住宅ローン金利は今後上昇するでしょうか?
最近、量的緩和の解除、ゼロ金利政策の廃止など報道されています。
1.短期金利と長期金利との連動性がありますか?
2.長期金利と住宅ローン金利がなぜ関係するのかを教えてください。
3.日銀は民間銀行に融資をしているのでしょうか?
融資をしている場合は現時点でどの位の金利水準でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

0.上昇する可能性は濃厚です。



まず,短期金利と長期金利は,1で見るように連動しています。

短期金利はゼロ金利政策で(マイナス金利が不可能なため)下限に達しており,さらに下落する要素は見当たりません。そこで,短期金利は中長期的には上昇するしかないでしょうが、それに連動して長期金利も上昇するという見方が自然です。

きっかけはゼロ金利政策の解除でしょう。なお,ゼロ金利政策は,「消費者物価指数(生鮮食品を除く)の前年比上昇率が安定的にゼロ%以上となるまで継続する」と日銀が公約しています。

現在は前年比マイナスの数字がまだありますが,最近の原油高をきっかけに,燃料費や輸送費がかなり上昇していますから,プラスに転じて安定化するのも時間の問題でしょう。年単位での将来には,解除の条件が整いつつあります。

1.連動しています。
今後n年の短期金利がr_1, r_2, …,r_nと推移するとして,このn年間に対応する長期金利をRとすると,適当な近似の下で,
(r_1+r_2+…+r_n)/n=R
が成立します。これは,短期金利での運用を繰り返しても,長期金利で運用したときと,結果が変わらないという条件から導けます。(そうでなければ,有利な方での運用だけになり,他方が市場に存在しなくなりますのでね)

例えば,10年ものの長期金利は,これから10年間の短期金利の推移の平均値になります。

これによれば,短期金利の上昇とともに,長期金利は,それよりは緩やかながら上昇することになりますね。

また,今後の金利が上昇するか下落するかを予測する指標として,長期金利と短期金利の差が使えることもわかります。この差が大きければ,金利が上昇することが予測されています。

これをグラフに表したものをイールド・カーブといい,この傾きが急ならば市場は金利上昇を予測しているし,緩やかならば市場は金利はそれほど上昇しないものと予測しています。実務家や専門家が金利予測をするときには,イールドカーブが基礎的な道具です。

Bloombergの,マーケット・データ>金利/債券を見ると,グラフが描かれます。(いつもは描かれるのですが,今はちょっとグラフが出ませんね…)

2.住宅ローンを貸出す金融機関にとっては,一方で,長期金利で企業に貸付けたり,国債で運用する(実態は国に貸す)こともできますね。

お金の使い方に制約はありませんから,銀行は得な方に貸す(運用する)はずです。

もしあなたが銀行で,企業に貸す長期金利が6%に上がったとして,住宅ローン金利が2%のままなら,後者に貸すのはためらいますね。その分,どの銀行も後者の金利を上げるでしょう。なので,長期金利と住宅ローン金利は連動するわけです。

3.様々な金融調節手段の中で,事実上貸したのと同じ効果が発生しています。またそれを補完するように,金融機関ごとに一定の枠を決めて貸出せるロンバート貸出もあります。さらに破綻処理時に,特別融資という枠組みもあります。

オーバーナイトもののコールレート(金融機関が一晩お金を借りるときの金利)がゼロ!!となるように,じゃぶじゃぶに資金供給をしています,ということです。

この金利がゼロに張り付いているので,普通預金の金利などは(ネット銀行など運用方法が特殊なところを除いて)ほぼゼロになっています。

参考URL:http://www.bloomberg.co.jp/markets/rates.html
    • good
    • 0

当面、5年間くらい上らないと思っています。

国の借金(国債)770兆円、金利を上げるのは自殺行為(1%で7.7兆円の追加支出)ですから。
また、巷に住宅ローン破産者があふれます。
企業も銀行から融資を受けるのでなく、株式市場で資金調達します。ホリエモンのような経営者が増えますので、この傾向は強くなります。
日銀がこれだけお金を余らせても、バブルが起きないのは、なぜでしょう。
住宅ローンも銀行間の競争原理が働くので、邯鄲には上げられません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日米金利差についてお尋ねします。米国の量的緩和

縮小が決定されました。これにより日米の金利差が拡大し、益々円安に働くとの記事を読みました。この理屈に関して、易しくご説明願います。

Aベストアンサー

簡単に言えば、
米ドルの方が円に比べて金利が良くならからです。
米ドルで預金しておいた方が得だと思って、円でドルを
買って預金する人が増えると思われているからです。

身近な例だと日本の各銀行でも外貨預金(ドル)の
利率を上げてくる(特に定期預金)と思います。

もう少し正確に言うと、短期の金利差を得るための
キャリートレードという投資があります。
それで円を売りドル買いが増えると思われています。

FXなどの為替の信用取引で円でドル買いをすると
ドルの金利から円の金利を引いた文字通り、
金利差が毎日利益として入ってきます。

例えば1000万円の元手で100万ドルの買い(ロング)
をすると現在1日600円ぐらい利益になりますが、
今後日に日にこの額は上がっていくでしょう。
このぐらい低金利ですと金利は2~3倍にすぐなります。
年間で数十万の差が出るのでドルを元手にして
おかない手はないと思う投資家が増えるのです。

しかし金利差だけで円安になるとは限りません。
それでしたら、オーストラリアドルやブラジルレアルの
方が桁違いに金利が高いです。
各国の経済状況や投資家の思惑で状況はすぐ変わります。

大きな流れ程度に考えておいた方がよいでしょう。

いかがでしょうか?

簡単に言えば、
米ドルの方が円に比べて金利が良くならからです。
米ドルで預金しておいた方が得だと思って、円でドルを
買って預金する人が増えると思われているからです。

身近な例だと日本の各銀行でも外貨預金(ドル)の
利率を上げてくる(特に定期預金)と思います。

もう少し正確に言うと、短期の金利差を得るための
キャリートレードという投資があります。
それで円を売りドル買いが増えると思われています。

FXなどの為替の信用取引で円でドル買いをすると
ドルの金利から円の金利を引いた文字通り、...続きを読む

Q量的緩和解除の住宅ローンへの影響(今から借ります)

量的緩和解除に関するトピックは沢山出ていますが、これから借りる場合の話が上手く見つけられなかったので新たに質問させて頂きます。

今年、来年辺りに家を新築しようと思ってまして、当然ながら住宅ローンをする事になります。

で、最近たくさん量的緩和解除のニュースがやっていまして、2500万借りてて1%上がったら700万借金が増えるみたいな話があった(細かい数字は忘れました)のですごく焦ったのですが、実際の所、それが住宅ローンに反映されるのはいつ頃なのでしょうか?

この春から上がりそうだとか来年辺りだろうとか、、全く無知で分からないのですが、銀行関係などで詳しい方いらっしゃいますでしょうか?
同じ借りるのに例えば1%上がってからと上がる前で総支払額が700万違うなんてビックリするような話なので、なんとか今のうちに借りたいのですが。

Aベストアンサー

こんにちわ!家を買っている最中のものです。

金額については、銀行・信用金庫などで、ローンシュミレータがあるので試してみてはどうでしょう?

ご参考までに、
2500万円 2.1% 35年ローンで総額35,324,000円
2500万円 3.1% 35年ローンで総額40,998,000円
となります。月々の支払いも
84,105円と97,700円になりますので、結構差が出ると思いますよ。
利子の計算でも、年間で約50万と75万円ですから、初年度の利子では、25万円もの差が出ます。

銀行の話では、すでに金利は0.1%の単位で上がっているということです。4月にももう少し上がるのでは?との事でした。相談に行かれるとわかると思いますが、住宅ローンの金利の見直しは、毎月です。

>今年、来年辺りに家を新築しようと思ってまして
ということですが、今と来年では、金利の差は大きいこと間違いありません。

ちなみに、現在、量的緩和解除の動きとマンションの耐震偽造から、今年の春は、一軒家が売れている&売りに出されているということを聞きました。

また、住宅ローン控除も止める動きが出てきています。いずれにせよ、時間が経つほど、ハードルが高くなるように感じます。

出来るだけ早い購入をお勧めします。
夢の一軒家目指してがんばってください!

参考URL:http://www.mizuhobank.co.jp/cgi-bin/loan/payment.cgi

こんにちわ!家を買っている最中のものです。

金額については、銀行・信用金庫などで、ローンシュミレータがあるので試してみてはどうでしょう?

ご参考までに、
2500万円 2.1% 35年ローンで総額35,324,000円
2500万円 3.1% 35年ローンで総額40,998,000円
となります。月々の支払いも
84,105円と97,700円になりますので、結構差が出ると思いますよ。
利子の計算でも、年間で約50万と75万円ですから、初年度の利子では、25万円もの差が出ます。

銀行の話では、すでに金利は0.1%の単位で上がっ...続きを読む

Q量的緩和解除による住宅ローンへの影響

量的緩和解除による住宅ローンへの影響が心配です。
当方残31年ローン・返済額32000000円・現在変動型1.57%
です。子どもは、大学生二人です。
量的緩和解除と報道されていますが変動から固定に借り換えされるかたが多いと聞いていますが
やはり先行きの不安がある場合、固定に借り替えるべきでしょうか?
こういうことに関して全くの素人です、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

10年後、20年後の金利は、誰も正確に予測することはできません。

しかし、現在の低金利は歴史的にみて、異常であり、この低金利が、今後、10年、20年続くことはまずないと予想しています。いつかは、金利は上がります。ただ、いつ金利が上がるのか、また、どれだけ上がるのかが分からないだけだと思っています。

長期の固定に借り替えるのが無難と思います。ただし、このご判断は、自己責任で。

Q住宅ローン:固定金利か変動金利か?

はじめまして。現在賃貸マンション(家賃11万円)に住んでおりますが、以前から狙っていた物件が売りに出たのをきっかけに中古マンションの購入を考えています。
そこで住宅ローンを組むにあたり、固定金利か変動金利、もしくは両方を組み入れる方法と迷っています。アドバイスを頂けますか?

・3500万円借り入れ予定
・期間は35年
・変動金利:1.075%(金利優遇適用)
 固定金利:3.1%
・ボーナス返済はなし
・主人年収:700万(私は専業主婦でまだ子供はいません)

今の気持ちでは35年変動金利で組み、毎月の支払いを少なくした上で貯金し繰り上げ返済にまわせればと思っていますが、やはり変動だと今後金利が上昇した場合(今よりは上がると考えています)を考えると不安も残ります。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

固定金利、変動金利どちらを選ぶにしても、最低限高い方の金利でも払っていけるローンにすることをお勧めします。今なら、固定金利でも無理なく払っていける試算になっているかどうかです。変動金利でしか払っていけないという理由で選択するようでは、金利が上がった時に破綻して借金だけが残ることにもなりかねませんから。固定金利でも払っていける試算なら、変動金利を選んでもその差額を貯蓄しておくことによって、将来の金利上昇で返済額が上がった時にも対処出来る可能性があります(あくまでリスクが減るだけで、予想した以上に上がれば破綻の可能性はあります)。
無理なく払っていける試算としては、年収の25%程度の返済額にし、定年まで(35年ローンなら現在25才位?)の全期間固定金利ローンというのを目安にすれば良いと思います。
http://www.eloan.co.jp/simulation/index.html
頭金も20~30%程度あれば、ローン残高>家の時価になりにくいので、いざという時に売却しても借金が残らず清算出来ます。この他に、生活費の半年分以上も常に置いておきましょう。
年齢が分かりませんが、収入と借入金、返済年数だけで考えれば先ず問題無いと思います。ただ、定年以降の返済があるようなら、よく考えた方が良いでしょうか。

今の気持ちでは35年変動金利で組み、毎月の支払いを少なくした上で貯金し繰り上げ返済にまわせればと思っていますが、やはり変動だと今後金利が上昇した場合(今よりは上がると考えています)を考えると不安も残ります。>
金利上昇時に期間短縮型の繰上返済では対処出来ないこともあるので、返済額軽減型も選択出来るローンにしておきましょう。
将来の金利は誰にも予測出来ませんが、今は底だというのはほぼ間違いないと思いますので、これからは上がるかそのままかの可能性が高いでしょうか。あと、今までの傾向からすると、下がる時より上がる時の方が遥かに早いので注意してください。

固定金利、変動金利どちらを選ぶにしても、最低限高い方の金利でも払っていけるローンにすることをお勧めします。今なら、固定金利でも無理なく払っていける試算になっているかどうかです。変動金利でしか払っていけないという理由で選択するようでは、金利が上がった時に破綻して借金だけが残ることにもなりかねませんから。固定金利でも払っていける試算なら、変動金利を選んでもその差額を貯蓄しておくことによって、将来の金利上昇で返済額が上がった時にも対処出来る可能性があります(あくまでリスクが減る...続きを読む

Q住宅ローンの借り換え金利の事で(ゼロ金利解除)

ゼロ金利解除という事でビックリして借り換えを検討しているものです

現在住宅金融公庫から年率2.6%で借りています
家を建てて7年目です。
10年間固定金利で2.6%で借りていて
10年後からは4.0%になってしまいます
ですのであと3年後から4.0%に金利が上がってしまいます。

あと借金が1000万円あります。
10年固定金利で借り替えようと思っているのですが、
10年固定金利で一番金利が低い銀行はどこになるのでしょうか?

Aベストアンサー

金融機関に勤務しており、以前、住宅ローン(プロパー、住宅金融公庫とも)を担当したこともあり、現在は、金利商品による資金運用を担当している者です。
ですから、このゼロ金利政策の解除は大変身近なものでした。

まず、10年固定の店頭表示金利は、
みずほ銀行:3.75、三菱東京UFJ銀行:3.90、三井住友銀行:3.75、りそな銀行:3.85、埼玉りそな銀行:3.85、群馬銀行:3.90、足利銀行:3.90、常陽銀行:3.90、千葉銀行:3.90、横浜銀行:3.75、八十二銀行:3.65、北陸銀行:3.90、静岡銀行:4.00、広島銀行:3.70、福岡銀行:3.90-などです。
ですが、実際の適用金利は、銀行の提示する条件をOKしたり、キャンペーンがあったりしますので分かりません。
ですから、「一番金利が低い銀行」がどこかも分かりません。
ましてや、ご質問者さまがどこにお住まいかも分かりませんし、ご質問者さま自身が、最優遇金利適用の条件を備えていらっしゃるのかも分かりませんから、この場で「一番金利が低い銀行」を探そうとしても無理だと思います。
また、場合によっては、交渉次第で金利が下がる-ということもありますので…。
まずは、
(1) 住宅金融公庫お借り入れの窓口となっている金融機関の「借り換え」に対応した住宅ローンの、10年固定の金利がどの程度なのか
(2) 比較的金利を低めに設定しているという、地元の「信用金庫」や「JA(農協)」の「借り換え」に対応した住宅ローンの、10年固定の金利がどの程度なのか
を調べてみてください。
このほか、メガバンクなどはホームページでも最優遇金利を調べることができますので、そちらで調べて、この3つを比較し、競合させてみてください。
おそらくは、どこかから結構いい条件が出てくると思いますよ。

なお、ゼロ金利解除になったからといって、そんなに慌てる必要はありません。
住宅ローン金利は、既に3月の量的緩和政策解除の少し前から上がっており、普通預金金利のように、ゼロ金利解除になったから「それっ!」とばかりに上がるものではありませんので。

ところで、現在お借り入れ中の住宅金融公庫ですが、2.60%でのお借り入れ-ということは、1999(平成11)年7月21日以降10月31日までのお申込ですね。
住宅の種類が分からないので、初回返済日がいつなのかの見当もつきませんが、35年返済ならば1150万円程度の借り入れ、15年返済ならば1700万円程度の借り入れといったところですね(繰上返済をしていなければ)。

・当初借入額…○○○○万円(うちボーナス返済分○○○万円)
・初回返済日
・返済期間
・これまでの繰上返済履歴
の情報がいただければアドヴァイスもしやすいのですが…。

でも、一般的に考えるのならば…。
えっと…。
債務残高は1000万円程度なんですよね?
ならば、あえて借り換えをされる必要はないと思うのですが…。

先ほどの情報をご提示いただければ、もう少し詳しく計算してアドヴァイスを差し上げられると思います。
ただ、そこまで詳しく計算しなくても、債務残高が1000万円で、現在2.60%での借り入れ、11年目から4.0%ならば、借り換えの必要性はないと考えられます。
10年固定での借り換えを検討されているということは、それまでに返済期間が終了する-ということだと推察しますし。

金融機関に勤務しており、以前、住宅ローン(プロパー、住宅金融公庫とも)を担当したこともあり、現在は、金利商品による資金運用を担当している者です。
ですから、このゼロ金利政策の解除は大変身近なものでした。

まず、10年固定の店頭表示金利は、
みずほ銀行:3.75、三菱東京UFJ銀行:3.90、三井住友銀行:3.75、りそな銀行:3.85、埼玉りそな銀行:3.85、群馬銀行:3.90、足利銀行:3.90、常陽銀行:3.90、千葉銀行:3.90、横浜銀行:3.75、八十二銀行:3.65、北陸銀行:3.90、静岡銀行:4.00、広島銀...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報