よくマンガとかCMとかのミニコントみたいなので医者が輪っかみたいなのを頭につけてますよね。あれってなんなんですか? 病院の先生がつけてるの見たことないし。気になって、、。

A 回答 (4件)

それは、”額帯鏡”(がくたいきょう)といいます。


患者さんの後ろ側から無影灯などの証明スタンドからの明かりを受けて患者さんの咽頭等を観察する為のものですが、最近では”咽頭鏡”等が出ており殆ど使われなくなっています。しかし”気管支鏡”の内視鏡では前処置の時の咽頭の麻酔に使用しています。外科医からでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱ今はあんま使われてないんですね。見たことないのも納得です。
じゃあ、コントとかは昔のなごりをまだ引きずってるってことですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/29 13:23

 こんにちは。



 確かに、最近では余り見なくなりましたね。あの「輪っか」。むかし(20年以上前ですが)、わが家のかかりつけだった先生がつけていて、覗かせてもらったことを覚えています。
#あの器具の名称を知らないので、私も「輪っか」と表記します。

 のどの奥などを見るときに、ペンライトみたいなので光を当てますよね。その時に、あの「輪っか」を顔(目)の前に持っていって、真ん中にあいた小さな穴から覗くと、様子が良く分かるんですよ。

 確か「ピンホール効果」という原理を応用したものだったと思います。小さな穴から覗くことで、目標物にピントが集中するために、はっきりと見えるようになるはずです。

 「最近は見かけない理由は」と言われると、申し訳ありませんがよく分かりません。

 参考になれば幸いです。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ピンホール効果、、、。

これまたむずかしい(^^;)

参考になるお話ありがとうございました!

お礼日時:2001/11/29 13:27

「額帯鏡(がくたいきょう)」の事でしょうか?



使用目的はあの穴から覗き、鏡の部分で明かりを反射することによって耳の中などの
狭くて深い部分を目視するために使います。

こんな製品もありますよ。
http://www.isico.or.jp/ib/products/h12/12/12.htm

参考URL:http://www1.odn.ne.jp/~aag79570/Gakutai.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。難しい名前ですねえ。
参考URL見ました。英語だと「ヘッドミラー」。まんまですね(笑)

お礼日時:2001/11/29 13:19

あれは凹面鏡になっていて、光を反射して集めるようになっています。


そして真中に開いている穴から覗いて治療したい部位を見るのです。
耳鼻科などでよく見かけますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早いレスありがとうございます!
参考になりました。

お礼日時:2001/11/29 13:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医者から医者

毎週いつも通ってる心療内科の定期検診で、気になっていた とある数値が気になっていて、先週採血して今日結果が出たんですけど、そのとある数値は、「今回はその数値は調べてなかった」と主治医が言ったので、主治医には内緒で近所の別の内科で調べたんですけど、

要は、近所の内科がその毎週の心療内科に電話すること(つまり密告)はあるでしょうか?「誰々が心配してうちの内科にきましたよ。」とか。
内科は心療内科の名前、場所は知っています。

Aベストアンサー

まずないです。何の収入にもなりませんから。「たまたま採血して問題ある結果だったのですが、貴院にて患者様にご承知いただければ幸いです」とかいうのはあるでしょうね。責任逃れというか、そもそも責任ないですから。

Q治せる医者と治せない医者

今まで治せない医者にかかってきました。検査ばかりたくさんやって、適当に薬出して、そんな医者に多く当たってきました。治せる先生に当たったとき、一つ一つ説明をしてくれて、病状のこと薬のことを説明してもらいました。医者なのになんでこんなに違うのだろうと思います
またこんな医者に免許を与え続けている厚生労働省もおかしいと思います。治せない医者は詐欺も同然だと思います。どうしてこんなに腹を立てるのかというと、手術で後遺症が残ったし、いまだに説明もしてくれません。医者が見てやってんだという態度だからだと思います。不信感が出るばかりです。勉強ができるからといってプライドばかりで、治そうとする気がないように思うのですが。

Aベストアンサー

検査しなければ見つかる病気も見つかりません。大体検査するにも金はともかく手間と暇がかかります。レントゲンにしても放射線技師。血液検査にしても現場の看護師や検査技師が携わります。はっきり言って一人頭10分の検査にしても結果出すのに準備も含めて倍以上の時間がかかるのも珍しくありません。それでとある病気が見つけられずそれによって致命的な事態になっても余計な検査は嫌なので文句言いませんよね?間違っても医療ミスとして訴えたりしないでしないですよね?

適当に薬を出す?仮に痛み止めの薬にしても痛みは止まるけど便秘になったり胃が荒れたりする副作用はどうするんですか?まぁそれ位だったら許容するとしてそれらの副作用が命に関るものでも良いのですか?

医者は確かに患者を診察する義務はありますが確実に治す義務はありません。結構これを知らない人が多いんですよね。だってそうでしょ?もしもそうだったら人間は死なないはずです。100%の危機を50%に減らす事は可能かもしれませんが50%の危機を0%に減らす事は無理です。それが出来るのは神様位でしょう。

治せない医者は詐欺同然ですか。医者の免許取った新人と経験積んだ30~40代の医者は当然実力が違うのは分かりますよね?でその油の乗りきった医者はそれだけ担当した患者の死に立ち会っている訳です。その中には交通事故で救急搬送されたけど内臓破裂で運ばれてきてから30分で死亡された人も含まれていたとしてもやっぱり詐欺師扱いですか?

金の取りすぎと言っても確かに世の中はお金だけじゃ無いと私も思います。そう世の中は金が全てじゃないです。しかし逆も言えるのでは無いのでしょうか? 金で済む部分があるだけまだマシとね。末期癌や脳神経等への外傷は今の所いくら金を積んでも確実に治す方法はありません。それは極端な例にしても現在の医学はオセロ盤の黒の部分の中で治療可能であることを示す白の部分を広げている所でありその治せる陣地の中でも所々に黒が残っているような物です。白の中で取り残された黒は引っくり返せないから黒として残っているとでも考えてください。医者と言っても人間ですから本来不可能だった事を可能にするには手間・暇・金がかかります。それらを無しでできるのは神様位でしょう。そして神様は人間以上に差ディステックで気分屋ということだけは知っておいたほうが良いかと思います。


手術にしても粘土ならば千切るのも繋げるのも別の形に捏ねるのも自在ですが人の体は残念ですがそうじゃありません。開腹すれば出血するし閉じれば臓器同士がくっついて離れません(癒着)。そうならない人も居ます。それは死体ですね。今度からは死んでから手術してもらえばそういった後遺症なんかありえません。


つまり質問者さんは検査せずに薬使わずにお金も取らず24時間365日一人当たり2~3時間かけて診察しつつ救急患者を診て手術が必要な人には手術さえもせずに手をかざすだけで治療し当然後遺症はゼロ。しかも一日にそうした患者を数十人診る人だけが本当の医者なんですよね? 無駄だとは思いますがそんな医者が居たら探す価値はありそうです。


実際の所、個人的には日本医療は崩壊した方が良いと思います。医療従事者はボランティア精神の持ち主が多いのですがそれが裏目に出た結果が今の実情なのでしょう。実際に患者が急変して死亡したりして何も悪くなかったとしても現場のスタッフが自身を責めたり訴えられたりするのは狂っていると思います。そうはいかなくても常時人員不足でフル回転して業務を進めるので精一杯で患者に声かけらても素っ気無い態度を取ってしまい自己嫌悪に陥る人も居ます。日本は基本的に上の無能・無策を下の現場が歯を食いしばってカバーして成り立つ社会ですから自己変革が困難であるため悪循環が延々と続く事が多いと思います。


そうそう余談ですがボランティアとは志願兵という意味もあります。医療従事者にはある意味ピッタリと言えるとは思いませんか?

検査しなければ見つかる病気も見つかりません。大体検査するにも金はともかく手間と暇がかかります。レントゲンにしても放射線技師。血液検査にしても現場の看護師や検査技師が携わります。はっきり言って一人頭10分の検査にしても結果出すのに準備も含めて倍以上の時間がかかるのも珍しくありません。それでとある病気が見つけられずそれによって致命的な事態になっても余計な検査は嫌なので文句言いませんよね?間違っても医療ミスとして訴えたりしないでしないですよね?

適当に薬を出す?仮に痛み止めの薬...続きを読む

Q問診表を見ない。同じ病名。この医者はヤブ医者ですか?

こんばんは。今日、子供が犬を触り、目が真っ赤に腫れあがってしまいました。近所の眼科へ連れていきました。そこは二度目です。
問診表に、アレルギー血液検査の結果(犬3.9など)目が腫れるに至った行動など細かく書きました。

ところが診察すると「花粉だね。」と一言。

一度目も「花粉症」でした。しかし5月だったので、まあ花粉もあるでしょう。と思ったのですが、今回は明らかに犬を触った手で顔を擦り、すぐに出た症状だと書いたのに・・・。しかも今日は雨。花粉が飛んでいるようには見えません。

「効く薬を出すから」

「何のお薬ですか?」

「何のって、よくなる薬。目薬」

「抗アレルギーの薬ですか?」

「そう」

「ステロイドはもらえませんか?」

「普通はステロイドなんか出さない」

とやり取りがありました。

血液検査もしないで「花粉症」と言い切るのも疑問だし、問診表をまったく見ていない様子。薬の名前を聞いたとたんに不機嫌な顔。

こういう医者って、ヤブ医者なんでしょうか?
それとも素人には解らない、卓越した眼と経験で症状だけで
病名が解る名医なんでしょうか?

近くて便利ですが、行かないほうが良いと思いますか?

ちなみに、薬を取りに行ったら、1日4回点眼でした。
サマースクールへ行っているので、4回はムリだと気づきました。
私も言えばよかったですが
1日に4回の点眼が可能かどうかも聞いて欲しかったです。

こんばんは。今日、子供が犬を触り、目が真っ赤に腫れあがってしまいました。近所の眼科へ連れていきました。そこは二度目です。
問診表に、アレルギー血液検査の結果(犬3.9など)目が腫れるに至った行動など細かく書きました。

ところが診察すると「花粉だね。」と一言。

一度目も「花粉症」でした。しかし5月だったので、まあ花粉もあるでしょう。と思ったのですが、今回は明らかに犬を触った手で顔を擦り、すぐに出た症状だと書いたのに・・・。しかも今日は雨。花粉が飛んでいるようには見えません。...続きを読む

Aベストアンサー

 なるほど。状況が把握できました。確かに不親切な医者かもしれませんね。花粉症ではないみたいですし・・・。それと私も質問の文章を読み間違っていました。目が赤く「腫れあがった」、すなわち瞼が腫れあがったのですね。私はてっきり目が充血しただけだと思ってました。

 となると受診すべきは眼科ではなくて小児科なのではないですか?普段抗アレルギー薬やエピペンを処方して貰っているかかりつけ医(アレルギー専門?)を受診すべきだと思います。眼科の先生からすれば「ちょっと専門外」だったのかも知れません。それであまり説明してもらえなかったのかも知れませんよ。(そんなわけないと眼科の先生から反論されるかな)

>でも患者から薬の指定をされる事って嫌われる事なんでしょうね。

 いや、それが間違ったものでなければそんなに嫌ではないです(少なくとも私は)。でも「普段抗アレルギー薬を飲んでいるのにこのような症状が出てますけど、こういうときってステロイドなんかはどうなのでしょうか?」ぐらいの聞き方の方が無難だったと思います。別に医者を持ち上げる必要は無いですけど、たとえ誰が相手でも相手を尊重する姿勢(上辺だけでも)ってのはコミュニケーションを円滑にするのに大切じゃあないですか。そんな風に聞いても横柄な態度をとる医者がもしもいたら、そのときは「質問者さんにとっての」やぶ医者認定もありだと思います。

 それと医者としては「ステロイドに即効性はない!」と反論したくもなったのですが、今回の状況を色々と鑑みて特に深くは触れないことにします(こう書いておかないと他の回答者さんが突っ込んでこられる気がするので)。

 なるほど。状況が把握できました。確かに不親切な医者かもしれませんね。花粉症ではないみたいですし・・・。それと私も質問の文章を読み間違っていました。目が赤く「腫れあがった」、すなわち瞼が腫れあがったのですね。私はてっきり目が充血しただけだと思ってました。

 となると受診すべきは眼科ではなくて小児科なのではないですか?普段抗アレルギー薬やエピペンを処方して貰っているかかりつけ医(アレルギー専門?)を受診すべきだと思います。眼科の先生からすれば「ちょっと専門外」だったのかも...続きを読む

Qレーシックの安心パック1万円つける?つけない?

レーシックを受けようと思います。
16万円くらいのプランなのですが、プラス1万円で、無痛パックという医学用のコンタクトをして術後の痛みを軽減する、というものらしいのですが皆様がもし手術を受けるとしたら付けますか?

http://www.sbclasik.jp/faq/201008/11651.html

Aベストアンサー

それはレーシックの手術自体で高い値段設定ができないから、他のオプションで「無痛パック」などとうたって金を取ろうとしているだけです。
そもそも両眼16万円のプランは一般人には必要ありません。
日本人はあまりに保守的なので、こういう手術には高い金を払うことに抵抗がないのです。
痛みに関してはレーザーを当てる秒数によっても違うだろうし、個人の痛みの閾値にも左右される事象です。
それにその痛みというのは手術当日だけのもので、次の日にはほとんど痛みはなくなります。
あとはあなたの1万円にたいする考え方次第でしょう。
そもそも16万のプランを選ぶくらいなら1万円などたいした追加ではないかもしれないですし。

SBCの場合、検査当日にカウンセラーによる手術、術後の経過などの説明があります。
そのときに自分に必要なプランオプションを相談するとよいでしょう。
また診察を行う医師にも相談できます。

無痛パックをつけなくても、術後にベノキシールの点眼をもらえるので(詳細はググってね)、それをつければ痛みはなんとかしのげるはず。というか、使うまでもなかったという人もいる。

あなたの近視度数や年齢が分からないので、以上は、あくまで参考意見ということで...

それはレーシックの手術自体で高い値段設定ができないから、他のオプションで「無痛パック」などとうたって金を取ろうとしているだけです。
そもそも両眼16万円のプランは一般人には必要ありません。
日本人はあまりに保守的なので、こういう手術には高い金を払うことに抵抗がないのです。
痛みに関してはレーザーを当てる秒数によっても違うだろうし、個人の痛みの閾値にも左右される事象です。
それにその痛みというのは手術当日だけのもので、次の日にはほとんど痛みはなくなります。
あとはあなたの1万円に...続きを読む

Q医者の世界って

今日、医龍を見ていて思ったのですが、医者の世界ってほんとにあんなんなんですか?

助かる見込みのない患者を手術しなかったり、部下を引き連れて大名行列をしたり。

白い巨塔もそうですが派閥だったり医局間の確執ってほんとにあるんでしょうか?

演出されてる部分も多いかと思いますが火の気のないところに煙はたたないっていいますよね?

Aベストアンサー

最近あの手のドラマが多いようですが、あのドラマはちょっと演出が強いように思いました。「白い巨塔」はもともとは昭和後半の関西圏のある大学病院をモデルにしたと聞いていますので、そのころの雰囲気が強いと思います(もちろん、最近の医療問題をうまく取り入れてありましたが)。最近はあそこまでしているところは少ないのではないでしょうか。

>助かる見込みのない患者を手術しなかったり
これは他の方が書き込まれているように、治療行為とリスクの釣り合いが取れない場合には治療できないことも多々あります。問題はそうなった患者さんをどう扱うかです。白い巨塔でもそうでしたがドラマでは「退院」と言うシナリオになります。以前はベッドが満床であればあるほど儲かるわけですから、実際に満床である場合を除いて、早期退院させるメリットはなく、患者さんの希望に沿うことがある程度可能でした。しかし、最近はドラマのような傾向にあるのが現状です。その理由のひとつは「長期入院患者には保険診療からは入院費を出さない」と言うふうに国が決めたことがあります。「長期入院する人は長期入院を専門に扱う病院に入院してください」と言うのが国の方針です。いま、大学病院や救急病院に国が求めている一人当たりの平均入院期間は20日程度です。これを上回るような病院は急性期病院として認定しない、と言うことです。20日と言えば手術して、少しリハビリすれば即退院です。場合によっては抜糸してすぐです。これを重症患者や大手術を行う病院で実現しろと言われれば、対応策はひとつです。長期入院になる患者さんには早期に退院・転院をしてもらうことしかないのです。これは病院の機能分類と言う名目のものとで行われています。要は手術する病院は手術ばっかり、リハビリはリハビリばっかりの病院で、と言うわけです。病院がつぶれる今の時代、利益優先の経営が堂々と行われるようになり、このような事態をさらに悪化させています。最近では多くの病院が、経営を医療のことを知らない経営屋に任せているところも多くあります。これがどのような事態を招くか、恐ろしいことですが。
ただ、こういうことを国が決めた背景としては、医療費の高騰が原因です。ちなみに医師の給与は医療費高騰が叫ばれる以前と変わっていません。むしろ低下しています。病院の経営も苦しくなっています。ではなぜ医療費が高騰したのでしょうか。
それは、入院の必要のない人が入院していると言う実態があります。これは病院が入院させている場合もあれば、患者さんが生命保険の関係とかで長めに入院する場合などがあります。他に、ドクターショッピングなども医療費高騰の一因です。

>部下を引き連れて大名行列をしたり
これは総回診といわれるものです。なぜ行うか、は、その当該科の長が入院患者を把握するためです。医者が多いほど、その必要性が出ます。なぜなら、大学病院に限らず、あのような高度機能病院でそれぞれの医者がそれぞれ勝手な治療を行うほど問題となる行為はないからです。これは会社の社長が自分の会社で何が行われているかを把握していないのと同じです。
20年ほど前までは教授の力も絶大でしたが、最近ではそれほど強いものではありませんので、あれほどきっちりとした行列はなく、もうちょっと統制が取れていないと思います。今もあのような形で回診している病院はよほど教授の力が強いのでしょう。

>派閥だったり医局間の確執ってほんとにあるんでしょうか?
権力のあるポストの周りにはそれを狙う人たちが群がり、争う、と言う構図は、医者の世界にかかわらず、普通の会社でも行われていることではないでしょうか。次期社長の座を狙っている人が、ライバルである副社長のスキャンダルを暴露するとか、派閥争いがあるとか。大学教授と言う特殊性がドラマチックにさせるのではないでしょうか。医者の世界といっても、勤務医はサラリーマンですから同じですよ。

最近あの手のドラマが多いようですが、あのドラマはちょっと演出が強いように思いました。「白い巨塔」はもともとは昭和後半の関西圏のある大学病院をモデルにしたと聞いていますので、そのころの雰囲気が強いと思います(もちろん、最近の医療問題をうまく取り入れてありましたが)。最近はあそこまでしているところは少ないのではないでしょうか。

>助かる見込みのない患者を手術しなかったり
これは他の方が書き込まれているように、治療行為とリスクの釣り合いが取れない場合には治療できないことも多々あ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報