携帯電話が、呼び出したときピカピカ光るアンテナが売ってますが、あれの原理とはどのようなものなんでしょうか?

さっぱり見当が付かないので、このカテゴリに出させてもらいました。

どなたかご存知の方、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 


  なるほど。丁寧な説明を有り難うございます。
  アンテナの長さが電波の波長と同調し、電波を増幅するというか、保存するというアンテナの同調特性は了解しています。それを、「共振」と専門的には呼ばれるというのでしたら、アンテナの電波に対する「共振」はあるということで了承します。
 
  また、コイルにも電磁誘導において「同調特性」があり、これを「共振」と呼ぶということでしたら、いま明確にその「同調特性」とはどういうものか確認・了解できませんが、そういう形で同調がありえるということは考えることができます。従って、そのような同調があり、それをも「共振」と呼ぶと仰られるのでしたら、「そのような意味での共振である」と了解いたします。
 
  相応に説得力のある説明で、それに対し、別の可能性をとりあえず思いつきません。そういうことで、そのような意味の「共振」であれば、共振であるでよいと思います。
 
  ただ、光るアンテナの機構について、或る意味、この話は枝葉だとも思えます。発光ダイオードを光らせる電力については重要なことであるかも知れませんが、少し話の本質からはそれると思いますし、質問者も、このような話は望んでおられないようも思います。光るアンテナについては、そのメカニズムを説明しているページを紹介していますので、そこではかなり分かり易く解説があります。
  

この回答への補足

あ・・・あのぅ。よろしいでしょうか・・・・

お話がかなり高度なレベルで、ほとんどついていってませんでした。スンマヘン。m(_ _)m

しかし、一連のやり取りを読ませていただいて、おバカな私にも、なにやら電磁気が伝わってきたようであります。

そういえば、高圧線の鉄塔の下で蛍光灯がついたり、けーたいがペースメーカーに影響したりも「この関係の現象」なんでしょうかね。

電波っておもしろいものなんですね

いろいろとためになりました。
お2人の熱いご回答に感謝いたします。

補足日時:2001/12/11 22:42
    • good
    • 0

どうもstarfloraさんからおしかりを受けたしまいましたので、もう少し詳しくご説明しますね。


まず、基礎知識としてアンテナという物について説明いたしますね。

ご存じのようにアンテナの役割は電波を捕捉するためのものです。
では、どうやって電波を捕捉しているのかというと、アンテナ上、もしくはアンテナと大地などの間で「共振」がおきて、定在波が発生することにより2つの給電ポイントで電位差が発生するので、これを取り込むことで信号を得ています。
たとえば、800MHzの携帯電話の波長は375mmです。単純な棒状の垂直アンテナを使う場合はこの1/4の長さの棒だと共振がおきます。
よって単純な棒アンテナの長さは93.75mm(約9cm)となります。
現実のアンテナは、中にコイルなどを入れるなどしてこの共振点を調整しています。
もちろん、コイルのみで構成されたアンテナもあります。(ヘリカルアンテナなどはこの部類に入ります)

この共振が起きないほどはずれた波長の電波は基本的にアンテナを素通りしてしまいます。

さて、携帯の光るアンテナのコイルに目をやると、電波を捕捉しているものであるので、アンテナと同じ働きをしています。
つまり、原理はアンテナと同じことになります。全く共振していない場合は電波はコイルに対して素通りすることになります。

もちろん、どれだけ光るアンテナのコイルの共振点を携帯の電波に合わせてあるのかどうかは私も知りませんが、物理的に全く「共振していない」ということは、受け取る電力は0になるということと等価であると言うことには疑う余地はありません。
(さすがにこの回答欄でMaxwell方程式からそれの証明をしてみせるのは勘弁して下さい。話も長すぎるし、数式をうまくかけないので)

多分、starfloraさんが主張されているのは、コイルで得た電気信号を更に「共振回路」で選択していないのではないかと主張されているのではと思います。
私の言う「共振」は、コイルが電波を受け取ること自体が「共振」に当たるということです。

違う見方をすると、いまコイルの両端をA,Bとします。
コイルは電波の電界と磁界の影響を受けて電磁誘導による電流がA->B又は、B->Aと流れることになります。
しかし振動電場、磁場の場合、ある瞬間電位はAが+、Bが-になりますが、次の瞬間はBが+、Aがマイナスになります。
ここで、コイル自体の共振から大きくはずれていると、A,Bが同位相の電位になったり、コイルの途中では電位が発生してもA,B間では電位差が発生しないということがおきます(後者の場合はコイルの抵抗分が消費され残りは再び電波となって元の電波と共に放射されます)。

そうすると外部にはエネルギーを取り出すことが出来なくなります。

ご理解いただけましたでしょうか?
    • good
    • 0

 


  「専門家」という肩書きを付けて、変なことを言うのはどうかと思います。共振の前提に電磁誘導があるというのは自明のことです。しかし、共振と電磁誘導は同じものではありません。
 
  電磁誘導において、特殊な回路を造った場合に共振回路が成立します(特殊と言ってそれほど複雑なものではなく、単純なものです)。共振だといういうことを示す明確な説明なりがあれば、別に共振でもよいのです。先の質問と回答においては、根拠を明示せずに、電力効率がよいとか、携帯電話の種類ごとでアンテナがあるというような間接的根拠を述べて共振であると主張されるので、その根拠に対し、一応異なる可能性の根拠を述べました。積極的に共振だという根拠が提示されていないというのが、参考URLでの話でした。
 
  従って、その経緯からすれば、わたしの述べた説明は妥当なものです。また、わたしは、自分は、共振ではないと考えていて、正しいと思っていると述べているので、わたしの考えが「正しい」とは述べていません。正しいと「思っている」のです。「専門家」と自称する人に、こういう論理に合わないことを言う人がいるのは、昔からのことですが、困ったことです。
 
    • good
    • 0

勘違いしないように一応補足しておきます。


「電磁誘導」と「共振」は相反する概念ではありません。
基本的には、電磁誘導が起きることによって携帯の電波のエネルギーの一部を取り込んでいます。
この際に、「共振」を起こすようにコイルなどの定数を決めてあげると、電磁誘導がおきやすくなり効率よく取り入れることが出来るようになります。
携帯のアンテナの場合、共振させるようにコイルの定数などを決めているのかどうかは、定かではありませんが、取り入れるエネルギーを考えると、Q値(共振する度合いを示します)は低いかもしれませんが、共振するようにコイル定数を決めていると思われます。
(光らせるにはかなりの電力が必要なので)

では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく光らせるには、共振するように設計するわけなんですね。

共振もキーワードにいれて検索すると・・・
自作している人もいることがわかりました。
http://member.nifty.ne.jp/inatama/syumi/elec/kled/
http://www.cds.co.jp/ff/ant.htm

勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/11 22:36

 


  これについては、以前、下のURLで同じ質問があり、回答があります。
 
  簡単に言いますと、携帯電話が中継局に向け電波を出すと、その電波をアンテナのコイルが拾って、電源とし、発光ダイオードという電気が流れると光る物質に電気を流して、これが光っているのです(アンテナが発光ダイオードの光でかがやくのです)。
 
  以下の質問と回答では、「共振」だという人と、「電磁誘導」だというわたしのあいだで意見が食い違っていますが、これは、電磁誘導だとわたしはいまでも思っていますし、それが正しいと考えています。なお、次のURLに、光るアンテナの説明があります。これは回答者の一人が紹介してくれたページで、このページを丁寧に読むだけでもよく分かりますよ。
  http://k-tai.impress.co.jp/column/keyword/2001/0 …
 

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=170343
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おかげさまで電磁誘導で検索できました。

あと、教えていただいたURLでは、絵付きでホントにわかりやすいです。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/11 22:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q八木アンテナの動作原理について。

八木アンテナに興味があるのですが、いまいちアンテナの仕組みが良く分かりません。たくさん参考資料が売ってるみたいですが、頭が弱いので、読んでみても、どういうふうに動作しているのかがはっきり分かりません。誰か、解りやすく説明していただけないでしょうか?

Aベストアンサー

度々 ymmasayan です。

> ちょっとまとめさせて頂くと。。今、この回答で行われている位相を進めたり、遅らせたりする動作は、アンテナの各素子を1/4波長離したり、放射器、導波器、反射器の素子の長さをそれぞれ違う長さにする事と関係があり、その部分を説明するには数式とかで理論的に説明しないといけない。って感じにとらえてても差し支えないですか?(意味が伝わるか心配。。)

前にも申し上げたように、反射器と導波器の長さを変えたときの挙動はとても難解です。marticoさんは本当はそこがお知りになりたいと思うのですが「解りやすく説明」は不可能に近いでしょうね。だから、長さを短くすると導波器になり、長さを長くすると反射器になると言うところは信じてくださいと言うしかありません。
他の方も言われているとおり、実際のものは実験で試行錯誤でものを作っているのが実情です。     

その前提で、2本の素子の電波合成を理解していただくために、2本給電型の反射器(導波器)の説明をしました。(すでにお分かりであれば読み飛ばして下さい)

> 図の意味は何となく分かりました。でも、過去、現在、未来という表現がまた。。??その表現は、波のグラフを書いたグラフの横軸を、素直に時間軸にしただけの事なんでしょうか?

そうです。波のグラフを書いて時間軸に「過去、現在、未来」と書いただけです。時間と空間を意識していただくために書いたのです。一般的な波のグラフとしてはそうですが、空間の波のグラフにすると、素子より右側に出ている波は逆に左から「未来、現在、過去」となります。

余計な話をしてわかりにくくしたかもわかりませんし、説明不足で理解しづらいところがあったようで、すみませんでした。

度々 ymmasayan です。

> ちょっとまとめさせて頂くと。。今、この回答で行われている位相を進めたり、遅らせたりする動作は、アンテナの各素子を1/4波長離したり、放射器、導波器、反射器の素子の長さをそれぞれ違う長さにする事と関係があり、その部分を説明するには数式とかで理論的に説明しないといけない。って感じにとらえてても差し支えないですか?(意味が伝わるか心配。。)

前にも申し上げたように、反射器と導波器の長さを変えたときの挙動はとても難解です。marticoさんは本当はそこがお知...続きを読む

Q頭がピカピカで連想する人物

先日、知り合い3人と話していて
「うちの子供が、先生の頭がピカピカっていってたんだ~」
と私が話したら
「金髪なの?」「金髪の外人?」
と知り合い3人にいわれました。

わたしは「頭がピカピカ = はげ」なんですが
知り合いたちは「頭がピカピカ = 金髪」だそうです。

一般的な表現として
私と私の子供ががあっているのか、知り合いたちがあっているのかを教えてください!

私は「髪の毛がピカピカ」とは言ってないし
「頭と髪の毛と聞き違えた?」とも聞き返してます。(聞き違えいませんでした。)

Aベストアンサー

普通の日本人なら『頭がピカピカ=ハゲ』を指します。

あなたの親戚は帰国子女か日系人なのでは?日本人とは思えない発想ですね。

あなたが正常ですよ。

Qピカピカ(ぴかぴか)から連想するもの。

この言葉から連想される物、言葉、人物等教えて下さい。
例)衛生的、会長・社長の車、稲光etc
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

…変なのでしょうか…
バーコード頭を想像してしまいました…

てみじかな返答ですいません

Q関数電卓の使い方が、さっぱり分かりません。 具体的な例を用いて分かり易いように、説明して頂けましたら

関数電卓の使い方が、さっぱり分かりません。
具体的な例を用いて分かり易いように、説明して頂けましたら、とても助かりますの
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こちらが参考になるのではないでしょうか。

http://www.ele.kanagawa-it.ac.jp/~takatori/calculator.pdf

Q無安定マルチバイブレータの原理

無安定バイブレータの勉強していて正常に動作する条件としてC1RB2>>C2RL2
、C2RB1>>C1RL1というのを書いていました。
はじめTr1がOFFでTr2がONとするとTr1のベース電圧が負です。それで時定数C2RB1でC2が充電され、Tr1のベース電圧が正になりONになります。その結果
RL1を通してC1に充電された電圧がTr2のベース側にかかり負の値になってOFFになります。ここでC2RB1>>C1RL1の意味がよくわかりません。一応考えたのは時定数のことです。Tr1がONになるまでにC1は十分充電されなければなりません。(Tr2をOFFにするため)そこでC2RB1>>C1RL1を満たす必要があると考えたのですが・・・。CとRの積が時定数でこれが大きいほど充電に時間がかかるとおもうのですが・・・。
回路図もなく記号だけのわかりにくい内容の文章で申し訳ありませんがどなたかアドバイスおねがいします

Aベストアンサー

余り自信は無いのですが。
2つの不等式をC1=C2=C、RB1=RB2=RB、
RL1=RL2=RLと仮定します。(通常はそうすることが多い)
するとC*RB>>C*RLということになります。
C*RBは発振周波数を決める時定数です。
一方、C*RLで方形波出力の立ち上がりスピードが決まります。
従って、きれいな方形波出力を得る為に上記の条件が必要と言うこと
ではないでしょうか。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報