「古代ヘブライ人(ヘブル人、イスラエル人)の王国について、その成立、分裂、滅亡を概観せよ。」という問題なんですが、これに関する資料、答えなど、知っておられる方は教えてください。小さな事でも構いません。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  ヘブライ(ユダヤ)の王国の歴史は、簡単に概観すると次のようになります。なお、イスラエルとは、現在は国名ですが、これは、ユダヤ民族の家父長的祖アブラハムの子イサクの子ヤコブの別名です。イスラエルとは、Israel ですが、「神と闘った者」というような意味が想定されており、これは、ヤコブが、神ないしその天使と格闘して破れた後の名で、「イスラエルの子たち」で、イスラエルの全子孫、つまりユダヤ人を表す言葉です。元々国名や地名ではなかったのです。
 
  それはとまれ、歴史的に確実とされるのは、紀元前14世紀、エジプトの宗教改革者イク・エン・アテン王の時代に少し遅れて、伝説の人物モーセに率いられて、ユダヤ人が、「約束の地」を求めてエジプトを離れたことから始まっています。それ以前のことは、歴史的によく分かっていないのです。
 
  ユダヤ人は、シナイ半島で長く彷徨い、やがて、カナーン(現在のパレスティナ)に入り、ここを「約束の地」だと確信し、先住民とのあいだに争いを起こします。ペリシテ人などは、カナーンの先住民で、バールの信仰などを持っていました。パレスティナという地名は、このペリシテ人から来ています。
 
  カナーンに徐々に地歩を築いたイスラエル人は、紀元前1020年頃、指導者サウルの元に、いまだ部族統合は行わないまま、王国を建設し、サウルが王となります。イスラエル傭兵の隊長だったダヴィデ(在位紀元前1004-965年)は、サウルに重用され、やがてサウルの威信を超え、サウルが殺された後、王国の王位につき、彼の時代に、ヘブライの王国は、統一王国として、一応の完成を見ます。
 
  エルサレムを首都に定め、イスラエルの十二部族をまとめたダヴィデが逝去して後、後継者争いが生じるが、ソロモン(在位紀元前965-930年)が王位につき、彼は、エルサレムに宮殿と神殿を建築し、ヘブライ王国をかつてない強固なものとして、また文化的にイスラエルを高めた。この時が、ユダヤ人の王国の絶頂期と言えるでしょう。
 
  紀元前930年ソロモンが逝去すると、叛乱が起こり、ヘブライ統一王国は、南北に分裂し、北のイスラエル王国は、サマリアを首都とし、南のユダ王国は、エルサレムを首都とし、ダヴィデの子孫が王位を継承した。
 
  しかし、アッスリアの勢力拡大により、紀元前722年、北のイスラエル王国は滅ぼされ、また、アッスリアに次いで勢力拡大したバビロニアが、紀元前586年、エルサレムの神殿を破壊し、ユダ王国は滅亡し、ユダの王族・貴族・代表的市民他多くの人が、捕虜としてバビロニアの首都バビロンに拉致され、その地に捕囚として留められた。これを「バビロン捕囚」と言います。
 
  やがて、アケメネネス朝ペルシアが擡頭し、キュロスは、バビロニアを滅ぼし、ユダヤ人を解放し、カナーンの地に帰り、自分たちの王国を再度築くことを許可します。
 
  ここまでが、古代のヘブライ民族の歴史でしょう。
 
  参考URLは、イスラエル大使館のページですが、短く要領よく歴史をまとめています。ただ、ダヴィデが傭兵隊長だったなどということは書いていませんし、イスラエルの「歴史」が、紀元前14世紀または13世紀のエジプト脱出から明確になっているとも書いていません。
 
  以下のURLの「キリスト教前史略年表」を見ると、簡潔に事件の年代と説明が出てきます:
  http://www1.nyan.ne.jp/~kawagoe/4-1.html
 

参考URL:http://www.israelembassy-tokyo.com/about/history/
    • good
    • 0

こんなところはどうでしょうか?



ちょっと読みづらいかもしれませんが。

参考URL:http://rerundata.hypermart.net/ura/hexagon/floor …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古代の大和政権以外の王国についてよくわかっていない理由 飛鳥時代以前、日本には大和政権以外の王国が

古代の大和政権以外の王国についてよくわかっていない理由

飛鳥時代以前、日本には大和政権以外の王国が複数あったとの記録があります。 
出雲国、吉備国、筑紫国あたりが代表的だと思いますが、これらの古代王国についてどのくらい分かっているのでしょうか? 

歴代の王、首都、滅亡の経緯など、考古学が進歩した現在においてはある程度分かっていてもおかしくないと思うのですが。 
それとも、考古学の世界においては未だに皇国史観に支配されており、大和政権以外の王朝の歴史を調べるのは現在もタブーとされているのでしょうか?

例えば、古代の吉備王国は岡山のどこに首都を構えていて、誰が統治しており、何の産業によって栄え、どういう経緯で滅びたか、ほとんど解っていないし、研究する人もいないように思います。

Aベストアンサー

出雲その他がヤマト政権の傘下に加わったのは、相当古い時代のことですから、記録がないのは無理もありません。吉備や筑紫は、ヤマト政権ができたとき(多分3世紀前半)、すでにその一員だったようです。「ヤマト政権に滅ぼされた」わけではなく、西日本各地の勢力が連合して、ヤマト政権をつくったという形でしょう。
出雲はやや遅れたかもしれませんが、それでも多分4世紀のうちには、ヤマト政権に服属(または参加?)したはずです。

> それとも、考古学の世界においては未だに皇国史観に支配されており、大和政権以外の王朝の歴史を調べるのは現在もタブーとされているのでしょうか?
そこまで人間性の腐った研究者は、多くはないでしょう。資料不足で、わかっていることが少ないだけです。

ヤマト政権ができる以前の歴史は、『古事記』『日本書紀』でも神話の世界で(国譲り神話もその一部)、史実をどの程度反映しているかはわかりません。中央政権でもその有様ですから、地方の国々の歴史に謎が多いのは(記紀・風土記の物語や考古資料から、一部を推定することはできます)、当然と言えば当然です。

> 首都と歴代の王、主な産業くらいはわかってもよさそうです。
まず歴代の王の名は、文献がないのでわかりません。「王墓級」とみられる巨大な墓に葬られている人物が、多分この地方の王だったのだろう、という推測が成り立つ程度です。
次に首都ですが、古墳時代までの日本の住居跡は、柱穴くらいしか残されていません。「王宮」の類が判別しにくいので、首都を特定するのは困難です。ヤマト政権の王宮跡でさえ、発掘で確認された最も古い例は、推古天皇の「豊浦宮」跡です(雄略や用明の宮跡についても、有力な候補はありますが)。
http://sakuwa.com/yw62.html
産業については、遺跡からある程度わかります。たとえば出雲は、玉類(管玉・勾玉など)の製作が盛んだったようです。

寺沢薫『王権誕生』(講談社学術文庫)↓によれば、ヤマト政権ができる前(2世紀ごろ)の各地の状況は、以下のように推定されています(もちろん、あくまで一説です)。
http://www.honyaclub.com/shop/g/g12539804/

出雲:出雲半島の東部と西部に大きな勢力があり、統一されてはいなかったようです。東部では安来市の塩津山墳墓群、西部では出雲市の西谷墳墓群が、王の墓と考えられています。
吉備:吉備地方の国々がまとまって、連合をつくっていたようです。吉備国連合のリーダーの墓は、総社市の楯築遺跡です。
筑紫:伊都国・奴国など、多くの国々がありましたが、2世紀には伊都国を中心にまとまっていたとされています。糸島市の平原遺跡が、伊都国王(伊都国連合のリーダーでもある)の墓でしょう。

古代の地方史については多くの本が出ていますが、トンデモの類も多いです。比較的あてになりそうなものだけ挙げておきましょう。
『列島の古代史(1)古代史の舞台』岩波書店
http://www.honyaclub.com/shop/g/g12250137/
『出雲の考古学と「出雲国風土記」』学生社
http://www.honyaclub.com/shop/g/g12253835/
『邪馬台国時代のツクシとヤマト』〃
http://www.honyaclub.com/shop/g/g12267341/
『古代を考える 出雲』吉川弘文館
http://www.yoshikawa-k.co.jp/book/b32351.html
『古代を考える 吉備』〃
http://www.yoshikawa-k.co.jp/book/b32361.html
『古代吉備王国の謎』山陽新聞社
http://honto.jp/netstore/pd-book_01182631.html

出雲その他がヤマト政権の傘下に加わったのは、相当古い時代のことですから、記録がないのは無理もありません。吉備や筑紫は、ヤマト政権ができたとき(多分3世紀前半)、すでにその一員だったようです。「ヤマト政権に滅ぼされた」わけではなく、西日本各地の勢力が連合して、ヤマト政権をつくったという形でしょう。
出雲はやや遅れたかもしれませんが、それでも多分4世紀のうちには、ヤマト政権に服属(または参加?)したはずです。

> それとも、考古学の世界においては未だに皇国史観に支配されており、大和...続きを読む

Q前6世紀頃、イスラエル人が新バビロニアに敗れて、その都へ捕虜として連行され、ユダヤ教成立の契機となっ

前6世紀頃、イスラエル人が新バビロニアに敗れて、その都へ捕虜として連行され、ユダヤ教成立の契機となった事件は何か
教えてください(>_<)

Aベストアンサー

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%93%E3%83%AD%E3%83%B3%E6%8D%95%E5%9B%9A
バビロン捕囚

Qアーリア人の侵入によって成立した、古代インドの厳格な身分制度(社会的差別)をなんというんですか?

アーリア人の侵入によって成立した、古代インドの厳格な身分制度(社会的差別)をなんというんですか?

Aベストアンサー

今も根深く続く「カースト制度」です。

Q前六世紀頃、イスラエル人が新バビロニアに敗れて、その都へ捕虜として連行され、ユダヤ教成立の契機となっ

前六世紀頃、イスラエル人が新バビロニアに敗れて、その都へ捕虜として連行され、ユダヤ教成立の契機となった事件ってなんですか?

Aベストアンサー

バビロン捕囚
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%93%E3%83%AD%E3%83%B3%E6%8D%95%E5%9B%9A

Q古代ギリシャ時代の宗教と古代ローマ時代の時代の相違点を教えてください 大学レポートで6枚書きなさいと

古代ギリシャ時代の宗教と古代ローマ時代の時代の相違点を教えてください
大学レポートで6枚書きなさいとのこと、如何書いてけば良いでか?

Aベストアンサー

「古代ローマ時代の時代」の定義によっては、ギリシャ神話に代表される多神教とキリスト教受容での一神教との違いを示せば簡単に収まる話です。
6枚(約1万字)程度ならギリシャ神話でのアテネを中心とする代表的な神々とそれを祀る神殿などを列挙し多神教であった結論付け、古代ローマ時代についてはキリスト教受容されるまでの歴史を概略し、4世紀後半のテオドシウス帝の頃には古代ローマは多神教から一神教になったとすればいいじゃありませんか。古代ローマの多神教についてはギリシャ神話からの模倣などとの解説がありますが不解明な部分があるでしょうから深入りをしない方がレポートでは簡単です。
短論文ならギリシャ神話とローマ神話との比較及びその代表的神殿遺跡の建立時期やピークまでは触る必要があるのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報