがとうございます」)といっております。
英語はそれ程得意ではないのですが、「Thank you、Thanks」ですよね。
ひねくれた考え方をすれば過去形にすると、「そのときは感謝したけど、今となっては感謝して損したよ」と言外に含めることが可能ですよね。
最後に、これは私の勘違いかもしれませんが20年くらい前に、永六輔さんが、ラジオで感謝のことばは「ありがとうございます」だとおっしゃっていたような気がするのですが・・・

私は「ありがとうございました」反対派です。
以前に別の場でこのことをテーマにあげたら、語源は「有り難いこと」つまり、「なかなか無いこと」「有り得ないようなこと」だから、どちらでも良いとされました。
ただ、「ありがとう」ということばを感謝の意を表すことばとして使うなら、感謝の気持ちに過去もしくは過去完了はなく、現在進行形であるべき、と私は今でも思っています。
ですから、過去形のほうが自然かなと思える(殆どの人が過去形にする)、話の終わりにいう「本日はお越しいただき(素晴らしいお...続きを読む

Q『ありがとうございます』と『ありがとうございました』の違い

素朴な疑問なのですが、

『ありがとうございます』
『ありがとうございました』

これらの違いは何でしょうか?

現在と過去の違いでしょうか?よく分かりませんけど。

どのように使い分けるのでしょうか?

例文などを添えて詳しく説明して下さると助かります。

お願いします。

Aベストアンサー

・ありがとうございます。
今現在、お礼をするべきことをしてもらった場合。
(例)席を譲ってもらったその時。何かプレゼントされた時。など。

・ありがとうございました。
過去、または「さっき」してもらった場合。
(例)写真を撮るようにお願いし、とってもらった時。席を譲ってもらって降りる時。先日はありがとうございました。など。

Qありがとうございました、って言い方おかしいですか

上司と一緒に顧客と面会した際、別れ際に「ありがとうございました」と言った所、「ございます」が正しいので今後注意せよ、と言われました。言われてみて気づいたのですが、確かにワタシはいつも「ございました」と言っています。これはどこまで慣例的に使用して良いものでしょうか。知っている方は教えてください。

Aベストアンサー

長年営業職をしてきたものとして言葉の使い方についてお話しします。

近年特に若い方の言葉使いは語彙が少なく省略してしまったり,略語化したりすることが見解の違いを招く原因になります。

今回の質問も別れ際と書いてありますがこれだけでは
二通りの答えが出ます。

顧客に対して「ありがとうございました」と言う前に何か会話が有った筈でその前の言葉により
「・・ます」か「・・・ました」になります。

例えば顧客が商品を買い上げてくれた話があったときには
「(お買い上げ頂き)ありがとうございました」
また、「(時間をさいていただき)ありがとうございました」
となり、顧客を訪問して先方が「ご苦労様でした」
或いは「気をつけてお帰りください」などねぎらいの言葉をかけてくれた場合は
「有難うございます」が正しい使い方です。

貴方が顧客の言動の何に対して「有難うございました」と言ったのかが質問文では不明です。

一律に「ます」「ました」が良い悪いではなく、
会話の前文を思い出して状況を把握し、自然の流れをつかむようにすれば誤解の無いスマートな会話をすることが出来ると思います。

言葉の使い方はその人の品性をあらわします。
顧客は勿論、相方にも好感を持たれる言葉使いを習慣にされると良いと思います。

長年営業職をしてきたものとして言葉の使い方についてお話しします。

近年特に若い方の言葉使いは語彙が少なく省略してしまったり,略語化したりすることが見解の違いを招く原因になります。

今回の質問も別れ際と書いてありますがこれだけでは
二通りの答えが出ます。

顧客に対して「ありがとうございました」と言う前に何か会話が有った筈でその前の言葉により
「・・ます」か「・・・ました」になります。

例えば顧客が商品を買い上げてくれた話があったときには
「(お買い上げ頂き)ありがと...続きを読む

Q「ありがとうございました」は間違い?

「ありがとうございまし・た」という過去形の言い方は間違いで、常に「ありがとうございます」だと、いつか聞いたような気がします。
本当でしょうか。

Aベストアンサー

#5です。ちょっと誤解があるようなので,一言。

「ありがとう」の語源「有り難し」には,感謝の意味はありません。「有り難し」という言葉が転じて感謝の言葉になったのでもありません。

「ありがとうございます。」は,元々は,神に対し感謝するときに,「神の有り難き仕業に対し,お礼を申し上げます。」と言う意味で,「有難うございます。お礼を申し上げます。」と使っていた言葉の下の部分が,省略されたものです。ですから,「ありがとう」の語源からこの言葉を分析しても,意味がありません。意味のある部分は省略されているのですから・・・。

つまり,「ありがとうございます」は,「ありがとう」という感謝を示す挨拶語(これは「おはよう,こんにちは等と同じ)に「ございます」(ある,存在する)という丁寧語が付加されたものです。挨拶語に時制はありません。昨日に遡って挨拶する事は出来ません。
それと,一般的には,「その節はありがとうございました。」ではなく,「その節はお世話になりました。」と言うような表現を用いると思います。
言葉ですから,相手に自分の意志が伝わればどのように使っても間違いとは言えません。要は,自分の気持ちを伝える最良の言葉を選択して言えば良いと思います。

#5です。ちょっと誤解があるようなので,一言。

「ありがとう」の語源「有り難し」には,感謝の意味はありません。「有り難し」という言葉が転じて感謝の言葉になったのでもありません。

「ありがとうございます。」は,元々は,神に対し感謝するときに,「神の有り難き仕業に対し,お礼を申し上げます。」と言う意味で,「有難うございます。お礼を申し上げます。」と使っていた言葉の下の部分が,省略されたものです。ですから,「ありがとう」の語源からこの言葉を分析しても,意味がありません。意味...続きを読む

Q「ありがとうございました」は、間違っているのに!

なぜ、何も気にせずに使っている人が多いのでしょうか?「ありがとうございます」と正しい使い方を用いるようになるには、どうしたらいいでしょうか。

元来「ありがとう」という言葉は、過去に相手からしてもらったことに対して、現在、感謝の気持ちを伝える言葉です。「ありがとう」の丁寧語は、「ありがとうございます」です。
だから、「ありがとうございました」とわざわざ過去形にするのは間違ってます。

同じような言葉で、「おめでとうございます」があります。
たとえば、「ご結婚おめでとうございます。」を、結婚式が終わったと同時に「ご結婚おめでとうございました。」にはなりません。

Aベストアンサー

あなたが先頭きって啓蒙運動しなければ
正しくいう人は増えないのではないでしょうか?

教育関係組織にガンガン投書する。
学校別に投書する。(正しい日本語を使わせるようもっと勉強させろ!特に「ありがとうございます」
といえ!と)
ネット関係、掲示板やこうした質問サイト、2ちゃんねんる、ブログ、
ツイッター、フェースブックなどありとあらゆるネット内で啓蒙する。
テレビやラジオの意見番組のようなところに投書。
マスコミ各社にファックスで送付。
飲み屋をはじめレストランであろうがラーメン屋であろうが人が
出入りする集まる場所では必ずこの話を
大声でする。

自分がテレビやラジオに出ていいたいこと言う。

というくらいやっても直す人は5パーセントいないでしょうが
まぁ、それでも少しは増えいるんじゃないでしょうか。

それにつけても
教育ですよ、教育!
小学校1年、中学1年、高校1年、と節目の最初に挨拶を
徹底して教えないからこういうことになるんですね。

日本語を細部にわたって正しく使える人はほとんどいません。

「とんでもない」も「とんでもございません」と言ってしまうでしょ。
「みっともない」を「みっともございません」とはいわんだろ!ですよ。

テレビの番組でさえ川柳を「詠む」というし、
川柳は「吐く」なんですよ。

ま、そこまで正確さは求めませんが、せめて基本的な挨拶だけはなんとかせんといけませんよね。

あの「~でよかったでしょうか?」もどうも気持ちが悪いですね。

いろいろ気持ち悪い日本語使う人がいますが
聞いたときには指摘してあげましょう。

あなたが先頭きって啓蒙運動しなければ
正しくいう人は増えないのではないでしょうか?

教育関係組織にガンガン投書する。
学校別に投書する。(正しい日本語を使わせるようもっと勉強させろ!特に「ありがとうございます」
といえ!と)
ネット関係、掲示板やこうした質問サイト、2ちゃんねんる、ブログ、
ツイッター、フェースブックなどありとあらゆるネット内で啓蒙する。
テレビやラジオの意見番組のようなところに投書。
マスコミ各社にファックスで送付。
飲み屋をはじめレストランであろうがラーメン屋...続きを読む

Q「~したい」「~したく」は目上の方に失礼な表現でしょうか?

私は入社2年目の駆け出しの会社員です。敬語の使い方について教えてください。
社内メールにて、自分が送信相手に何かを主張する時、「~したい」「~したく」という文を見受けられます。これは目上の方に失礼な表現でしょうか?
一方「~したいです」と使用すると、個人的にはやや幼稚な響きがあり、抵抗があります。
目上の方に対してはどのような表現が適切でしょうか?
また、他に何かいい表現があればご教授ください。

Aベストアンサー

こんにちは、No.4です。

「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、
自信が無いようには感じませんよね。
主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、
意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。

ケースバイケースですが、
自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので
文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。
(一方的な主張に終始して失敗したこともありますので・・(^^ゞ)

堅めに書くなら他に
「~を検討しています」
「~の実施を検討しています」
などという表現も使えるかも知れませんね。

Q大変ありがとうございました、という言葉は変?

大変ありがとうございましたという言葉をお客さんあての
文章で使うのはおかしいといわれたのですが、この言葉
はまちがっていますでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

【大変】を辞書で調べると

1 重大な事件。大変事。一大事。「国家の―」

2 物事が重大であること。また、そのさま。「―な失敗をする」「大型台風の通過で―な被害を受ける」
「弥次さんおめえ何のまねをしたのだ―をやらかしたぜ」〈魯文・西洋道中膝栗毛〉

3 苦労などが並々でないこと。また、そのさま。「―な目にあう」「毎日の暮らしが―だ」

と、あります。

【ありがとうございます】に付加する言葉としてはおかしいと思われます。

【まことに】がふさわしい言葉でしょう。

ちなみに、【まことに】を辞書で引くと

まちがいなくある事態であるさま。じつに。本当に。「―彼女は美しい」「―ありがとうございます」

と、あります。

Q「有り難うございます」と「ありがとうございます」

メールでのお礼の言葉で、私はいつも漢字を使って「有り難うございます」と書くことが多いのですが、私が受け取るメールでは「ありがとうございます」と殆どが平仮名なのです。

どちらでも正しいとは思っていますが、平仮名の方がより丁寧なのでしょうか?それとも何か理由がありますか?

ビジネスでのメールですが、社内でも社外の方とのメールでもそうなのです。
何かご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

「何か理由」は、ないと判断します。私は(ちょっとした物書きですが)、「ありがとうございます」ですが、ご質問の例示のほか「有難う御座います」などもありますネ。
「有り難う」には当てはまりませんが、常用漢字の範囲内とか、JIS第1水準の範囲でとか、いろいろ自分で決めれば、それが最高と思います。
ちなみに私は、原則「常用漢字」ですが、自分で例外を決めています。完全に常用漢字で、ということになると、「な良」「くま本」としなくてはいけません。また、「全」は常用漢字ですが、それには音訓の制約があって、「全く」は使えても「全て(すべて)」は使えません。
私自身の基準は、多くの人が接するであろう新聞の表記基準を参考にしています(自身は、新聞記者などではありませんが)。それによると、「めったにない」(有ることが難い)意味では漢字で「それは世にも有り難いことだ」「彼は有り難い才能の持ち主だ」としますが、感謝の表現では「ありがとう」「ありがたいお言葉で」「ありがた迷惑」のように漢字を使いません。私もそうしています。
ご参考まで。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html


人気Q&Aランキング