社会学の授業で「パーソンズ型の変数理論のAGI図式に従って現代社会集団の特徴を述べよ」というお題を頂いたのですが、全くさっぱりわかりません。何から手をつけて良いのかさえ分からない状態です。どなたか文献収集の手がかりを下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

AGIL図式のことですね?



有斐閣『社会学小辞典』で、AGIL図式について調べましょう。
弘文堂の『社会学辞典』でも構いません。

『社会学の基礎知識』(有斐閣)にも詳細な解説が載っているはずです。

その上で、教科書として定番のギデンズ『社会学』(而立書房)、ブルーム、セルズニックほか『社会学』(ハーベスト社)、宮島喬編『現代社会学』(有斐閣)などを読まれてはいかがでしょうか(載っているという保証はありませんが)。
間違っても、パーソンズの原典を読んではいけません。
新睦人(あたらしむつんど)『社会学のあゆみ』(有斐閣)も必読文献かもしれません。

図式については、ほかの教科書や概説書でも紹介されています。ジェンダー論からは性別役割分業の肯定ということで、厳しい非難を浴びた図式です。

「社会学」という科目が一般教養なのか、専門科目の導入部分の科目なのか分からないので、これぐらいにしておきます。
図式については、暇があればまた別の質問で述べます。

ここは学生のアンチョコではないので、ヒントをちょこっと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございます。自分は理科系の大学生で一般教養科目で社会学があるのです。授業もテキストがないので…お題すら理解不可能な状態でしたので、本当にありがとうございます。AGIL図式(既にここから違っていたわけですね)ですね、一般の公立図書館で探しておいてあるのでしょうか、判りませんが探してみます。

お礼日時:2001/11/17 02:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q引用文献と参考文献の両方に、一つの文献を書いても良い?

卒業論文を書くにあたって質問があります。
論文の最後に「参考文献」と「注」を書くのですが、そこで迷ったことがあります。
「注」の欄に引用した文献を記載して、さらに同じ文献を「参考文献」として記載してもよいのでしょうか?
つまり、ひとつの文献を、「注(引用文献)」と「参考文献」の両方に書いてもだいじょうぶでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

両方書いても大丈夫でしょう。

引用した箇所に注を施して末尾に書くのは基本的なルールですが、その引用した箇所以外にも、その文献をすべて読み、その内容を自分で咀嚼した上で、論文中に内容を反映させたとしたとすれば、むしろ、参考文献として必ず挙げておくべきではないかと思います。

参考にしたのが引用した一箇所だけとか、その引用自体も論文の主旨からいえば些末なことであるならば、わざわざ参考文献として列記する必要はないと思いますが、重要な参考文献であると思うのであれば、参考文献として挙げればよいと思います。

私が卒業論文を書いたのはもう随分前のことですし、文系、理系、その他、学科の違いで引用文献の扱いも違うのではと思うので、あくまで参考ということで。

Q参考文献中の参考文献を参考にする?

レポートを書いているのですが参考文献の書き方に困っています。
ちょっとややこしくて説明になっているか不安ですが。。。

「(1)参考文献」として見つけたサイト中で
「(2)参考文献として取り扱われているサイト」の引用内容が参考になりました。

それを私の参考文献としてレポートに書くとき、どのように扱ったらいいのでしょうか?

大本の「(1)サイト」を題名・発行など、私のレポートの参考文献として書くだけでいいでしょうか?

それとも、その大本のサイトが参考にした「(2)サイト」を参考文献として書くべきなのでしょうか?

大本のサイトが参考にした「(2)サイト」を検索してみると、
会員制のみが見られる論文サイトのようで一般の人が見ることはできず、
結局、私が参考にできたのは、大本「(1)サイト」が参考にしたという引用部分だけです。

わかりにくてすみません。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

一般的には(2)を読んでから参考文献にあげるべきだと思います。

ただ、レポートであれば(1)が(2)を参照していたということを書けばいいと思いますよ。

あとは、(2)を読んでいないのに(2)を参考文献に上げて読んだように見せかけるといったことも実際にはやられているようです(いけないことだと思いますが)。

(2)の著者にメールなどを出来る手段があれば、問い合わせるといったこともいいのではないでしょうか?

QSS400 許容引張応力値 機械文献or建築文献 どちらを採用?

 SS400の各温度における許容引張応力は0°Cから350°Cにおいて100N/mm2(JIS G3101 1995)なので通常室温にて用いる際は100N/mm2と理解しています。
一方 一般構造用鋼材 許容応力(引張)は結果的に基準強度と同等で2400キログラム毎平方センチメートル(建築基準法令行令 第90条、昭和55年建設省告示第1794号)となっております。
つまり前者は10000N/cm2、後者は24000N/cm2 どうしてこんなに違うのでしょうか?
機械計算がらみの場合は前者を、建築物がらみの場合は後者の許容引張応力の値を使うことになるんでしょうか?

Aベストアンサー

なるほど、経験者の方でしたか。しかも圧力容器ですか。
私は全く設計したことがありません。(失礼しました)

私の持っている材力のテキストの「フープ応力」の例題を見ると
「板の引張強さを、40kg/mm^2として、安全率を4とする」と
なっていました。これぞ、まさに許容応力=100N/mm^2ですね。

そこで調べてみると、「圧力容器構造規格」なるものが見つかり
ました。(参考URLの第4条、一のイ ヤッター!)

あと他に、こんなものも見つかりました。
 ↓
http://www2u.biglobe.ne.jp/~xbm95632/hp110.htm
これは、ちょっと…という内容ですが、勉強になりますよ。
(ちょっと酔いますが)

では、失礼します。

参考URL:http://www.jaish.gr.jp/anzen/hor/hombun/hor1-10/hor1-10-4-1h1-0.htm

Qパーソンズの理論の影響とは

大学の授業で、
「タルコット・パーソンズの社会学理論が与えた影響(パーソンズ批判も含む)をもとに、パーソンズの社会学を批評せよ。」
という課題がでました。

パーソンズの理論とその前後に提唱された理論との関連性を指摘すればよいと思うのですが、特に理論同士の関連性が詳しい資料等がありましたら教えてください。

私は社会学ビギナーのため、入門書レベルだとありがたいです。

Aベストアンサー

パーソンズ理論の射程ということであれば、下記の書籍は読まれましたか。私はパーソンズ研究者ではありませんし、大学の授業の指針が分からないので何ともいえませんが、私自身勉強になりましたので参考までに。

>『パーソンズ・ルネッサンスへの招待』
>(富永健一編、勁草書房、2004)

パーソンズ流の機能主義の影響については、ハーバーマスのコミュニケーション理論以降の展開とか「ネオ機能主義」とかが基本線となると思います(あるいは、AGILとブルデューとかのフランス社会理論の関連とか)。

Q社会人の文献検索や取得方法

学生ならば、学術論文や文献や資料などが欲しい時には、
大学図書館に行けばすぐ手に入りますよね。
一般社会人になったら、どうやって手に入れたら良いのでしょうか?
また、論文の便利な検索方法も教えてください。
大学ならば、雑誌記事検索の契約をしていたりするので、
無料でいくらでも検索することができますよね。
いったい、社会人の人で研究などをしている人は、どうやってそういった論文や、
書籍を手に入れているのですか?

よい知恵をお持ちの方は、ぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

◆まずは、以下のサイトをご一読ください。
流れがつかめると思います。

◎[私家版] 市民のための情報収集法
http://reg.let.hokudai.ac.jp/miyauchi/joho.html


◆あと、以下は、ネットで得られる文献情報関連のサイトの一部です。
分野がわかりませんでしたので、とりあえず、ご参考までに。
(分野を補足いただければ、文献以外の資料などの探索情報を追加できるかもしれません)

◎「データベース集成」
http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/DB/

◎「インターネット学術情報インデックス」
http://resource.lib.u-tokyo.ac.jp/iri/url_search.cgi

◎学術雑誌目次速報データベース
http://www.nii.ac.jp/sokuho/index.html


#追加情報
この秋から、国会図書館のサービスが変わります。
ネット上から、雑誌記事索引(和雑誌分)の検索、文献複写の申し込みが可能になるそうです。
詳細は下記URLで。

国立国会図書館の遠隔利用サービス
(1) 蔵書目録の検索と資料の利用
http://www.ndl.go.jp/ndl_frm_site_6_0.html
http://www.ndl.go.jp/index.html

◆まずは、以下のサイトをご一読ください。
流れがつかめると思います。

◎[私家版] 市民のための情報収集法
http://reg.let.hokudai.ac.jp/miyauchi/joho.html


◆あと、以下は、ネットで得られる文献情報関連のサイトの一部です。
分野がわかりませんでしたので、とりあえず、ご参考までに。
(分野を補足いただければ、文献以外の資料などの探索情報を追加できるかもしれません)

◎「データベース集成」
http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/DB/

◎「インターネット学術情報インデック...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報