ゴッホのあと、フランスの絵画の世界には彼の影響を受けた流れが出来たのでしょうか。もしくは、ゴッホの弟子みたいな人はいたのでしょうか・・・?
色々な本を調べたのですが、どうしても見つからないのです。
どなたか教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ゴッホが生存中ほとんど評価されることなくピストル自殺をしましたが、#1に書かれているように弟子も居なかったようです。



彼を後期印象派などと書いている本がありますが、彼自身印象派の絵に触れたのは印象派の後期になってからのことで、

いわゆる印象派の8回の展覧会、12年間の活動の外にいた人と考えるほうが彼の作品を理解しやすいと思います。

たまたま印象派は元々浮世絵など日本の影響も多く、日本人に馴染みも多いし親しみやすいので、結びつける傾向が多いようです。

~で、私自身はゴッホを印象派だと考えていませんが、印象派の持つ綺麗な系統の表現は、表面的と言うといい過ぎとしても、

ゴッホの何かが【迸る:ホトバシル】【滾る:タギル】というような言葉で言い表される表現は異質なものと云えるでしょう。

誰の言葉か忘れましたがアカデミズム派の中には『デッサンを勉強する必要がある』?、要するに[出直して来い]という酷評まで

していたのであって、彼の生きていた時点で直接影響を受けた者も評価した人間もほとんど居ない失意の状況で人生を終えてます。

・・・私の考えを主体に書きましたが「後期印象派に属するか・・・?」以外は、一般的に認められる事実だと思います。。。
    • good
    • 0

とりあえず、弟子という人はいなかったはずです。



ゴッホは生涯弟子を取らず、また画閥にも属さず、公募展にもほとんど出品しておりません。
20世紀の会というのに一回出品しただけのようです。

私が知る限り、ゴッホの流れを受けた~派とかいうのは聞いたことがありません。
ただ、印象派の画家カミーユ・ピサロはゴッホを評価していたと聞いています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキリスト教絵画における三角形の意味についてどなたか何か知っていませんで

キリスト教絵画における三角形の意味についてどなたか何か知っていませんでしょうか?

たとえば、ヴェネツィアの画家、ティツィアーノの聖母被昇天のように聖母マリアと使徒の位置によって二等辺三角形ができていたりする(できているように見える)のですが、キリスト教絵画において「三角形」は何か図像学的な意味があるのでしょうか?

知っている方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ルネッサンス美術によく見られる構図らしいですよ。

レオナルド・ダ・ヴィンチが始めた?とか。。。。


理由はわからんですが、

ルネッサンス 三角  構図

でググると諸説あるようです。
安定性とか・・・
それだけが理由ではないのかもしれませんが、構図の問題はあると思いますよ。

東京国立博物館の解説記事
http://www.tnm.jp/jp/servlet/Con?event_id=3859&pageId=A01&processId=02

Qゴッホ展に行きましたが…

先日、ゴッホ展に行ってきました☆
入場制限をしていたものの、閉館時間が近づくにつれ
押し込んだのか身動きが取れない状態になりました。。

質問ですが、「ひまわり」は、何故展示されていないの
でしょうか。有名画家の作品を個人が保有している場合、
展覧会では、展示されないのでしょうか??

m(..)m

Aベストアンサー

ゴッホ展は行かなかったのですが、

>有名画家の作品を個人が保有している場合、
>展覧会では、展示されないのでしょうか??

ということはありません。
大きい展覧会でも「個人蔵」というのがあります。

何か違う理由なんだと思います。


余談ですが、

>入場制限をしていたものの、閉館時間が近づくにつれ
>押し込んだのか身動きが取れない状態になりました。。

どうせ制限するなら、ちゃんと見学できる程度に制限して欲しいのですが、行列の美術展って、たいがい、入っても絵が見られないぐらい一杯・・・・。

Qゴッホのアルルのはね橋

ゴッホの絵「アルルのはね橋」を本でみたいのですか、どの本の何ページに載っているのか教えてください。また、どこの美術館で所蔵されているのかも教えてください。

Aベストアンサー

個人の美術館、クローラー・ミュラー美術館が所蔵していますね。
HPを開いて、Englishをクイックしてください。
その後、3番目の右の絵の下の▲▼にマウスを乗せてください。
まもなく「アルルのはね橋」の絵が出てきます。
本で見るなら、図書館の美術全集「ゴッホ」で見れますね。
大抵載っていると思います。

参考URL:http://www.kmm.nl/index_flash.html#voorpagina,http://www.bestfineart.com/decorative/images/oil_van_gogh_bridge.jpg

Qゴッホと広重

ゴッホが広重の版画を真似した絵を見ました。
よく似ているとは思うのですが、なんとなく違います。
どこがどう違うために違和感を感じるのでしょうか?

真似して描くのならば、もっとそっくりに描いてもいいのではないかと思うのですが、真似≪しきれなかった≫のでしょうか?真似≪しなかった≫のでしょうか?

私が見たのは『大はしあたけの夕立』を真似したものです。

Aベストアンサー

裏づけのない私見(想像)です。

とりあえず「亀戸梅屋舗」の方はご存知でしょうか。
gooで「広重 ゴッホ 大はしあたけ」で検索すると多分最初のサイトに、良いものが出てきますのでご覧下さい。「大はしあたけの夕立」と共に広重・ゴッホの作品を並べたものです。

これを見ると、亀戸の方はかなり忠実に写していると思います。版画と油絵という、完全な模写が不可能であるという前提を考えればよくこれだけ根気良くやったな、と感心するくらいに。
なので”基本的には”真似できなかったのではないと思います。やろうと思えばもっと似せることは出来たでしょう。しかしそれをしなかった。何故か。

先に書いたことをひっくり返すようですが、その理由は「しかし"大はし”の方にはどうしても真似出来ない部分があった」からではないかと思います。それがどこかというと「雨の表現」です。見るからに雨が主役ですよね、この絵の場合。
この雨の表現は油絵では出来ないのではないでしょうか。常識外れなほどびっしりと、雨の線が描き込まれていますよね、広重は。これが絵になるのは広重の技量でもありましょうが(そして日本の彫師、刷り師もエライ!)、版画だから、ということも大きいような気がします。

わたしは油絵に触ったこともない人間で、技法などには全く無知ですが、油の粘っこさ(少なくとも日本画、版画よりはそうでしょう)で細い線を真似して描いてみても、同じ効果は出せないような気がします。その辺りに限界がある以上、きっちり忠実であることを主眼におくことはなかったかもしれません。
雨を自分の描き方で描くのなら、バランス上、他の部分もいじらなきゃならない。他は忠実、しかし雨だけが、だと全体的なバランスを崩すような気がする。

一般的に模写の目的はおそらく「技能の習得」ですよね。しかし版画と油絵の違いということを考えた場合、盗めるものは限られていると思います。この場合で一番参考にしたいと思っているのはおそらく構図。そう思って見てみると、構図はかなり忠実です。
わたしとしては、川面の描き方をもっと「忠実」にしてくれていたら、もっと自信を持って私見を主張出来るのですが、川面を描くのは少なくとも雨よりは前ですからねー。なので「”忠実”を主眼に置いたものではなかった」という風に逃げなければいけないわけです(^_^;)。
もっと言えば、わたしのストーリーとしては、下半分は忠実を心がけていたけれども、川面に移る辺りで「雨が描けないぞ」と気付き、諦めてそこから自分の描き方に変更していった、という風にしたいんですけどね。ただこうなるとすでに物語なので……

結論として「完璧に写すことは不可能だった。しかしもっと似せることは出来たはずだった。でもゴッホはそれを選ばなかった」
……ということでどうでしょう?

裏づけのない私見(想像)です。

とりあえず「亀戸梅屋舗」の方はご存知でしょうか。
gooで「広重 ゴッホ 大はしあたけ」で検索すると多分最初のサイトに、良いものが出てきますのでご覧下さい。「大はしあたけの夕立」と共に広重・ゴッホの作品を並べたものです。

これを見ると、亀戸の方はかなり忠実に写していると思います。版画と油絵という、完全な模写が不可能であるという前提を考えればよくこれだけ根気良くやったな、と感心するくらいに。
なので”基本的には”真似できなかったのではないと思い...続きを読む

Qゴッホのひまわり

かなり前の話でスイマセン!15年くらい前,バブルの全盛期に安○火災が53億円でゴッホのひまわりを購入。東郷青児美術館で展示していましたが,確か,その後,あれは偽物だって判明したんでしたよね??
結局,偽物ってことで決着をみてるんですよね?
「実はホンものだった」って言う人もいるので記憶をたどっていただけますか?お願いいたします。

Aベストアンサー

1997年に偽物報道がありましたが,2002年にゴッホ美術館が本物と認定し,決着が着いたと記憶しています.

53億円の価値があるかどうかわかりませんが,ゴッホのひまわりの中では力強い秀逸な作品だと思います.

参考URL:http://www.japandesign.ne.jp/EXPRESS/020403.html#himawari


人気Q&Aランキング

おすすめ情報