タイトル通りなのですが看護補助なんかの仮眠とは何時間程度なのでしょうか?
個室なんかがありそこで仮眠をするのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

それはもちろん、勤務時間によって違います



私の職場は夜勤帯『21時~7時』なので、仮眠時間は一時間
とは言うものの、利用者さん20人前後を一人勤務で見ているため、実質な仮眠時間はゼロ時間です

父親は別職種ですが、当直は『9時~翌日9時』の一日制なので、仮眠時間はもっとあります

労働基準法で定められた時間に沿っているため、勤務時間がどのくらいかによって仮眠時間も変わります

仮眠室についても、職業・施設によって違います

私の施設は、一階は個室・布団付き
二階は看護室がオープンカウンターなので、個室も布団もない状態です

勤務先に聞いてみるのが一番では?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼お遅くなりました。
回答ありがとうございました。
参考になりました!

お礼日時:2005/11/01 05:12

宿直と夜勤の違いはご存知でしょうか?


昼間には勤務しないで夜間を勤務時間とするのが夜勤です。この場合、基本的に休憩時間以外は仕事につくわけですから睡眠時間はわずかです。
宿直は昼間に勤務し、夜間は留守番程度の役目だけのものです。よって本来はいつでも睡眠をとることができます。
しかし、日本の医療機関では宿直と称して勤務を継続させていることが珍しくありません。労働基準法に厳格に当てはめれば違反している場合が多いのが現状です。

参考URL:http://www.ajha.or.jp/topnews/backnumber/2002/02 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼遅くなりました。
回答ありがとうございます。
URL参考になりました!

お礼日時:2005/11/01 05:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夜勤と宿直の違いを教えてください。

月に夜勤を5回していました。来月から宿直に変わると言われましたが何が変わるのでしょうか。

Aベストアンサー

法定労働時間内の勤務か、そうでないか。

夜勤の場合は、法定労働時間内になる。
一日8時間、一週間で40時間。
この中で夜間に勤務すること。
当然深夜割増手当が発生する。

一方宿直は、法定労働時間外。
先ほどの一日8時間、一週間で40時間とは別に、宿直という業務を行うってこと。
従って、深夜割増手当などは出ない。

宿直をさせるには、所轄労働基準監督署長の許可が必要。
基本的に通常業務から解放された状態で、何かあった時に対応するという形態だから、宿直中に通常勤務をさせられた場合は、宿直にならず夜勤になって、深夜割増手当を会社は支払わなきゃいけなくなる。

従って何が変わるかというと、お給料が変わる(何かで調整して変わらないようにするかもしれないけど)。
宿直中は通常業務をしなくてよくなる。

Q勤務時間後の宿直業務について

 現在ある施設で働いています。
 防火管理等の理由により、施設の宿直業務を行っています。宿直業務は普段は宿直要員が行っていますが、理由により休みになったときに、普段は日勤帯に通常業務を行っている者がかわりに宿直業務を行うことになることがあります。そこで、日勤帯に業務を行っていたものが、そのまま施設にとどまり連続で通常業務終了後宿直業務を行う、(午前8時30分に出勤、その後宿直業務を午後5時30分から翌朝午前8時30分まで)また、場合によっては宿直業務終了後さらに通常業務を行う(宿直業務8時30分終了後さらに通常業務を8時30分から午後5時30分まで)ことがあります。
 この場合拘束時間が24時間、あるいは33時間になることになると思うのですが、この場合宿直業務手当4,200円のみの手当支給は労働基準法違反にはならないのでしょうか。施設側は宿直業務は業務が違うのでいいんだよ、と言っているのですが・・・みなさん、教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

断続的な宿直・日直勤務の許可については、通達で示された基準があります (昭和23.9.13 発基17、昭和63.3.14 基発150)。

ご質問者は施設で勤務とのこと。昭和60年頃に出された社会福祉施設の防火安全管理に関する通知に基づく宿直勤務でしょうか。 ここで社会福祉施設等であれば、許認可庁である都道府県の監査があり、この件は必須項目なので、ほぼ確実に所轄労働基準監督署長の許可を取っているものと思われます。そして、先の通達で示された手当額は『勤務予定者の一人1日あたりの賃金額の1/3以上』となっているので、4,200円もおそらく問題ない額だと思われます。

 ただし、宿日直の回数についての原則は、宿直=週1回、日直=月1回が限度なので、#3さんが管理監督者でない限り、3日連続当直は違法です。本来ならば許可取消となりうるものと考えます。

参考URL:http://www.e-comon.gr.jp/roumu/qarm30.html

Q一日で辞めた方いらっしゃいますか?

就職後、1日で会社を辞めたくなりました。
礼儀がすごく厳しい会社のようで、社風が合いません。
会社にはものすごく迷惑をかけるのは承知してますが、保険や年金等の手続きの前にと思い、会社に採用辞退を申し出ようと思います。
就職後、1日で会社を辞められた方、いらっしゃいますか?
そのような方がおられましたら、そのときのエピソードなど教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

こんな質問をすると、
「そんな考え方じゃどこに勤めても同じ」「会社に迷惑だから早く辞めて下さい」みたいな回答が来るよ~(笑)。

っと、まず、1日で辞める人はいますよ!まぁ合わないものは合わないんで、それは悪い事ではないと思うよ。まぁ続けてみないと真実は分からないってな意見もすごく「その通り」って意見なんだけどね。
まぁ君が「どうもおかしい。ここは違う」って思ってるなら1日でも3日でも辞めていいと思う!!
かくいう俺もすぐ辞めた事はあるし。そんな時に周りは「そんなんじゃダメだ・・。どこ行っても一緒!」みたいな事言ってくるんだよね。あれってなんなんだろうね。ちなみに俺は今は自分に合った職場で続けてるし辞めようともとも全く思わないね。すぐ辞めた会社に至っては、「ソッコー辞めてよかったぁ」と思ってるし。自分の色に合わないところはとことん合わないからね。それは本人にしか分からないだろうし、自分がそうだと判断したなら周りの意見に振り回されちゃダメだわな。
すぐ辞めたからってどこ行っても同じって意見は低脳の意見だと聞き流そう!自分は絶対に自分に合った職場に行くんだ!ってな意識があれば大丈夫!1日で辞めてもいいと思うよ!!

こんな質問をすると、
「そんな考え方じゃどこに勤めても同じ」「会社に迷惑だから早く辞めて下さい」みたいな回答が来るよ~(笑)。

っと、まず、1日で辞める人はいますよ!まぁ合わないものは合わないんで、それは悪い事ではないと思うよ。まぁ続けてみないと真実は分からないってな意見もすごく「その通り」って意見なんだけどね。
まぁ君が「どうもおかしい。ここは違う」って思ってるなら1日でも3日でも辞めていいと思う!!
かくいう俺もすぐ辞めた事はあるし。そんな時に周りは「そんなんじゃダ...続きを読む

Q宿直員の雇用

 私の職場で,宿泊施設の運営をしています。
 宿泊客がいるので,職員は交替で宿直をしています。(監督署の許可を得て,宿直手当も規定どおり支給しています。)
 最近,職員のみでは宿直のローテーションが組みづらいので,宿直専門の方を(パート・アルバイト的に)雇用しようとしています。
 労働条件は,労働日は月4~5日くらい,時間は17時~翌朝9時,仕事の内容は,夜間2回程度の巡回と電話の取り次ぎくらいです。何事もなければ,眠ることもできます。

 労働契約を結ぶに当たり、賃金,休憩時間,年次休暇等の労働条件に留意する点はありますか?
 例えば,深夜労働になるので割増給が必要だとか,休憩を与えなければならないとか,いや,何もない時間は眠れるのだから「休憩」については明記する必要ないとか・・・。

 みなさん,よろしくお願いします。


 

 
 

Aベストアンサー

宿直は、労働基準監督署長の許可を受けた場合には、宿日直勤務をさせることができます。
 (1) 宿日直勤務の許可
   労基法でいう宿直勤務とか日直勤務というのは、常態としてほとんど労働をする必要のない勤務のみを認める意味のもので、例えば、警備のための宿泊、休日の電話の応対など通常の業務に比し労働密度が低いものをいいます。このような勤務態様のものについて、労働基準監督署の許可を受ければ、所定労働時間外にあるいは休日に勤務させても時間外労働、休日労働とはなりません。
 しかし、宿直中に突然的な昼間と同態様の労働に従事する場合には、時間外労働となりますので、労基法第33条又は第36条の手続きをとり、第37条の割増賃金を支払わなければなりません。
   
(2) 宿日直勤務の許可基準
 勤務の内容、回数、手当の額などについて許可が受けられる一般的な基準は次のとおりです。
  (1) 原則として通常勤務における労働は行わず、定時的な巡視、緊急の文書または電話の収受、非常事態発生の準備等を目的とするものであること。
  (2) 宿直、日直の勤務回数が原則として宿直週1回以下、日直月1回以下であること。
  (3) 1回の宿日直手当は、宿日直勤務につくことが予定されている労働者の一人1日平均賃金の3分の1以上であること。
  (4) 宿直については、寝具、暖房等、相当の睡眠設備を設けること。
  

宿直は、労働基準監督署長の許可を受けた場合には、宿日直勤務をさせることができます。
 (1) 宿日直勤務の許可
   労基法でいう宿直勤務とか日直勤務というのは、常態としてほとんど労働をする必要のない勤務のみを認める意味のもので、例えば、警備のための宿泊、休日の電話の応対など通常の業務に比し労働密度が低いものをいいます。このような勤務態様のものについて、労働基準監督署の許可を受ければ、所定労働時間外にあるいは休日に勤務させても時間外労働、休日労働とはなりません。
 しかし、宿...続きを読む

Qビル管理の24時間勤務について

ビル管理には24時間勤務がつきものですが、休憩480分というのがよくありますが、実際の勤務は昼休憩、夕方の休憩、合間の休憩、仮眠などどういう勤務実態になってますか?
実際に勤務されてる方されていた方、「規則はこうですが、実際はこんな具合です」とか教えてください。
また24時間勤務の休日はどんな具合ですか?1日出勤で2日休みとか(月10日程度の出勤)、1日出勤で1日休み(月15日程度の出勤)とか有るようですが、1日出勤で1日休みの場合は、1ヶ月の勤務時間が、労働基準法に違反しているようにも思うのですが。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ある会社の通常の勤務形態です。

第一日、午前8:30出勤、当直、24時間拘束。
第二日、午前8:30退勤、当直明け。
第三日、公休。
(ならせば月10回程度の出勤、当直勤務になるでしょうか。)

一応、昼食休憩一時間、夕食休み一時間、23:00-5:00仮眠時間ですが、ー 仕事が入れば休憩時間はなくなります。
ー 二日目8:30退勤時間を過ぎて仕事をすれば、25%割増賃金が支払われます。
ー仮眠時間中に仕事をすれば深夜残業として五割増の手当てがつきます。

24時間拘束でも実働16時間労働で労基法に触れないようになっています。
一般的な勤め人の8時間労働に比べれば、一度の出勤で3倍の拘束時間(仮眠時間を「勤務」とみなすと3倍の労働時間)になるでしょうか。

仮眠時間を労働と認めるかどうかは議論の余地の残るところでしょう。  因みに数年前の関東の地方裁判所の裁判では仮眠時間を通常労働時間(割増賃金では無く)として雇用側に未払いだった給与の支払を命じる判決が出たのを新聞で読みました。  その後雇用者側が控訴したかはわかりません。

ある会社の通常の勤務形態です。

第一日、午前8:30出勤、当直、24時間拘束。
第二日、午前8:30退勤、当直明け。
第三日、公休。
(ならせば月10回程度の出勤、当直勤務になるでしょうか。)

一応、昼食休憩一時間、夕食休み一時間、23:00-5:00仮眠時間ですが、ー 仕事が入れば休憩時間はなくなります。
ー 二日目8:30退勤時間を過ぎて仕事をすれば、25%割増賃金が支払われます。
ー仮眠時間中に仕事をすれば深夜残業として五割増の手当てがつきます。

24時間拘束でも実働16時...続きを読む

Q書類送検と逮捕の違い?

書類送検と逮捕とはどう違うのでしょうか?
書類送検の方が、拘束されないだけ罪が軽いような気がします。
書類送検でも前科となるのですか。
どういう場合に書類送検となるのでしょうか?
どうも分かりません。

Aベストアンサー

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。これを捜査と言います。
被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。
ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。
「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。
しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。これが「勾留」です。勾留は最大10日間身柄を拘束できます。なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。

ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。これを「検察官送致、略して送検」と言います。無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。
検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。ですから、警察官が逮捕した場合の身柄拘束は48時間+24時間の最大72時間に及ぶ可能性があることになります。このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。

さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。と言うか、身柄を拘束していないのでできません。たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。
しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。これを「書類送検」と呼んでいます。書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。
つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。

というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。
まとめれば、
1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。
2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。
3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。
4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。
5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。
ということです。

そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。

なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。
そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。

ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。その後どうなるかはその後の話です。無論、逮捕だけでも前科は付きません。逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。
ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機...続きを読む

Q宿直業務に対する手当

宿直業務がある事務の職場に転勤になったのですがどうしても給与の額に納得がいかないので下記の状況で問題がないかアドバイスをお願いします。


(1)宿直勤務の日は午前11時~翌午前0時まで勤務(昼・夜計2時間食事休憩、18時以降は単独勤務)

(2)0時~5時まで仮眠。

(3)翌日の勤務は5時~13時

(4)0時以降の勤務及び仮眠中に電話、問題が発生すれば現場に掛けつけることもあるが一切給与は支払われない。

(5)深夜手当は根拠もなく宿直1回あたり【一律200円×2時間=400円】

(6)宿直手当は1回あたり【一律2,000円】

※上司の答えは…
(1)単独勤務なので本当に仕事をしているのか把握出来ない。
(2)親会社からの指示なので変えれない。

Aベストアンサー

No.1&2です。
平均賃金額ですが、あくまでも割増賃金の計算基礎となる金額ですので、ほとんどの場合が基本給になります。
月給制の場合は30で割って、ほぼ妥当な数字が出ると思います。
厳密な計算を行うのでしたら、時間外手当は法律上1.25倍以上となっています。ほとんどの企業が1.25倍だと思いますので、そこから1時間あたりの単価を計算して、1日の所定労働時間をかければ1日あたりの賃金が計算出来ます。

また、宿直は非常時に備える、簡単な電話対応等を行うと言うことであれば、時間外手当は支払わなくてもいいようです。

深夜手当は午後10時~午前5時の間の労働に対して支払われます。ですので単価については問題がありそうですが、時間については午後10時から午前0時の仮眠時間開始までということで2時間なのだと思いますので、問題がありません。但し、午前11時から深夜0時までが勤務ですので13時間拘束で2時間休憩であれば1日の法定労働時間を3時間超えています。これに対する時間外手当は支払われているのでしょうか?

私も宿直をしていますが、宿直時間中に電話等の対応を行ってもかなり多忙でないと、時間外手当は認められないようです。どれくらいの仕事をすれば時間外が発生するのかは謎ですが…。

No.1&2です。
平均賃金額ですが、あくまでも割増賃金の計算基礎となる金額ですので、ほとんどの場合が基本給になります。
月給制の場合は30で割って、ほぼ妥当な数字が出ると思います。
厳密な計算を行うのでしたら、時間外手当は法律上1.25倍以上となっています。ほとんどの企業が1.25倍だと思いますので、そこから1時間あたりの単価を計算して、1日の所定労働時間をかければ1日あたりの賃金が計算出来ます。

また、宿直は非常時に備える、簡単な電話対応等を行うと言うことであれば、時間外手当は支払わ...続きを読む

Q知的障害者 施設 支援員 何を勉強すれば良い?

知的障害者 施設 生活支援員のお仕事へ

応募して

面接の結果待ちしています。


採用されれば、3月から働けるのですが、

経験や資格、なしからの

スタートなので


仕事が始まる前に

心構えとか準備とかしておきたいのと、

本を買ったりして、

これから、いろいろ勉強していきたいと

思っています。


仕事内容は

就労施設での
作業指導や支援なので

見守りながら、気持ちを理解していく・・・
というような簡単な
説明は受けました。

でも、未経験の世界なので、
分からないことだらけで、

働きながら
積極的に、知識や経験を
積んでいきたいと思っています。

コミュニケーション能力も
必要だと思うし、

相手の気持ちを理解する・・・という意味で
心理も学びたいと思うし、

何より、知的障害者の方についての
知識がないので、

まずは、そこからでしょうか・・・。


実際に生活支援員として、
働いている方は

どのように学ばれたのでしょうか・・・?

もちろん、現場で
先輩方に聞いていくことが
必要だと思っていますが

自分の中でも
いろいろ準備しながら、
学んでいきたいと思っています。

資格や経験なしで
始められた方いますか・・・?

アドバイス頂ければ嬉しいです。

知的障害者 施設 生活支援員のお仕事へ

応募して

面接の結果待ちしています。


採用されれば、3月から働けるのですが、

経験や資格、なしからの

スタートなので


仕事が始まる前に

心構えとか準備とかしておきたいのと、

本を買ったりして、

これから、いろいろ勉強していきたいと

思っています。


仕事内容は

就労施設での
作業指導や支援なので

見守りながら、気持ちを理解していく・・・
というような簡単な
説明は受けました。

でも、未経験の世界なので、
分からないことだらけで、

働きな...続きを読む

Aベストアンサー

特別支援学校の教員です。

知的障がいの生徒と現在毎日接していますが、もともとは高校教員で採用されましたので当初はかなり戸惑うことがありました。また、仕事柄、施設で働いていらっしゃる方にもよくお会いします。

授産施設であれば、利用者さんは比較的軽度の障がいの方たちだと思いますが、こだわり等の自閉的傾向がある方もいらっしゃるかと思います。まずは、書籍等で障がいの特性について理解することも大切かなと思います。
とはいえ、実際は毎日毎日いろいろ経験することによって学んでいくことが多いのが確かです。

ただ一つ言えるのは、時には厳しい態度を示す心構えも必要な場合もありますが、その根底に確かな人権感覚をもっていることが大切です。

大変だけど、得ることの多い仕事だと思います。採用されたら一生懸命に頑張ってくださいね。

Q電話応対のとき、聞き取れない…怖いです

事務として春から働き始めました。
社外からの電話を受け、担当者に回す…という内容がほとんどですが、
人名・部署名等が聞き取れないことが多々あります。
聞き返したりするのですが、それでも聞き取れず、あまり何度も聞き返すわけにもいかず、先輩に頼るばかりです。そして上司や先輩に注意される日々です。
ほとんどが取引先の担当者→社内担当者の取次ぎですが、ときには一般のお客様から直接お電話いただくこともあり(だいたいクレームです)、先日はそれでお客様を怒らせてしまい(「○○店の担当者に繋ぎます」といったところ、実はお客様が言っていたのは「××店」だった)、それ以来電話に出るのが怖くてたまらなくなっています。

自分の電話応対の言葉遣い等に自信がないというのももちろんありますが、
一番ネックに思っているのが「聞き取れない」ことです。(電話だけでなく、日常会話でも「え?」ということがよくあります)

あまりに不安だったので、耳鼻科に2件かかって聴力検査をしましたが、どちらも異常なしでした。
でも、聞き取れません…
能力の問題でしょうか。
努力次第できちんと聞こえるようになるでしょうか。
きちんと聞き取れるようになるトレーニングなどあれば教えていただければ幸いです。

聞き取り能力が上がるかなと思い、テレビ音源を1,5倍速で聞いてみたりしていますが、今のところ効果は出ていません・・・

事務として春から働き始めました。
社外からの電話を受け、担当者に回す…という内容がほとんどですが、
人名・部署名等が聞き取れないことが多々あります。
聞き返したりするのですが、それでも聞き取れず、あまり何度も聞き返すわけにもいかず、先輩に頼るばかりです。そして上司や先輩に注意される日々です。
ほとんどが取引先の担当者→社内担当者の取次ぎですが、ときには一般のお客様から直接お電話いただくこともあり(だいたいクレームです)、先日はそれでお客様を怒らせてしまい(「○○店の担当者に繋...続きを読む

Aベストアンサー

私の経験が参考になるかわかりませんが、一つの方法ではあると思うので、
参考程度に見ていただければと思います。

まず、私自身は日常会話において若干聴力がみなさんより劣ります。
そのため、電話の対応に当たっては、ご相談の方と同じように
相手に聞きかえすということを何度もしました。

そのうち、対応で失敗してしまうと、電話に出るのが億劫になり、
電話が鳴るだけで無意識に緊張し・・・の悪循環。

そこで私が周りの方の対応を見たりしてよくやった方法です。
1、受け答えするための資料を作る。覚える。
 担当部署、担当者に電話をつなぐのであれば、
 自分自身が意味不明な質問をされるわけでもなければ、答えなければならないわけでもない。
 
 ここで自分を楽にするために、まず担当部署や業務を触りでもいいから覚える。
 できるなら担当者まで覚える。
 そうすると自然と体は楽になるはずです。
 聴力に問題がないのであれば、聞き取りにくいのは聞き取れないと思ってしまう自分が
 無意識に聞こえないようにしてしまっていると思うからです。

 要は自信がつけばいいわけです。
 自分の会社の部署名、仕事内容などで、聞いたことのない単語を減らしていけば、
 そのうち楽に電話が聞けるとおもいます。


2、相手にあわせない話し方。
 聞き取りを失敗したときなど、ついついあわてがち。
 ここであえてゆっくりとした話し方をしてみてはいかがでしょうか?
 
 聞き取りを何度もするとクレームになったりしますよね。
 焦る自分がさらに早口にさせてしまったり、自分の言葉が相手に聞き取れないくらいに
 小さい声になってしまったり。。。
 
 ここで自分が過剰反応をしてしまうとさらにしんどいと思います。
 
 聞き手がゆっくり質問を返すと、意外と相手もゆっくり答えてくれます。
 あまりゆっくりすぎるのも問題ですが、間違えてもオドオドしないようになれば、
 少なくとも2度3度聞き直すことは少なくなるはずです。

 相手にあわせないというと語弊があるかもしれませんが、
 聞き直す場合はどうしても相手が早口になることが多いと思うので、
 お詫びをしてから、あえてゆっくり聞いてみる。
 これも一つの方法だと思っています。


自分が聞き取れない、聞き取る能力がないと思うのではなく、
心の準備だけでもできれば意外と聞き取れるものですよ。


初歩的なことかもしれませんが、少しでも参考になればとうれしいです。

私の経験が参考になるかわかりませんが、一つの方法ではあると思うので、
参考程度に見ていただければと思います。

まず、私自身は日常会話において若干聴力がみなさんより劣ります。
そのため、電話の対応に当たっては、ご相談の方と同じように
相手に聞きかえすということを何度もしました。

そのうち、対応で失敗してしまうと、電話に出るのが億劫になり、
電話が鳴るだけで無意識に緊張し・・・の悪循環。

そこで私が周りの方の対応を見たりしてよくやった方法です。
1、受け答えするための資料を作る。覚...続きを読む

Qヤマトの荷物が2時間以上遅れて届きました…。

先日結婚記念日のお祝いのために、インターネットでカニを注文しました。
うちは冷凍庫が小さくカニを保存できないのと、仕事もあるので、結婚記念日当日の18時~20時を指定しました。

当日、カニしゃぶができるよう準備をし、主人も早めに仕事から帰ってきてくれました。
しかし、待てど暮らせど届きません。

時間指定をしても、届けるのは人ですし、多少の遅れは仕方ないと思います。
ですから、8時40分頃までは普通に待ち、営業所に「何時ごろに届きますか?」と連絡を入れました。すると、「ドライバーに電話してみます」と言われました。

それからすぐにドライバーか営業所から折り返しがあるか、荷物が届くものだと思っていたのですが、全く連絡はなく、9時過ぎにもう一度営業所に電話すると、営業所はもう閉まっていました…。

それから、夕食も取らず、いつ届くかもわからないのでお風呂にも入らず、待っていました。
9時半過ぎまで待ち、主人がしびれを切らして「もう食べよう」と言うので、家にあった安い豚肉でしゃぶしゃぶをして結婚記念日の夕食にしました…。

そして、10時過ぎ、2時間以上遅れてやっと荷物が届きました。
どうして遅れたのかと聞くと、「荷物がたくさんあったので…」と。「せめて、連絡ぐらいできたんじゃないですか?営業所から連絡行きましたよね?」と言うと、「すみません」とは言っていましたが、この対応をどう思いますか?せっかくの記念日が台無しです。

1時間以内遅れや、営業所から連絡がいってすぐ、「申し訳ありません●時●分ごろになります」となどと、大体の時間を教えてくれたなら、まだ許せます。
遅くなるにしても、連絡だけでもくれていれば、2時間もやきもきして待たずに済みましたし、次の日カニしゃぶにするのですから、その日は違う夕食を準備できましたから。

しかし、営業所に問い合わせまでしているのに、連絡の一つない。2時間も遅れて届くなんて、ヤマトはもう利用したくないと感じました。

私の心が狭いですか?他の宅配業者でもよくあることですか?

ご意見お待ちしています。

先日結婚記念日のお祝いのために、インターネットでカニを注文しました。
うちは冷凍庫が小さくカニを保存できないのと、仕事もあるので、結婚記念日当日の18時~20時を指定しました。

当日、カニしゃぶができるよう準備をし、主人も早めに仕事から帰ってきてくれました。
しかし、待てど暮らせど届きません。

時間指定をしても、届けるのは人ですし、多少の遅れは仕方ないと思います。
ですから、8時40分頃までは普通に待ち、営業所に「何時ごろに届きますか?」と連絡を入れました。すると、「ドライバーに電...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

ヤマトは宅配業者の中でも、全般的に一番時間に正確な会社です。

地域などで多少異なる部分はあるかと思いますが、
時間で届けたければヤマトというくらいです。
他の方も仰ってますが、佐川の方がルーズです。

この宅配便ですが、クール宅急便ですよね?
最近問題になっているのはご存知でしょうか?

クール宅急便に乗らないものを普通便で配送していたという件です。

http://www.asahi.com/articles/TKY201311040271.html

http://www.asahi.com/articles/TKY201311040296.html

そういったことも相まってこなしきれなくなったのだと思います。
それと時期がぶつかりました。

結婚記念日は災難だった思います。
この場合は、受け取り拒否もできます。

ヤマトにいうより、頼んだ会社にクレームとして出したほうがいいと思います。
ヤマトのお客様はcookie02 さんではなく、配送を頼んだ業者です。

そちらから、クレームしてもらったほうが効果があります。
宅配の料金を返金してもらったりしては如何でしょうか?
相談次第ですが・・・。

直接のクレームははっきり言って効果はないです。
ヤマトにとっての損害は、仕事がなくなることです。
委託した会社が今後解除となることが一番のダメージですから。

こんにちは

ヤマトは宅配業者の中でも、全般的に一番時間に正確な会社です。

地域などで多少異なる部分はあるかと思いますが、
時間で届けたければヤマトというくらいです。
他の方も仰ってますが、佐川の方がルーズです。

この宅配便ですが、クール宅急便ですよね?
最近問題になっているのはご存知でしょうか?

クール宅急便に乗らないものを普通便で配送していたという件です。

http://www.asahi.com/articles/TKY201311040271.html

http://www.asahi.com/articles/TKY201311040296.html

そういったこと...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報