脳にいいらしいので、砂糖ではなく、直接
ブドウ糖を使っています。
必要以上にはとっていませんが、栄養面で何か問題はありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 yoyoyoさんが解説している通りです。


 少し補足しておきます。
 ブドウ糖は糖の最小単位です。小腸から吸収されるときも、身体で利用されるときも、この形で存在します。
 砂糖は、ブドウ糖という糖1個と、果糖という糖1個が結合した糖です。
 でんぷん(ご飯、パン、芋などの主成分)は、ブドウ糖が多数結合したものです。
 これらは小腸から吸収されると、すべて最小単位の糖となりますから、その意味では同じです。但し、たくさんの糖が結合している食品は、小腸で消化するのに時間がかかります。すなわち、ゆっくり消化され、徐々に吸収されるのが特徴です。
 健康診断で検査する血糖値は、血液中のブドウ糖の濃度です。これが急に上昇するのはよくありません。したがって、あまり多量にブドウ糖をとらないほうがベターです。このことは、あまり砂糖をとらないように、ということと同じ意味です。
 さて、脳にブドウ糖がよいという意味は、脳はブドウ糖だけをエネルギー源にしているからであり、よけいに摂取したからといって、脳が良くなることはあり得ません。でんぷんから供給されるブドウ糖で十分です。
    • good
    • 0

こんにちは。

全く問題ありません。
但し、他の炭水化物の摂取を一切止めて全部ぶどう糖にしてしまうのであれば、消化機能が衰える事は間違いないでしょう。
ご飯とかパンは食べて、普段なら砂糖を使うところをぶどう糖にする分にはなんら影響ありません。
ただ、ぶどう糖の方が甘みが弱いので量に気をつけましょう。

ちなみに、かくいう私は、砂糖の代わりに蜂蜜をつかっております。

↓こんな具合です。

参考URL:http://www13.u-page.so-net.ne.jp/zd5/gonbe7/gonb …
    • good
    • 0

砂糖は2糖類なので、腸で単糖類に分解されてから吸収されます。


一方、ブドウ糖は単糖類なので、食べたらいきなり吸収されます。
つまり、砂糖に比べて食後の血糖の上がり方が早く、しかも急峻になると思われます。
糖尿病の家族歴や既往歴がないのなら別にいいかもしれませんが
詳しいことは分かりません。

脳にいいというのは
脳のエネルギー源がブドウ糖だということでしょう。
通常の食事をとっていれば十分でしょうし、
ブドウ糖をとれば頭が良くなるとかいう意味ではありません。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクエン酸回路について

生化学でクエン酸回路について勉強しているのですが、わからない点があったので、質問させていただきます。
1分子のグルコースが完全酸化されるとき、クエン酸回路は何回転するか?

最終的なATPの収支からすると1回転なのではないのかなと思っているのですが、この考え方があっているのかわからないので、教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

まず、クエン酸回路だけでグルコースが酸化されているわけではないので、なんともいえないです。グルコースは解糖系を経てクエン酸回路を2回転して完全に酸化されます。詳細は以下のとおりです。


グルコースは酸化されると最終的には何になるでしょう?
答えは6つのCO2です。
(ATPができる、という答えもありますが、それはこのグルコースの酸化で得られるエネルギーをもちいてADPとリン酸が結合してできるのです。グルコースそのものがATPになるわけではありません)

ということでグルコースから6つのCO2ができるまでをざっと見ていきましょう。

まず解糖系でグルコースは2つのピルビン酸となります。

その後、2つのピルビン酸は2つのCO2と2つのアセチルCoAになります。(ここまではたいてい教科書に載ってますので詳しい説明は要らないと思います)

そしてアセチルCoAは、クエン酸回路1回転で2つのCO2に酸化されます。つまり2つのアセチルCoAはクエン酸2回転で4つのCO2に酸化されます。(クエン酸回路は、巨視的に見ればただアセチルCoAの酸化をしているだけですから)

ということで、解糖系1回+クエン酸回路2回転で、6つのCO2ができましたから、答えは2回転です。

ATPの収支からすると1回転、という表現は私にはわかりませんでした。しかし、おそらくどこか勘違いされているのではないでしょうか。

まず、クエン酸回路だけでグルコースが酸化されているわけではないので、なんともいえないです。グルコースは解糖系を経てクエン酸回路を2回転して完全に酸化されます。詳細は以下のとおりです。


グルコースは酸化されると最終的には何になるでしょう?
答えは6つのCO2です。
(ATPができる、という答えもありますが、それはこのグルコースの酸化で得られるエネルギーをもちいてADPとリン酸が結合してできるのです。グルコースそのものがATPになるわけではありません)

ということでグルコースから6...続きを読む

Q飴玉でもブドウ糖は摂れますが脳に栄養が届くまでに何分かかりますか?  

飴玉でもブドウ糖は摂れますが脳に栄養が届くまでに何分かかりますか?   そりゃブドウ糖を直接摂った方が良いに決まってますが飴玉の方がよく口にするので気になりました。

Aベストアンサー

飴玉に使われている糖類の種類によります。
砂糖なら、30分から1,2時間かかりますが、ブドウ糖は直ちに上昇し始めます。
【参考サイト】
糖尿病セミナー 20. 低血糖-糖尿病NET
  http://www.dm-net.co.jp/seminar/20_/#CHAP3SEC3
【参考サイト】
同じ量の炭水化物や糖質でも、血糖値が上昇する速度が違う!?|GIについて学ぼう|大塚製薬
  http://www.otsuka.co.jp/health/gi/question3/

Q生物基礎の問題です 呼吸の過程は、解糖系、クエン酸回路、電子伝達系の3段階に分けられる。 とはどうい

生物基礎の問題です


呼吸の過程は、解糖系、クエン酸回路、電子伝達系の3段階に分けられる。

とはどういった意味なのでしょうか。教科書見ても理解できませんでした。わかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

平たく言うと、人のエネルギーの源となるATPを作る過程を3つの過程でやっていますと言うことです。

Q糖尿患者がブドウ糖でなく、砂糖を口から入れると、吸収はどこから?

糖尿病患者は低血糖用にビスケットや飴や砂糖を携帯することになっていますが、砂糖やでんぷんはどうやって速やかに体内に吸収されるのでしょうか?
以前、腸の絨毛上皮で単糖=ブドウ糖に分解され吸収されると聞いたのですが、口や医などの上部消化管ではブドウ糖より大きな糖類はどのような形で吸収されるのでしょうか?
とても、低血糖の時に、小腸に行くまで待ってはいられないと思うのですが。

Aベストアンサー

経口インスリンスプレーのように薬剤が皮膚や口腔内粘膜を通過するのだから、グルコースもいけるかもしれません。
ただ小腸からの吸収に比べたら微々たる物だと思います。
薬学の方で調べると研究とか論文があるかもしれません。

二糖類や多糖類が粘膜を通過するのは大きすぎて無理だと思います。

Q呼吸のクエン酸回路について

クエン酸回路のスクシニルCoA→コハク酸の間で、
リン酸が付加され、GTPが合成されます。
それはわかったんですが、何故ここでこの反応が
起こるのでしょうか。その理由を教えてください。

例えば、スクシニルCOAがリン酸と結合しやすい物質だからとか。
あまり化学は詳しくないんですが、そんなかんじの詳細な回答
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

コハク酸と硫黄がつながっている結合に自由エネルギーが保存されているためにこのエネルギーを利用するためにリン酸化が起きるのではないでしょうか?

Q砂糖とブドウ糖

砂糖の一日の摂取量は20gとあり、ブドウ糖は脳にとって必要不可欠で120g摂取すると良いとあります。

砂糖はブドウ糖と果糖からなり小腸で分解され、吸収されるということはどう理解すればいいでしょうか・・・
素人で詳しい部分は勉強折らず恐縮ですが専門家の方、ご教授頂けないでしょうか?

清涼飲料水はコカコーラなどは軽く30gを越えるので太るということは昔から知っていたのですがブドウ糖についての知識は全く知りませんでした。

Aベストアンサー

糖類の最小単位はグルコース(ブドウ糖)です。糖類は、ブドウ糖の結合のしかたで、麦芽糖になったり、
果糖になったり、蜂蜜になったりします。
欧米で砂糖というと精製グラニュ糖のことですが、日本で砂糖というとブドウ糖と果糖の混合物を言います。

砂糖は一日に20g以下というのは、栄養バランスについての話です。
脳に不可欠な120gというのは脳のエネルギーのことです。

脳のエネルギーはブドウ糖で、脂肪は脳の血管を通過できません。
脳は1時間にブドウ糖を6g消費するので、1日では144g消費します。
ただし、睡眠中は消費量がやや落ちるので、結局1日に134gを消費します。
もしも、1日の糖質摂取量が100gを切ると、カラダはエネルギーの不足分を補うために筋肉をつぶしてブドウ糖を作ります。
120gというのは、糖新生を防ぐための最小限度の摂取量です。

一方、栄養バランスについてですが、小ぶりの女性茶碗にご飯を3杯食べると、120gのブドウ糖が摂れます。
もしも、20gの砂糖を調味に使うと、ちょうど1日の必要量になります。
ところが、清涼飲料水やコーラなどで砂糖を摂ると、糖質過多になります。
この意味で、砂糖は20gまでといわれるのだろうと思います。

糖類の最小単位はグルコース(ブドウ糖)です。糖類は、ブドウ糖の結合のしかたで、麦芽糖になったり、
果糖になったり、蜂蜜になったりします。
欧米で砂糖というと精製グラニュ糖のことですが、日本で砂糖というとブドウ糖と果糖の混合物を言います。

砂糖は一日に20g以下というのは、栄養バランスについての話です。
脳に不可欠な120gというのは脳のエネルギーのことです。

脳のエネルギーはブドウ糖で、脂肪は脳の血管を通過できません。
脳は1時間にブドウ糖を6g消費するので、1日では144g消...続きを読む

Qクエン酸回路についてです!お願いします!!

外から入ってきたアセチル基は何周でなくなりますか?
どういう風に考えたらいいのでしょう?

Aベストアンサー

アセチル基のメチル部分とカルボキシル基部分を区別しないことにして考えているとします。オキサロ酢酸が100個作られたとすると、そのシュウ酸部分と酢酸部分はそれぞれ50%の確率で、前回入ってきたアセチル基に由来するはずです。コハク酸(フマル酸よりも以前に)ができたときに、区別がなくなりますから。取れてゆく二酸化炭素は、オキサロ酢酸のシュウ酸部分と、酢酸部分からそれぞれ一つづつとれますが、それぞれ50%の確率で、前回入ってきたアセチル基に由来します。だから、50,25,12.5、となっていくと思うのです。

Q黒砂糖はたくさん使っても大丈夫!?(黒砂糖と白砂糖)

ダイエットのカテゴリにしようか悩んだのですが。

以前、おもいっきりテレビだったと思うのですが、「黒砂糖はたくさん使っても大丈夫」というフレーズを聞きました。
今、ダイエットしているので甘い物を極力制限しています。でもどうしても食べたい時は黒砂糖を小さじ1杯くらい入れた紅茶を飲んでます。
でももともと甘い物好きの私は物足りません。。
黒砂糖はたくさんとっても大丈夫というのは本当でしょうか?そうだったなら、おやつとして食べるのですが、「砂糖」という名前にとても警戒してしまいます。私の考え違いかもしれませんし。
黒砂糖と白い砂糖は違うというのですが、どう違うのですか?

PS・・ダイエット中の黒砂糖の食べ方など教えていただいたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

白砂糖は炭水化物が99%くらいのものですが
黒砂糖にはミネラル分が多いのです。でも炭水化物も94%くらいあります(今日スーパーで見比べてきたところです)。

白砂糖とにがりを使えば 黒砂糖と同じ効果はあるでしょうね…

糖分だけが気になるのでしたら ラカンカから作った「ラカント」を利用したらどうでしょうか(高いですけど)

参考URL:http://www.nava21.ne.jp/~uesugi/ken/seibun/kurozato.htm,https://ssl.saraya.com/shop/item_display.cgi?no=106463818028270&

Qブドウ糖と各細胞のエネルギー源について教えて欲しいのですが、ネットで調

ブドウ糖と各細胞のエネルギー源について教えて欲しいのですが、ネットで調べると脳細胞や赤血球はブドウ糖をエネルギー源していると書かれていますが、それ以外のいろんな部位の細胞はブドウ糖をエネルギー源にはしてないのですか??筋肉、肝臓、胃、すい臓、腎臓、、etcこれらの細胞のエネルギー源って何ですか?

Aベストアンサー

細胞は、ブドウ糖、タンパク質、脂肪から
解糖系-クエン酸回路-電子伝達系を経て
ATPをつくりATPが細胞のエネルギーになります。
ですので、上記3つがエネルギー源になります。
脳細胞も細胞なので本当は上記3つがエネルギー源なのですが
血液脳関門という脳を守るための関門があり、タンパク質、脂肪がそこを通過できないので
脳の栄養はブドウ糖だけに結果的になります。

Q脳に良いブドウ糖って?

最近若い頃の食生活が悪かったせいか(今もちょっとそのケがあります)
記憶力がかなり落ちています、考える事がおっくうになっている状態です
この間まで、朝昼食はバナナやコーヒーのみで、夜にどっさり食べるパターンでした、そんな事をやっていると、確かに脳がボーっとしていたのがわかります

脳にはブドウ糖が良いと言う事ですが、
ブドウ糖は砂糖とはちがうのですか?オリゴ糖ではダメなのですか?
ブドウ糖の多く含まれる食品は、ごはん以外に何かありますか?

ちゃんとブドウ糖を採らないとこの先ぼけた人になりそうで
こわいです(;;)教えてください。

Aベストアンサー

akabeeさん、こんにちは。

脳にはブドウ糖がよい・・・
というより、脳のエネルギー源はブドウ糖(グルコース)であるという方が言い得ているかもしれません。

グルコースとオリゴ糖との違いについて・・・
消化作用でこれ以上分解されない最小単位の糖を単糖と言います。
ブドウ糖はこの仲間です。逆に、何万と結合している物は、「でんぷん」や「セルロース」など、多糖類と呼ばれています。
「でんぷん」の段階では甘味はなく、ご飯が甘く感じるのは唾液中の消化酵素が「でんぷん」を消化し甘味を感じることのできる二糖類(麦芽糖など)にするからです。
一方、オリゴ糖ですが、オリゴ糖は単糖が数個結合したものをいいます。
ですから、単糖2つの二糖類(麦芽糖、ショ糖(砂糖のことですよ))、
単糖3つの三糖類(マルトオリゴ糖)などもオリゴ糖の仲間です。
オリゴ糖の中には、ショ糖(砂糖)のように容易に消化されてエネルギー源になるものもありますが、人間の消化酵素では消化されないものがあります。これらの様な消化されない糖類は、吸収されることなく大腸まで届き、
腸内の善玉菌であるビフィズス菌の栄養となりそれを増やし、さらに健康の維持増進に役立つなどの機能性を発揮するわけです。
ですからオリゴ糖などが入っている商品のなかには特定保健食品が多いかと思います。
要するにオリゴ糖はお腹の善玉菌の餌としての役割の方が大きいということになります。

さて、では脳のエネルギーとしてのブドウ糖を効率良く摂るためには・・・
果物の糖は(果糖)はすみやかに消化吸収され、脳へのエネルギー補給には適していると考えられます。朝食にご飯など食べる時間や習慣がない場合はバナナやリンゴなどのフルーツを召し上がってみてください。

あなたが甘いと感じる食品、または噛むほどに甘味が増すような食品にはブドウ糖は含まれています。むしろ摂りすぎに注意が必要ですよ。
(摂りすぎの糖分はある程度は肝臓に貯蔵されますが、一定を越えると皮下脂肪となります)

長くなりました。
参考までに。

akabeeさん、こんにちは。

脳にはブドウ糖がよい・・・
というより、脳のエネルギー源はブドウ糖(グルコース)であるという方が言い得ているかもしれません。

グルコースとオリゴ糖との違いについて・・・
消化作用でこれ以上分解されない最小単位の糖を単糖と言います。
ブドウ糖はこの仲間です。逆に、何万と結合している物は、「でんぷん」や「セルロース」など、多糖類と呼ばれています。
「でんぷん」の段階では甘味はなく、ご飯が甘く感じるのは唾液中の消化酵素が「でんぷん」を消化し甘味を感...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報