江戸時代の丁銀・なまこ銀って秤で計らないといけないお金でしたっけ?

A 回答 (2件)

江戸次第の金銀貨は、江戸は金つかい、上方は銀つかいといわれ、東西で主につかわむる貨幣が違っていました。


銀はもともと重さによる秤量貨幣で、丁銀、豆板銀、なまこ銀、小粒銀などはすべて重量を軽量して使いましたが、のちには一分銀、一朱銀などの銀の定位貨幣も発行されるようになりました。
もともとは丁銀を端数はつかったりしていましたが、それでは不便というので豆板銀が作られました。
なまこ銀や小粒銀は西日本の一部で使われていた秤量貨幣です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

西日本の一部ですか、どうもありがとうございます。

お礼日時:2005/09/11 19:29

訂正です。


なまこ銀とは丁銀の、小粒銀とは豆板銀の一部地方での呼び方です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高温雰囲気でのボルト(ナット)の焼付けについて

大変困っております。
焼付け防止剤を使用したのですが、メンテ取り外し時、ボルト側が焼きついてしまいました。(高温雰囲気温度約600℃)
検討案として、ボルト・ナットの異材質の最適な組み合わせ、銀メッキ処理での注意点をご教授お願いいたします。
その他の方法もあればよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ちわ
確かに一般的なのは耐熱400℃ぐらいですね
こはどうでしょう?
ネバシーズレギュラーグレード(焼き付け防止グリス) ~980℃
http://www.jtdtky.co.jp/catalog/products/d_never-seez.htm
取り扱い会社
http://www.jtdtky.co.jp/catalog/catalog.html

Q江戸時代の丁銀の不思議

江戸時代の貨幣で、丁銀なるものがあります。
時代劇で見て、その不思議なる形を不審におもい調べたのですが、形や重さが一定しない貨幣のようです。
http://homepage3.nifty.com/harupii/cyomame.htm

どうしてこんな不思議な貨幣が流通したのでしょうか?
大きさ、形、価値が一定であってはじめて貨幣の意味があると思うのですが。
またなまこ形のものはいびつで、非常に重そうですね。
どうしてこんなへんな形に鋳造したのでしょうか?
中世以降の海外でもこんな特殊な貨幣がありますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

丁銀、豆板銀というのはいまのお金のように1個いくら、1枚いくらというのではなく、秤量貨幣で何匁でいくらというように重量で価値が決まりました。
もともと江戸時代以前は金銀は重量で計って取引していましたが小判などが出るにつれて金については1枚いくらというようになりましたが、銀はそのまま重量での取引だったので1枚いくらという銀貨幣は幕末近くまで出ませんでした。
丁銀はそのままの形でも流通しましたが、場合によっては切断して使うこともできました。また端数が足りないときのために小粒の銀貨の豆板銀もあり、これらを組み合わせて必要な価値にあわせました。

Q2つのナットでロックナットはどう機能してるのか?

いわゆるダブルナット/ロックナットですが、なぜ2つのナットが合わさるとロックがかかると言われるのでしょうか?

2つのナットが合体して1つのナットになったと考えれば、1つのナットと変わらないように思うのですが、ぜひメカニズムを教えて頂けませんでしょうか?

Aベストアンサー

オネジ(ボルト)とメネジ(ナット)は。?
オス、メス、側も外観からも判るように凹凸の連続です。
形により、角ネジ、ボールネジ、等があり、一般的には三角です。
これもインチネジ、ミリネジ、(日本では一番多い)PTネジ、FTネジ、等多種あり、
同じサイズの様でも合わないのはそのためです。
ネジにより、右ネジ、左ネジ、
と回転方向でゆるまない様に使い分けしたネジもあります。
刈り払い機のカッターのトメネジ(ナット)なんかにつかわれます。
本題です。
1、 一本のオスに一つのナットをねじ込むと、前後に進むだけです。
2、 このナットを二個いれます。お互いにそのままであれば、1、と同じです。
3、 この二個を互いに反対方向に噛み合わせるように固く締め付けます。
4、 二個のナットは一体となり、オネジ(ボルト)と一体となります。
5、 ナットがゆるまない方法の一つです。テストして見て下さい。
6、 機械装置では絶対に外れては困るネジにはこの様な方法もあります。
7、 外にも「割りピン」、焼入れされ強度のある、『六角穴付ボルト』、も使います。
8、 市販品にもナットのなかには、板バネ、樹脂のピン、等の入った特殊な
ゆるみどめナットも市販されています。
9、 場合によってはねじこみ時に用途により、絶対外れない、外れにくい、
外せばなんとか外れる、液体もあります。「ロックタイト」「ネジロック」
等の商品名があります。専門的には耐熱、分解、等もあり、これだけでも
むずかしい分野です。
 判りましたか。?大きめのネジでテストすればすぐ判る筈です。

オネジ(ボルト)とメネジ(ナット)は。?
オス、メス、側も外観からも判るように凹凸の連続です。
形により、角ネジ、ボールネジ、等があり、一般的には三角です。
これもインチネジ、ミリネジ、(日本では一番多い)PTネジ、FTネジ、等多種あり、
同じサイズの様でも合わないのはそのためです。
ネジにより、右ネジ、左ネジ、
と回転方向でゆるまない様に使い分けしたネジもあります。
刈り払い機のカッターのトメネジ(ナット)なんかにつかわれます。
本題です。
1、 一本のオスに一つのナット...続きを読む

Q【江戸時代の話】「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」は「江戸は火事が多かったから」、「銀行が無かったか

【江戸時代の話】「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」は「江戸は火事が多かったから」、「銀行が無かったから」、「そもそも江戸っ子は貧乏だった」という3大理由がインターネット上に挙げられていますが多分間違っていますよね?

江戸時代、江戸は火事が多かったので頼母子講(たのもしこう)という相互会があった。

少額を毎月12人から集めて12人分を1人に渡す。これを1年間繰り返して12人が1年のうち1ヶ月だけ大金を得ることが出来る銀行のような仕組みがあった。

この事実で仮説1の火事が多かったから宵越しの銭は持たなかったとうう説は間違いとわかる。

大金が回ってくる仕組みを火事が多いので大金を持たなかったという江戸っ子の説は矛盾に気付く。

2つ目の仮説。銀行はなかった。けれども頼母子講という少額を積み立てて大金を引き出す銀行みたいな仕組みがあったのでこれも嘘の仮説だと分かる。

最後の仮説の江戸っ子は貧乏だったという説。

江戸時代に流通していた通貨は金貨、銀貨、銭貨の3種類。

銭貨の価値は現在の価値で50円程度。

江戸時代の江戸っ子の日当が50円程度だった?

金貨の価値が20万円程度だった。

江戸時代の大工に月収は2万円。2万円/30日で日当で666円。

1日銭貨を13枚。

当時の大工は高給取りだったとすると一般庶民のブルーワーカーは大工がホワイトカラー職で現代の月収50万円職に値すると一般庶民のブルーワーカーの月収は25万円として6枚。

で、1日6枚で飯が3食で銭貨3枚が余る。で、相互会に毎日銭貨3枚を預けると月で99枚。1枚50円で5000円。

金貨が20万円なので月5000円で12人で相互会を組んでいるので年1回月収が6万円のときがある。

年1回大金を掴んでも6万円なら江戸っ子は20万円の価値がある金貨を一生見ることがなかったのかも知れない。

ということは、江戸っ子は宵越しの銭は持たないの話には続きがあって、(けど江戸っ子は銭貨を大金の銀貨に変えて貯金していた)。要するに1番価値がない銭貨を持たないで銀行(相互会)に預けて大金にするという仕組みが江戸にはあったので当時の人は江戸の仕組みを珍しく思い、「江戸には銀行という仕組みがある」ということを「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」と表現したのが真相ですかね。

【江戸時代の話】「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」は「江戸は火事が多かったから」、「銀行が無かったから」、「そもそも江戸っ子は貧乏だった」という3大理由がインターネット上に挙げられていますが多分間違っていますよね?

江戸時代、江戸は火事が多かったので頼母子講(たのもしこう)という相互会があった。

少額を毎月12人から集めて12人分を1人に渡す。これを1年間繰り返して12人が1年のうち1ヶ月だけ大金を得ることが出来る銀行のような仕組みがあった。

この事実で仮説1の火事が多かったから宵越し...続きを読む

Aベストアンサー

すごいですねえ。
いろいろ計算して、ここまで考えると、おもしろいですね。

私は、ただ、単に、
物に執着して、がつがつ貯めこむのは粋じゃない。
きっぷ(気風)がいいことが美徳、という考えが江戸では一般的だったから、
(本当にもらったら、もらっただけ使ってしまう人ばかりでなくても)
そういう気質だと、おもしろがって、または、自慢気に、言っていたのではないかと思いました。
開き直ったスローガンみたいな(笑)。
で、そういう風潮ができたのは、
やはり、長屋に住んでいるような、大部分の人が、
ぎりぎりの生活で、贅沢はできない状況だったからでしょう。

ところで、たのもし講、私が小さい頃、母がやっていましたよ。近所のおばちゃんたちと。
なつかしい言葉です。

Qナイロンナット

ナイロンナット
M4ですが、ねじ頭側にゴム材が来る場合、ナイロンナット(ゆるみ止めナット、セルフロッキングナット)を使うのは全く無意味ですか?(通常ナットでも緩まない?)

Aベストアンサー

>全く無意味ですか?

いいえ。意味は十分にあると思います。
ゴム材がこようが、なんであろうが、
ナイロンナットであれば、その位置から緩みにくいと
言うことがいえます。

通常ナットだと締めても締めても、
ゴムに食い込むだけで効かない。
ということもいえるので、ナイロンナットは有効だと思います。

Q江戸時代の銀80貫目は何両?

江戸時代の初期、ポルトガルが払う長崎出島の賃料が80貫目だったそうです。
これは金でいうと何両になりますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

銀1貫目=銀1000匁 なので 銀80貫目=銀80000匁。
江戸初期には 金1両=銀50匁(江戸末期は60匁)ですから
銀80000匁=金1600両となります。
ただし、これは公定のレートです。実際の取引では金1両は60匁前後だったと思われます。

Qトヨタ車に社外ホイールを装着。ナット径は合わせるべき?

トヨタ(30ハリアー)純正のナットが、 21ミリ のナット径です。

社外ホイールを装着するのにナット(袋テーパーナット)を購入しようと考えております。

ネジ系とネジピッチが合えば、ナット径(21、19、17)はどれでも良いのでしょうか?
また、ナット径を21ミリに合わせる方が良い事はありますか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ホイールのデザインに合わせたサイズでokです。
21にした場合のメリットは工具の共通化と傷みにくさです。

共通化は既出ですので割愛、痛みにくさですが、同じ力をかけるのでもより大きいサイズのほうが受け止めやすい、ということです。

M12(×P1.5)のホイールナットの場合、締め付けトルクは110N/mが一般的です。
ハリヤーもたぶんそうだと思います。

あとホイールナット用レンチですが、車載工具や安物のクロスレンチでも十分といえば十分ですが、アルミなどは専用のソケットが望ましいです。
クロスレンチも先端部が1/2sqになっているタイプで別途専用のソケットを使用するものがベターです。ご検討中ならこういうものをお勧めします。
http://www.straight.co.jp/item/10-269/

http://www.straight.co.jp/item/59-6142/

Q江戸時代の銀五百枚とはいかほどのものでしょうか?

文化年間の江戸日本橋の高札に、
 切したん宗門は累年御制禁たり。 自然不審成者これあらば申出べし。 御ほうびとして、
   ばてれんの訴人 銀五百枚
   いるまんの訴人 銀三百枚
   立かへり者の訴人 同断
   同宿并宗門の訴人 銀百枚
 右之通下さるべし。
とあります。
銀1枚とは何でしょうか?
一分銀のことでしょうか?
銀五百枚の価値はどれくらいになりますか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

銀1枚=43匁というのをたまに見かけるのですが、ある種の基準値だったようですね。
1匁=3.75gなので、銀1枚=43匁=約161gとなります。
価値については、もともと相場物ですし、金との交換比率が現在とも同時代の諸外国とも江戸・大阪でも異なっていたようですので、私はコメントする能力を持ち合わせておりません。

参考URL:http://www.imes.boj.or.jp/cm/htmls/feature_gra1-10.htm

Qホイールナットの交換

よろしくお願いします。
車両は軽自動車です。

カラーホイールナットを買いました。
明日にでもナットの交換をしようと思いますが
ひとつ疑問が…。

今まで、スタッドレスタイヤ(ホイール付き)の交換などは
何度も行っていますが
”ナットのみ”の交換は初めてです。

そこで、ナットのみの交換の場合は
ジャッキアップは必要ないのでしょうか?

つまり、タイヤが地面に設置した状態で
4本のナットのウチ(車両は4穴です)1本を外して
新しいナットを取り付ける。
残り、15本のナットは上記の工程を繰り返す。

古いナットを外して、新しいナットを装着するまでの
わずかの時間ではありますが
3個のナットで車体を支えている時間が不安なのです。

もちろん、ジャッキアップして一気にやってしまえば
何の問題も不安もないのですが
一般的にナットのみの交換は
ジャッキアップ不要なのであれば、それで行きたいと思います。

以前、ショップでロックナットを装着したときに
ジャッキアップせずにそのまま着け替えていたような記憶が…

安全面を含めて、一般的なやり方を教えて下さい。

 

よろしくお願いします。
車両は軽自動車です。

カラーホイールナットを買いました。
明日にでもナットの交換をしようと思いますが
ひとつ疑問が…。

今まで、スタッドレスタイヤ(ホイール付き)の交換などは
何度も行っていますが
”ナットのみ”の交換は初めてです。

そこで、ナットのみの交換の場合は
ジャッキアップは必要ないのでしょうか?

つまり、タイヤが地面に設置した状態で
4本のナットのウチ(車両は4穴です)1本を外して
新しいナットを取り付ける。
残り、15本のナットは上...続きを読む

Aベストアンサー

ナットのみであれば別にジャッキアップしなくてもありです。

ナットが外れていて問題となるのは走行時ですから(笑)


ただホイールが純正のときは問題ないですが、
社外ホイールをスペーサーをかましてはめている場合などは
ホイールのすわりの関係とかもあるのでジャッキアップして一度
ホイールを車体から外してから・・・・・のほうが良いかもしれないです。


追伸 カラーのホイールナットの場合、レンチ(というかソケット)は
いいモノを使ってください。
安くてガタのある製品はナットがあっという間にキズだらけになります。

Q江戸時代の「関東の金通貨」「関西の銀通貨」について

なぜ、関東圏関西圏で流通貨幣が違っていたのでしょうか(もちろん互換性はありますが)

Aベストアンサー

金や銀の産出量に由来します。
 
関東圏には、『佐渡金山』や『甲斐金山』など金の産地が多いため金建て、
関西圏では、『石見銀山』など銀の産地が多いため銀建てになったと思います。
 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報