転職後、人間関係のトラブルで悩んでいます。人の目が見れなくなっている自分になっているようです。以前は無かったのですが・・中学時代にいじめにあったことを思い出しています。仕事は仕事で割り切ってしていますが、人前にたたなくてはならないときなど、緊張で顔があがりません。もちろん声が震えます。自意識過剰といわれましたが、どうしたらいいのか・・・人はそれを面白がって、目立つような仕事を振ってきます。堂々としていたいのですが、すぐに顔にでてしまいます。どうしたら、自信が持てるのか・・・

A 回答 (4件)

僕もそうですね、人前は苦手ですね。



>人の目が見れなくなっている自分になっているようです

目が見えないときはその人の襟の部分を見てはなしたららいいと聞いたことがあります。

>どうしたら、自信が持てるのか・・・

自信は多くの経験からみにつくものだと思います。失敗・成功から多くを学んで
いくものではないでしょうか?

職場に尊敬できる先輩・同僚はいませんか?
もし居られるならその方を手本に真似してみてはどうでしょう^^;
実際に一緒に仕事しているならうまいやり方・方法等を盗んで?
みたらいいとおもいます。
要はその方を目標とするのです。

どうしてもだめなら、もう一度職種への適正を考えてみるのも
手だと思います。
    • good
    • 0

人前で話せないことが問題だとしたら、上司に「人前に出る仕事は外して」と


言ったほうがいいと思います。なにも、言われたこと全部やらなくたって
いいはずですよ。

人の目が見れないことが問題だとしたら…。
転職前は大丈夫だったのですか?今の職場の、ある特定の人の影響でしょうか。
それとも職場全体の雰囲気でしょうか。

そこから逃れるのもひとつの手です。配置がえ、もしくは転職を考える。
なにも一生、そんなところにいなくちゃいけないわけじゃないんですから。

それとも、たとえば友達や家族など、あなたを理解し支えてくれる人がいて、
中学生時代よりも自分は強くなっているという自覚があるのなら、
現状打破のために戦っちゃうという手もありますね。
自分に悪い影響を与えている相手に対して、
「あなたの態度はひどい。私に何のうらみがあるのかはっきりしなさい」
と、意思表示する。
この場合、最悪の結果で職場全部が敵にまわったとしても、そこを去れば
よい、という覚悟と準備ができていれば、中途半端に引かなくてもすみます。
最善の場合、周囲の理解を得て、あなたも自信を得ることができる。
これはまあ、あなたの性格や現状がよくわからないので、あまり
おすすめはしませんが、ひとつの選択肢として。
選択肢はいっぱい持っていたほうが、つらくなりにくいですから。
    • good
    • 0

こんにちは。


どんな小さなことでもいいから、人に誇れることがあると、自信がついてきますよね。
十年間、ジョギングを欠かさなかった、とか。
手打ちのうどんを美味しく作った、とか。
「これもできない、あれもできない」ではなく、
「自分はこんなこともできるじゃん」という考え方が自信に繋がってきます。
一番手っ取り早いのは、仕事を完璧に仕上げることですが、
文面を読ませていただいた限りでは難しそうですね。
とりあえず、家でできることから始めてみましょう。
なんでもいいです。朝は必ず6時に起きるとか。
一日十回、腕立て伏せを一週間続けるとか。
「自分の弱さに負けない経験」が重なれば、自然と自信はついてきます。

それに、人前で堂々としていられる人なんて、滅多にいません。
そう見えるだけ。
「今のスピーチ、よかったよ」なんて言われても、実は手に汗びっしょりです ( 笑 )
    • good
    • 0

人前で緊張してしまうのは「自分を良く見せたい」という心理がはたらいているからです。

それ自体、誰にでもある心理だと思いますし、いけないことだとも思いません。ただ、何事にも逃げ腰になってしまうのはよくないと思います。マイナス思考はマイナスの結果しか生み出さないのではないでしょうか。私も人前で話したりするのは苦手な方ですが、「別に全ての人によく見られる必要はないんだ」と思えば少しは気が軽くなりませんか?仕事で失敗したって、何に失敗したって、それは世界の終わりじゃないですよね。

>人はそれを面白がって、目立つような仕事を振ってきます。

周りの人は本当に、ただ面白がって仕事をくれるのでしょうか。kukukukuさんを見込んで頼んでいるのだと思いますよ。その仕事は自分の能力をアピールできる絶好のチャンスだと考え、生かした方が良いと思いますけど・・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ