痛風はどうして男性に多いのですか?
それから,コルヒチンが薬として効果があるのはどうしてですか?

A 回答 (2件)

>乳酸の代謝


「乳酸」ではなく、「尿酸」です!

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「痛風」
この中で特に「原因と危険因子」「治療」と関連リンク先を参考にしてください。

http://www.marianna-u.ac.jp/ims/nanchinew/tufu/t …
(痛風のメカニズム)
このサイトのいろいろなページを参考にして下さい。

ご参考まで。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました!
そのサイトを参考します.

お礼日時:2001/12/11 22:06

通風の発作は血中の尿酸値が高くなって尿酸が結晶化することが原因と


考えられています。
女性に通風が少ないのは、女性に女性ホルモンが尿酸の代謝に関係して
いるからです。
女性は女性ホルモンによって尿酸が蓄積しにくいと言われています。
コルヒチンは通風の発作(痛み)を抑える鎮痛剤です。尿酸値を下げる
目的で使う薬ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

女性ホルモンが乳酸の代謝にどう関係しているのか,
コルヒチンがどうして痛みをおさえるのか(痛風の場合だけに効くのか)
というあたらしい疑問ができました.けど大体は
とてもよく分かりました.どうもありがとうございました.

お礼日時:2001/12/11 16:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ