私は今大学生で、確定拠出年金についての論文を書いています。11月末の学園祭で発表しなければいけないので、とても大切な論文なのです。かなり順調に進んではいるのですが、どうしてもわからないことがあります。それは、「企業型も企業年金もない企業に勤めるサラリーマンの、個人型の拠出限度額はどうして低いのか」です。年間18万円は、あきらかに自営業者の個人型や企業型よりも低すぎます。何か理由があるはずなのですが、八方手を尽くしてもどうしてもわかりません。学園祭まであと1ヶ月もないので、本当に困っています。もしもご存知の方がいらっしゃるのならば、どうか教えてください。お願いします!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

なるほど。

さすが,勉強してる大学生は賢いですね~。

さて,別説。
税金の優遇措置に関する公平性を保つためだそうな。
個人型は個人が保険料を負担するけど,企業型は企業が保険料を負担するという点が関係あるのでしょうカネ~。

とりあえず,自らを一般人に格下げしました。

参考URL:http://www.to-shin.com/pub/401knet/01/main_09.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

drnelekinさん、2度目の書き込みありがとうございます。
税制優遇に関する公平性が理由のような気もします。
個人型は所得控除されますから。企業型と同じ額にすると、所得控除の分、個人型のサラリーマンのほうが得をすると思われるからです。
自営業者などとの拠出限度額の差が気になりますが、説得力のある話だと思います。あとは確かな証拠があれば・・・。
drnelekinさん、ありがとうございました!!!

お礼日時:2001/11/08 12:24

私なりに考えてみたんですが(これくらいのことはkotaroroさんもご承知でしょうか・・・)



1.自営業(月額6万8千円)個人型(月額1万5千円)の違いについて

自営業者にとって,確定拠出年金は国民年金基金と並ぶ選択肢として新しく登場したものなので,現在の国民年金基金の掛け金と合わせての上限として6万8千円と決められています。すでに,上限まで国民年金基金をかけている人が確定拠出年金に加入したければ,国民年金基金の掛け金を減らさなければなりません。なので,選択肢は増えましたが,掛け金の上限は変わらないのです。

厚生年金加入者は自営業者と違い,すでに厚生年金保険として国民年金(1階部分)の上乗せ部分(2階部分)が保障されているので,確定拠出年金は3階部分となります。
よって,自営業者と同じ限度額だと,えらく高い建物になりますよね。
自営業者のために国民年金基金等(2階+3階部分)を設けて格差をなくそうとしているのに,厚生年金加入者の限度額が同じだと意味がありません(4階建てになっちゃう)。そこで,自営業者の限度額よりかなり低く設定されているのだと思います。

つまり,「自営業者と企業の従業員との年金額格差を少なくするため」が答えだと思います。

2.個人型(月額1万5千円)と企業型(企業年金がない場合:月額3万6千円,企業年金がある場合:月額1万8千円)の違いについて

個人型と企業型の差は,個人でたくさん掛けられると,リスクもその人にドバっとそのままかかっちゃうからとか,そんなかんじの,加入者保護の観点からではないでしょうか。
ちなみに,企業年金あるなしでの違いは,1.で述べた理由の応用だと思います。

だ~れも答えてないので,「こんなんでええやろか?」と思いながら書き込んでみました。
「これぐらいはワシでもわかっってたわ!」というお礼でも結構ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!!!
そして、お礼を言うのが遅れてしまって、申し訳ございませんでした。
drnelekinさんのご指摘は、自営業者との違いと言う点では、正しいと思います。
でも、個人型のサラリーマンと、企業型のサラリーマンの違いが加入者保護という点にあるのではない気がします。
仮にそうだとすれば、拠出限度額を同じにするという、ある種の「機会の平等」よりも、官僚の思い込み(個人型のサラリーマンは、リスクにたえられない等)を優先させたということになリ、これは許されるものではないと思います。
とうか、そもそも自分は企業型や自営業者の拠出限度額がどのようにして決まったのかも、知らないんですよね・・・・・・。
そういう情報が載っているホームページや資料をご存知の方は、ぜひ教えてください!!!そこに大きな手がかりがあるはずですから。

お礼日時:2001/11/04 23:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定拠出年金について質問です。 2年前に企業型の確定拠出年金に加入していましたが、退社後にそのまま

確定拠出年金について質問です。

2年前に企業型の確定拠出年金に加入していましたが、退社後にそのまま放置していました。(現在確定拠出年金脱退してから2年以上経っています)移管通知が届くのですが現在専業主婦の場合は脱退一時金が受取れると書かれていますが何処に連絡をすれば良いのか記載が無いため分かりません。
ご存知の方が居ましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

https://www.shiruporuto.jp/life/nenkin/kigyo/kigyo502.html

Q企業型から個人型確定拠出年金への移行について

結婚を機に会社を退職したので、企業型から個人型確定拠出年金へ移行しなければならなくなりました。
(自営業者と結婚・国民年金です)

移行金は20万円程なのですが、
脱退一時金として請求する事は出来るのでしょうか?

また、もし脱退一時金として請求出来ないようならば、
運用指図者となる方がいいのか、それとも加入者となった方がいいのでしょうか?
(負担の少ない方がいいです)

個人型の場合、月々の管理手数料が掛かるようなので、
出来れば負担の掛からないところがいいと思っていますが、
良い管理会社はありますか?

ご回答いただけたらと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

saki777様

脱退一時金の受給要件を満たしています。
国民年金第一号被保険者であること、資産が50万円以下であること、ほかいくつかの要件がありますが、詳細は国民年金基金連合会のリンクが参考になります。

参考URL:http://www.npfa.or.jp/401K/case1/index.html

Q【確定拠出年金】個人型から企業型への移管の必要性

現在、個人型の確定拠出年金に加入しています。
このたび転職によって、企業型確定拠出年金制度を採用している企業に勤めることになったのですが、
個人型⇒企業型への移管は必須なのでしょうか?

転職先の企業では、企業型確定拠出年金へ拠出するか、もしくは前払いで受け取るか選択することができます。

前者の場合:移管は必要
後者の場合:移管は不要
と認識していますが、いかがでしょうか?

Aベストアンサー

認識どおりで間違いありませんが、以下補足です。
もしご存知でしたら申し訳ないです。

1.企業型確定拠出年金に加入する場合。
ご認識のとおり、個人型資産は企業型への移換手続が必要です。

2.前払退職金にした場合(企業型確定拠出年金を選択しなかった場合)。
引き続き個人型で保有できますが、加入資格喪失の理由のうち
「申出者は加入者資格を有したが、加入を選択しなかった」に
該当してしまうので、個人型加入資格がない(拠出ができない方)に
なってしまいます。

そのため運用指図者(拠出はせず、保有資産のみで運用を続ける)になりますね。
個人型で拠出中であれば、拠出を止める手続(資格喪失)が必要になります。

Q確定拠出年金 企業型→個人型or受給

5年間勤めた会社を3月末で退職し、現在はフリーで働いています。
前会社では確定拠出年金を導入していました。
そこで、今までの掛金を個人型に移換するか退職一時金として受給するか迷っています。
現在の資産は10万少超です。

2年前に結婚しています。今後、フリーとして働けなくなった場合(子育てetc)には夫の扶養に入ることも考えています。
いつ扶養に入るかはまだわかりません。
夫も現在フリーですが、正社員で働くことを希望している身です。

私がこのまま個人型に移換し積み立てを続けていて、その後主婦になった場合、運用指図者にしかなれないのでしょうか。
私には口座管理料以上の運用が出来るとは思えないので資産が減っていくのを見ているしかないならば受給したほうがよいと思っています。

勉強不足で申し訳ありませんがご回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「フリーで働いている」ということは、非正社員で勤務していて、今お勤めの会社に確定拠出年金制度があっても加入資格がない、という前提でお答えします。

melodywingさんは、前の会社に5年間勤務したということは、当然確定拠出年金の加入期間も5年以下ということですよね。
5年前の制度では、melodywingさんのような場合、個人型に加入するか、さほど貯まっていない積立金の運用指図者になって年金受取時期を待つことしかできませんでしたが、2005年(?)に法が改正されて、脱退一時金を請求する条件が緩和されました。
最大の要件が「個人別管理資産が50万円以下」というものです。
他にもいくつか条件がありますが、これさえクリアしていたら、転退職を繰り返していない限り、他の用件でひっかかることはまずないといえます。
確かに元本10万円から1年間約1万円の手数料以上の運用益をあげるのは、至難の技で、全部引き出したいという気持ちはまっとうでしょう。
引き出しの手続方法は金融機関によって異なりますから、勤めていた会社に連絡をして教えてもらうか、取扱金融機関を教えてもらって直接そこに問い合わせてみてください。

「フリーで働いている」ということは、非正社員で勤務していて、今お勤めの会社に確定拠出年金制度があっても加入資格がない、という前提でお答えします。

melodywingさんは、前の会社に5年間勤務したということは、当然確定拠出年金の加入期間も5年以下ということですよね。
5年前の制度では、melodywingさんのような場合、個人型に加入するか、さほど貯まっていない積立金の運用指図者になって年金受取時期を待つことしかできませんでしたが、2005年(?)に法が改正されて、脱退一時金を請求する条件...続きを読む

Q確定拠出年金(個人型)の毎月の拠出額の変更方法?

現在、確定拠出年金の個人型で、毎月拠出しています。

運用割合の変更方法は見つかりましたが、毎月の拠出額を変更する方法がわかりません。

ご存知でしたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

受付金融機関・運営管理機関に下記書類の提出。(積立上限額は1号は月額68000円/2号は月額18000円)

参考URL:http://www.npfa.or.jp/admin/uploadfile/rulestyle/20081003rulestyle48e57962f3367.PDF


人気Q&Aランキング

おすすめ情報