基本的な質問ですが…

会社から年末調整の書類(給与所得者の保険料控除申告書と扶養控除
等申告書)を提出するようにと言われました。
また今年の3月に住宅を購入し住宅ローン減税を受けようと思ってお
ります。

そこで会社に年末調整の書類を提出して、住宅ローン減税の手続きだけ
税務署に行っても大丈夫でしょうか?

また住宅ローン減税の手続き時期やあらかじめ用意しておく必要書類は
何があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

住宅ローン減税については他の方がお答えの通りですが、そもそもの最初の本題についてお答えします。



>そこで会社に年末調整の書類を提出して、住宅ローン減税の手続きだけ
>税務署に行っても大丈夫でしょうか?

住宅ローン減税は初年度は確定申告によるしかありませんので、年末調整自体は今まで通りで会社にしてもらえば大丈夫です。
ただ、確定申告は住宅ローン減税のみを計算する訳ではなく、1年間の所得税の計算をし直す形(もちろん結果的には住宅ローン減税分のみが還付されますが)になりますので、会社からもらう源泉徴収票も添付しなければならない事となります。
あと、他の方が書かれていないもので確定申告に必要なものは、認め印、還付口座となる預金通帳があります。

それと、僭越ながら、#1さんの回答の訂正をさせて頂きます。

>確定申告は2月16日から3月15日の間ですが、還付の申告は2月1日からできます。

還付のための確定申告の場合は、翌年1月から申告の受付をしますので、早めに行かれた方が混まなくて良いものと思います。
(各地の還付申告センターについては、その多くが2月1日から開設されますが、還付のための確定申告書の受付は、各税務署で年明け後から受け付けられますので。)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

非常に参考になりとても良く分かりました。今のうちから書類の確認をします。ありがとうございました。

お礼日時:2005/11/09 18:11

購入年度の住宅ローン減税では所得税確定申告が必要ですよ。


給与関係と住宅ローン減税しかないのであれば、
税務署でこの申告用の用紙を貰い、
源泉徴収表の記載内容を転記して(この内容については源泉徴収表添付で足ります)、
住宅ローン減税関係の添付書類の用意、
税額控除の金額の記載をして、還付申告となります。

<用意しておく必要書類>
金融機関からの借入金残高証明書
住民票
不動産登記簿謄本
売買契約書等の購入金額の証明書類
住宅借入金等特別控除額の計算明細書(税務署で用紙をもらう)
などです。リンクのP12を参照してください。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/kakutei/tebiki/h16 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早急の回答ありがとうございました。書類の準備をしておきます。

お礼日時:2005/11/09 18:09

確定申告期間に還付申告します



最初は書類がいろいろ必要です。
2年目から年末調整で。

参考URLから引用
1 源泉徴収票(勤務先より)
2 住宅取得資金に係る借入金の年末等残高証明書(金融機関等)
3 住民票の写し(市区町村役所)
4 建物、土地等の登記簿謄本または抄本、登記事項証明書(法務局)
5 新築工事の請負契約書、売買契約書等(取得内容のわかる書類の写し)
6 住宅借入金(取得)等特別控除の計算明細書等(税務署)

参考URL:http://www6.ocn.ne.jp/~shindou/kakusin/jyuutakur …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早急の回答ありがとうございました。書類も準備しておきます。

お礼日時:2005/11/09 18:08

今年に住宅を購入されたのであれば、今年の住宅取得控除は、確定申告をしなければいけません。


来年からは、年末調整で控除できます。
確定申告は2月16日から3月15日の間ですが、還付の申告は2月1日からできます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早急の回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/11/09 18:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年末調整後に確定申告で住宅ローン控除を申し込む際の提出書類

確定申告で住宅ローンを申し込む際の提出書類について質問です。

住宅を購入して3度目の年末調整になります。

昨年は年末調整時に会社に住宅ローン控除の書類も提出して控除を受けられました。

が、今年は提出を忘れてしまい、住宅ローン控除分は個人で確定申告対応しなければいけなくなってしまいました…

そこで今回、確定申告で住宅ローンを申し込む際の提出書類について質問です。

すでに保険分の控除は年末調整で申請しているのですが、保険会社から送付されてきている書類は添付なしで申告してもOKなのでしょうか?それとも再発行してもらって添付しないとダメなんでしょうか?

その他にも注意事項がありましたら教えてくださいませ。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

確定申告で住宅借入金等特別控除を受けるために添付するのは、金融機関等の”住宅取得資金に係る借入金の年末残高証明書”だけです。

”給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書”もお持ちだと思いますので、そちらで住宅借入金等特別控除額を計算して、その金額を申告書Aの第1表の24番に書き込みます。
(その書類は税務署も既に把握していますのでとくに提出義務はありません)
尚、第二表の特例適用条文等のところに”給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書”に記載されている居住開始年月日を記載しておけば間違いがありません

平成○○年○月○日 居住開始 

というような感じです。

その他の控除については、年末調整をした会社に保存義務がありますので返してもらうことはできませんし、提出する必要はありません。
第二表のそれぞれの欄に”源泉徴収票のとおり”と記載して、第一表の欄には源泉徴収票の金額を転記して下さい。

Q年末調整で住宅ローン減税の手続きを忘れたとき

ローンを組んでマンション購入して3年目です。最初の年は確定申告でローン減税の申告手続きをしました。
一昨年は税務署から届いた用紙を使って年末調整で手続きしました。
ところが今年はうっかり年末調整でローン控除の申請を忘れてしまいました。
何気なく通帳を見ていて昨年のは12月の給料と一緒に還付されていたことに気付き、やっと思い出した次第です。

こういう場合改めて確定申告すれば大丈夫なのではと考えているのですが必要書類は何でしょうか?
最初の確定申告時と同じ書類が必要なのでしょうか?
税務署から届いた15年分の申告書はあります。

国税局のタックスアンサーでも調べてみましたがこういうケースは扱っていなかったのでこちらで教えていただければと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この場合は、ご自分で確定申告をすれば還付になります。

必要な書類は、源泉徴収票・税務署から送られて来ている住宅ローン控除の証明書・印鑑・還付金を振り込んでもらう本人名義の銀行口座番号のメモか通帳だけです。
最初の時ような沢山の書類は必要有りません。

確定申告は2月16日から3月15日までですが、還付になる場合は、税務署で既に受け付けています。
この時期はまだ、税務署がそれほど混んでいませんから必要書類を税務署に持っていけば、書き方を教えてもらえます。

税務署が遠い場合は、市役所でも2月16日以降は受付が始まります。

もう一つは、返信用の切手を貼った封筒を税務署に送って確定申告の用紙を送ってもらい、記入後に郵送する方法も有ります。
郵送する場合は、やはり返信用の切手を貼った封筒を同封して送ると、受付後に「控え」を送り返してもらえます。
申告書には「確定申告の説明書」が入っていますから、ご自分でも記入は出来ます。

Q会社への年末調整の書類提出と、住宅ローン控除について

大変無知な者で、恥ずかしいのですが、教えてください。

まず、我が家は昨年新築住宅を購入いたしましたので、
今年の3月に住宅ローン借入れ控除の確定申告をいたしまして、主人の給与から差し引かれていました所得税が還付金として戻ってまいりました。
源泉徴収票の源泉徴収額が全部戻ってきました。それは既に年末調整後のものです。

住宅ローンの控除は借入金の最高1%となっていましたが、夫の源泉徴収税額は、借入金の1%にはほど遠く、大した額ではありませんでしたので、全額戻ってきたわけです。

今年からは、わざわざ確定申告へ行かずとも、会社の年末調整(?)にて自動的に還付されると聞きました。

会社の年末調整では、毎年個人で加入している生命保険等の払い込み証明書を添付しますよね。
それによって、生命保険などによる控除も受けられますよね?

でも、うちの場合、そういった保険料の控除をしなくても、差し引かれている年間の所得税は、とにかく住宅ローンの借入金の1%にも満たないので、
このような生命保険の証書などを添付せずに(つまり控除をせずに)そのままでいても、
結果的には還付される金額は、所得税額(源泉徴収票の源泉徴収税額欄の金額)が全て戻ってくると考えてよろしいのでしょうか?

説明が下手ですが、保険料の控除をしても、しなくても、結果的に還付される金額が同じであるかどうかが聞きたいというわけです。

えっと・・・こちらがあまりにも素人で無知なため、
「こいつは一体何を言おうとしてるのか」「意味がわからん」などありましたら、ごめんなさい。
よろしくお願いします

大変無知な者で、恥ずかしいのですが、教えてください。

まず、我が家は昨年新築住宅を購入いたしましたので、
今年の3月に住宅ローン借入れ控除の確定申告をいたしまして、主人の給与から差し引かれていました所得税が還付金として戻ってまいりました。
源泉徴収票の源泉徴収額が全部戻ってきました。それは既に年末調整後のものです。

住宅ローンの控除は借入金の最高1%となっていましたが、夫の源泉徴収税額は、借入金の1%にはほど遠く、大した額ではありませんでしたので、全額戻ってきたわけです...続きを読む

Aベストアンサー

控除できる添付書類や、扶養家族の代わりに支払った国民年金、国民健康保険料の記載等できるだけ添付したほうがいいと思います。

年末調整は、もちろん1年分の所得税の精算をするのですが、源泉徴収票と同じような様式のものが、会社から給与支払報告書という形で居住地の市町村役場にも提出されています。

そこに記載されている所得に応じて次年度の市県民税額が決定されるので、所得から控除できるものは控除したほうがいいわけです。

Q年末調整で特別住宅ローン減税の用紙を添付し忘れ

会社に年末調整の用紙を提出する際に、うっかりしていて特別住宅ローン減税(2年目以降)の用紙を添付し忘れてしまいました。
今からでも間に合うのでしょうか?
間に合うとしたら確定申告しなくてはいけないのでしょうか?その他の方法があるのでしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

こればかり会社の担当者に聞くしかありません。
間に合わなければ来年確定申告すれば良いだけです。還付申告なので税務署が混み合う2/16を待つ必要はなく、年明け早々にでも行ってください。
平日日中に行けない時は国税庁のHPからも作成可能ですので、それを印刷して郵送するか時間外収受箱に投函しても良いです。ほぼ源泉徴収票の転記と住宅借入金等特別控除欄、還付金振込のための銀行口座情報の入力だけですので、特に難しいことはありません。給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書(平成24年分)とローン残高証明書、源泉徴収票の添付も忘れずに。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm
↑平成24年分は1月上旬公開予定

Q年末調整における住宅ローン減税について

今回、住宅ローン減税2年目ということで年末調整による住宅借入金等特別控除がうけられるようになりました。
ところが、現在2箇所で掛け持ちアルバイトをしています。
この場合、年末調整で住宅ローン減税を受けるにはどうすればいいのでしょうか?
やはり確定申告になるのでしょうか?

Aベストアンサー

扶養控除申告書を提出している方で年末調整を受け、提出していない方は確定申告を受けることになりますのどちらにしても確定申告自体はいくことになると思いますが、年末調整を受ける方に一緒に申請しておけば確定申告の際、簡単にできると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報