エミッタ接地の増幅回路で、
入力電圧(交流)を大きくしていくと、
出力電圧の波形が大きくなり、やがて波形の上側、下側歪みますが、
この歪みについて質問です。
片方の歪みは、電流がトランジスタを通る際に、
逆方向電流が通らないことから生じると思うのですが、
なぜ両側に歪みが生じるのでしょうか?
また、この歪みの上限は、
入力電圧を大きくしていくと下がりますが、
上限が下がるのはなにを意味するのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

エミッター接地の増幅器は、基本的に直流増幅器ですね。


ベース入力側から検討します。交流の入力を入れると言ってもグランドよりもマイナスの電圧は入れられませんから、交流信号の中性点をグランドレベルよりプラス側にバイアスしていますね。この中性点を中心に交流入力を大きくしていくと、あるレベルで交流の負側がグランドレベルになりますね。これ以上のマイナスはありませんから、これが入力側の限界でこれ以上は、歪みます。
次に出力側も交流の電源があるわけでなく、直流の一定電圧電源があって、この電圧から、交流を出す為に出力に出したくない電圧をトランジスタのコレクタ・エミッタ間に負担させているわけです。
直流電源電圧を2本の水平な平行線で示し、その2線の間に交流の出力波形を書いてみて、その波形の上側を斜線で塗りつぶしてみてください。
その斜線部分が電源電圧がトランジスタに食われる部分です。
イメージできませんでしょうか。
従って直流電源は、交流の最大振幅(+側-側の合計)以上の電圧が必要です。
ちょっと自己満足の説明ですが、どうでしょうか。

この回答への補足

歪みの原理についてはだいたい分かったのですが、
さらに入力(交流)をあげると、出力の波形の歪みの限界が下がって出てくる理由が分かりません。イメージ的には、出力が歪むことにより入力に影響が出て、入力のグランドレベルが変わるからかなと思っているのですが…。もしよろしければその辺りについてお聞きしたいと思います。どなたでもかまいません。おねがいします。

補足日時:2001/10/21 17:08
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。つまり、上限、下限ともに原理は同じで、入力と出力で向きが変わるために、両側に歪みができるということでしょうか。見なおしてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/21 17:06

> 片方の歪みは、電流がトランジスタを通る際に、逆方向電流が通らないことから生じると思うのですが。



逆方向になるのを防ぐために、入力ゼロの時の動作点を前もってずらしておきます。これをバイアスと言います。電源電圧20ボルトなら入力ゼロのとき、コレクタ電圧が10ボルト程度になるように回路定数を調整するわけです。
入力がプラスのときコレクタ電圧は下がり、マイナスのときコレクタ電圧は上がります。
(1)コレクタ電圧が0又は20ボルトを超えるような過大入力をいれると頭打ちによる歪が出ます。
(2)越えない場合でも、特性曲線のゆがみ(非直線性)によっても歪が起きます。
 上下の波の大きさが違ったりします。

> 上限、下限ともに原理は同じで、入力と出力で向きが変わるために、両側に歪みができるということでしょうか。

上記の通りです。

> 出力が歪むことにより入力に影響が出て、入力のグランドレベルが変わるからかなと思っているのですが…。

バイアスの掛け方によってはそういうことが起こりえます。
エミッタに抵抗とコンデンサを入れる「セルフバイアス」方式の場合、コンデンサの容量が小さすぎると負帰還が起こり、増幅率が下がるなどと言うことが起こります。

トランジスタ名、バイアス方式、回路定数、電源電圧、周波数など具体的に書かれると、専門家の的確なアドバイスが受けられると思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

<トランジスタ名、バイアス方式、回路定数、電源電圧、周波数など具体的に書かれると、専門家の的確なアドバイスが受けられると思いますが。

これはレポートなので、そこまでは自粛したいとおもいます(^^;
参考になりましたので、再考してみたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/22 20:24

単純に電源電圧の問題ではないでしょうか?出力が電源電圧近くになるとそれ以上高い電圧を出力できなくなりますから、当然それ以上入力を大きくしても出力に変化はおきません。

大振幅の出力を得るためには最大振幅電圧より高い電源電圧が必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

出力と電源電圧についてもう少し考えてみます。参考になりました、ありがとうございます。

お礼日時:2001/10/21 16:51

前半だけ


たしか.あ型増幅器の場合に.左右対称になるように設計します。
すると.エミッター側の制限が現れる頃には.コレクター側も飽和してしまうことになります。
結果的に.両側が飽和してしまいます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

エミッター側とコレクター側を考慮するのですね。参考になりました。

お礼日時:2001/10/21 16:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交流電流の電圧波形の問題について2つ質問です

短形波電圧波形
V(t)= Vm (0<=t<=T/2)
V(t)= -Vm (T/2<=t<=T)

実効値:Vm

問一. V(t)と振幅100Vの正弦波交流電圧のなす仕事が同じであるとき、Vmの値はいくらか?
問二. V(t)と100Vの直流電圧のなす仕事が同じであるとき、Vmの値はいくらか?

解き方と答えを教えていただくと助かります。

仕事がおなじであるとはどういうことなのでしょうか?
100Vの正弦波交流電圧、100Vの直流電圧についてもよく分かりません。

Aベストアンサー

仕事とは、抵抗Rに一定時間ある電圧信号を加えたとき、その抵抗で消費するエネルギー(熱)です。
正弦波交流の実効値とは、その交流電圧がなす仕事とある一定の直流電圧がなす仕事とが等しいときその直流電圧のことです。
振幅Vpの正弦波の実効値は、計算によりVp/√2となります。

問二から説明すると、
 仕事は電圧値の2乗に比例するから、Vmの矩形電圧のの仕事は、直流Vmと同じに生ります。
 それ故、Vm=100

問一
 振幅100Vの実効値は、100/√2 で、これがVmと等しくなるのだから
 Vm=70.7

Q交流電圧、電流の波形について

直流電流をインバータに通して交流電流にし、負荷(電子機器)を起動させその時の波形を観測したのですが、起動後、交流電圧、電流とも若干のひずみが観測されました。この原因は何なんでしょうか?

Aベストアンサー

 「起動後」というのは、電子機器の電源を入れた直後、という意味でしょうか。
 電子機器は、ANo.1さんの回答にもあるように、内部では交流を直流に整流して平滑コンデンサでリップルが出ないように平滑しているはずですから、交流電圧波形の山の部分がおもに使用され、ゼロボルトを横切るような電圧として低い部分のエネルギーはほとんど使用されません。ですから交流波形の山の部分に負荷を負わされる格好になり、山が潰れやすい性質があります。
 とりわけ電子機器の電源を入れた直後は、平滑コンデンサなどを一から充電して内部回路の電源電圧を所定のレベルまで一気に引き上げるために、イニシャルラッシュカレント(初期突入電流)が流れます。これは通常以上の大きな電流ですので、交流電圧波形の頭がより潰れやすくなります。

Qオシロスコープによって採取した電流電圧波形から、電力を計算したい

オシロスコープによって採取した電流電圧波形から、電力を計算したいのですが、方法を教えてください。

現在台形公式を用いて電力を計算しているのですが、自分が投入した以上の結果が出てくることもあり、困っています。特に気になる点は、0に対して、振幅が左右対称ではない点です。これは単純に平行移動しても問題ないのでしょうか?またもし平行移動した場合、位相差も変わってくるかと思います。その点はどう処理すれば良いでしょうか??

Aベストアンサー

>平行移動した場合、位相差も変わってくるかと思います。その点はどう処理すれば良いでしょうか??

正弦波の場合は
電流と電圧の0-p値(最大値)の積を2で割ると皮相電力になるので
位相角のcosをとったもの(力率)を皮相電力に掛けてやれば実効電力(通常、単に電力といっています)が得られます。単位はW(ワット)です。
位相角は、位相差の目盛りを1周期の目盛り数で割って360倍すれば度数法の角度になります。その余弦(cos)をとれば力率が得られます。

Q電流・電圧源を除いたときの電流

電圧源E・電流源Jだけを考えた場合のR4に流れる電流を求めよ

という問題なのですが、どことどこが並列の関係になっているのかわからず、苦戦しております。教えてください。よろしくお願いします。

R1=2Ω R2=4Ω R3=2Ω R4=4Ω E=6V J=6Aです。

Aベストアンサー

#2です。#1さんの計算が合わないと書きましたが私の誤りでしたm(_ _)m

Q交流RLC回路のベクトル図の書き方で直列回路は「電流が等しいので電流を基準に書く」、並列回路は「電圧

交流RLC回路のベクトル図の書き方で直列回路は「電流が等しいので電流を基準に書く」、並列回路は「電圧が等しいので電圧を基準に書く」という説明をよく見るのですが

例えば画像の回路ですと電源に流れる電流は2Aです。抵抗に流れる電流はベクトル図より1.2Aでコンデンサに流れる電流は1.2Aでベクトル合成して2Aとなりますので
各素子に流れる電流は向きも大きさも違うのではと思ったのです

「電流が等しいので」「電圧が等しいので」とは一体何が等しいのでしょうか。

また、全てのベクトルを1つにまとめると訳のわからない図になってしまいます。
どこが間違っているのでしょうか
抵抗の電流→IR
抵抗の電圧→VR
コンデンサの電流→IC
コンデンサの電圧→VC
です。

ICとVRは同相なのではないでしょうか
VCとICは90度ずれるはずなのに違ってしまいます

Aベストアンサー

No. 2 です。 
2/12 の並列回路の図の数値がはっきりしませんが、一応、コイルの側の枝について3Ωの抵抗と4Ωのコイル、コンデンサ側の枝について1Ωの抵抗と1Ωのコンデンサとしておきます(コンデンサが√3Ωのようにみえるが、回路の右のベクトル図から見ると、1Ωのように見える)。惜しいところで、計算を間違えているようです。
ということで、計算してみると次のようになります。

この回路について、I1, I2 を求めると、

  I1 = 10/(3 + j4) = 2(3 - j4)/5
  I2 = 10/(1 -j1) = 5(1 + j1) (普通は、j1 とは書かないと思いますがここでは、jの係数をはっきりさせる意味で書いておきます。)
  I = I1 + I2 (計算してください。)
となります。この電流をもとに、各素子の電圧を求めると、

  VR = 3 x I1 = 6(3 - j4)/5, VL = j4 x I1 = 8(4 + j3)/5
  VR' = 1 x I2 = 5(1 + j1), VC = -j1 x I2 = 5(1 - j1)

となります。
あなたの疑問を解決するためには、少し回り道ですが、これらの値でいくつかのベクトル図を描いてみてください。

まず、I1 を複素平面に描く。それから、VR, VL を同じ複素平面に描く。すると、I1 と VR とが同じ向きになっていることが分かると思います。VL は、VR(I1) から、+90度回った方向に描かれていることもわかると思います。そして、2つの電圧を合成した結果は、10 + j0 となっているでしょう。
同じことを、I2, VR', VC でもします。すると、VC は、VR'(I2) から、- 90度回った方向に描かれていることが分かると思います。

今描いたベクトル図を、電流基準で見直します。ということは、ベクトル図の電流方向に実軸を合わせて、ベクトル図を見るということです。すると、電流、電圧の関係は同じでも、なんとなく見え方が違っていることが分かると思います。

これで、どうでしょうか。

並列回路の場合、各枝の電流が違っていますから、そのうちのどれかを基準にして、ベクトル図を描くのは良い方法ではないことが分かります。各枝の電圧は同じですから、それを基準にベクトル図を考えるのが良いということも分かると思います(ただし、慣れていないうちは、混乱するから、ベクトル図を描くときには、電流を基準にして描くことにしておいた方が安全だと思います)。

No. 2 です。 
2/12 の並列回路の図の数値がはっきりしませんが、一応、コイルの側の枝について3Ωの抵抗と4Ωのコイル、コンデンサ側の枝について1Ωの抵抗と1Ωのコンデンサとしておきます(コンデンサが√3Ωのようにみえるが、回路の右のベクトル図から見ると、1Ωのように見える)。惜しいところで、計算を間違えているようです。
ということで、計算してみると次のようになります。

この回路について、I1, I2 を求めると、

  I1 = 10/(3 + j4) = 2(3 - j4)/5
  I2 = 10/(1 -j1) = 5(1 + j1) (普通は...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報