徳川家康が、一時的にでも「豊臣家康」を名乗ったかどうか教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

名乗ってはいないと思います。


公式文書で源家康と名乗ったことはあるらしいけど。
    • good
    • 0

私なりの解釈です。


姓とは別に氏(うじ)というのが日本古来より存在しました。この関係を簡単に説明しますと、源氏の支族で下野のくにの足利に住み着いた一族が性を足利と名乗ります。この場合例えば勅旨の使者と対面するなど正式な儀典の場においては源尊氏という名乗りをします。したがって摂関藤原や源氏などの嫡流の場合は氏姓同姓となるわけです。そして古来多々あった物部や蘇我といった氏族は権力争いのなかで敗れたために(一部少数の橘氏をのぞいて)一族婦女子にいたるまで藤原氏によって抹殺されます。
それとは別に、天皇家の支族で親王や内親王といった人たちからさらに枝葉のひろがった一族がそれぞれ天皇の許しを得て源もしくは平の氏を名乗ります。ただし、ひとつ源の嫡流がほろんだ後に別の一族が貰い受けるシステムです。例えば嵯峨天皇の末裔が源氏を名乗りますが、この嵯峨源氏は絶えてしまいます。(傍流である渡辺氏は残りますが、)そしてまた別の一族が源氏を賜るわけです。こうして清和源氏と桓武平氏がうまれました。
やがて日本を統一した源頼朝は後白河法王との駆け引きによって鎌倉に幕府を開きますが、この後征夷大将軍と開幕は源氏のみにゆるされることになります。
前置きが長くなりましたが、戦国の世になってもこのおきてはくずされませんでした。どうつくろっても源氏を名乗ることが不可能な羽柴秀吉は開幕をあきらめ、せめて最高位である正一位関白になるためにまずは殿上人の条件である氏を名乗ろうとします。当然そのためには家系図の工作やいろいろな運動が必要となってきます。そして彼は一時にそれを解決しました。当時源平藤橘のみであった氏をもうひとつ増やします。それが豊臣です。
一族の少なかった秀吉は親戚を増やすために、木下や羽柴の姓を次々と人にあたえます。のみならずこの豊臣をも何人にも分け与えたようです。ただし、この豊臣の場合、普段の名乗りに使わなくても氏であるとすれば家康が豊臣をもらいながらも普段の名乗りに徳川を名乗っていても不思議はないわけです。
やがて、家康は開幕のために家系図をつくり源氏である(もともと地頭であった松平氏にはそれが可能でした)ということにします。
家康は自分の天下統一の妨げであった秀吉をひどくにくみ、彼の墓石のあった阿弥陀が峰を暴きます。また歴史書も書き換えられ公文書であるはずの三河物語でさえ随分と信用のおけない記述もあるようです。したがって、想像上、豊臣家康はあるとは思いますが、おそらく史書として残っているものはないのではないでしょうか。
    • good
    • 0

 「ちょっと、かするかも…」という程度の情報提供です。


 池波正太郎の「真田太平記」で、晩年にさしかかった秀吉が、毛利や蒲生など、主だった大名・有力家臣に「羽柴の氏と豊臣の姓を与え、縁戚関係を結んだ」という描写を複数箇所で目にしました。
 秀吉は、極めて低い身分からおのれの才覚のみで位人臣を極めた人です。それが大きなセールスポイントであると同時に、実は最大の弱点でもあった。…つまり、「ロクな家柄じゃない」ということが、隠れもなく明白だったということです。そのため、これを少しでもカバーするために、多少でも家格の高い者や力のある者と結びつきたかった、という感じで書かれていました。
 記憶が定かではありませんが、家康に関しても同様の措置をとったとの描写があったように思います。すなわち、
 《豊臣家康はありうる》…かも?
ってことです。

 あの時代、けっこう「家名」って大事だったはずです。そもそも、秀吉が関白になれたのも(藤原摂関家の者しかなれないはずなのに!)、近衛前久と養子縁組した結果です(それ以後、秀吉は「藤原」姓を名乗っている)。ちなみに、その前には征夷大将軍になろうとして、足利義昭に養子縁組を申し入れて、断られています。もしこれが実現していたら、「足利秀吉」とか「源秀吉」もありえたわけです。(そうそう、信長だって「平」や「藤原」の姓を名乗った時期があるんです。桶狭間に際して熱田神社に参詣した折は「平」でした。「織田」じゃなくて。)

 …ということで、一般の歴史教科書や研究書が取り上げていないだけで、実は「豊臣家康」というのも、例えば手紙の署名などでは使われていたかもしれません。
 もし使われていたとしたら、時期としては、秀吉が「豊臣」を名乗る1586年から没する1598年までの間でしょう。

 直接の回答でなくてごめんなさい。できれば、お詳しい方の補足を願います。
 では。
    • good
    • 0

 調べてみましたが、あまりズバっと書かれている資料に巡り合えませんでした。

ごめんなさい。
 結論として、ない、でしょう(微妙なのですが…)。
 豊臣家康ということは、養子縁組ですよね。当時の状況、そして家康と秀吉は出自を考えても明らかに、その養子縁組を行う可能性は皆無に近いと思います。
 あまりお役に立てなくて、もうしわけありません。_(._.)_
    • good
    • 0

 わたしの知っている限りでは、名乗っていません。


 豊臣秀吉と同じ姓を名乗っても、家康には益がないと思います。
 私自身興味があるので、もうすこし調べてみます。きっとなんらかの詳しい解答ができると思うので、少し待って下さい(^.^)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本政府の家紋について

パスポートを見ると、表紙には菊の御紋、証明写真のページには五七の桐の家紋が印刷されております。
私の認識では、菊の御紋は天皇家の家紋、五七の桐は日本政府の家紋であると認識しておるのですが、間違いでしょうか。

また、五七の桐が日本政府の家紋だったとして、なぜ豊臣家の家紋が日本政府の家紋として使われるようになったのか、由来についてご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

実際には、菊のご紋(花弁が十六弁)が天皇家の表紋で、五七の桐が裏紋ということのようです。
ですから、たしかに菊のご紋は天皇家(正確には天皇、宮家は弁の数が違います)の紋として使われ、五七の桐は、天皇家や政府機関、皇宮警察も使っているようです。
そのいきさつは、参考URLのページを見てください。

なお、五七の桐は、豊臣家だけでなく、吉良家(忠臣蔵の)など、天皇から武将に下賜される性質のものだったようです。
ですから、政府が豊臣家の紋を使っているわけではありません。

参考URL:http://www.meijijingu.or.jp/intro/qa/16.htm

Q織田信長・徳川家康・豊臣秀吉 この3人をまとめてなんと言いますか? 歴史は苦手なもので…この3人はた

織田信長・徳川家康・豊臣秀吉
この3人をまとめてなんと言いますか?
歴史は苦手なもので…この3人はたしか、天下統一を目指していた方ですよね?

その辺を詳しく教えていただきたいです!!

Aベストアンサー

「(戦国)三英傑」でいいと思います。

Q政府と豊臣家は関係あるのですか?

記者会見やスピーチなどのテーブルに、豊臣秀吉の家紋?が書かれているようにおもわれるのですが、何か関係があるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

豊臣家の紋は朝廷から下賜されたものでもともとは日本国・天皇家の紋ですので、政府がその紋を使っているのです。

Q織田信長と豊臣秀吉と徳川家康。

 江戸幕府を開き長年国内の統治に成功した徳川家康ですが、彼はどうして幕府を開き、政治を安定させる事ができたんでしょうか?。
 その前に織田信長と豊臣秀吉は全国を実質的に統治できましたが、どうして幕府を開いて、政府を作り全国を長年に統治できなかったんでしょうか?。
 そもそも、幕府って何ですか?。朝廷から任命されるんでしょうか?。
 

Aベストアンサー

本来、幕府とは将軍(征夷大将軍を含む)の居場所を指す言葉でした

それから転じて、征夷大将軍の政権機構を幕府と言うようになったのです

将軍は、天皇から将軍宣下を受けて、将軍となったのです
他の回答にもあるように令外の官です、令外の官とは律令に規定されていない役を称します、また、臨時に置かれる官で、その任務が終われれば解かれました

平安時代の征夷大将軍からの歴史を紐解いてください

このようなことは、歴史の経緯が判らなくて、その部分だけを抜き出したのでは全く理解することが出来ません

いろいろな事象は、突然起こるのではなく、歴史の流れの中のわずかなうねり、それがだんだんに大きくなって、あるとき、突然大きな事象となって現れます

ある瞬間を見るのではなく、流れで見ることを心がけてください

Q【日本史・家紋の謎】江戸時代に300藩があって300藩主にはそれぞれの家紋があったわけだが、300藩

【日本史・家紋の謎】江戸時代に300藩があって300藩主にはそれぞれの家紋があったわけだが、300藩に同じ家紋の藩があるのはなぜですか?

しかも遠い地域の藩に同じ家紋がある理由を教えてください。

隣りの藩が同じ家紋はあり得るがなぜ遠い他の地に同じ家紋が点在しているのか。藩名も共通点がなく全然違う。

それと現在の各家庭には冠婚葬祭時に着る和服にそれぞれの家紋を持っている。

この現在の家紋は江戸時代の藩の家紋が引き継がれているのでしょうか?

今の家庭の家紋を見れば、江戸時代にどこの藩に仕えていたか分かる?

けど江戸時代の300藩の家紋に存在しない家紋を使っている家庭もある。

江戸時代に存在しなかった家紋が江戸時代以降に作られて自分の家族の家紋として使っているのも不思議です。

藩制はなくなり藩はないのに存在しない藩の家紋をわざわざ作って今も疑いなく使っている家庭は何者なのでしょう?

Aベストアンサー

まず江戸時代300藩とは言いますが、分家や一族も別々に数えて300藩ですから、同じ家紋を持つ藩が有っても当然です。
また、功績を立てた部下には主君から何かしらの家紋を下賜された武将もあり、また他家と差別化を図るために家紋をゴージャスにするなど色々とあったようです。

江戸時代では士農工商の身分制度で、武士以外は苗字を名乗るのは公式には禁じられていましたが、
家紋は特に規制されていなかったようですね。遊女・芸人でも使用したと言いますね。
もちろん葵の御紋は禁止だと思いますが…。

Q江戸時代の水戸徳川家当主は、全員が、家康の11男・徳川頼房の男系の子孫?

江戸時代の水戸藩の藩主は全員が、徳川頼房の男系の子孫なのでしょうか?

江戸時代の水戸藩の藩主の全員が、家康の11男・徳川頼房の男系の子孫なのかどうかを教えてください。

Aベストアンサー

頼房以降はそうですが、頼房が水戸に入る前も水戸藩はありました。
ですので、江戸時代の最初の頃は違います。

Q家紋について

私達夫婦はお墓を建てることになり、家紋について色々と調べた結果新たに自分達の家の家紋を作ることにしました。
主人の話では、主人の実家には家紋がないとのことでした。
また私の実家では母が生家の家紋入りの喪服を着ていて、母の話では父の家紋がわからないとのことでした。

家紋を選ぶのはかなり大変なことで、どんな選び方をしたら良いかわかりません。
私たち夫婦の苗字は稲の意味を持つ漢字が使われているので、単純に稲穂のデザインのものがあるか知りたく、探しています。
家紋の選び方と稲穂の絵柄の家紋について何か参考になりますご意見をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

稲の家紋はここを見てください。
http://www.otomiya.com/kamon/plant/ine.htm

選び方なのですが、稲の家紋は他の家紋に比べて複雑です。
墓石に掘るときや着物に紋入れをするときに、業者にできるか否かを確認してください。
料金が高くなる程度なら良いのですが、紋を間違えたり、勝手に簡略化されたりします。

あまり複雑な家紋を選ばれたりしない方が良いと思います。

Qどうして豊臣秀吉は、関白。徳川家康は征夷大将軍

になったのでしょう。

官位につくには出自が重視されるので、豊臣秀吉は近衛家の養子になり、征夷大将軍に任ぜられようとしますが、これを自ら断り関白を任ぜられます。

関白は、天皇と協議して合意を取りながら政務を行う職として、慣例として天皇の代理人として天皇と太政官の政治的なやりとりについて事前に把握したり関与する権利があり、実質上、統制権をもつものと認識しています。

一方、徳川家康は清和源氏と称し、征夷大将軍に任じられます。征夷大将軍は、天皇勅令のもと、武家政権の長とする地位に任ぜられます。

当時は、武家の勢力が強く、朝廷は権威を保ってはいたけれど実質的な政権は武家勢力が握っていたものと推測しています。
そのため、官位については表向きは朝廷が任じようと、実は武士側の方で公家の養子になったりして出自を高貴なものにすれば選べたのではないかと考えています。
どうして、豊臣秀吉は、征夷大将軍職を断り、関白を選んだのでしょう?
そして徳川家康は関白ではなく征夷大将軍職を選んだのでしょう?
結局、その後の徳川家は幕府を設立し、禁中並公家諸法度を作成して朝廷を統制し、政治における実権を握ったことを考えると徳川家康は、武家の棟梁としての位を望んだのも頷けます。
しかし、豊臣秀吉も関白として同じことができたのではないかと思います。
自分の考えでは、豊臣秀吉は幕府を作ることは考えておらず、平安時代からあった摂関政治を狙っていたのではないかと推測します。
逆に徳川家康は武士の時代と考え、朝廷からの実質的な政権を奪うことをもくろみ征夷大将軍職についたのかと考えています。
自分には歴史の知識があまりないため、このあたりの政治的な部分に興味があり、いろいろ文献を読んだのですが、なかなか答えがだせません。
そのため、皆様のご高説を賜りたい次第です。

になったのでしょう。

官位につくには出自が重視されるので、豊臣秀吉は近衛家の養子になり、征夷大将軍に任ぜられようとしますが、これを自ら断り関白を任ぜられます。

関白は、天皇と協議して合意を取りながら政務を行う職として、慣例として天皇の代理人として天皇と太政官の政治的なやりとりについて事前に把握したり関与する権利があり、実質上、統制権をもつものと認識しています。

一方、徳川家康は清和源氏と称し、征夷大将軍に任じられます。征夷大将軍は、天皇勅令のもと、武家政権の長とする地位に...続きを読む

Aベストアンサー

kuwantan さん、こんばんわ。


平安時代からあった摂関政治を狙っていたのではないかと推測します。
その通りです。秀吉は日本を統一し、さらに朝廷から関白の官位を受けることでその権威をもって日本全国の大名を支配しました。
実は秀吉は小牧長久手の役の終わった時に朝廷から征夷大将軍の称号をうけるかどうか打診されていましたが、断りました。これはまだ、足利義昭が将軍の在職中であったため、遠慮したのだという説があります。また、一説に義昭の養子となるように工作したのですが、義昭が嫌ってうまくいかなかったという説があります。
ちなみに彼が辞職するのは天正16年になってからです。私も知りませんでした。
関白も棚から牡丹餅でなったのです。それについては関白相論を見てください。
どのみち、実力で天下の覇者になった秀吉としては官位が高いほど自分の権威が高まって行くと考えているだけで、それほど執着はしなかったのでしょう。


豊臣秀吉
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%8A%E8%87%A3%E7%A7%80%E5%90%89
足利義昭
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%B3%E5%88%A9%E7%BE%A9%E6%98%AD

関白相論
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E7%99%BD%E7%9B%B8%E8%AB%96

kuwantan さん、こんばんわ。


平安時代からあった摂関政治を狙っていたのではないかと推測します。
その通りです。秀吉は日本を統一し、さらに朝廷から関白の官位を受けることでその権威をもって日本全国の大名を支配しました。
実は秀吉は小牧長久手の役の終わった時に朝廷から征夷大将軍の称号をうけるかどうか打診されていましたが、断りました。これはまだ、足利義昭が将軍の在職中であったため、遠慮したのだという説があります。また、一説に義昭の養子となるように工作したのですが、義昭が嫌ってうまく...続きを読む

Q【蕎麦屋の家紋】そば屋が同じ家紋の理由を教えてください。そばぼうろも同じ家紋です

【蕎麦屋の家紋】そば屋が同じ家紋の理由を教えてください。

そばぼうろも同じ家紋です

Aベストアンサー

いやいや、なにか勘違いしていませんか?
そもそも蕎麦ぼうろといってもメーカーが違うし、家紋???
蕎麦屋だって藪と更科で違うし、ほかもバラバラ。

たまたま貴方のご覧になった所がのれんわけか何かで家紋も譲られたと言うだけかもしれないです。
家紋って代々受け継ぐわけではなく、けっこうやり取りしたり造ったりしていますからね。
我が家の家紋も叔母から授けられたものです(叔母は私の家系の本来の家紋だと言っていましたが)

Q織田信長・豊臣秀吉・徳川家康が行った事、功績を教えて下さい。

織田信長・豊臣秀吉・徳川家康が行った事、功績を教えて下さい。
サイトなどを見ても難しい言葉ばかりでよく分かりません。
簡単に分かりやすく詳しく3人を比較して書いてくださると嬉しいです。

Aベストアンサー

質問者様の意思を尊重して回答します。あいまいですが、ご了承ください。

☆織田信長
貿易の自由化、楽市楽座は大変な功績です。
能力主義で人材を登用した功績。⇒秀吉の登用。

☆豊臣秀吉
私的には、あまり功績は無いと思います。
基本的に、信長の遺志を引き継いだ人物。
子(後継者)に恵まれなかったのが、短命政権となってしまった。
やはり、家康の存在が大きすぎました。

☆徳川家康
戦国時代を終わらせたという功績。

すべては家康で終息しています。
脱線しますが、家康が「本能寺の変」の主犯格との一説もあります。
家康のブレーンに「天海」という人物がいました。
「天海」=「明智光秀」という説があります。明智光秀は生きていたという説です。

歴史に「たら」「れば」はないですが、織田政権とあるいは豊臣政権が続いていたらどうなっていただろうか?と思うとさらに興味が湧いてきます。


人気Q&Aランキング