最新閲覧日:

建設関係の仕事をしているのですが、避雷針のアース線はなぜ鬼撚線を使うのでしょうか?。 鬼撚線とはいったいどんな意味があるのでしょう。

A 回答 (2件)

避雷針の役目はご存じだと思いますが、


この電流、ものすごく立ち上がりの早い大電流です。

で、この立ち上がりが鈍ってしまうと、避雷針としての
効果が半減します。
立ち上がりが鈍った分だけ、周囲にエネルギーがばらまかれます。

立ち上がり=高い周波数まで含むパルス電流(瞬間的な電流)です。
つまり、周波数特性の良い、太い線が必須なのですが、
ふつうの撚り線だとコイル成分があって、
高い周波数をうまく通してくれません。
で、それが少ない線を使っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

普段、接地抵抗ぐらいしか気に掛けないので、周波数特性という問題が絡んでいたとは思いませんでした。とても勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/20 00:58

饋電線(きでんせん)のことと思います。

饋電線とは、給電線(feedline)のことで、避雷針と接地との間の導線です。技術的に自信がありませんが、特に電線の仕様にかかる区別ではないと思います。発送電、電気鉄道などでもこの言葉が使われるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばやく回答いただきありがとうございました。オニヨリ線と読むことも書けばよかったと反省しております。 また何かありましたらよろしくお願いします。

お礼日時:2001/11/20 00:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ