英語を教えることを生業にする者です。

標記のとおりなんですが、ある辞典によれば「日本海」のジャーナリリスティックな表記が(the) Japan Seaで、正式には(the) Sea of Japanとなっています。

専門的にみてこの記述は正しいですか?

A 回答 (3件)

こんにちは。


日本海は国際水路機関(IHO)(世界の海の名称を標準化する機関)が1929以降日本海を Sea of Japan と表記してきているので正式名称はこれでよいと思います。
    • good
    • 16
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/11/09 19:11

朝鮮以外の国々は、ほとんどが英語もしくは現地語


「Sea of Japan(日本の海)」になっています。

朝鮮(韓国は)
「East Sea(東の海)」になっていますが一般的には日本海を意味するSeaofJapan」です。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/11/14 19:48
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカの空母2隻が日本海を出ましたが、戦争の危機は去ったと考えて良いのでしょうか?

アメリカの空母2隻が日本海を出ましたが、戦争の危機は去ったと考えて良いのでしょうか?

Aベストアンサー

単なるデモンストレーションでしょう。アメリカが戦争を本格的に考えるのならば、北朝鮮が大規模に韓国を砲撃するのは必至です。いかにアメリカといえども北朝鮮のすべての砲台を破壊することは不可能です。その危険性を考えれば韓国に滞在する米国の民間人を海外に避難させるでしょう。実際に小規模な避難訓練も何度かやっていますしね。

だいたい北朝鮮は勇ましいことをいってますがいつものブラフばかりです。日本は、ミサイルが発射されたらJアラートを流したり電車を止めたりして大騒ぎをしていますが、もっとも危険にさらされている韓国ではそんな電車を止めたりするような大騒ぎをしていません。それに数発程度のミサイルで日本が壊滅されるはずもありません。何百発も打てばべつでしょうが。

今回のおおきなでもんすとれー署員は米国製のイージス艦や防空システムを買わすためもあるんじゃないかと思ったりします。加えて「大騒ぎをする」なんてことをすればますます北朝鮮を付けあがらせるだけだと思うんですが。

Qいわゆるベルト地帯 太平洋側で生きている人いても日本海側で生活してる人いるんだよね? 日本海側てどう

いわゆるベルト地帯 太平洋側で生きている人いても日本海側で生活してる人いるんだよね? 日本海側てどうなの?

Aベストアンサー

夕日がきれいだよ。

Q日本にはなぜ空母がない?

航空基地もあり戦闘機も持っている日本の自衛隊ですが ひとつ足りないと思ったのが航空母艦つまり空母が無いということです
有事の際 いちいち航空自衛隊の基地から飛び立ったのでは間に合わないと思います

かつての飛龍や赤城のような強力な空母を建造し日本海に配備すべきです
自衛隊が専守防衛の組織なら海の要塞と呼ばれる空母は絶対必要と思うのですが

Aベストアンサー

まず日本に空母がない最大の理由は「専守防衛」だからです。

戦後からこれまでのところ「航空機の航続距離を伸ばすことができる航空母艦は専守防衛には必要ない」ということで、作られてきませんでした。
最近ようやく防災上の理由でヘリコプター空母が出来たばかりです。

そのため、空母を持たずに日本領空を警戒できるように早期警戒レーダーで領空を超えた先まで警戒していますし、すべての空域に一定時間内に到着できるように基地も配備されています。

また領空と書きましたが正確には「防空識別圏」という空域が日本領空(国際法上、領土から12海里の海域の上空が領空)の外部にあり、レーダーはさらにその外側まで監視していますので、防空識別圏に侵入しようとする不明機があれば「待機」、防空識別圏に入った時点で発進です。ちなみに待機から5分で発進できるように準備されています。

アメリカなどの場合は専守防衛ではありませんので、必要があれば(事態が切迫していれば)「防衛識別圏に進入しようとしている不明機がある」という時点で発進することもあるでしょう。しかし日本は専守防衛なので、防衛識別圏を突破されない限りスクランブルはしない、という方針になっています。(領空侵犯だとわずか12海里なので1分程度で領土上空に不明機が来てしまうためこれでは遅い)

これができるのであれば基地でも空母でもいいわけです。

しかし空母には陸上の基地にはない不便さがあります。実を言うと「空母のほうが発進に時間がかかる」ということです。

米軍の空母の場合、すぐにスクランブル発進できるように戦闘機をカタパルトのすぐ近くに置き、乗員を乗り込ませスターターやその他の機材をつなげてすぐに発進できる体制をとっています。これで命令から5分以内に出撃できるのですが、ここで出撃できるのは待機している4機だけで、それ以上の機を出すには30分以上かかります。

もちろん陸上基地でも機体の始動などに時間がかかるのは同じなのですが、格納庫に機体を置き、スターターやその他機材をつなげておけば、すぐに始動して滑走路から飛びたてます。また乗員は機内で待機する必要は無く、格納庫の控え室で待機します。

戦闘機のような狭いコックピットで待機できる時間は1時間が限度です。アメリカの空母では24時間体制で1時間ごとにコップピットで待機するシフトを取っています。

これは米軍のように戦闘機パイロットだけでも豊富に乗艦しているからできることで、日本では空母を作ってもそれを支えるパイロットの人数をそろえることが大変で(またお金もかかります)現実的にはかなり難しいのです。

米軍は専守防衛ではなく、有事の際には派兵しますし、現にアフガンやイラクなどの有事だけでなくPKFなど世界中で軍を展開しています。このような国であれば空母の所有を運営が維持できますが、単に専守防衛(国土防衛)だけのために空母を持つのは費用がかかりすぎる割には効果が薄いのです。

また事実上、戦闘機などを運用できる空母を有しているのはアメリカとフランス・ロシアだけであり、フランスとロシアは1艦ずつしかありません。

事実上空母を効果的に作戦運用しているのはアメリカ一国だけなのです。

まず日本に空母がない最大の理由は「専守防衛」だからです。

戦後からこれまでのところ「航空機の航続距離を伸ばすことができる航空母艦は専守防衛には必要ない」ということで、作られてきませんでした。
最近ようやく防災上の理由でヘリコプター空母が出来たばかりです。

そのため、空母を持たずに日本領空を警戒できるように早期警戒レーダーで領空を超えた先まで警戒していますし、すべての空域に一定時間内に到着できるように基地も配備されています。

また領空と書きましたが正確には「防空識別圏」という...続きを読む

Q日本海側の潮名は…

日本の周りの海流/潮名は、
【太平洋側】寒流:千島海流/親潮・暖流:日本海流/黒潮 …となっていますが、
【日本海側】寒流:リマン海流・暖流:対馬海流 …としかわかりません。
日本海側の潮名はあるのですか?
私の調べ不足でしたらすいません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本海側の海流に、潮名はありません。

Qアメリカが北朝鮮の軍事基地に向けて300発の巡行ミサイルの照準をセット済みってことは日本の日本海に巡

アメリカが北朝鮮の軍事基地に向けて300発の巡行ミサイルの照準をセット済みってことは日本の日本海に巡行ミサイルの発射台をセットしたということでしょうか?

それとも日本海にいるアメリカ艦隊に搭載されている巡行ミサイルが合わせて300発一気に発射出来る体制が整ったってことでしょうか?

一気に一度に300発を同時に発射出来るものなのでしょうか?

300発の巡行ミサイルを発射出来るほど空母とか巡行ミサイル発射出来るんですか?

やっぱり日本国内にも発射台をセッティングしないと300発の巡行ミサイル発射は無理なのでは?

いまの艦隊だけで300発の同時発射は可能なのですか?

Aベストアンサー

今、4隻の空母が、日本海周辺に展開して、います。
巡行ミサイル300発は、良く判りませんが、アメリカは、未だ、本気になっていません。
もし、戦争に成れば、戦艦や、ミサイル巡洋艦、イージス艦などが、出動してません。
やれば一気にアメリカは、やるでしょう。
たとい中国、北朝鮮、相手でも。
いくら、北朝鮮が、挑発しても、直ぐには、戦争には、成りません。
その辺は、お互いに、判っているのでは?

Q日本海

この海域は世界標準では何と呼ぶのでしょうか?以前、中国の地図を見たときは、「日本海」隣に「JAPAN SEA」と書いてありました。その上から「大韓海峡」とボールペンでかいてありましたが・・・。西側はロシア、韓国、中国にまたがって東側は日本がすっぽりと覆っているから「日本海」というのネーミングは分かりやすくて良いと思うのですが。

Aベストアンサー

どうもこんにちは。
JAPAN SEA ですよね。

>西側はロシア、韓国、中国にまたがって
中国は日本海には接してませんね、北朝鮮?と間違えたのかな。
日本海は測った事は無いですが朝鮮両国よりも
日本海に接している海岸線の距離が日本の方が圧倒的に長いと思うし
見た目でも日本海という呼び名である事が間違いなく正しいですよね。

大韓海峡とは対馬海峡の韓国名の事ではないかと思いますが。
国境問題も含め全部国際的な場でとっとと決着を付けた方がややこしくないのですがね。

Q日本も軽空母は?

自称「集団的自衛権の行使」が容認されて大っぴらに海外領域への戦力投射が可能になった自衛隊ですが、戦力の遠方投射といえばすぐに思い浮かべるのが「空母」です。
米軍のような空母と言わずとも「軽空母」程度は導入を考えてもいいんじゃないかと思いますが、どんなもんなんでしょう。現在既にヘリ空母なるものは有りますが、より攻撃的な軽空母として戦闘機(STOVL機)搭載の本格的なものとかを。

ちなみに軽空母なら、米軍の原子力空母艦隊のような大それた構成は考えずとも良いと思うのです。
また、強襲揚陸艦を日本も導入するらしいですが、これも甲板をそれなりにすれば戦闘機の発着可能な軽空母としても転用できるはずで、なんなら強襲揚陸艦併用軽空母でもいいですけど。頃合い良くF35Bも出る予定ですし。

Aベストアンサー

「いずも型護衛艦」は甲板を貼りかえれば空母として使えるはずです。恐らくそれも想定しているでしょう。

Q「日本海」と「朝鮮海」について

「日本海」と「朝鮮海」について

先日あるテレビ番組を見ていたら、面白いコメントがありました。

昔、日本人が、海を見て「日本海」と呼ぶことは考えられなかったし、

事実、日本では、日本海を指して、「朝鮮海」と呼んでいた。

むしろ、朝鮮や中国のほうに、「日本海」という呼び名が多かった・・・・・・。

それゆえ、歴史的に主張するのであれば、

日本が「朝鮮海」を、

韓国が「日本海」を、

主張するのが自然だ。

これは、至極当然の論理で、納得いきました。

たしかに、古文書や文献の検証も重要ですが、

日本には、歴史・文化・伝統の破壊・ねつ造の過去があります。

ですから、現在の統計データは、信用されません。

それどころか、ねつ造したのであれば、まさに、その逆が真ということになります。

質問です。

質問1. 上記のような論法は正しいでしょうか。

(既にネット上で、歴史上の検証は十分されていますので、ここでは、上の論法についてのコメントを中心にお願いします。)

参考サイト

http://www.freewebs.com/startup/japansea.html

「日本海」と「朝鮮海」について

先日あるテレビ番組を見ていたら、面白いコメントがありました。

昔、日本人が、海を見て「日本海」と呼ぶことは考えられなかったし、

事実、日本では、日本海を指して、「朝鮮海」と呼んでいた。

むしろ、朝鮮や中国のほうに、「日本海」という呼び名が多かった・・・・・・。

それゆえ、歴史的に主張するのであれば、

日本が「朝鮮海」を、

韓国が「日本海」を、

主張するのが自然だ。

これは、至極当然の論理で、納得いきました。

たしかに、古文書や文献の検証も重...続きを読む

Aベストアンサー

いろいろと思うところはありますが、
ただ、質問に関してだけ答えます。

>歴史的に主張するのであれば、
>日本が「朝鮮海」を、
>韓国が「日本海」を、
>主張するのが自然だ。
・・・「正しい」と思います。

しかし、以下の2点は見逃せません。
(1)「歴史的」の意味の曖昧さ。
(2)「主張する」の目的の欠缺。

時代の変化に伴う変遷を考慮せず、
時代を経て存在の長いことを「歴史的」と解し、
自国における呼称を「主張する」のであれば、
>日本が「朝鮮海」を、
>韓国が「日本海」を、
>主張するのが自然だ。
の命題は、真といえるのでしょう。

時代の変化に伴う変遷を考慮して、
時代を経て認知の広いことを「歴史的」と解し、
自国における利益を「主張する」のであれば、、、
また、異なった真偽も得られようとは思います。

Q空母を持つ意味

特に、政治や軍事に詳しいわけではないんですが、単に趣味で艦船を見るのが好きな者です。

「ひゅうが」が就役したとき、今計画中・建造中の世界の空母についてもいろいろ調べてみたんですけど、中国が国産空母の建設を発表したほか、具体的でないものまで含めると、ロシア・イギリス・フランス・スペイン・インド・オーストラリアも、新しい空母・軽空母の保有を目指しているみたいですね。(間違ってたらすみません)

なんでここに来て急に、いろいろな国が空母の保有を目指すようになったのでしょうか?

そしてまた、そもそも空母を持つ軍事的な意味ってなんですか?

確かに、空母のある海軍は強そうに見えますけど、第二次世界大戦で空母の有用性が証明されてから、対艦ミサイルや潜水艦の技術もかなり進歩してますよね?
とすると、空母を沈めるのに空母をもってする必要はないんじゃないですか?

政治的圧力をかけるとか、国威発揚とか、政治的な意味を除いて、純粋に軍事的に考えた場合、運用に費用のかかる空母を持つメリットって大きいんですか?

素人なんで変なこと言ってたらすみません。

特に、政治や軍事に詳しいわけではないんですが、単に趣味で艦船を見るのが好きな者です。

「ひゅうが」が就役したとき、今計画中・建造中の世界の空母についてもいろいろ調べてみたんですけど、中国が国産空母の建設を発表したほか、具体的でないものまで含めると、ロシア・イギリス・フランス・スペイン・インド・オーストラリアも、新しい空母・軽空母の保有を目指しているみたいですね。(間違ってたらすみません)

なんでここに来て急に、いろいろな国が空母の保有を目指すようになったのでしょうか?
...続きを読む

Aベストアンサー

現在世界で空母をその本来の目的どおりに運用している海軍はアメリカ海軍ただ一国です。勿論曲がりなりにも空母と名の付いた艦種を所有している海軍は他にも、イギリス、ロシア、フランス、スペイン、ポルトガル、ブラジル、インドそしてタイと、国数だけはかなりの数に上ります(オーストラリアは英国から大戦型空母のお下がりを用途廃止した時点で、空母の所有は実質的に断念しています)。

ではそれらの国々でアメリカ並みにとまでは行かなくとも、それに準じたレベルでの運用を果たしている国はあるかと聞かれれば、私は一カ国もないと断言できます。ただし、能力的に大きな疑問符がつく軽空母とはいえ、3隻を所有しているイギリスと、現在通常型のシャルル・ド・ゴールに続いて将来的に二隻目の空母を建造するフランスはなんとか「空母クラブ」に加入する権利があるかもしれません。

これまでの賢兄の方々の回答にもあるように、空母はとにかく金がかかります。それでも所有するメリットがあるのかと聞かれれば、やはりアメリカ並みとはいわないまでも、それなりの数があってこそだといえます。ではアメリカと違い、戦争状態でもない国々はなぜ空母を持ちたがるかといえば、まず他国、特に近隣諸国への自国の軍事的プレゼンテーションのためです。こういえばなにやら格好がいいのですが、平たくいえばたんなる「脅し」です。さらに言えば、くだらない「見栄」といってもいいでしょう。シーレーンの防衛とか自国の権益を守るためとか、おためごかしはどこでも好きに言っていますが、何度もいいますように、数があってこその空母の価値があるということを、多くの国は無視しているようです。

 常識的に言えば空母をまともに運用するには、平時ならびに戦時に対応するための1隻と、訓練や待機用の1隻、そして定期的なオーバーホールと、主に日々陳腐化する電子機器や搭載兵器の換装やアップデートかのために1隻の計3隻が最低必要とされています。

 ではアメリカ以外の国の海軍はどのような状況かといえば、前述のイギリスはなんとか3隻を維持していますが、じつは1隻は現在モスボールされており戦力外となっていますので、基本的空母運用のローテーションは維持できていません。フランスは現時点で1隻、そして他の国々もすべて1隻しか所有していません。ただし現在EUに加盟しているスペインやイタリア、そしてフランスはNATO海軍の合同艦隊として運用ができますので、これはこれでなんとか空母らしい運用が望めますが、他の国々はそれこそ「こけおどし」の範疇を出ることはまずありえません。

 ロシアの「クズネツォフ」はこけおどし空母艦隊の中でもっとも強力ではありますが、空母自体の能力不足と、相変わらずの艦載機の運用下手と場当たり的な訓練で、その戦力は大きな疑問符がつきます。ブラジルは竣工後半世紀にもなろうというロートル艦体と、前世紀の遺物のような艦載機を見れば、ただ南アメリカ大陸の盟主を気取ろうとするための、南米諸国への空威張り的な役割しか果たしていない観があります。 
 インドは一時期国産空母の3隻態勢をぶち上げていましたが、過去にも主力戦車や戦闘機の国産化で目も当てられないほどの醜態をさらけ出して、その重工業力のそこの浅さを露呈している前科があるので、はたしてどうなることやらと全世界の海軍ウォッチャーは覚めた目で見ているのが現状です。 
 
 タイの空母ですが、これはもう書くのも辛い状況で、元々は他の軽空母保有国並みにVTOL機を運用する予定でしたが、それが単なるヘリ空母になり、今ではタイ王室の放蕩息子たちのヨット代わりに成り果てているありさまです。文字通りイタイ国です…(失礼)

 さて最後に今何かと話題の中国ですが、とりあえずは2隻の空母を保有するつもりらしいですが、将来的には6個空母部隊を保有する腹づもりということです。まあ、中国のことですから2隻の空母は何とか建造できるでしょうし、外見上でも出来上がればいかに問題があろうとも、船腹に巨大水中モーターを貼り付けてでも外洋航海させて近隣諸国を睥睨するでしょう。しかし残念ながらそこまでです。空母保有に必要な最後の壁が立ちはだかります。

 現在の中国がいかに驚異的な経済的マージンがあろうとも、台湾紛争で中国を一喝したアメリカ海軍の空母部隊に拮抗させるためには(実はこれがとにかく悔しかったらしいですね)、米海軍に匹敵するだけの陣容で臨む必要があります。つまり、空母1隻あたり広域防空能力に長けた巡洋艦が2隻、対潜、対艦、対空能力を持つ汎用駆逐艦が4隻~6隻
、原潜が少なくとも1隻そして高速の戦闘補給艦が2隻。これだけで1隻の空母をサポートしているのですから、中国がその半分程度の規模で空母部隊を編成するとしても、正直今の世界経済と、今後の中国の経済の成り行きを見ていると、どうも怪しい感じですね。

 とにかくあなたが仰るように、現在空母を保有する意義をしっかりと味わっているのはアメリカただ一国であって、それは今後も長く続くだろうと思われます。  長々と失礼しました。

 
 

現在世界で空母をその本来の目的どおりに運用している海軍はアメリカ海軍ただ一国です。勿論曲がりなりにも空母と名の付いた艦種を所有している海軍は他にも、イギリス、ロシア、フランス、スペイン、ポルトガル、ブラジル、インドそしてタイと、国数だけはかなりの数に上ります(オーストラリアは英国から大戦型空母のお下がりを用途廃止した時点で、空母の所有は実質的に断念しています)。

ではそれらの国々でアメリカ並みにとまでは行かなくとも、それに準じたレベルでの運用を果たしている国はあるかと聞...続きを読む

Qバルト海は、日本海より波静かですか。

地図で見ると、バルト海は内陸部に入り込んでいるので波静かだと思いますが、実際はどうなのですか。

1905年5月27,28日、日本海海戦で帝国海軍が勝利した原因の一つに、ロシアのバルチック艦隊は静かな海で砲の発射訓練をしたので、荒波の日本海では砲弾の命中率が格段に低い、という説があります。
決戦は、日本海と言っても竹島、ウルルン島の南あたりでした。
それで疑問に思い質問しました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

北欧に住んでいるのでバルト海はなじみがありますし日本海もよく知っていますが,バルト海の方がずっと波が静かです。海岸の様相もだいぶ違ってバルト海岸は日本海岸に比べれば湖岸のような感じがしますし,船で海を渡る時も実感できます。

日本付近はモンスーン気候なので日本海では季節風が強く吹きますが,バルト海ではそういうこともないので波があまり大きくならないのかもしれません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング