変形性膝関節炎で、注射を薦められました。
痛み止めではなく、クッションの役目をするものを注入するらしいのです。
友人はとっても痛かったといいます。
これで良くなったと言う人もいて迷っています。
経験された方おられましたらどんな具合なのか教えてください。
今は膝を曲げたり、階段を上るときに痛みます。
58歳主婦です。
整骨院で電気を当てて暖めていますがあまり効果はない様に思いますが・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

関節内に入れる注射はヒアルロン酸といいます。

齢をとってくると、関節内にある関節液の粘り気が減り、軟骨のすべりが悪くなるため、それを補うものです。治療効果は痛みと関節炎の改善で、保険治療薬として認められているとおりちゃんとあります。また動物実験のデータでは、軟骨細胞内に入り込み軟骨ができる助けになるというものもあります。ただし現時点で軟骨を再生させるということが完全に証明されている薬はありません。サプリメントについては数年前にサプリメント服用で軟骨が増えたという報告があり、それをもとに大々的に宣伝していますが、メーカーのおかかえの研究であったことと、その後それを裏付けるものがないので、サプリメントで軟骨が増えると思っている医者はまずいません。ただし除痛作用についてはあるようです。
整骨院で行っている治療は、病院でもやるので内容的には問題ないと思います。ただし、整骨院では、膝の変形などの慢性疾患は保険を使って治療できないことが法律で決まっているので、保険がきくとするとおそらく捻挫という嘘の病名をつけていると思います。病名については健康保険組合に問い合わせればわかりますよ。
    • good
    • 20

ヒアルロン酸の注射などでしょうか?クッションの役目を果たすもので、ずいぶん楽になったという方もいますが、個人差がありますね。

    • good
    • 6

専門家紹介

ドクターズミー医師

職業:医者

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、
メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する医師が回答します!
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

痛みが出るようになってどのくらいの期間になるのでしょうか?


変形性膝関節症の場合、急に悪くなって痛くなったのではなく、長い年月をかけて、複合的な要因で膝に継続して負担がかかる歩き方をしてきて、蓄積されていたストレスが老化とともに症状として現れてきたに過ぎません。病気と同じなのです。骨格系、関節系疾患なのです。
ですから、長年の原因である足元の安定(歩行の安定)を無視して、悪い膝だけに目を向けた治療はピントはずれかも知れません。ヒアルロン酸と平行して、足と歩行の安定には良い靴と、歩行のバランスを良いように変える、動きを考えたインソールとの組み合わせで効果を試してみるのも良いかと思います。インソールで足や体全体の動きをほとんどコントロールできますし、膝や股関節の痛みなどにも効果は大です。
残念なことにほとんどの方は歩き方や歩く能力、歩くバランスなどには考慮されることは少ないようです。2足歩行する唯一の動物なのにです・・・!
    • good
    • 25

私は30代ですが軽度の変形性膝関節炎です。


以下の話は私や身内の経験ですのでご参考になさったらと思います。

私の場合、整形外科へ行っても痛み止めおよびシップにより治療で全く効果が現れませんでした。
私の父も変形性膝関節炎で、整形外科へ通うことはもちろんのことですが、いろんな健康食品にも手をつけたそうです。
そしてある健康食品に出会い半年ほど飲み続けたらかなり痛みが軽減したとの事で、私もその健康食品を進められ服用しましたら1年も膝が痛くて困っていた膝のに半月程で痛みがなくなりました。

本題ですが、
主人の母も変形性膝関節炎で整形外科へ通っています。
>痛み止めではなく、クッションの役目をするものを注入する
を行っていますが、その日は少しだけ痛みがラクになるそうです。
ですが翌日になると元の痛みに戻ると言っています。
全く効かない状態に近いので、膝に金属を入れる手術を勧められていますが、「もし手術して歩けなくなったら」と言う事を考えるとまだ決断できないようです。
整骨院も通っておりますが、効果が出ているとは言えないそうです。

母が通う整骨院の先生は「整骨院は治療するところではなく、(症状によりますが)痛みや症状を軽減するところなので、整形外科と整骨院を上手く組み合わせる事で効く事が多いです」とおっしゃっていました。
整骨院の先生や整形外科の先生にしても、得意分野があります。
母の通う整骨院の先生は腰が専門分野だと言ってました。
医師の前で専門分野を聞くのはかなり勇気がいると思いますので、いろいろな病院(整形外科)へ電話をするなどして「膝の専門医」の確認を取ってみてはいかがでしょうか。
1つに病院に縛られないで、セカンドオピニオンの病院でも見て頂いた方が安心かと思いますよ。

長文になりましたが、膝の痛いのは本当に辛いです。
お大事にして下さい。
    • good
    • 21

関節内ヒアルロン酸注射のことでしょうか?


私が昔、腰痛、下肢痛で膝も痛かったときに通っていた整形外科で先生に「ヒアルロン酸打ってください」と頼んだことがありましたが、
「あんなもん、効かないから。」と一蹴されました。

ですが、ネットで検索すると効いたという人も確かにいます。
私はプラシーボ効果によるものと思いますが、なんにせよ痛くなくなればいいわけですから、先生に次の点を確認してやってみてもいいのではないでしょうか。
1.副作用は無いのか?
2.注射の失敗のリスクはないか?

下記のURLを参考にしてください

参考URL:http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_200.htm
    • good
    • 22

>整骨院で電気を当てて暖めていますがあまり効果はない


これは関節が悪い人にはほとんど意味のない治療(電気で麻痺させているだけ)ですから、意味がありません。残念ながら整骨院は根本的な治療ができる場所ではありません。筋肉痛をやわらげる、ねんざ等の痛みを緩和する、程度のところと理解してください。
直すなら専門の整形外科に通うべきです。

>変形性膝関節炎で、注射を薦められました。
これは専門の医師が診断して薦めたことでしょうか。接骨院でまさか注射まですすめないと思いますが。
>クッションの役目をするものを
自分の聞いた経験では、クッションの役目をするものを外部から注入してクッションになるというのは初めてです。(整形外科の専門医を3件ほどまわりましたが)この内容を先生に是非質問して、納得がいってから注射して頂くのがよいかと思います。
もしあまり納得いく説明いただけなければ、別の医師のセカンドオピニオンも必要かとおもいます。整形外科は専門が極端で、腕が専門の先生は足はあまりわかりませんし、足でも膝は特殊(いろいろな病気があり診断しにくい)だそうです。今の診断にはMRIも有効ですが、現在の医師はx線以外に何か検査されていますか。
なるべく納得のいく治療が必要かと思います。先生に話すのはとても勇気がいると思いますが、頑張って質問してみてください。
    • good
    • 17

こんばんは



私の場合は股関節ですが、何も説明の無いまま注射されました。打った直後はかなり痛かったですが、その後はかなり楽になったのを覚えています。

先生にどういうものかを聞いて、納得できるのでしたら注射をしてもらうのもいいと思います。私のように何も聞かされないまま注射された人もいますが、注射してよかったです。でも一時的なものでしたけどね。

私の足は手術で痛みを止める以外には無いのであきらめてますが、痛いならなるべく足を使わない事と言われました。なかなか難しいですが。

お大事になさってください。
    • good
    • 10

NO2です。


書き忘れました。すみません。
その「クッションになる成分の注射」を受けると、痛みは格段にひきます。あくまで私の場合ですが。なんども失礼しました。
    • good
    • 9

私も膝にたびたび水がたまり質問者さんと同様の診断を受けた経験があります。


痛みと水がたまることによる腫れがひどい時は、かかりつけの整形外科医院で水をぬき、クッションの役目をするもの(きっとこの質問を見た専門家の方が解説してくださると思います)を注入します。
注射の痛みは、うぐぐぅっと思わず呻りたくなるほど痛い時もあれば、さほどでもない時があったりと、同じ医師による注射であっても膝の状態やその時々の状態によってまちまちです。
…参考になれば幸いです。どうぞお大事になさってください。
    • good
    • 7

整骨院なんて行くだけ無駄です。


http://www.med.kindai.ac.jp/ortho/sekkotu/

注射に関しては、医師とよく相談して下さい。
    • good
    • 9

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 膝関節捻挫<外傷>の症状や原因・診断と治療方法

    膝関節捻挫とはどんな外傷か  スポーツや坂道などで膝を少しひねっても、膝の痛みやはれ、不安定性がなければ、捻挫とはいいません。捻挫という医学用語には定義があり、異常な外力により関節包や靭帯(じんたい)の一部を損傷していても、関節面相互の適合性が正常に保たれている状態をいいます。関節面相互の適合性が保たれていないのは脱臼(だっきゅう)で、捻挫よりさらに重い外傷です。したがって、膝関節捻挫というのは膝関...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヒアルロン酸注射後の膝の痛み

膝が痛くなり、病院に行ったところ、老化現象で膝の軟骨がすり減っていると言われ、週1回全部で5回のヒアルロン注射を勧められました。

1回目を打ってから痛みが増し、2回目を打ったら更に痛くなり、歩くのもままならなくなり、杖を突くようになりました。

痛みを軽減するはずの注射なのに、かえって痛くなるものでしょうか。
あと、3回注射予定ですが、どんどん悪くなるようで不安です。

このまま続けて大丈夫なんでしょうか。このような症状があった方教えてください。

Aベストアンサー

ヒアルロン酸注射は中止した方がいいでしょう.

私も経験があります.
約3年前,左膝が痛み,整形外科でヒアルロン酸注射をしました.1回目は大丈夫でしたが,2回目を打ってから痛みだし,次回の診察時に医師に詳細を報告したら即刻,ヒアルロン酸注射は中止となりました.中止してから痛みがおさまるまで,約1ヶ月かかりました.

遠慮せず,詳しく痛みの状況を医師に訴えて下さい.そうすれば,ヒアルロン酸注射は中止になるはずです.

もし,それでもヒアルロン酸注射をすると医師が言うのなら,拒否して帰り,別の整形外科で治療した方がいいでしょう.

頑張って下さい.

Qステロイド注射が原因で悪化することはあるのか?

こんばんは、あまりの痛みで眠れないため、心配になりこんな時間に投稿させていただきます。

昨日整形外科で「テニス肘」と診断されました。医師から有効で手早い治療法として、局麻酔入りのステロイド注射を勧められました。
私は早く治したかったので、注射にて治療することを納得して決めました。その際、副作用についてなどは一切説明がありませんでした。

注射を打つ前までは、腕に力を入れると痛む程度でしたが、注射を打った後にひどく痛むようになりました。指を使っても痛む、マウスを使っても痛む、重力がかかっただけで痛む。と、目に見えて悪化してしまったのです。ステロイド注射を打つと悪化することはあるのでしょうか?
これで、障害が残ったりしないでしょうか?
あまりに痛く、また、治療したのにひどくなったので不安です。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も同じ経験がありがますが、その際にお医者さまに「注射して数日間は悪化したかのように痛むので我慢してください。」と言われました。
神経系統に働きかける注射なので、とても痛むそうです。
ステロイド注射は打つ回数によって癒着が考えられるので場所や度合いによって回数を制限して打つものだとも言われました。
注射を打つ際にお医者様では下記の説明を受けました。

☆注射自体がとても痛みを伴う事。
☆注射を打った後も神経や筋肉に働きかける注射なのでとても痛むこと。
☆ステロイド注射は効く人と効かない人がいること。
(私のケースでは五分五分だと言われましたが、これも人によって違うそうです。)
☆ステロイドによる筋肉の癒着の可能性が示唆されるので打てる回数が制限されること。
(私のケースでは4回までといわれました。)
☆自分でおかしいと感じるようなら必ず病院にくること。

以上を聞かされた上で、注射をするかしないかを選択させられました。
私は少しでも早く良くなりたかったのでlappihina0さんと同じように注射をすることを選択しましたが
初回と2回目までは週1回のペースで注射してました。
その次からは2週間に1回のペースになりましたが、2週間に1回のペースになったら注射の痛みはだいぶマシになりました。
また注射によって早く治ったのかと言う事については、ある程度だったように思います。
整形外科関係については「いつから」「どのように」「どこが」「どうなってるのか」がとても重要だそうなので
気になった際には診察を受けることを注射をされた病院のお医者様にいわれました。
(気になってるという事が人間の神経を過敏にすることがあるそうです)
もし気になるようならlappihina0さんが注射を受けられた病院にて再度、診察を受け納得がいかないようなら別の病院にかかる事をお勧めします。
なおステロイドによる障害は1回注射したくらいでは起きないそうです。
もし障害が生じるとしたら注射をした場所によってもたらされるものだそうです。
すこしでもlappihina0さんの不安が軽減されれば幸いです。

私も同じ経験がありがますが、その際にお医者さまに「注射して数日間は悪化したかのように痛むので我慢してください。」と言われました。
神経系統に働きかける注射なので、とても痛むそうです。
ステロイド注射は打つ回数によって癒着が考えられるので場所や度合いによって回数を制限して打つものだとも言われました。
注射を打つ際にお医者様では下記の説明を受けました。

☆注射自体がとても痛みを伴う事。
☆注射を打った後も神経や筋肉に働きかける注射なのでとても痛むこと。
☆ステロイド注射は効く人...続きを読む

Q膝に溜まった水を抜くのって痛いんですか

膝に溜まった水を抜くのは痛い、とよく聞きます。

叔母もそう言ってましたし、知人もけっこう大きな注射器で水を何回も抜いていたそうです。

叔母に「腕に注射するくらいの痛さですか」と聞いたら、「いやあ~。もっと痛いわあ~」と言ってました。いったん刺してから少しずつ奥のほうまで押し込んでいく感じで、抜くときのほうがもっと痛いとのことでした。

ほんとにそんなに痛いのですか。

その痛さを表現するとすれば、どんな感じですか。
他のどんな痛みと同程度ですか。

我慢できる範囲ですか。

最後に、そんな水を抜くなんてことにならないようにするには日ごろどんなことに気をつけていればいいですか。

よろしくご回答、お願いします。

Aベストアンサー

まず関節の構造についてお話しします。関節とは袋に包まれておりその袋は栄養液によって満たされています。栄養液は関節内の組織の環境を保つために働いています。その液のことを一般に “水” と呼び、栄養液が過剰に溜まった状態を “水がたまった” と言っています。ですから、水というのは関節内にもともと存在します。

ではなぜ水がたまるのか?関節に何か異常が起こると、体は関節に水を送り防御態勢に入るのです。例えばプールやお風呂で体が浮くのと同じです。具体的に異常とは炎症(関節炎)です。ちなみに捻った、ぶつかったで水が溜まる場合、関節内組織のケガにより血が溜まることもあります。


>ほんとにそんなに痛いのですか。

すいません前置きが長くなりましたが、本題です。体に針を刺すわけですから、痛みがあって当然です。痛みがあるのは前提とし、痛みとは個人差があります。同じ強さでつねっても痛いとい感じる人もいれば、気持ちいいと感じる人もいます。

また刺す位置ミリ単位の微妙な違いによって、痛い場所と痛くない場所が皮膚上には存在します。ですから結論としては痛くない人もいれば、痛い人もいる。痛くない時もあれば、痛い時もあるのです。


>我慢できる範囲ですか。

麻酔の話がありますが、普通麻酔はしません。要するにその程度の痛みです。ただ先ほど言ったように、炎症が起こって水が溜まるわけです。炎症とは組織が腫れますし、水で余計にパンパンになっています。膨らんだ風船に針を刺すように...。ですからやはり痛いと感じる人が多いですが、刺す人の技術や選ぶ道具にも左右されます。


>最後に、そんな水を抜くなんてことにならないようにするには日ごろどんなことに気をつけていればいいですか。

今おいくつかってことも関係しますが、若いのであればそんなに気にすることはありません。スポーツをプロになるくらい頑張らない(軟骨の保護)、極端な運動不足を避ける(筋力低下を予防)、食事を三食バランスよくとる(骨強度、体重増加を避ける)とかです。

中高年以降であれば屋外ウォーキングを日課とし、腿前の筋肉をしっかり鍛えてあげることです。体重が重ければダイエット、膝の状況が悪ければ個々に応じたリハビリメニューが必要になってきます。治療が必要な状態なら、病院でお薬、リハビリが必要になってくるでしょう。

中高年以上の関節炎で一番頻度が高いのが、変形性膝関節症というものです。これは軟骨が減り、関節の形が変わってしまうものですが、早い話関節の老化現象なんです。ですから歳をとればとるだけこの病気のリスクは増します。超高齢化社会日本では国民病ともいえます。どんなに注意しても長く生きればかなりの確率でなりますから(特に女性)、なった時に早めに、正しい施設(整体や整骨院ではなく整形外科)で、しっかり治療をすることが大事になってきます。


ここからは補足です。注射で水を抜くという治療は、大昔の治療方法です。水が炎症の原因ではないので、水が抜けても炎症は治まらないからです。逆に関節を保護している水を抜いてしまえば、どうなるか・・・悪循環になりますよね。俗に言う 「水を抜くと癖になる」 という状態です。確かに水を抜けば楽になるので、昔はわけも分からずに抜いていたようです。まだこのような処置を行う病院があるようなので、そういうところは注 意した方がいいと思います。(原因によっては抜くことも必要な場合があります)

関節炎を放って置くと、異常なスピードで軟骨の破壊がすすみます。軟骨はスムーズな関節動きや、減ればO脚の原因にな ります。今の医学では軟骨の再生は出来ませんから、関節炎は早急に抑える必要があります。お薬で根本的に炎症を治せば、体は過剰分の水を自然と吸収します。お薬は自己判断でのまず処方どおりにしっかり飲んでください。

また自己処置の話がありますが、これは大変に危険な行為なので絶対に真似しないでください。関節内は無菌に保たれています。病院でも注射器はディポザーブル(使い捨て)をつかい、消毒は複数回入念に行います。それでも感染の可能性は100%排除できません。設備や知識が伴わない家庭でやるなんて自殺行為です。関節の感染は抗生物質とかが使えなので、非常にやっかいなことになります。この質問をご覧の方々も絶対に真似しないでください。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。

まず関節の構造についてお話しします。関節とは袋に包まれておりその袋は栄養液によって満たされています。栄養液は関節内の組織の環境を保つために働いています。その液のことを一般に “水” と呼び、栄養液が過剰に溜まった状態を “水がたまった” と言っています。ですから、水というのは関節内にもともと存在します。

ではなぜ水がたまるのか?関節に何か異常が起こると、体は関節に水を送り防御態勢に入るのです。例えばプールやお風呂で体が浮くのと同じです。具体的に異常とは炎症(関節炎)です。ちな...続きを読む

Q突然の膝痛で歩けない。でも、一瞬でケロッと治る。

突然の膝痛で歩けない。でも、一瞬でケロッと治る。

1週間前に突然、膝が痛くなり何かにつかまらないと歩けないし、立てない。膝を動かすと痛いので寝返りも片足や両手で補助するほどでした。
ネットで調べたらツボでいう内膝眼という所(膝の皿の下内側)が少し腫れた感じでした。
ところが一晩寝たら嘘のように歩けるようになっていて、念のため病院でレントゲンを撮りましたが、異常なし。どんな動きも問題なくできました。
筋?(か何か)の脂肪の炎症かなんかでしょうという診断でした。

ほっとしていたのですが、先ほど(2時間前)、外出時ブーツを履こうとして片足立ちをしたらまた痛くなりました。30分ほど車(助手席)に乗り、降りようとするとまた歩けません。
安静にしておこうと自宅に戻り、体を支えてもらいながら玄関まで歩き、階段を数段上るとけろっと治りました。今は問題なく普段通りです。膝の腫れもありません。

痛いときは立てないほどなのに、ちょっとした事で一瞬で治る。だから病院では相手にしてもらえない。
私はどうしたらいいのでしょう?(半年ほど前から腰痛で悩み、変形性腰椎症と診断されています)
アドバイスをどうかよろしくお願いします。

突然の膝痛で歩けない。でも、一瞬でケロッと治る。

1週間前に突然、膝が痛くなり何かにつかまらないと歩けないし、立てない。膝を動かすと痛いので寝返りも片足や両手で補助するほどでした。
ネットで調べたらツボでいう内膝眼という所(膝の皿の下内側)が少し腫れた感じでした。
ところが一晩寝たら嘘のように歩けるようになっていて、念のため病院でレントゲンを撮りましたが、異常なし。どんな動きも問題なくできました。
筋?(か何か)の脂肪の炎症かなんかでしょうという診断でした。

ほっとして...続きを読む

Aベストアンサー

確かに滑膜(かつまく)ひだ障害、通称タナ障害の症状に似ていますね。
圧痛点から考えても可能性はあると思います。関節には滑膜ひだという
柔らかい組織があります。この滑膜ひだが繰り返される機械的刺激によ
り炎症を起こします。炎症起こせばひだは肥厚(腫れます)しますので、
関節に挟まれたり、引っかかったりして痛みを出します。

治療は炎症止めのお薬、電気などのリハビリ、鍼治療などの保存療法が
主流です。保存で好転しなければ外科的手術の対象にもなります。

ただ、タナ障害で決まったわけではありませんから、もう一度病院を受
診するか、病院を変えて別の整形外科に行ってみて下さい。ここの情報
は、あくまでも参考意見としてお聞きください。


~治療院について~
 
 整体・カイロプラクティック・・・「骨盤矯正・骨格矯正」 これは
  全て真っ赤な嘘です。そもそも彼らは公的資格が一切ありません。
  早い話、無資格の素人です。誰でも明日からすぐに営業できます。
  素人さんですから、勿論健康保険は使えませんし、自賠責だって保
  険屋からは相手にされません。背骨と背骨の間に椎間板というクッ
  ションがありますが、整体やカイロで薄くなるということが確認さ
  れています。一回ぐらいでは大丈夫だと思いますが、一年も通えば
  驚異的なスピードで椎間板は劣化します。長期的に見れば確実に悪
  化します。

 接骨院・・・柔道整復師という国家資格者で、整骨院、骨接ぎとも呼
  ばれています。肩コリや腰痛など治療する所だと勘違いされている
  方もいますが、ここは捻挫、挫傷、打撲、(脱臼、骨折)などのい
  わゆるケガを治療する施設です。
  
  一番下の Q:接骨院や整骨院はどのような時にかかったら良いんで
  すか? をご覧下さい
  http://www.shadan-nissei.or.jp/judo/faq.html
  
  腰痛や肩コリの治療は一切出来ません。 「歯医者で眼の治療」 
  をするようなものです。しかし、全国の整骨院はこれを平気で犯
  し、慢性膝痛を「膝のねんざ」など嘘の受傷理由を添付して、健康
  保険を偽装請求し荒稼ぎしています。不正は業界ぐるみで行われて
  おり、全国に約三万件と整骨院はあります。政府管掌系の社会保険
  から約400億円、老人保険系から約800億円、保険はさらに数種類あ
  り、2007年度で約3000億円かかっています。言うまでもなく、保険
  料は我々の毎月のお給料から払われているものです。しかしそのほ
  とんどが、不正請求ですから、医療費、消費税が上がるのも妙に納
  得です。ちなみに病院から患者を追い出し、自宅で介護する制度に
  して浮いたお金が3000億円です。

 鍼灸整骨院・・・鍼灸師と柔道整復師の免許をもている方、もしくは
  それぞれの施術者いる施設です。ここも整骨の保険を悪用している
  可能性があります。鍼灸は保険が使えますが必ず医師の診察の上、
  同意書が必要です。保険証を窓口に提示して即保険で鍼治療の場合
  は、整骨の保険(ケガの保険)で鍼をしているケースが多いです。
  これは例えていうなら、出産時自然分娩にもかかわらず、帝王切開
  として保険請求するようなことです。これが普通の病院なら大問題
  です。マスコミに大きく報道され、二度と再起できない状態に追い
  込まれるでしょう。しかし鍼灸整骨院に関してはお咎めなしです。


 鍼灸・マッサージ・・・国家資格者ですから、代替医療にかかるのな
  らこれしかないでしょうね。マッサージは肩凝りでは保険が使えま
  せんが、鍼であれば使えます。しかし医師の診断が必要です。

以上のことから、鍼灸、あんまマッサージ指圧、接骨(整骨)以外は
“全て無資格者” です。今では整体、カイロ以外にも操体法など怪しげ
なものもありますので、無資格治療院にはお気をつけ下さい。


意外かもしれませんが、病院以外の代替医療では “鍼” が一番体に優
しい治療方法になります。病院の治療をベースに、何かするなら鍼治療
がベストな選択です。

しかし鍼治療も施術者によって十人十色です。一回や一箇所で決めるの
は正直もったいないです。鍼が根本的に怖くないのなら、数箇所受けてみ
てお気に入りを見つけてみてください。


痛い所があれば患部にシップを貼って下さい。自己流のマッサージやス
トレッチは筋肉や神経を傷め、アルコール、お風呂は炎症を悪化させる
恐れがあるので控えましょう。

レントゲンは病院でしか取れませんので、整体、接骨院、整骨院ではなく
必ず整形外科を受診してください。


長文失礼しました。ご参考になれば幸いです。

確かに滑膜(かつまく)ひだ障害、通称タナ障害の症状に似ていますね。
圧痛点から考えても可能性はあると思います。関節には滑膜ひだという
柔らかい組織があります。この滑膜ひだが繰り返される機械的刺激によ
り炎症を起こします。炎症起こせばひだは肥厚(腫れます)しますので、
関節に挟まれたり、引っかかったりして痛みを出します。

治療は炎症止めのお薬、電気などのリハビリ、鍼治療などの保存療法が
主流です。保存で好転しなければ外科的手術の対象にもなります。

ただ、タナ障害で決まっ...続きを読む

Q教えて下さい。半月板損傷は自然に治りますか?

こんにちは。
半月板損傷は手術しなくても治りますか?教えて下さい。

MRIをとったら半月板が真っ白になっていて損傷しているとのことで
手術も考慮しないといけないそうです。
もし、再生可能なら手術しないですむかとも思い考え悩んでいます。

手術しないで治された方はいらっしゃいますか。私は歩くのがやっとの状況が
50日くらい続いています。今度の診察日にどうするか一応話し合いをします。

最初の病院が全然ダメだったので今は市立病院に通っており、歩けなくて病院に行けないことや台風で予約を変更してりで、長くなりました。
けがをしたのは先先月の8月21日です。

左内側半月板損傷が正式名だそうです。
ご経験の方ぜひ教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No3です
今も、夜湿布を貼るほど痛いのですね
お辛いことと思います
私も痛みが取れるまでは、直接膝を伸ばして寝ると痛いので毛布で足枕をしてました
ところで、今も痛みが取れないのはまだ炎症があるからかと思います
アイシングはしていますか?
半月板損傷で探していた時に見つけたページです
http://blog.livedoor.jp/p208bwk6/archives/51299452.html
このページに載ってる全部は無理でしたが、冷やしたりしていたら、痛みが取れました
もし良ければやってみてください
あとはとある整体に何度か行ったら 半月板を通常の位置に戻してもらい、
痛みがなくなりました
なので、そのうち松葉杖を返却しに行こうかなと思っています
痛いのってほんと辛いですよね
心配になったので また回答しました
早く痛みが取れますように
お互い辛いですよね
頑張りましょうね!

参考URL:http://blog.livedoor.jp/p208bwk6/archives/51299452.html

Qヒザの裏の筋(スジ)が痛い

エアロビ・筋トレ(週1回位)、登山(2週間に1回位)していました。
1ヶ月前から膝の裏(膝ではなく、膝の後ろ?の筋が痛くなってしまい、
しばらく運動しないでストレッチだけしていました。
それでも治らないのでストレッチも中止しました。
体重をかけたり、つま先立ちすると痛みます。
何が原因でしょうか?
また、治す方法を教えて欲しいです。
色々調べてみましたが、膝の後ろが痛くなる人はいないみたいで・・・。
ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

筋、は、スジと読めばよろしいのでしょうか、キンと読むべきなのでしょうか?

半月板の痛みは膝(関節)の痛みとして感じるので、スジ(腱)と考え、お答えします。

年令が書かれてないのですが、40歳前後以上であれば腱の損傷(部分断裂)の可能性があります。これは急に運動することでも起こりますが、十分温まっていない体に不適切なストレッチをすることでも生じます。対策はとにかく安静です。痛みが出る姿勢、運動は避けて局所の安静につとめてください。

全年齢を通じて可能性があるのが脱水です。脱水による筋の痙攣は有名ですが、それは急性期の話で、慢性的に脱水が続いた状態で運動をしていると、後で腱に激痛に近い痛みが出ることがあります。安静時はほとんど感じないのですが、少しでも伸びる運動が加わると痛みが出ます。アキレス腱、膝の裏に出やすいようです。水分を十分に取り局所の安静画必要です。

まあ、どちらにしても安静ということですね。ストレッチもよくありません。

Q初めて膝に水がたまりました。

54歳主婦です。
2週間くらい前から左足裏の土ふまずのところが痛みだし、ちょっと歩きすぎたかな?くらいに考えていたのですが、2日前から同じ左足膝が曲がりにくくなり階段の上りがきつくなってきてしまいました。
右足は普通に上がるのに、左足がついてあがって来ずしかも膝下に痛みが走ります。

早速整形外科に行き、レントゲン触診をしていただいたところ、私には自覚がなかったのですが、「腫れているし、熱ももっていますね」と言われてしまいました。
ちなみに水も少したまっていますとのことでショックだったのですが、抜くほどの水の量たまっているわけではないとのことで、しばらくリハビリとテーピング固定で様子を見ましょうといわれました。
よく膝の水を抜くということは聞いていますが、少しの量であれば抜かずに引いてしまうことはあるのでしょうか。
結構注射で水を抜くのは痛いと聞きますので、怖がりの私はできれば今の状態から引いてくれることを願っています。
膝に溜まりかけている水を抜かずに治った方がもしいらっしゃれば、その体験をお聞かせ願えればと思い質問を投稿させていただきました。

54歳主婦です。
2週間くらい前から左足裏の土ふまずのところが痛みだし、ちょっと歩きすぎたかな?くらいに考えていたのですが、2日前から同じ左足膝が曲がりにくくなり階段の上りがきつくなってきてしまいました。
右足は普通に上がるのに、左足がついてあがって来ずしかも膝下に痛みが走ります。

早速整形外科に行き、レントゲン触診をしていただいたところ、私には自覚がなかったのですが、「腫れているし、熱ももっていますね」と言われてしまいました。
ちなみに水も少したまっていますとのことでショックだ...続きを読む

Aベストアンサー

膝関節の水は
関節内や半月板に炎症が起こると
滑膜から分泌される液体です。
少量の場合は抜きませんが
沢山溜まっていると抜いたほうがよろしいです。
沢山溜まったままにしておくと
滑膜を刺激し
もっと分泌されます。
少量であろうが
多量であろうが
原因である炎症を抑えることが大切になります。

テーピングで固定されているので
普通どおりには動きにくいはずです。
今はあまり動かさないこと
要するに安静に近い状態がよいということです。
正座は膝に負担がかかります。
今はやめておいたほうがいいですね。
お買い物をして
重い荷物を持って歩くのも
膝にとても負担がかかるので止めておきましょう。

炎症があるので
温めないほうがいいですね。
どちらかというと
冷やすほうがいいです。
ちなみにシップは冷やす目的でするものではありません。
皮膚から炎症を抑える薬を吸収させるための物です。
シップをするのもいいですし
アイスノンなどで冷やすのも
炎症を抑えるのに効果があります。

炎症がおさまり水が自然に吸収され
今までの生活が1日も早くできるように祈っています。
お大事になさってください。

膝関節の水は
関節内や半月板に炎症が起こると
滑膜から分泌される液体です。
少量の場合は抜きませんが
沢山溜まっていると抜いたほうがよろしいです。
沢山溜まったままにしておくと
滑膜を刺激し
もっと分泌されます。
少量であろうが
多量であろうが
原因である炎症を抑えることが大切になります。

テーピングで固定されているので
普通どおりには動きにくいはずです。
今はあまり動かさないこと
要するに安静に近い状態がよいということです。
正座は膝に負担がかかります。
今はやめておいたほうがいいです...続きを読む

Q膝の水抜きを行ったあとに激痛が走りました.

膝の水抜きを行ったあとに激痛が走りました.
親戚の話なのですが,膝が悪く溜まった水を定期的に抜きに言っているようです.先日も水を抜いてもらいに行ったところ,突然激痛が走ったとのこと,施術した先生の説明もいつもとトーンが異なり「ちゃんとやることはやったんだから・・・」と曖昧な説明で痛み止めと杖を処方されたとのこと.
ここで質問ですが,
1)この激痛はどうすれば治るのでしょうか.
(時間経過でよくはなってきている様ではあるのですが,直るのかどうか分からないので)
2)杖無しでも歩けるようになるのでしょうか.
3)そのままその病院に通い続けた方が良いのでしょうか.
4)別の病院に行く場合,どのように問診に回答したらよいのでしょうか.
その他アドバイスなど有れば,お教え下さい.

Aベストアンサー

膝 の水はもともとあるもので、過剰に溜まった状態を一般に「水が溜まった」と言っています。水は軟骨などを栄養するために存在し、関節に炎症が起こると、体は関節を守るために水を送ります。例えばお風呂に入ると体が軽くなり体重の負担がなくなりますよね?同じことを体は関節に行っています。

しかし関節炎を放って置くと、異常なスピードで軟骨の破壊がすすみます。軟骨はスムーズな関節動きや、減ればO脚の原因になります。今の医学では軟骨の再生は出来ませんから、関節炎は早急に抑える必要があります。

しかし注射で水を抜くという治療は、大昔の治療方法です。水が炎症の原因ではないので、水が抜けても炎症は治まらないからです。逆に関節を保護している水を抜いてしまえば、どうなるか・・・悪循環になりますよね。確かに水を抜けば楽になるので、昔はわけも分からずに抜いていたようです。まだこのような処置を行う病院があるようなので、そういうところは注意した方がいいと思います。(原因によっては抜くことも必要な場合があります)

お薬で根本的に炎症を治せば、体は過剰分の水を自然と吸収します。
お薬は自己判断でのまず処方どおりにしっかり飲んでください。


>1)この激痛はどうすれば治るのでしょうか.
(時間経過でよくはなってきている様ではあるのですが,直るのかどうか分からないので)

しかしながら、普通は水を抜くと痛みは軽くなります。ですから昔はこれがあたりまでしたし、いまだに希望する患者さんが多いのです。原因は注射行った医師本人にしか分かりません。注射で膝のどこかの組織を傷つけたのかもしれません。


>2)杖無しでも歩けるようになるのでしょうか.

今よくなっているようであれば、歩けるかもしれませんが、原因が分からないのでなんともいえません。


>3)そのままその病院に通い続けた方が良いのでしょうか.

最初につらつらと書いた理由から、行かない方がいいと思います。


>4)別の病院に行く場合,どのように問診に回答したらよいのでしょうか.

正直に書いてください。そして医師に直接話しましょう。ちゃんと聞いてくれる医師は良い医師だと思います。


お大事にどうぞ。

膝 の水はもともとあるもので、過剰に溜まった状態を一般に「水が溜まった」と言っています。水は軟骨などを栄養するために存在し、関節に炎症が起こると、体は関節を守るために水を送ります。例えばお風呂に入ると体が軽くなり体重の負担がなくなりますよね?同じことを体は関節に行っています。

しかし関節炎を放って置くと、異常なスピードで軟骨の破壊がすすみます。軟骨はスムーズな関節動きや、減ればO脚の原因になります。今の医学では軟骨の再生は出来ませんから、関節炎は早急に抑える必要があります。...続きを読む

Q靭帯損傷って、どのぐらいで完治しますか?

ぐねって足首の靭帯を損傷しました。

外科に行くとX線撮影の後、
とりあえず2週間とだけ言われて足を固定され、松葉杖が貸し出されました。

1週間後、再び行くと4日後(つまり11日目)に足の装具を作れる人が来るので作った方が良いと言われました。

で、言われるまま昨日、足の装具の型取りをしたのですが、
2週間目に足の装具が出来る段取りだと2週間で治る事はありえないという事になります。

・いつぐらいに完治する見込みか?
・松葉杖を片方返せるのはいつぐらいか?
・松葉杖を両方返せるのはいつぐらいか?
・4万数千円(保険適用前)もする装具は本当に必要なのか?
・装具を利用する期間はどのぐらいなのか?
・完治の前にリハビリなどは必要になってくるのか?

これらを質問してみましたが、今はハッキリ分からないの一点張りで何も説明してくれなかったのですが、そんなものなのでしょうか?
返答できないような医者は変えた方が良いのでしょうか?
足首の靭帯損傷って、どのぐらいで完治するのでしょうか?

Aベストアンサー

20年ほど前ですが、足の甲の靭帯がほぼ断裂したことがあります。
近所の外科にかかって、捻挫だと言われ、テーピングと湿布で四日ほど仕事に出たのですが、良くならないので整形外科に受診しなおしたら、上記診断になりました。

そういう経過なので、怪我をしたての場合とは違うかもしれませんが、やはり二週間足首までのギプスをして、その後は足首までの装具をつけました。怪我をした時期をはっきり覚えていないのですが、確か一月末だったと思います。そして装具を外す許可が出たのは、4月1日でした。
松葉杖は、ギプスを外すまで借りていて、装具になってからは返したような気がします。
靭帯が切れてしまった方が、手術ですぐ治るのにと言われましたが、ちょっとだけでもついているので、温存療法で行くと言われました。
患部の安静は長期間必要ですが、ずっとギプスを当てている訳にはいかないので、装具は必要だと思います。ただ、4万数千円する装具がどの程度のものなのかはわかりませんが、私のものは足首を覆う柔らかい素材の上に足の形に合わせたプラスチック板をかぶせて、マジックテープでとめるものでした。
それでも、装具になると仕事にも出られるようになりましたので、助かりました。
完治の前にリハビリなどは、当時はしませんでした。ただ、何ヶ月も足首を装具で固めていたので、自分の足だけで立つのがとても怖く、自宅で徐々に外している時間を長くしてそっと歩くなどして、外す日には備えました。

以上、かなり以前のことなので今の治療とは違う部分もあるかと思いますが、経験談として参考にしていただければと思います。

20年ほど前ですが、足の甲の靭帯がほぼ断裂したことがあります。
近所の外科にかかって、捻挫だと言われ、テーピングと湿布で四日ほど仕事に出たのですが、良くならないので整形外科に受診しなおしたら、上記診断になりました。

そういう経過なので、怪我をしたての場合とは違うかもしれませんが、やはり二週間足首までのギプスをして、その後は足首までの装具をつけました。怪我をした時期をはっきり覚えていないのですが、確か一月末だったと思います。そして装具を外す許可が出たのは、4月1日でした。
松...続きを読む

Q膝に水が溜まってます。放っておいても良いのか?

こけて 膝を打ったのですが、いつからなったのかわかりませんが、2週間後位に水が溜まってることに気付きました。

病院でレントゲンを撮りましたが、骨には異常がありませんでしたので、先生は抜いても抜かなくてもどちらでもよいと言われたので、取りあえず様子をみますということで、抜きませんでした。

ウォーキングが好きで良く歩きますが、先生は膝をつかないなら、歩いても全く大丈夫と言われました。
痛みは有りませんが、気持ちの問題か、足がだるい感じがします。

水は抜いたほうがいいのか? このまま置いてるとどれぐらいで水がひくものなのか?教えて頂きたく思います。
痛みはありませんが,足がうっとおしく感じます。

Aベストアンサー

膝の水はもともとあるもので、過剰に溜まった状態を一般に 「水が溜まった」 と言っています。水は軟骨などを栄養するために存在し、関節に炎症が起こると、体は関節を守るために水を送ります。例えばお風呂に入ると体が軽くなり体重の負担がなくなりますよね?同じことを体は関節に行っています。関節炎を放って置くと、異常なスピードで軟骨の破壊がすすみます。軟骨はスムーズな関節動きや、減ればO脚の原因になります。今の医学では軟骨の再生は出来ませんから、関節炎は早急に抑える必要があります。

しかし注射で水を抜くという治療は、大昔の治療方法です。水が炎症の原因ではないので、水が抜けても炎症は治まらないからです。逆に関節を保護している水を抜いてしまえば、どうなるか・・・悪循環になりますよね。俗に言う 「水を抜くと癖になる」 という状態です。確かに 水を抜けば楽になるので、昔はわけも分からずに抜いていたようです。まだこのような処置を行う病院があるようなので、そういうところは注 意した方がいいと思います。(原因によっては抜くことも必要な場合があります)

今何かお薬やリハビリなど治療は受けていますか?引きが悪いようでしたら、お薬も含め治療方法の検討を主治医とされてみてもいいと思います。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

膝の水はもともとあるもので、過剰に溜まった状態を一般に 「水が溜まった」 と言っています。水は軟骨などを栄養するために存在し、関節に炎症が起こると、体は関節を守るために水を送ります。例えばお風呂に入ると体が軽くなり体重の負担がなくなりますよね?同じことを体は関節に行っています。関節炎を放って置くと、異常なスピードで軟骨の破壊がすすみます。軟骨はスムーズな関節動きや、減ればO脚の原因になります。今の医学では軟骨の再生は出来ませんから、関節炎は早急に抑える必要があります。

し...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報