今授業で、高付加価値商品について学んでいます。
例えば、コンタクトレンズなんかは良い例だといいますが、
他に高付加価値商品(またはサービス)って、
どんなものがあるでしょうか?
原価はすくないけれど、高値で売れる価値のあるものって、
なかなかありそうで思いつかなくて困っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

医療用医薬品...開発費は高いが利益率が高い


OTC(一般医薬品)...利益率が高い
スイッチOTC(医療用医薬品を一般医薬品にしたものザンタックなど)利益率が高い
後発医薬品...利益率が高い
風俗全般...身ひとつ?
全部 中付加価値?

コンタクト以上思いつきません。何方かにバトンタッチm(__)m
    • good
    • 0

高付加価値商品というのは、「原価はすくないけれど、高値で売れる価値のあるもの」ではありません。

原価の割りに売上の大きなものはすべて高付加価値商品と考えるべきでしょう。どうも高付加価値商品と高価格商品を混同されているような気がします。

本来の意味での高付加価値商品を探すのであれば、売上原価率原価率の低い会社が取り扱っている商品を考えるべきでしょう。医薬品などが典型的な例です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんの人にこたえてもらいたくて、自分なりにわかりやすく書いたつもりだったのですが、いたらなくて訂正して頂いてありがとうございます。
また研究していきます。

お礼日時:2001/12/06 16:30

イタリア料理店



食材原価が30%程度で、お店が流行ると儲かって笑いが
止まらないらしい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q弥生会計07 税区分の追加

お世話になります。

固定資産売却益(会社の車の売却)の税区分で「課税売上簡易四種」、を使いたいのですがありませんでした。
この税区分を追加したいのですがどのようにすればよろしいでしょうか?

また、追加することが無理なのであれば別の税区分でどういったものが適切でしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

弥生会計では消費税設定が本則課税になっていると、税区分に「課税売上簡易四種」などの消費税の簡易課税に関する税区分が表示されません。
そのため、設定を「簡易課税」に設定する必要があります。

まず、「設定」-「消費税設定」-「消費税設定」を選択してください。そこで出てくる消費税設定画面で[課税方式]を[簡易課税]に変更してください。
以上で簡易課税の税区分が追加されるはずです。

QGDPと付加価値についての問題

自動車産業が「最終組み立て」と「部品製造」の2段階に分かれている時、次の数値例をつかって設問に答えてください。


I 部品メーカーの購入
   部品メーカーは国内業者からなにも買わないが、
   海外から燃料を10購入
   鉄などの原料を20購入

II 組み立て企業の購入
   部品メーカーから部品を90購入する
   海外石油業者から燃料を10購入する

III 組み立て業者の最終製品(自動車)
   生産額は150である

IV 部品メーカーの部品
   生産額は100である


(1)組立部門における付加価値のおおきさはいくらか計算せよ
(2)部品製造における付加価値の大きさはいくらか計算せよ
(3)部品製造の生産額と組み立て産業への販売額の差額を何と呼ぶか
(4)この産業が生み出すGDPの大きさはいくらか計算せよ


授業の説明だけではこれはものすごく複雑に感じてとけません…
どなたか教えていただけませんか?

Aベストアンサー

 No.1です。字数制限がありますので、大分端折りますが、ご容赦ください。GDP=Y,消費=C,投資(在庫を含む)=I,NX=(輸出-輸入)=(純輸出)と、定義しますと、以下の関係式でGDPが表されます。
 Y=C+I+NX (1) 問題分は左の関係式(1)であらわされる経済です。問題より(1)の右辺を埋めていくと、C=150(自動車は全て消費された),I=100-90=10(部品メーカの在庫分これがそのまま投資となります),NX=0-(10+20+10)=-40(すべて輸入)以上を(1)に代入すると、GDP=Y=150+10-40=160-40=120となります。輸入された分は、NXの項でGDPからは除外されており、その値と先日1回目の回答で計算した値と一致しております。補足事項はたくさんありますが、書ききれないので、「MACRO ECONOMICS:R.DORNBUSCH/S.FISCHER:McGrawHill」(No.1で書いた参考文献です)のP29-30"FINAL GOODS AND VALUE ADDED",P31"GDP and GNP",P44-46"A Simple Economy(P46(6)式まで)"を参照してください。おそらく講師の方が、舌っ足らずで、GDPとGNPの説明で混乱されたのでしょう。手抜きのようですが、少し、参考文献の該当箇所にも当ってみて、ご自分で検証されてみて下さい。よろしくお願いします。勉強頑張ってください!

 No.1です。字数制限がありますので、大分端折りますが、ご容赦ください。GDP=Y,消費=C,投資(在庫を含む)=I,NX=(輸出-輸入)=(純輸出)と、定義しますと、以下の関係式でGDPが表されます。
 Y=C+I+NX (1) 問題分は左の関係式(1)であらわされる経済です。問題より(1)の右辺を埋めていくと、C=150(自動車は全て消費された),I=100-90=10(部品メーカの在庫分これがそのまま投資となります),NX=0-(10+20+10)=-40(すべて輸入)以上を(1)に代入すると、GDP=Y=150+10-40=160-40=120となります。輸入された分は、N...続きを読む

Q税区分の意味

只今勉強中ですので教えて下さい。
かなり初歩的なことでお恥ずかしいのですが・・・

1.弥生の税区分の売上5%一とは売上の1%を納税するって意味ですか?
売上5%五とは売上の5%納税?
納税%が違う理由は何ですか?

2.税区分と相手税区分の違いは何ですか?

以上よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

1.売上5%一:漢数字の「一」の部分が、消費税の簡易課税制度を採用している場合の「第一種事業(卸売業)に区分される課税売上」ということを意味しています。「5%」は今の消費税率のもの(かつては3%の時代があったため、その時期のものではないということ)を示しています。売上5%五なら第五種事業(サービス業)に区分される課税売上高ということです。

売上5%一なら売上の0.5%、売上5%五なら売上の2.5%を納税すると思っておけばよいです。
率が違うのは、ごく簡単にいえば、業種によってその売上を上げるためにかかる経費の率が違うためです。

2.「税区分」は自分方の消費税区分で「相手税区分」は仕訳の相手方の消費税区分です。

Q付加価値について

ずばりお聞きしたいのですが、
付加価値とは限界利益と同じ意味でよろしいのでしょうか?
もし微妙に違うのであれば、違いを教えていただきたく。

Aベストアンサー

 #1です。大変失礼しました。カテゴリーが「経済学」で質問されていたので、経済学の話とばかり思い込んでおりました。
 私も簿記会計は少しだけかじっておりますが、質問者さんの方が詳しいようです(^_^;)。したがって、今回のご質問にはお答えできません。
 登録をチェックさせていただきましたが、本日登録されたようですね。「OKWave」には、トップページの「検索する」の右横に[カテゴリ一覧]というところがあり、そこをクリックするとカテゴリ一覧にジャンプします。そのジャンプした一覧のページの向かって右側、「ビジネス・キャリア」の、
2行目に「財務会計・経理」というカテゴリがあり、
11行目に「簿記」というカテゴリがあります。
どちらでも大丈夫だと思いますが、私だったら「簿記」のカテゴリで質問を投稿すると思います。どちらもプロ(級)の方が解答してくださることが多いようです。
 お役に立てなくて済みませんね。ご健闘をお祈り申し上げます。

Q消費税区分について

法人で経理を担当している者です。消費税区分について教えて下さい。
「企業年金保険料」の消費税区分は「不課税取引」それとも「非課税取引」どちらに該当するのでしょうか?
また、「社会保険料の会社負担分」や「雇用保険料の会社負担分」などの法定福利費の消費税区分ついても教えて下さい。
色々なHPを参照すると意見がまちまちの様で今ひとつ解りません。回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

http://shouhizei.okumurayoshifumi.net/gaiyou/404.html

>「企業年金保険料」の消費税区分は「不課税取引」それとも「非課税取引」どちらに該当するのでしょうか?
また、「社会保険料の会社負担分」や「雇用保険料の会社負担分」などの法定福利費の消費税区分ついても教えて下さい。

両方、非課税です。

Q付加価値税の意義と特徴

付加価値税の意義と特徴は何ですか?
教えてください。

Aベストアンサー

企業が物を生産してそれを売り、大きな所得を得ていた時代は法人所得税でよかったのですが、今は、あまりその税額が多くなく、そのため、各個人の消費行動に目をつけ、それに税金をかけることになったわけです。
簡単に言えば、以前は生産に税金をかけていたが、今後は消費に税金をかけるということです。

Q税区分について教えてください!

税区分で売上、仕入、仮払い消費税などありますが、どれがどう違うのかわかりません。
現在、『旅費交通費』についてどの税区分を選んだらいいのか迷っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

旅費交通費は課税仕入となります。ただ、宿泊代金のうち、入湯税などの税金は非課税扱いとなりますので注意が必要です。

Qシナジー効果と付加価値の意味

経営学において、シナジー効果と付加価値の意味合いは同じなのでしょうか?
同じ様に解釈して使っていいのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

付加価値=企業が自己の段階において新たに作り出した価値。売上高から原材料費・動力費や、機械設備の減耗に見合った額を控除したもので、労費・利潤・利子・地代・家賃などに分かれる。
シナジー効果=共同作用、相乗作用。
意味合いは、ちょっと違うんじゃないでしょうか?一応、大学でならったんですが、ちょっと前なので自信はあんまりないですm( _ _ )m

Q<消費税区分>対象外・非課税は消費税や法人税の申告に関係しますか?

 以前勤めていた会社で税理士による消費税に関する指導を受けていたため、
消費税区分について不明なときは本や国税のHPで確認したり、
相手先での消費税処理の有無を聞くなどして仕分け伝票を起こしていました。

 現在の勤務先では消費税区分について曖昧でとまどうばかりです。

 課税については消費税の申告納付に関係するので正確に記載するべきだと思いますが、
非課税と対象外は消費税や法人税の申告にどのように関わるのですか?

 徹底して調べていたことがあるだけに税区分は重要だと思っているのですが、
実務ではなあなあにされているものなのでしょうか。

Aベストアンサー

>>非課税と対象外は消費税や法人税の申告にどのように関わるのですか?

説明を始めると膨大な量の説明が必要です。本当に理解したいのであれば、消費税法の専門書を読んでください。

ポイントだけいいますと、非課税と対象外を明確に区分する必要があるのは収益に関する取引のみです。つまり、売上や受取利息や雑収入などです。これは課税売上割合というものに影響するため、明確に区分する必要があります。

一方、費用に関する取引(仕入や支払利息や諸経費等)は非課税と対象外を区分する必要はありません。課税取引のみが消費税に影響する(仕入税額控除に影響する)ものですので、課税取引だけ集中して抽出します。

こういうことですので、費用に関する取引に関しては非課税と対象外の区分は結構なあなあです。

Q「畠山の爽快講義」は付加価値の説明が変です。

「畠山のスパッとわかる政治・経済爽快講義」という政経参考書の166pにある説明は間違いではないでしょうか?

166pでは、付加価値の説明がなされているのですが、示されている計算の例では最終消費財価格と付加価値の総計が一致しません。

理由は、国内で生産されているはずの肥料や電気などの価格が付加価値から引かれてしまっているからです。

確かに中間生産物の額を引くのは当然なのですが、電気代や肥料代は、この例ではもともと販売額として総生産額を出す計算の式に組み込まれていなかったので、これを突然引いてしまうと、その分は国内では生産していない事になり、結果が小さくなってしまうのです。

この例では、最終消費財の価格が1500円のパンでした。
仮にこの国では一年に1500円分のパンしか生産されないのでしたら、国内総付加価値=GDPは1500円となるはずなのに、そこでは1350円になってしまっていました。

私の考えの方に誤謬があるのでしょうか?
皆さんはどうお考えになりますか?

Aベストアンサー

#1です。補足します。

国内生産ということであれば、もう一つだけ可能性があります。
前年以前に肥料や電力が作られていた場合です。この場合には、投資(在庫投資)のマイナスとしてGDPから減らされます。

電力が前年以前に作られて保存されていたと考えるのはちょっと無理がありますが・・・。


人気Q&Aランキング