ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

96年の日産マーチのMTに乗っています。

エンジン始動後、暖気を1分ぐらいした後に走行を始めています。
そして走り始めの時に、クラッチを切ってエンジンの回転数を落とすと、バッテリー警告灯が点灯し、エンストしてしまいます。(走行中にエンストしてしまいます。)

毎回ではないのですが、たま~になるので、ちょっと気になっています。
バッテリーは昨年替えたので、状態は悪くなっていないと思います。

他の投稿を見てみたのですが、この原因はプラグの汚れかエアフィルターの汚れなのでしょうか?

最も考えられる原因を教えて下さい。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

この書き込みだけでは良く分かりませんが、おそらくはエアフローメーターの不良により、そのような症状が出ると思われますね。

(結構マーチではよくあるトラブルです)

酷くなるとまったくエンジンが掛から無くなりますので、そうなる前にディーラーで見て貰った方が宜しいかと思いますよ。
    • good
    • 0

homoNZ28さん、その原因と良く似た現象をついこの間体験しました。


私の車はキャバリエだったのですが、走行中にバッテリーランプが・・・。
付き始めて数分後、夜、走行中でしたがだんだんライトが暗く・・・。
(バッテリーは半月前に新品に交換したばかりでした)
1分先の駐車場に入る前に「これでもか」と言うくらい色々なランプが付き始めたでは有りませんか(セルを回し始める1つ前状態)
その後、キャバリエは息を引き取りました・・・。
死因は、オルタネーターが原因でした。
新品のバッテリーに変えた事により、この様な事になったのではと(byTOYOTA)
手術は可能だったと思うが、走行距離は10万キロ、車検は来月10月と言う事も有り断念しました。
修理費も4万~5万円くらい必要と言う事も有り(私が殺してしまいました・・。)
絶対とは言えませんが、オルタネーターが原因ではないかと思いますが?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん、アドバイスありがとうございました。

とりあえず、エアフィルター、プラグ交換、エアフロ清掃をしてみたいと思います。

これで直らなかったら、車屋に持っていきます。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/15 09:35

お話の内容だけでは不具合を特定できませんが、日産マーチの水温センサーは


他メーカと比較した場合に経年劣化しやすいと聞いたことがあります。

かけ始めの回転数や完全暖機後の回転数は如何でしょうか?
エンスト以外にも安定しない症状があるとすれば、センサーの信号電圧ズレによる
空燃比異常も考えられます。

しかし、これらはあくまで水温センサー不具合とした場合の推測でしかないので
近くのディーラーで診断を受けることをお勧めします。
    • good
    • 1

オルタネータ(発電機)が怪しいのでは?


いくらバッテリーが新しくても、発電してなければ駄目ですよね。
回転数によって発電量が変わるので、エンジン回転数が落ちた時は発電量が少なくなります。
バッテリーの充電してある分を、始動時のセルで使いきってしまい、回転が落ちた時にエンストに繋がるのではないでしょうか?

とりあえずディーラーなのでチェックして貰いましょう。
    • good
    • 0

エンストするときには警告等が点灯しますからバッテリーではないと思います。



プラグの汚れもエアフィルターの詰まりももちろん考えられます。
暖機運転直後だけの症状だとすると、オートチョークの不具合か、キャブレターの汚れか詰まり、アイドリング時のエンジン回転数が下がり過ぎてる、などを思い浮かべます。

走り始めるときにクラッチを切って空ぶかしをちょっとしてみてください。
それでオートチョークが安定する車もあります。
    • good
    • 1

>そして走り始めの時に、クラッチを切ってエンジンの回転数を落とすと、バッテリー警告灯が点灯し、エンストしてしまいます。

(走行中にエンストしてしまいます。)
エンジンが冷えた状態の時、ファーストアイドル(エンジン回転数)が、高くなっていますか?
考えられるのは、水温センサー、エアーレギュレーターなどです。
あとは、エアフロ、ディスビなどです。
時々しか出ない症状は、原因がつかみにくいです。
ディラー等での点検、修理がよろしいかと思います。
    • good
    • 0

こんにちは。



バッテリーの元気さは、ガソリンスタンドですぐに見てもらえるので確認してみるとよいと思いますよ。

バッテリーも、車の乗る割合でずいぶん調子が変わります。1年でだめになる事だってあるんですよ。週末に買い物しか行かないような場合とかね。

今の状態は、おそらく普通ではないと思いますから、早めにチェックしてみることをお勧めします。

でわ!
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバッテリーマークが点灯したり消えたり。

こんにちわ、早速ですが質問です。

昨日走行中にバッテリーのマークが点灯したり消えたりしたんですが、これはバッテリーを買い換えた方が言いという合図なのでしょうか??

友人に聞いたら、雨+水溜り+グチャグチャの雪道(かなりの悪い道)のせいで水かかって一時的に点灯したりしてるだけだから問題ないと言ってるんですが、そんなところであってるのでしょうか?あと走ってる最中たまにキュルキュル音も出るんですがそちらも水等のせいでしょうか?

心配なのでもしよければ回答お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

>昨日走行中にバッテリーのマークが点灯したり消えたりしたんですが、これはバッテリーを買い換えた方が言いという合図なのでしょうか??

これは、充電警告等だと思いますが、規定の電圧が検出されていません。という解釈がよいです。その原因は発電機(ACジェネレーター)が不良の場合も有りますし、ヒューズが切れていたり、ヒューズ取り付け部分が不良になっていたり、ABSコントロールユニット内部の短絡であったり、検出しているハーネスの短絡であったり、インパネ内のクラックなど、さまざまです。ですから安易に発電機の不良と診断するのはプロではないです。

 通常走行時にそういう状態になったり、常に点灯するようですと故障のフローチャートを追って診断しなければいけませんが、貴方の場合、一時的なものだと思いますので、ご友人の方が仰ってるようにあまり気になさらずにいてよいと思います。

 ベルト鳴きに付いても、悪条件の中にわざわざ飛び込んでいくような運転をすればどんな新車でもベルト鳴きが起こってしまうときがあります。しかし、どちらかというと、新車だったりベルトを交換して新しくなっているほうが鳴きにくいのは確かです。
 ベルトを点検してみて、古そうだったり、亀裂が入っているようでしたら、この際交換してみるのも良いかも知れません。ベルトを交換するとキュルキュル音が出てるような場合、静かになって気持ちがいいですよ。そして何より安心ですしね。
 貴方の車の情報が少ないので、憶測でアドバイスしてみました。

こんにちは。

>昨日走行中にバッテリーのマークが点灯したり消えたりしたんですが、これはバッテリーを買い換えた方が言いという合図なのでしょうか??

これは、充電警告等だと思いますが、規定の電圧が検出されていません。という解釈がよいです。その原因は発電機(ACジェネレーター)が不良の場合も有りますし、ヒューズが切れていたり、ヒューズ取り付け部分が不良になっていたり、ABSコントロールユニット内部の短絡であったり、検出しているハーネスの短絡であったり、インパネ内のクラックな...続きを読む

Qバッテリーの充電ランプが点灯した理由、、オルタネータの故障?

質問させていただきます。
長距離走行中に、ライトを点けた時に、突然メーターパネルにある
バッテリー充電警告ランプが点きました。
ライトを消して、ヒーター等やオーディオも消したらランプは消えます。
またライトを点けたら警告灯が点きます。しかし、走行10分後には何もなかったように警告等が消えました。
また数日後に走行後にヒーターをつけたのですが、今度は1分くらい、
ヒーターを点けている間だけ点灯しました。
その後は何もなかったようにランプは点きません。
エンジンがかかりづらいといったことはありません。
バッテリーは数週間前に新品に換えたばかりです。
そこで心配になって、イエローハットで調べてみてもらったところ、バッテリーは正常で、
オルタネータが故障しているとの報告を受けました。
一年以内にバッテリーも死ぬとのことです。
修理の見積もりも出してもらったのですが、
オルタネータの新品が10万円、工賃が13000程度、Vベルトが2500円程度で見積もりを頂きました。
リビルト品だと3万から5万の部品代だそうです。
それでは修理代がかかりすぎるので、オークションでリビルト品を購入しようとしたのですが、、、
本当にオルタネータが故障しているのか確かめるために自分でも電圧を測ってみました。
その結果、

・エンジン停止時のバッテリーの電圧→13V
・アイドリング状態でライト、熱線、オーディオ、ワイパー、ルームランプ全てONにしてのバッテリー及びオルタネータの電圧(この時にバッテリー端子で計測してもオルタネーターのカプラー部分で計測しても同じですよね??)→15V
・ダメ押しでアイドリング中にバッテリーマイナス端子を外す→エンジンはかかったまま

マイナス端子も外してエンジンは止まらなかったので、
オルタネータの故障ではない??のでしょうか?
電圧も正常のように思えますが、果たしてイエローハットが言うようにオルタネータの故障なのでしょうか?
少し疑問に思ってしまいます。
詳しい方、どこが怪しいのかご教授いただけますと幸いです。
よろしくお願いします。

質問させていただきます。
長距離走行中に、ライトを点けた時に、突然メーターパネルにある
バッテリー充電警告ランプが点きました。
ライトを消して、ヒーター等やオーディオも消したらランプは消えます。
またライトを点けたら警告灯が点きます。しかし、走行10分後には何もなかったように警告等が消えました。
また数日後に走行後にヒーターをつけたのですが、今度は1分くらい、
ヒーターを点けている間だけ点灯しました。
その後は何もなかったようにランプは点きません。
エンジンがかかりづらいとい...続きを読む

Aベストアンサー

>外すのは自分でもできそうなので、
>そういう手もありましたね。あした電話してみます。

もし質問者が実施すれば取り付けや取り外しの工賃は最低でも倹約できますから、それだけは安くなります。
もちろん多少の工具と取り外すときにバッテリーのマイナス端子は必ず外しておかないとセルモーターやオルタネーターはバッテリーと直接繋がっている配線が有り、うっかりショートでもすれば大変なことになります。

もちろん修理後には色々と設定の必要も出てきますが、ココの部分はしっかりと外したマイナスのバッテリー端子など接触もしないように注意しましょう。

>リビルト品購入より安く済めば良いのですが、、
過去には解体屋周りをして(取り外した現物を持って)同じタイプを探して交換プラスいくらかの金銭を支払っていたことも有りますが(一番安く出来る)しかし、現在では解体屋もネットワークを組んで中古パーツを販売していますからそこまで安くはしてくれないでしょう。

もちろん一元相手に販売してくれるかその店舗次第で駄目な可能性も有ります(その場合は知り合いの整備工場経由でしょうか)もちろん中古ですからどの程度使えるか是については解りません(あまり程度の悪い物は無いと思います)

多少の知識が有ればいろいろと出来そうですが、失敗したときのリスクも大きくなるので注意してください。

>外すのは自分でもできそうなので、
>そういう手もありましたね。あした電話してみます。

もし質問者が実施すれば取り付けや取り外しの工賃は最低でも倹約できますから、それだけは安くなります。
もちろん多少の工具と取り外すときにバッテリーのマイナス端子は必ず外しておかないとセルモーターやオルタネーターはバッテリーと直接繋がっている配線が有り、うっかりショートでもすれば大変なことになります。

もちろん修理後には色々と設定の必要も出てきますが、ココの部分はしっかりと外したマイナ...続きを読む

Qアイドリング中にエンジンが止まる

カペラワゴンH10年式に乗っています。
ここ2~3週間ほどですが、信号待ちなどアイドリング中にエンジンの回転が不安定になり、止まりそうになります。ちなみに今日は信号待ち6回中、3回止まりました。

ATですが、ギヤは何処にいれても変わりません。冷えている時や走行中等、回転が高い時は異常ありません。なんで・・・?

Aベストアンサー

これは「アイドル回転を維持できない」ということですね。
「冷えている時や走行中等、回転が高い時は異常ありません」から、ファーストアイドル系は正常。つまり、ファーストアイドルを決める水温センサは正常です。加速時の息つきもないようですから点火系も正常でしょう。エンスト後の再始動が困難でないようですから燃料が濃いすぎてエンストしたのではないでしょう。
するとアイドル回転を続ける空気量(当然、燃料も)が少ないという問題でしょう。この車のエアフロはカルマン渦式ですから、汚れには強い。アイドル時の小流量の測定ミスはまず除外していいでしょう。むしろ、エアフロの後から空気を吸い込んでいないかが問題です。
次は、アイドルスイッチが閉じているか、です。アイドルであるとECUが認識しなければ、アイドル回転数を制御できませんから。これは整備工場で見てもらうしかありません。

そこで結論は、すでに複数の方が指摘されていますが、スロットルボディの汚れを落とすことに賛成です。これが一番簡単で安上がりです。ほかに原因があるとしても、整備工場が一番初めに目をつける所です。
整備工場へ行く前に次のチェックを。暖機完了後、停車状態で、エアコンオフ、ランプオフで、シフトをN→Dにしたとき、ちょっと回転数が下がって安定する。D→Nにしたとき、ちょっと上がって安定すること。何回かチェックしてエンストしそうになったら、まずアイドル制御系に不具合があります。
参考までに、アイドルスピード制御の理屈をユーノスロードスターを例に。どなたが作成されたのか知りませんが非常にわかりやすいので勝手に紹介します。「アイドル不調」で検索しました。
http://www.asahi-net.or.jp/~VS6N-MRYM/zatu/iscv/iscv.html

これは「アイドル回転を維持できない」ということですね。
「冷えている時や走行中等、回転が高い時は異常ありません」から、ファーストアイドル系は正常。つまり、ファーストアイドルを決める水温センサは正常です。加速時の息つきもないようですから点火系も正常でしょう。エンスト後の再始動が困難でないようですから燃料が濃いすぎてエンストしたのではないでしょう。
するとアイドル回転を続ける空気量(当然、燃料も)が少ないという問題でしょう。この車のエアフロはカルマン渦式ですから、汚れには強い...続きを読む

Qオートマの車でエンストする原因

車に詳しい方教えてください。
13万kmくらい乗っているオートマの2000ccのセダンが最近エンストします。オートマなのに。
信号で止まっていて、発進する時に回転が落ちてストンと。
原因を予想できる方、教えてください。

Aベストアンサー

エンジンは空気があって燃料が来ていて火花が飛んでれば回ります。
逆に言えば空気がないか燃料が来てないか火花が飛んでなければ回りません。空気が来てない事はまずないので、燃料か火花が原因だろう…となります。で、たぶん火花のほうではないかと思います(機械的なその他の故障ならその前にエンジンがかからないでしょうし)。
プラグコードが劣化してデスビからの電気がリークしているんでしょう。せっかくの高電圧がリークしてしまい、発進時アクセルを踏み込んだ時にガスが濃くなって、弱い火花では失火してしまいエンジンが止まったのではないかと…。
リークを確かめるには夜に周りが暗い所でエンジンルームを見れば、プラグコードの周りに火花が走ってるのが見えます。

プラグコードとデスビキャップ・ローターまで換えれば十分でしょう。部品代で1万ちょっとくらいであると思います。自分で換えるのも簡単ですが、車に詳しく無い方は工賃払って変えてもらってもそんなにかからないと思います(車種によってプラグが見えるまでやたらと部品をはぐるような物は分かりませんが)。

以上、あくまで推測ですがねw。
もしこれが原因だったとしたら、コードを換えただけで燃費もけっこう変わりますので(火花が強くなるので燃費伸びますよ)、浮いたガス代ですぐに部品代くらいは取り戻せますよ。

エンジンは空気があって燃料が来ていて火花が飛んでれば回ります。
逆に言えば空気がないか燃料が来てないか火花が飛んでなければ回りません。空気が来てない事はまずないので、燃料か火花が原因だろう…となります。で、たぶん火花のほうではないかと思います(機械的なその他の故障ならその前にエンジンがかからないでしょうし)。
プラグコードが劣化してデスビからの電気がリークしているんでしょう。せっかくの高電圧がリークしてしまい、発進時アクセルを踏み込んだ時にガスが濃くなって、弱い火花では失火...続きを読む

Qオルタネータ故障の予兆

オルタネータ故障の予兆

10万kmを越えてオルタネータが心配になってきました。

オルタが死ぬ時は「突然」と聞きますが何か予兆はあるのでしょうか?

あれば見方(電圧?異音?)を教えてください。(月1-2回の車を動かす毎にチェックする予定です)
発電不足とオーバーチャージ それそれで。
現在 アイドリングで13.7V 2000回転で14.4V(いずれも無負荷)

またレギュレータ故障と、ブラシ磨耗以外にも結構起こる故障はあるのでしょうか?
(この2つでほとんど、と考えて良さそうでしょうか?ブラシ磨耗が故障というのかわかりませんが、「発電できなくなる」ということで、、)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

オルタネータの故障部位と言えば、やはりレギュレータかベアリングかブラシでしょうね。
幸いなことにレギュレータとブラシ摩耗の不具合は、チャージランプで知らせてくれます。
レギュレータが壊れると、発電しなくなるか、あるいは必要以上に発電する(オーバーチャージ)状態になりますが、どちらもチャージランプで知らせてくれます。(車種にもよりますが、15年以上前の車でも)
車種・年式によっては、オーバーチャージになるとチャージランプが点灯ではなく、「点滅」するものもあります。

ブラシが摩耗限界近くまで摩耗すると、たいていの場合は、発電したり、しなかったりの状態が暫く続くので、ときおりチャージランプが点灯するような場合は、10万kmを超している車では、ブラシの寿命を疑ってもよいでしょう。
ブラシの寿命は、2000年度以降の車はだいたい20万kmはもつのではないでしょうか。
1990年代、タクシーは年間10万km超えるので、少なくとも1年間はブラシを換えずにすむようにブラシの長さは当時から長くなっています。
一般車にも応用されています。
なお、ブラシ部に水やオイルが入ると、寿命は著しく短くなります。
エンジンルームのスチームクリーナ洗浄は要注意です。


オーバーチャージの原因の一つに、車種によっては、車両側ハーネスの不具合(接触不良)の場合があります。
この場合も、電気負荷の大小によってチャージランプが点灯したり消えたりすることがありますこと、申し添えます。

チャージランプが点灯する例としては、レクチファイア不良のケースがあります。
このケースでは発電量はかなり少なくなりますが、昼間でエアコンなしの状態では走行できます。

>現在 アイドリングで13.7V 2000回転で14.4V(いずれも無負荷)

これは正常値です。
では、それぞれ13.0V、14.0Vなら、あるいはもう少し低い場合はどうなのか、と言えばだんだん判断できなくなりますね。
アイドリング回転数の変動、エンジンをかけてから何秒後に測定したか、バッテリ充電状態・液温などで電圧は変動するので、電圧を見て予兆をつかむのは困難だと思います。

オルタネータの故障部位と言えば、やはりレギュレータかベアリングかブラシでしょうね。
幸いなことにレギュレータとブラシ摩耗の不具合は、チャージランプで知らせてくれます。
レギュレータが壊れると、発電しなくなるか、あるいは必要以上に発電する(オーバーチャージ)状態になりますが、どちらもチャージランプで知らせてくれます。(車種にもよりますが、15年以上前の車でも)
車種・年式によっては、オーバーチャージになるとチャージランプが点灯ではなく、「点滅」するものもあります。

ブラシが摩耗限...続きを読む

Q車 一時停止中にエンジンが止まった エンスト?

6~7年前に新車で購入したトヨタ ノア オートマ車です。
青信号になった時に少し進み、前の車が右折しようと停車したので
こちらも停車したところ、ノッキンングしてエンジンが止まりました。
エンジンはすぐに掛けなおせたのですが、どのような故障が考えられますでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

http://app-japan.net/expression/injection.html
インジェクションの一時的な不具合だと思われる。
同じ様な「エンスト」が頻度高く続くなら「ディーラー」でコンピュータチェックが必要。
この熱さで「ガソリンの気化率」が高まったために起こったのでしょう。
エンジン長時間止めずに動かしてる状態で起こりませんでしたか?

Q信号待ち(一時停止)でエンスト

AT車(平成4年車)なのですが、走行中は大丈夫なのですが、信号待ちや一時停止でDレンジ(1,2等含む)に入ったまま止まると、エンジン回転が急激に不安定になりやがて下がりすぎてエンジンが止まってしまいます。気にしてエンジン回転を見てみると、PやNの時750回転を下回っています(タコメーターの1000回転より、下の線より下でその次の線より上)Dの時は500回転くらいでしょうか
憶測でもかまわないので、原因がどこにあるか教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

車種や燃料供給の形式(キャブまたはインジェクション)が不明ですので、的確な答えはできませんが、現在の車はその多くがアイドル回転数の補正機構を備えています。これはエンジンに対する負荷が変化した場合にも安定したアイドリング保つためと、アイドリングで消費する燃料を可能な限り減らすためで、無負荷(PまたはNレンジ。エアコンなどはすべてオフ)の状態では燃料の消費を目一杯低く抑えるセッティングになっています。この状態でシフトを操作したり、電気を使ったり、エアコンを動作させたりすると、目一杯燃料消費を控えたセッティングのままでは、エンジンの回転が落ち込んだり、とまってしまいます。そこで、これらの状況に合わせてアイドリング回転数を自動的に調整する機構がついているのです。これらの装置には幾通りかの方法があり、単純にアクセルをちょっとだけ開けてやる方法や、電子制御によりアクセルとは別の通路で空気を供給してやる方法などがあります。また、これらの機構の取り付け位置も車種ごとにさまざまですし、調整方法(自動調整で外部からの調整ができないものも多い)もさまざまです。

これらの装置をガソリンスタンドで調整ができるとはちょっと考えにくいのですが・・・アイドリングポートなどの清掃でも、単に外部からケミカル剤等を使用しての清掃ではなかなか綺麗になるものではありません。スロットルボディーなどの分解作業となると普通のスタンドではお手上げでしょう。

形式やエンジン形式(車検証に記載してあります)などをお知らせ願えれば、もう少し具体的に説明できるかもしれません。

車種や燃料供給の形式(キャブまたはインジェクション)が不明ですので、的確な答えはできませんが、現在の車はその多くがアイドル回転数の補正機構を備えています。これはエンジンに対する負荷が変化した場合にも安定したアイドリング保つためと、アイドリングで消費する燃料を可能な限り減らすためで、無負荷(PまたはNレンジ。エアコンなどはすべてオフ)の状態では燃料の消費を目一杯低く抑えるセッティングになっています。この状態でシフトを操作したり、電気を使ったり、エアコンを動作させたりすると、...続きを読む

Q一旦停止時にアイドリングが不安定になりエンストする(軽AT車)

この前から信号待ちや減速時・発進時になるとアイドリングが不規則不安定になり今にも止まりそうだったのが、昨日とうとう止まってしまいました。
ギアをNに入れエンジンをかけ直すとすぐにかかるものの、アクセルを踏んで回転数を上げないとまたすぐエンストする状態で、自動車工場に持っていくと
「プラグコード交換」「アイドリング調整」「バッテリー新品交換」
となりました。しかし今日乗っているとまたエンストします。
(今日は工場が休みだった)
このような場合、他にどんな原因が考えられるでしょうか?ちなみに車は

●スズキアルトバン平成10年式 HC11V 走行距離68000km

2ヶ月前に譲り受けたものです。一応また明日工場に持っていきますが、原因を知りたいのでよろしくお願いします。m(_ _)m

Aベストアンサー

>自動車工場に持っていくと
これはスズキのディーラーということでしょうか。それとも単なる○○自動車のようなものでしょうか。

実は私スバルの車(AT)に乗ってまして、一時期信号待ちでエンストするようになりました。止まるときはゆーっくりと止まらないとエンスト。発進時も回転が落ちながらも発進という怖い状態でした。
ガソリンスタンドではカーボン除去剤を入れたり、オートバックスでオイル交換をしたりといろいろやりましたが、改善しませんでした。
あまり回転を上げないでおとなしく乗ってるとダメですよ。とも言われ、時々回転を上げたりもしましたが、やっぱりダメでした。

結局スバルへ持っていくと「エアーフローセンサー」の交換という事で、すぐに直りました。
やはり同じ車種を多く扱っているだけあって、不具合もよく分かるようです。もっとも不良部品だったのかもしれませんが…、無料で交換するところを見るとたぶんそうなのでしょう。

こういうケースもありますから、一般の自動車修理工場では分からない場合も多いです。スズキのお店に持っていくことをお薦めします。
すでにそうされているのなら、聞き流して下さい。

>自動車工場に持っていくと
これはスズキのディーラーということでしょうか。それとも単なる○○自動車のようなものでしょうか。

実は私スバルの車(AT)に乗ってまして、一時期信号待ちでエンストするようになりました。止まるときはゆーっくりと止まらないとエンスト。発進時も回転が落ちながらも発進という怖い状態でした。
ガソリンスタンドではカーボン除去剤を入れたり、オートバックスでオイル交換をしたりといろいろやりましたが、改善しませんでした。
あまり回転を上げないでおとなしく乗ってるとダ...続きを読む

Q正常な車は絶対バッテリーランプは点灯しませんか?

先日雨の夜、渋滞の中をのろのろ走っているとTVが消えたりバッテリーランプ点灯したりしました。
殆どアイドリング状態でエアコン、フォグランプ、ワイパー、TV、ヘッドライトを長時間点けていたのですが正常な車は問題にならないですよね。
念のため、まっすぐに家に帰りエンジンを再始動してみましたが、問題なくセルは回りました。
一体何が悪かったのでしょうか。それともこんな事は普通に起こりますか。

Aベストアンサー

正常な状態ならば尚のことアイドリング状態で長い時間電気をいっぱい使っているとランプは点きますね。バッテリーの電圧が
著しく低下した意味でランプは点くのですから、普通に走行していてランプが点いたのなら異常と言えますがその状態は極正常だと思います。家に帰るのに走ったからバッテリーを充電したのでバッテリーの電圧が上がったのでランプは点かなくなったのでしょうし、その為にセルは回ったのです。ランプの点いた状態でエンジンが止まったら帰れなくなる所でしたね。

Qエアコンを使うとエンストするけどなにが原因?(AT車)

 昨年の夏から日中の熱い車内でエアコンを使うと、たまにエンストすることがあります。
 詳しい症状は、
1、エアコンをつけてもあまり涼しくならない。
2、エアコンを使ってしばらくすると、助手席後ろあたりから変な音が繰り返  し鳴り、それと同時に回転数?が上がったり下がったりする。
3、2の状態でドライブで信号待ちしていると振動が起こり、それが強くなる  とエンストすることがある。
4、夜など涼しい時には2や3の症状がでにくい。逆に暑い日ほどでやすい。
5、エアコンを強くするほど症状がでる。
6、補足でバッテリーが古い、等。

 バッテリーが古いので交換すれば直りますか?
 早い話がディーラーとか行けばいいんですけど、考えられる原因を少しは知っといたほうがいいと思いまして。昨年ガソリンを入れるついでにスタンドで診てもらったのですけど、ガスとか入れただけで結局直りませんでした。
 車には素人に近いので抽象的な説明ですいません。逆にできるだけ、素人にもわかりやすい回答をしてもらえると嬉しいいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

エアコンを入れたときは、エンジンの回転が多少上昇するように出来ています。(高級車の場合自動補正する物もあるようですが) その理由として、エアコンのコンプレッサー(エアコンガスを圧縮するポンプ)によってエンジンの負荷が増え、アイドリングのような通常無負荷状態の回転数ではエンストしてしまうから。 それを補正するためにアイドリングの回転数を上昇させる部品があります。 この部品が故障すると回転数を上げることが出来ず、いつものアイドリングよりも回転数が下がってエンジンの振動が出やすくなります。

1についてはエアコンガスの圧力が低下していることが主な原因と思われます。 整備工場や、大手カー洋品店で充填することが出来ますが、できるだけ外気温が高い日に持込んだほうが作業がしやすくなり、エアコンの利きも良くなる可能性があります。 最近エアコンガスを入れたばかりという場合は、ガス漏れかガスの入れ過ぎの両面が考えられます。 また、最も基本的な確認場所としてはベルトの張りを見てください。 張りが弱い場合、エアコン、充電ともに能力が低下します。

2の助手席の後ろあたりから変な音がするというのは、エンジンの振動がマフラーに伝わって、極端に震えているのではないかと思います。 試しにエアコンをかけた状態で車の後ろに回ってマフラーを見てみましょう。 ブルンブルンと揺れているはずです。

3は、AT車特有の車は止まっているけどエンジンに負担がかかっている状態(ドライブレンジに入れっぱなし)で更にエアコンの影響から回転が下がってますからエンストしやすくなります。

4の場合、エアコンが適正な温度以下になると自動的に切れるように出来ているので、コンプレッサーによる負荷が減少することが要因と思われます。

5では、強くすればそれだけ送風ファンの消費電力が大きくなるので、その電力を補う為に、オルタネーター(発電機)の負荷が大きくなり、エンジンの回転数も下がりやすくなります。 また、回転が下がると充電効率も下がり、電圧が低下して、バッテリーに大きな負担をかけます。

6のバッテリーが古いの判断は、エンジンをかけようとしたときにスターターの回転が一息つくような症状が出たら即交換です。 場合によってはオルタネーターの劣化の可能性もありますが、バッテリーを2年以上使っている場合は交換したほうが無難です。 オルタネーターの充電能力は、ガソリンスタンドや、整備工場、ディーラーなどで簡単に確認できますし、車検時に確認している『はず』です。

自分で確認できる場所
1.ベルトの緩み(車の取扱説明書に規定の張り具合が指定されている)
2.常にエンジンが軽快に始動する場合、バッテリー、オルタネーターはOK。
3.エンジンをかけてエアコンを使わない状態で問題なく安定しているか?
4.エアコンを作動させてインテークパイプ周り(エアクリーナーからエンジンまで)で、エアコンを使わなかったときにはなかった『シュー』というスプレーを吹いているような音が連続的に出ていないか。 出ていればエンジン制御用の(ゴム)パイプに問題があるので即整備工場へ。(プラスチック製の配線が繋がった部品から音が出ている場合は正常)

エアコンを入れたときは、エンジンの回転が多少上昇するように出来ています。(高級車の場合自動補正する物もあるようですが) その理由として、エアコンのコンプレッサー(エアコンガスを圧縮するポンプ)によってエンジンの負荷が増え、アイドリングのような通常無負荷状態の回転数ではエンストしてしまうから。 それを補正するためにアイドリングの回転数を上昇させる部品があります。 この部品が故障すると回転数を上げることが出来ず、いつものアイドリングよりも回転数が下がってエンジンの振動が出やすくな...続きを読む


人気Q&Aランキング