昨日3本目になる下の親しらずを抜いてもらいました。
先週、先々週と上の左右の親しらずを何の痛みもなくスムーズに抜いてもらいました。何本か麻酔を打って時間をおいて麻酔が効くのを待っていた時、フト横を向いた時「フラッ」として、続いて動悸が激しくなりました。こんなことは初めてで、自分でも驚きました。先生に言って、面倒なことになるのもいやだなあと思い、何も言わず無事抜歯が済みました。
また、親しらずは上よりも下の方が大変だというのはどういった理由からなんでしょうか?
2週間程おいて、最後の4本目の親しらずを抜くつもりにしているのですが、またこうなるのは少し怖い気がしています。それに、上の時より麻酔がキツいような気がします。
どうぞよきアドバイスを頂きますようよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

注射して抜く係りの者です。


概要はmama29さんの仰る通りです。九分九厘エピネフリンという痲酔補助薬の入った痲酔剤だと思いますが、これは抹消血管を収縮させ、血圧に変動を与えます。また「何本か麻酔を打って」という表現ですが、注射針を複数箇所 に刺入することは当然のことで、「痲酔薬を何本も使った」ということではないはずです。但し下顎の「親知らず」を抜歯する場合、最初に長い針にして、ノドの横に注射する「伝達痲酔法」を施してから、短い針で歯の周りの2、3箇所に注射する方法をとることも有り、その場合は約2倍の痲酔薬を使用します。
治療履歴から、体質的に痲酔薬へのアレルギーは無いようですから、体調の影響・精神的動揺・注射時の痛みショックのどれかによる貧血と思われます。寝不足だったり、疲れていたり、心配ごとがあったり、何か前回までと違う環境条件が無かったですか?
蛇足ですが万一の可能性の話をすれば、舌や唇の痲酔側半分の感覚が麻痺したなら、先の「伝達痲酔」がなされています。そのこと自体は患者さんの苦痛除去の観点から良心的なことですが、誤って下顎の血管に 刺入してしまい(普通はすぐ気付きますヨ)知らずに注入してしまうと、血圧変動によるショックを起こすことは有ります。(←多分potatoさんのは違いますヨ)
そこで今後の注意ですが、心身ともに充実した日に抜歯すること。必ず痲酔の前に歯科医に「前回フラッとして、動悸が激しくなりました。」と言うこと。「同じようになったら声を掛けてね」と言ってくれるはずです。以上です。
ところで、そもそも何故続けざまに4本とも抜く必要が有ったんでしょう?一生痛み無く虫歯無く「親知らず」と付き合える人もいるのに!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門的なアドバイスを頂き大変参考になり、また勉強させて頂きました。
macatさんの万一のお話を拝見し、かなりビビってますので、次回は今回起こったことを先生に言っておこうと思います。
>続けざまに親しらずを抜くのは?
先生より上の親しらずについては、虫歯になっているので上は簡単だから、今すぐにでも抜いた方がいいと言われたため。
下の方は、歯茎に半分埋まっていて、いつか炎症を起こして痛い思いをすると言われたため。
友人に聞いても「親しらずは抜いた」と言われ、ここは意を決して抜くいい機会かと思って、今に至った次第です。
早速のアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/11/01 16:32

potateさん、こんにちは。

歯科勤務経験ありの者です。
親しらずの抜歯が下のほうが大変というのは、下の親しらずの歯の下には骨があり、近い所に太い血管や神経が通っているからです。
歯が骨に癒着してしまっていたりしていると抜歯も困難になり、時には誤って、神経や血管を傷つけてしまう事もあります。
人によっては横向きにはえていたり歯茎の中に埋まっていたりする事もあります。その場合、普通の抜歯よりも手間と時間がかかります。

あと1本抜歯をするそうですが、必ず先生に、昨日の状態を話してください。
極度の緊張などによって、抜歯時に具合の悪くなる方はいらっしゃいます。
確かに上の抜歯をする時よりも少し強い麻酔をしていると思います。
十分に先生とお話してリラックスして処置を受けて下さいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

歯科勤務のご経験のあるmama29さんからアドバイスを頂き、とても助かりました。
おかげで、下の方が大変な理由が分かりました。
私の場合、下の親しらずは歯茎の中に埋まっていたので、先生はきっと大変だったろうと思います。
ラスト1本の抜歯時は、先生に先日の状態を話して、緊張せず臨みたいと思います。
早速のアドバイスをありがとうございました。

お礼日時:2001/11/01 16:41

そう言うことを先生に言うのを面倒くさがっては行けません。

何より体のことです。わが身に返ってくることですよ?

下の親不知を抜くのが大変なのは、下の歯が頑健な顎の骨に生えているので、上の歯よりも根付きが強いからと聞いています。よって、抜き方や痛みも異なるためか、麻酔の量などが変わるのかも知れませんね。

でも麻酔の量は、人によって違ったり、打つ場所によっても適量が変わってくるものと思われます。次回施術を受けるときは、そう言う状態があったことをきちんと告げて、それがどの程度安全なことなのかの確認、また、麻酔の対処によって緩和できるので有ればその措置をとってもらうべき。万が一体に何かあっては大変ですからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tweetieさんのおっしゃる通り、こういうことを言うのを面倒くさがってはいけないですね。というか、ダメですね。
こういう大事なことを面倒くさがるのが、私のすっごいイケないところでもあるんです。
自分の体のことだから、次回は必ず先生に伝えます。
早速のアドバイスをありがとうございました。

お礼日時:2001/11/01 16:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歯医者に行って抜歯をした所、抗生物質を飲むように

歯医者に行って抜歯をした所、抗生物質を飲むように言われました。
あまり抗生物質は飲みたくないのですが、抜歯をしたら必ず飲まないといけないのでしょうか?また歯医者に前もってお願いすることは出来ないのでしょうか?

Aベストアンサー

私は医師などではありませんが、長い経験から歯の健康は甘く見ない方が良いと思います。歯槽膿漏という怖い病気がありますが、これは抗生物質でも容易に直りません。医師の言いつけには従って薬を飲み、歯を抜いたところは可能なら義歯を入れておく方が良いと思います。義歯なしだと将来歯槽膿漏になり易くなります。抜かないのが一番ですが。

なお、なるべく抗生物質を飲みたくないなどという気持ちはここよりも歯科医にぶつけてみると良いと思います。親切に解説してくれると思います。

Q麻酔科医と看護麻酔の違い

麻酔科医について質問です。 麻酔科医と、看護麻酔の違いは何なのでしょうか?

Aベストアンサー

内科医とNPの違いと同じかと思います。

Q抜歯の抗生物質服用について

先月、親不知を抜歯した時、抗生物質を服用したら、カンジタになってしまいました。
今日、矯正のために上の前から四番目の歯を一本抜いてきて、3日分の抗生物質(セフゾン100mg)を処方されました。
せっかく治ったのに、またカンジタを再発してしまうか心配です。
飲まないというのはやはりよくないでしょうか?
抗生物質は中途半端に服用するとよくないと聞いたこともあるので、きちんと最後まで飲むべきでしょうか?

Aベストアンサー

カンジダは常在菌です。
普段はカンジダを抑えている菌が抗生物質を服用することで少なくなり
相対的にカンジダ菌が優位になって症状が出てきてしまいます。

今回抜歯後の化膿止めでセフゾンが出ていますが、これはキチンと服用すべきです。
抜歯後の傷から菌が入り、全身に回ってしまったら大変なことになるからです。
おそらく、今回もカンジダが出てしまう可能性はあります。
産婦人科などで事情を説明して塗り薬などを出してもらいましょう。

Q上瞼と下瞼が夜になると引っ付いてきます。

お世話になります。
早速なのですが、最近、母(63歳)が目蓋(瞼)が、引っ付くと言います。
確かに夜8時か9時頃になると右眼が上瞼が下瞼に引っ付いたようになり、目が開いていない状態になっています。
これは何かの病気なのでしょうか。
近くの眼科医では、花粉症とのことなのですが、花粉症のドライアイでこのような症状になるのでしょうか?
大阪に住んでいるのですが、このような症状の診察をしていただける病院などご存知でしたら教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ご本人は 上瞼が眼をあけているつもりでも 落ちてくるようですか。
落ちてくる日とそうでない日がありますか。
もしそういう傾向があるようでしたら、瞼の開閉と筋肉の関係に関する疾病があります。治療法としては、こちらでは具体的記述は控えさせていただきますが、いろいろあります。まずはあらゆる角度からの総合的検査が必要だと考えます。体力的に可能でしたら、セカンドオピニオンをお勧めします。
眼に関する診療ですので、必ず付き添いのかたを!大阪とのことでしたので、下記がさんこうになればと思います。検索してみてください。 

参考URL:http://www.gokinjo.co.jp/

Q歯医者と抗生物質

私は抗生物質などの抗生物質はあまり利用したくない派なのですが、歯医者に行って抜歯した後などに抗生物質を飲むように言われました。いかなる歯の治療ども抗生物質を飲まないでもいい方法はないのでしょうか?

Aベストアンサー

歯科での治療のほとんどは「感染症」です。感染症の治療は基本的に対症療法か抗生剤などによる積極的な治療です。
歯科の場合、逆に対症療法、抗生剤以外の方法での治療がほとんどです。これは多くが硬組織を治療の対称にしているからです。また感染範囲が比較的狭いからでもあります。

抜歯後の抗生物質投与はほとんどの場合、予防的投与であり治療目的ではありませんので、飲みたくなければ処方された時点で申し出れば削除してくれます。
まれに申し出にいやな顔をする歯医者もいますが、そういうところには行かなければいいだけです。近年は減少していますよ。
ただし、雑菌の宝庫である口の中で傷をつけているわけですから感染のリスクは異常に高いと考えるべきです。
ですので、少なくとも傷が粘膜で覆われるまでの間は体調管理に気をつけるべきです。異常を感じなくても医者がいいというまで(おおむね1-6ヶ月)は定期的に通って確認してもらい、感染があれば出された抗生物質を呑むということになります。

通常、膿があるなど感染している場合にはそちらの治療を優先し、ある程度収まったところで抜歯します。でないと傷が治りにくい、後で痛みが出やすいなどの不都合があるからです。
でも、歯そのものが原因で緊急性の高い場合、物が噛めないとか痛みがひどい場合は抜歯する場合もあります。
このような状況で抜歯した際に出される抗生物質は予防ではなく、治療目的なので飲まなければ治療効果が出ない、あるいは体の抵抗力だけで直すのでかなりの時間を要する、あるいは感染症が重くなるなどの大きなリスクを伴います。

飲む飲まないは自由ですが、歯医者は必要があって出したのですから、飲まないことに対する経過はすべて自己責任となります。

歯科での治療のほとんどは「感染症」です。感染症の治療は基本的に対症療法か抗生剤などによる積極的な治療です。
歯科の場合、逆に対症療法、抗生剤以外の方法での治療がほとんどです。これは多くが硬組織を治療の対称にしているからです。また感染範囲が比較的狭いからでもあります。

抜歯後の抗生物質投与はほとんどの場合、予防的投与であり治療目的ではありませんので、飲みたくなければ処方された時点で申し出れば削除してくれます。
まれに申し出にいやな顔をする歯医者もいますが、そういうところには行...続きを読む

Q妊婦が無事出産する確率は?

妊娠した女性が出産して、胎児が無事誕生する確率を、統計として発表しているサイトや書籍をご存じですか?

Aベストアンサー

妊産婦死亡率、死産率などは「国民衛生の動向」という本に載っています。大きい本屋さんに行けば、医療関係の本のあたりにあると思います。

Q抗生物質の影響で下痢?

親不知を抜歯後に「バラシリン」という抗生物質を
もらい、飲んだのですがそれから1~2時間後に
突然下痢になりました。
特に悪い物を食べた記憶はなく、抗生物質で下痢になると
聞いた事があるのですが、やはりその可能性は高いでしょうか?
あまり今までこういう経験はなく、前回も同じ歯医者で
抜歯した時に、同じ薬をもらったと思うのですが、
その時は大丈夫だったかと思います。

Aベストアンサー

 回答番号:No.1です。
 回答番号:No.3様のご回答に補足致します。

>「ヨーグルトなどを食べて善玉菌をふやしてください」と言われました。

 ヨーグルトにも色々な製品があります。
 昔は安全性確保や品質保持の目的で、製造段階でわざわざ乳酸菌を殺菌している製品が殆どで、その様な製品では善玉菌の補給にはなりません。
 菌の補給にはならなくとも、食品として問題があるわけではありませんし、乳酸菌由来の化学物質により一定の効能は期待出来ますから、今でも殺菌されている製品は売られているはずです。
 又、一般的に乳酸菌と総称されているものには、生物学的には全く異なる多種多様なの細菌が含まれています。
 それらの中には胃液に耐えられない種類もあれば、人体内部の環境では増殖し難い種類もあります。
 ですから、善玉菌を増やす目的で食べられるのであれば、「生きて腸まで届く」事を謳っている製品を選ばれた方が良いと思います。
 選ばれる際には、厚生労働省の特定保健用食品のマーク

 【参考URL】厚生労働省:特定保健用食品
  http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/hokenkinou/hyouziseido-1.html

が付いている製品を探し、その中から「生きて腸まで届く」事を謳っているものを選ぶと良いと思います。

 又、乳酸菌以外にも、納豆菌等も善玉菌に含まれますから、納豆等も効果が期待出来ます。

 この他にも、善玉菌の補給を目的としたサプリメントも市販されていて、ヨーグルトよりも強力な効果があります。(回答者実体験済み)

 【参考URL】新ビオフェルミンS錠|ビオフェルミン製薬株式会社
  http://www.biofermin.co.jp/products/biofermin_s/index.html

 上記のURLの製品はほんの一例で、他にも多数の製品が市販されていますので、薬局で好みの製品を選ばれると良いと思います。

 尚、抗生物質を飲む事を止めた直後は、まだ体内に吸収済みの抗生物質が残っていますから、補給した善玉菌が死んでしまい、効果がすぐには現れない場合もあります。
 すぐに効果が出なくとも、結論を急いだりはせずに、気長に善玉菌の補給を、続けた方が良い結果が得られると思います。

 回答番号:No.1です。
 回答番号:No.3様のご回答に補足致します。

>「ヨーグルトなどを食べて善玉菌をふやしてください」と言われました。

 ヨーグルトにも色々な製品があります。
 昔は安全性確保や品質保持の目的で、製造段階でわざわざ乳酸菌を殺菌している製品が殆どで、その様な製品では善玉菌の補給にはなりません。
 菌の補給にはならなくとも、食品として問題があるわけではありませんし、乳酸菌由来の化学物質により一定の効能は期待出来ますから、今でも殺菌されている製品は売られてい...続きを読む

Q全身麻酔で虫歯治療

先日、5歳の娘が歯が痛いと言ったので歯医者へ娘を連れて行ったところ、虫歯が5本も奥歯にありました。
虫歯があることは以前から知っていたのですが、乳歯ですし、様子を見てから病院へ行こうと思っていた矢先でした。

病院のドクターは、「小さな子供が5本もの虫歯を治療するには、精神的にも苦痛だ。全身麻酔を使って一日で治療が完了する方法を取った方がいい。眠っている間に虫歯が治ることは、子供にとっても理想的な治療方法だから。」と言い、勧められました。

スペシャリストのドクターを紹介されて予約も済ませたのですが、なんだか心配で…。 こんな小さな子供に全身麻酔を使って大丈夫だろうか。。。母からは、「みんな痛い思いをして治療をしてきて、それで歯の大切さを学んできたのだから、子供のことを思うのなら1本1本治していった方が子供のためだと思う。」と言われました。 主人は、可愛い一人娘に痛い思いをさせたくないから、高額な治療費(約30万円)を払ってでも、この方法で治したいと言っています。(でもやはり全身麻酔が心配だそうです)

ちなみに、私は海外在住です。
日本でも全身麻酔で虫歯治療ってしているのですか?
5歳の子供にとって、海外での全身麻酔の危険性ってありますか?
日本の歯科医師さんは、全身麻酔で虫歯治療と聞いて、どう思われますか?

長くなりましたが、ご意見よろしくお願いします。

先日、5歳の娘が歯が痛いと言ったので歯医者へ娘を連れて行ったところ、虫歯が5本も奥歯にありました。
虫歯があることは以前から知っていたのですが、乳歯ですし、様子を見てから病院へ行こうと思っていた矢先でした。

病院のドクターは、「小さな子供が5本もの虫歯を治療するには、精神的にも苦痛だ。全身麻酔を使って一日で治療が完了する方法を取った方がいい。眠っている間に虫歯が治ることは、子供にとっても理想的な治療方法だから。」と言い、勧められました。

スペシャリストのドクターを紹介...続きを読む

Aベストアンサー

私が小学生の時、20年も前になりますが、歯医者が嫌いで大騒ぎした記憶があります。
虫歯は11本ありました。

当然注射による麻酔は無理だと思ったのか、お医者さんはマスクを使って口から吸引する方法で麻酔をかけてくださいました。

口から吸引するだけで麻酔がかかるのですから、当時の私も安心して治療を受けられたのを記憶しています。

ただ、Hikari_96さんがおしゃっているような全身麻酔というものではなかったと思います。
意識はありましたし、治療後はすぐに立って動けましたから・・・

私がかかったお医者は田舎の町歯医者でしたので、どこにでもある麻酔の方法のような気がします。

Qこの抗生物質のんだほうがいいですか?

よろしくお願いします。
本日親知らず上を抜歯しました。
帰りに薬、抗生物質のメイアクトMSとロキソニンをもらいました。
喘息持ちなので、薬剤師さんに、ロキソニンは痛いときだけ、なにかあればすぐ連絡をと言われました。抗生物質は喘息でも大丈夫と言われました。
発作はここ一年は起きてません。喘息の薬も何年か前に服用していただけです。
ネットで薬についてみてみると、メイアクトも喘息にはだめって会ったのですが、どうなんでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

今までにペニシリン系抗生物質や鎮痛解熱薬で喘息が出たことがありますか?
カゼをひいたときなんかに何気なく服用していてそういう発作が出ていなければまず大丈夫です。
喘息持ちの人でもこういう薬で発作が出ることはまれです。今までそういう発作を経験していなければ、飲んだ方がよいと思いますけど。
鎮痛薬(ロキソニン)もペニシリン系抗生物質(メイアクト)も喘息を起こす可能性は0ではありませんが、その確率は非常に低いです。
ただし今までに薬で喘息が出たという人なら服用は避けた方がよいでしょう。

口の中はばい菌君だらけなのです。
処置の際に一時的に口の中の細菌が血液中に入るという報告があるようです。
抜歯の際に口は十分にゆすいでいると思いますし、抗生物質なしでも問題は起こらないかも知れませんが、念のために抗生物質が出されている訳です。
どちらの問題がより深刻なのかは個人によって違うので何とも言えませんが、私なら薬は服用します。

Q妊娠中の歯科での麻酔

ただいま、妊娠7ヶ月なのですが、虫歯がひどく麻酔を使用しての治療を次回することになりました。お腹の子供には悪影響はないのですか?
歯科医がだいじょうぶと言っておりますが、不安です。
胎盤には麻酔がいくと言ってるんですから、心配です。
どなたか、教えてください。

Aベストアンサー

以前聞いた話です。
歯科麻酔は局部麻酔ですから、通常量の使用では母子ともに全く影響はありませんとの事でした。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.mda.gr.jp/ninsin.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報