マンガでよめる痔のこと・薬のこと

even a childやonly a child等のevenやonly等、名詞を修飾する副詞とはどういう意味なんでしょうか?名詞を修飾するのは形容詞だけじゃないんですか?また、名詞を修飾する副詞と形容詞の違いは何なのでしょうか?even a child等の場合前置詞のようにも思えてしまってどうしても副詞には思えないのです。どなたかご助言宜しくお願いしますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

アメリカに37年住んでいる者です。

 私なりに書かせてくださいね。

文法から少しはなれて説明させてくださいね。

She is only a child.と言う表現は、She is a child.と言う表現を使って、日本で習うI am a boy.とはちょっと違ったフィーリングを出しているのです。 つまり、「彼女は少女だ」と言う表現をして、「彼女は大人じゃないんだ」と言うフィーリングを出しているのです。 それを強調した表現がShe is only a childと言う表現をして、「まだ/ほんの子供なんだよ」と言うフィーリングを出しているわけです。

つまり、a childと言う表現をして、いかにも形容詞的な使い方をしているととって良いと思います。 ですからonly a childと言う表現をして「ほんの子供」と言うフィーリングを出しているわけです。 だからこそ、このフィーリングを基にして、このonlyは副詞である、と言う解釈をするわけです。

もうひとつの解釈があります。 このonlyはisにかかっていると言う解釈です。 これもフィーリング英語から見ても問題ない解釈だと思います。 つまり、is onlyと言う表現をして、ほんの~だ、というフィーリングの表し方とするわけですね。 つまり、isと言う動詞にかかってきているから副詞だと言うわけです。

個人主張です。 品詞分けをすると言う作業は英語を使えるようになるという目的からはかなり離れた作業だと私は思います。 それよりも、She is only a xxxxと言う表現を覚えてしまって、She is not my girlfriend. She is only a friend (of mine)「彼女」じゃないよ、ただの友達だよ、と言いたいときに使える例文だから覚えておいた方が良いよ、と私は言いたいのです。

このonlyはjustと言う単語も同じフィーリングで使えます。 He is not my boyfriend、just/only a friend (of mine). So don't worry, dad!!と言う表現の使い方ですね。 ただの友達よ、だから心配しないで、お父さん。と言う使い方ですね。

奥さんが自分が女性と歩いているの見て「なじったときに」Honey, don't think something else. She is just a co-worker at the office. ハニー、勘違いしないでくれよ、彼女は単なるオフィスでの同僚だよ。と言う感じですね。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/08 17:06

 only は「ただ~だけ」という意味で,文のさまざまな部分を修飾します。

Only you can do it.「君にだけ,それをすることができる」は you という主語を修飾しています。そして,She is only a child. の場合は補語を a child を修飾し,「ただ子供というだけ」→「ほんの子供に過ぎない」となるのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。やはり形容詞とは違い、名詞だけを修飾するのではなく文全部に掛かっていくんですね。分かった気がします。ありがとうございました。

お礼日時:2005/12/19 17:12

よく気付かれましたね。

ごく簡潔に説明します。
例示された even と only は、確かに副詞なのですが、文法書では、たまたま、これらの二つは特別扱いされています。
ある文のなかで、特別な部分を強調する副詞です。修飾する対象は動詞でも名詞でもかまいません。even は修飾する語句の直前に置かれ、only は直前でも直後でも置かれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問に答えてくださってありがとうございました。この場合の副詞は特殊なんですね。ありがとうございました。

お礼日時:2005/12/19 17:14

 #1です。


 もう少し説明しますと,「子供でさえできる」において,「子供でさえ」のように,「子供」の部分に「さえ」はかかっているわけですが,「子供でさえ」では意味は成り立たず,「子供でさえそれができる」という文になって始めて意味が成り立ちます。even は can do あるいは a child can do it 全体を修飾しているとも言えるため,副詞なのですが,直接的には「子供でさえ」と主語の a child の部分にかかっているのです。even という副詞は,文のさまざまな部分を修飾でき,主語や目的語など名詞の部分にかかっていくこともありますが,あくまでも,文全体をまとめているのだと思います。

この回答への補足

すみません。evenのほうは良くわかったのですが、She is only a child.のonlyはなぜ副詞になるのでしょうか?

補足日時:2005/12/18 21:40
    • good
    • 0

 形容詞+名詞の場合と異なり,even a child だけで名詞句のようなものにはならないと思います。

Even a child can do it. のように,文があり,その主語としての a child を修飾し,「子供でさえできる」という意味になるのです。a child can do it という文の主語 a child の部分を修飾しているため,名詞を修飾すると解釈するのだと思います。
 even a child で前置詞句としてしまうと,全体で副詞か形容詞の役割を果たすことになり,主語にはなれません。Even a child can do it. などで,a child は主語であり,with a child のような前置詞句とは異なります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q副詞は名詞を修飾するか?前置詞+(代)名詞は形容詞になるか?

英文法についてなのですが、副詞が名詞を修飾することはありますか?もしくは、前置詞+(代)名詞は形容詞になることがありますか?
というのも、I have a dress like yours.という文を見たのですが、この文では「あなたがもっているのと同じようなドレス」となり、like yoursがdressを修飾しています。前置詞+(代)名詞は副詞であると学校や塾では習っていて副詞は用言や文全体を修飾する(名詞を修飾するのは形容詞)と習っているので、この文の構造がうまく理解できません。どういうことなのか教えていただければ大変ありがたいです。

Aベストアンサー

~~~前置詞+(代)名詞は副詞である~~~

これは、学校や塾の先生が間違っているかsecond_waveさんの勘違いです。

The book on your desk is mine.

など、「前置詞+(代)名詞」が先行する名詞を修飾することはいくらでもあります。

ですから、「副詞が名詞を修飾する?」といった疑問を抱く必要はなく、単純に、「前置詞+(代)名詞は形容詞になる」と理解しておけば充分です。

★憶測ですが、「文頭に来た前置詞+(代)名詞は副詞になる」というのが先生の意図ではないでしょうか?

Like yours ~
On your desk ~

これなら例外もありますが、原則として正しいと思います。長文を前から読み下す際に、非常に大切で有効なルールです。

★「only」など名詞を修飾する副詞も存在はします。

Q名詞を修飾する副詞?

a quick glance upstairsと言う表現の文法的なことを教えていただきたいのです。意味は「2階にすばやく目をやる」ということになると思うのですが、upstairsがどこにかかっていてどんな品詞でどんな意味なのかがいまいちよくわかりません。

「glancing upstairs」だったら「2階に目をやること」だとわかるのですが、上の場合glanceが名詞なのでピンとこないのだと思います。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1393375.html
ここでも回答している通り,
be 動詞の補語になる副詞があり,名詞を後置修飾することができます。

副詞は修飾語であり,補語ではないという考えもあるでしょう。

この in, out のような副詞は,形容詞と考えることもできますし,
「~がある」という be 動詞+副詞(修飾語)と考えてもいいです。

いずれにせよ,be +副詞が可能であれば名詞を後置修飾できます。

the book on the desk「机の上にある本」において,
on the desk という前置詞句は形容詞的に名詞を後置修飾する
と説明されることが多いですが,
本来,on the desk は副詞的なもので,
the book (which is) on the desk のように,
be +副詞であると考えることができます。

結局,場所を表す副詞も名詞を後置修飾できるということになります。

here, there, below, above, in, out, away, off の他,
upstairs, downstairs のような副詞も含まれます。

the boy upstairs であれば「2階にいる男の子:ということになります。

glance という名詞は「静止したもの」ではなく,「視線」の方向なり,「目の動き」を表すものですので,upstairs という副詞により,
その動く方向が表され,「2階の方へ目をやること」という意味になります。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1393375.html
ここでも回答している通り,
be 動詞の補語になる副詞があり,名詞を後置修飾することができます。

副詞は修飾語であり,補語ではないという考えもあるでしょう。

この in, out のような副詞は,形容詞と考えることもできますし,
「~がある」という be 動詞+副詞(修飾語)と考えてもいいです。

いずれにせよ,be +副詞が可能であれば名詞を後置修飾できます。

the book on the desk「机の上にある本」において,
on the desk という前置詞句は形容...続きを読む

Q不可算名詞は三単現のsをつけるのが普通ですか?

DUO3.0 No404です
The vague rumor proved to be false. Nevertheless, some skepticism lingers on.
上記の二つ目の文章の主語は【some skepticism】ですが動詞に三単現のsが付いています。不可算名詞は三単現のsをつけるのが普通ですか?
よろしくお願いいたします。(他に不可算名詞が主語になっている例文があったら紹介してください。)

Aベストアンサー

こんにちは。4/22のご質問ではお返事を有難うございました。

1.ご質問文の主語skepticismは「無神論」「懐疑論」という主義をあらわす、抽象名詞です。

2.抽象名詞は不可算名詞になります。

3.不可算名詞は数えられません。つまり、単数と同じ扱いになるのです。

4.不可算名詞が主語になる場合、三人称単数の扱いになります。従って、ご質問文の動詞には、三単現のsが付いているのです。

5.Someは「いくつかの」「いくらかの」「ある程度」といった意味を持ち、可算名詞、不可算名詞、両方を修飾することができます。

6.不可算名詞が主語になっている例文:

The sun is necessary for flowers.
「太陽は花に必要だ」
There was much snow.
「沢山雪が降った」

などがあります。
以上ご参考までに。

Q副詞のonly

(1)an only child のonlyは形容詞で「唯一の」→「一人っ子」
(2)only a child のonlyは副詞で「ただ・・・だけ」→「子どもに過ぎない」
と知りました。

しかし、(2)が副詞と聞き、あれ?と思いました。
a childという名詞にかかるのに、副詞なのか?と感じたからです。
だからといって形容詞とは言えないのはわかります。形容詞ならば、冠詞a と名詞childとの間に置かなければならないからです。

そう思って、副詞のonlyを辞書で引いてみました(辞書はG gate)。
副詞onlyで、やはり疑問を感じる例文がありました。

(3)Only you can make my dreams come true. 「あなただけが私の夢をかなえられる」
訳だけを見ると、「あなた」という名詞を修飾する形容詞に見えます。
ただし、英語を見ると、人称代名詞を形容詞で修飾することはできないので、形容詞とは言えないのはわかります。
では、このonlyは何を修飾しているのでしょうか?

(4)I have only two thousand yen with me now. 「今手持ちのお金は2千円しかない」
訳を見ても、英語を見ても、onlyは「2千円」という名詞を修飾する形容詞の気がしてしまいます。

(2)・(3)・(4)がなぜ副詞になるのか、教えていただけますか。
なお、理屈でわからないと納得いかないので、「細かいことは気にせず、そういうものだと覚えてください」という種の回答はご勘弁ください。 

(1)an only child のonlyは形容詞で「唯一の」→「一人っ子」
(2)only a child のonlyは副詞で「ただ・・・だけ」→「子どもに過ぎない」
と知りました。

しかし、(2)が副詞と聞き、あれ?と思いました。
a childという名詞にかかるのに、副詞なのか?と感じたからです。
だからといって形容詞とは言えないのはわかります。形容詞ならば、冠詞a と名詞childとの間に置かなければならないからです。

そう思って、副詞のonlyを辞書で引いてみました(辞書はG gate)。
副詞onlyで、やはり疑問を感じる例文がありま...続きを読む

Aベストアンサー

only a child は a little child のように「どのような子供か」を修飾する 言葉ではありません。いろいろい子供がいるが、little child は…」と、名詞の意味を限定するのが形容詞の働きです。

only you, only two thousand は「あなたには色々あるが、その中でも only you は…」「2000にもいろいろいろあるが、only two thousand は…」と、(代)名詞を意味を限定するものではありません。これが副詞に分類される理由です。

同じような理由で副詞になる語に even があります。

Qyetとbutの違い

yetはbutの意味もありますよね。どういうときにbutでなくてyetでなければいけないのでしょうか?辞書では(同時にしかし)と言う意味がありますが。

not yetや肯定のyetの意味は知っています。

and yetはbutで置き換えるられますか?

Aベストアンサー

ochitsukiさん、こんにちは。

>yetはbutの意味もありますよね。どういうときにbutでなくてyetでなければいけないのでしょうか?

副詞としてのyetは、
(否定文、条件節で)まだ(・・しない)

He has not yet found a job.
彼は、まだ仕事を見つけていない。(仕事がまだ見つからない)


(肯定の疑問文で)もう、すでに

Has the bell ring yet?
もうベルは鳴りましたか?


(肯定文で)まだ、なお、依然として
(stillのほうが多く使われるようですが)

I found that she was taliking yet.
彼女がまだおしゃべりしているのを知った。


その上、さらに

I have yet much to do.
私にはまだやることがいっぱいある。


(比較級を伴って)さらに、一層、その上

He is doing yet more difficult work than I.
彼は、私よりもずっと難しい仕事をやっている。



やがて、いつかは
(yetは未来のことに、stillは現在のことに関係するようです)

He may yet be happy.
やがて幸せになれるだろう。


などの意味があるようです。
これらは、butとは違う意味ですよね。

接続詞としては、
それにもかかわらず、しかしそれでも、けれども
(nevertheless)

などの意味がありますね。
文語では、thoughやalthough で始まる従属節と
相関的に用いられることがあるようです。

He drove quickly yet safely.
彼はスピードを出したが、安全に運転した。


Yet why not do it at once?
だったらどうしてすぐにやらないのですか?


Though rich,yet he is unhappy.
彼は金持ちだけれども、幸せではない。

のような使われ方をするようです。

>and yetはbutで置き換えるられますか?

and yet=but yet
のように載っています。
意味は、「しかもなお、だが」という意味です。
butとして置き換えてもかまわない場合もあると思います。

He made great efforts,but yet he failed.
彼はものすごい努力をしたが、失敗した。
=He made great efforts ,but he failed.
とbutで置き換えていいと思います。


He is rich,and yet modest.
彼は金持ちだが謙虚だ。
こちらの場合は、金もちで「しかもなお」謙虚だ。
という意味なので、but一言で置き換えるよりは
yetの意味も込めてand yet=but yet
で置き換えたほうが感じが出ると思います。

ご参考になればうれしいです。

ochitsukiさん、こんにちは。

>yetはbutの意味もありますよね。どういうときにbutでなくてyetでなければいけないのでしょうか?

副詞としてのyetは、
(否定文、条件節で)まだ(・・しない)

He has not yet found a job.
彼は、まだ仕事を見つけていない。(仕事がまだ見つからない)


(肯定の疑問文で)もう、すでに

Has the bell ring yet?
もうベルは鳴りましたか?


(肯定文で)まだ、なお、依然として
(stillのほうが多く使われるようですが)

I found that she was talikin...続きを読む

Qfar awayについて

質問です。

某英文解釈教材に

With light we know what is happening at places far away.
(光によって我々は遠く離れた所で何が起こっているかを知る)

という文があり、説明では「at places far away 」は「far away 」が後ろから「places」

にかかって、「遠く離れた場所で」となると書いてありました。

辞書では「far away [off] ずっと離れた所に.」と出てきて副詞的に訳されているのですがここでは

副詞句が名詞を修飾していると考えるのでしょうか?

それとも「far away」という副詞句が「at places」という副詞句を修飾していると考えればいいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

be 動詞の補語になる副詞があります。
例えば,
My father is out. 「父は外出している」
The flowers are out.「花が咲いている」
などの out,
My father is away. 「父は不在です」
The village is five miles away from here. 「その村はここから5マイル離れている」
などの out,
The menu is below. 「メニューは下にあります」
The title is above. 「タイトルは上にあります」
などの above, below
このような副詞は,名詞を後置修飾できるのです。
the way out「出口」
the room below「階下の部屋」
the places far away「遠く離れた場所」
などです。
最後の the places far away の場合,far は away を修飾する副詞で,away が places を後置修飾しています。
これは,the places (which are) far away と補うとわかりやすいと思いますが,be 動詞の補語になるということは名詞を後置修飾できるのです。
 このことはあまり文法書などで説明いないのではないでしょうか。辞書を見ても,手元にあるジーニアスでは,out のところに,「be out の形は形容詞とみることもできる」と書いていますが,他には書かれていないようです(もちろん,あらゆるものを見たわけではありませんが)。below は副詞のところに,「名詞の後置修飾可能」と出ていますが,above には出ていません。ジーニアスはいい辞書だと思いますが,単語によって担当する人が異なるのか,統一がとれていないのが難点です(仕方のないことなのでしょうか)。
 私の考えとしては,be 動詞の補語になる副詞は,限りなく叙述用法の形容詞に等しくなります。そして,名詞の後置修飾というのは形容詞の叙述用法に他ならないと思うのです(一般には,限定用法を前置修飾,後置修飾と分けていますが,後置修飾というのは叙述用法に他ならないと思います)。
 結論としては,be の補語になるような,away や off は名詞を後置修飾できるということです。

be 動詞の補語になる副詞があります。
例えば,
My father is out. 「父は外出している」
The flowers are out.「花が咲いている」
などの out,
My father is away. 「父は不在です」
The village is five miles away from here. 「その村はここから5マイル離れている」
などの out,
The menu is below. 「メニューは下にあります」
The title is above. 「タイトルは上にあります」
などの above, below
このような副詞は,名詞を後置修飾できるのです。
the way out「出口」
the room below「階...続きを読む

QBe動詞の後に前置詞句がくるときの文型は?

She is on the stage./Many birds are in the forest.など、Be動詞の後に前置詞句がくるときの文型はSVCなのでしょうか?前置詞句は補語ということになるのでしょうか?She stood on the stage.のときの文型はSVということから、不安になったのですが、ご存知の方があればご教授ください。

Aベストアンサー

こんにちは。

>Be動詞の後に前置詞句が来るときは常に形容詞的用法(叙述用法)であり、文型はSVCになると考えてよろしいのでしょうか?

この質問に関してですが、Be動詞の直後に前置詞句が来ているからというだけでは、まだ「形容詞的用法」と、またSVCであると判断することはできません。というのも、次の例のように「副詞的用法」の前置詞句がコンマなしで補語等の前に入ること、また、第二文型以外の文で用いられることがありうると考えられるからです。

"He is in a way smart."「彼はある意味賢い。」
"It is in general correct."「それは一般的に正しい。」
(文型はSVC)

"The meeting is at the moment adjourned."「その会議は現在一時的に休止されています。」
"The suspect was after all arrested."「その容疑者は結局逮捕された。」
(文型はSV)
*前回の回答でbe動詞は「不完全自動詞」であると説明しましたが、上のように受動態で使われるものは、「助動詞」のひとつとして考えられます。


文型や前置詞句の用法を判断するにはbe動詞の部分だけではなく、文全体を見ていくことが必要になると思います。第二文型SVCであればS=Cという関係が成り立っているかどうか、または他に補語になるようなものはないかを確認し、用法を見分けるには前置詞句を文からはずしてみて、その文が文法的に成り立つかどうかで判断していけるのではないかと思います。

参考になりましたでしょうか?また何かありましたら、補足のほうをお願いします。

こんにちは。

>Be動詞の後に前置詞句が来るときは常に形容詞的用法(叙述用法)であり、文型はSVCになると考えてよろしいのでしょうか?

この質問に関してですが、Be動詞の直後に前置詞句が来ているからというだけでは、まだ「形容詞的用法」と、またSVCであると判断することはできません。というのも、次の例のように「副詞的用法」の前置詞句がコンマなしで補語等の前に入ること、また、第二文型以外の文で用いられることがありうると考えられるからです。

"He is in a way smart."「彼はある意味...続きを読む

Q名詞に修飾する形容詞がingかedかの違いがわかりません。

判断がまったくできません。どなたあコツを教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは!

名詞を修飾する分詞が~ing か~ed かわからないのですね?

an(exciting / excited ) book というような問題ですね。

これは、修飾よりも前に

S is (~ing /~ed )を勉強したほうがいいです。

The book is (exciting / excited ) . の問題が解けるようになったら、その分詞が、book を修飾する分詞になります。

上の答えは、The book is exciting. であり、an exciting book なわけです。同じですね?

●さて、英語の場合、感情に関係のある動詞は、ほとんどが物を主語にして人を目的語にする【他動詞】です。

(物)【感情・心理を喚起する他動詞】(人) が定式です。

The news surprised the boy. 「そのニュースはその少年を驚かせた」

ここで、surprise が「驚かせる」であって、「驚く」でないことに注意して下さいね!感情・心理に関係のある動詞は、ほとんどが物を主語にして人を目的語にする【他動詞】なのですから、「私は驚いた」を×I surprised. というと間違いです。「私は驚かせた」という意味になってしまいます。(ですから目的語が必要ですね。)

●同様に、satisfy「満足させる」;disappoint「失望させる」;excite「興奮させる」;interest「関心をもたせる」;delight「喜ばせる」;please「喜ばせる」;amaze「驚かせる」;annoy「不快にさせる」;bore「退屈させる」;encourage「勇気をもたせる」;discourage「落胆させる」;bother「うるさがらせる」;upset「気を動顛させる」;disturb「困惑させる」;astonish「仰天させる」;alarm「はっとさせる」;depress「落ち込ませる」;embarrass「ドギマギさせる」;irritate「いらいらさせる」;frustrate「欲求不満にさせる」;shock「ショックを与える」;intimidate「怯えさせる」;distress「苦しめる」;comfort「なだめる」;convince「確信させる」;reassure「大丈夫と安心させる」;amuse「愉快にさせる」;entertain「楽しませる」;などなど、よく使われるものでもこの数倍はあります。

よく考えてみて下さい。英語のほうが論理的です。われわれは、自発的に驚くわけではなく、何かの外因があってそれに驚かされるわけですね。でも日本語では、驚く、喜ぶ、いらいらする、と「自動詞」的に感情を考えているわけです。ここに、日本人にとって(~ing /~ed )の問題が紛らわしくなる根本原因があるのです。

●さて、あらゆる他動詞は、現在分詞(~ing)と過去分詞(~ed )の2つの形容詞形を持ちます。(自動詞は、現在分詞のみ。)違いは、現在分詞(~ing)が能動、過去分詞(~ed )が受動です。そして、形容詞ですから、補語になれるし、名詞の修飾もできます。

●では、補語から見てみましょう。補語というのは、be動詞の後に来る場合がその代表です。

I am (irritating / irritated). どっちがいいでしょうね?

私はイライラ【させられて】いるんですね。受動です。ですから irritatedです。

Her behavior is (irritating / irritated). どっちがいいでしょうね?

彼女の振る舞いは外因ですね。むかつくわけです。私をイライラさせるわけです。ですから、irritating です。

ということは、主語が、その感情・心理を喚起する外因であれば、~ing、逆に、何らかの外因によって、そうした感情・心理を持つ(持たされる)ものであれば、~ed ということになります。

●修飾の場合も、補語で考えたのと同じことです。

(分詞)→(名詞)という修飾関係では、その名詞が、1)感情・心理を喚起する外因ならば、~ing、であり、2)そうした感情・心理を持つ(持たされる)ものであれば、~ed ということになります。

an(exciting / excited ) bookの場合、本が、興奮するわけではないですよね。読者が興奮するのであって、本は、興奮を惹起する外因です。ですから exciting が正しい。

exciting book ⇔ excited reader という関係ですね。

●長々と書きましたが、僕がirritating で annoying で bothering でなかったことを期待します。kouiiiさんが、 interested で、enlightened で interested で、satisfied になられたことを希望します。

こんにちは!

名詞を修飾する分詞が~ing か~ed かわからないのですね?

an(exciting / excited ) book というような問題ですね。

これは、修飾よりも前に

S is (~ing /~ed )を勉強したほうがいいです。

The book is (exciting / excited ) . の問題が解けるようになったら、その分詞が、book を修飾する分詞になります。

上の答えは、The book is exciting. であり、an exciting book なわけです。同じですね?

●さて、英語の場合、感情に関係のある動詞は、ほとんどが物を主語に...続きを読む

Q前置詞の後ろは形容詞には来ませんか?

前置詞の後ろは形容詞には来ませんか?

Aベストアンサー

前置詞+形容詞+名詞のように,形容詞が名詞を修飾するのであれば,
形としては前置詞の後に形容詞がきます。

ご質問になっているのはこれとは別の場合だと思います。
いくつかのケースがあります。

1 regard A as B「A を B とみなす」のような as は前置詞とされますが,
B は補語のようなものであり,名詞の他,形容詞がきます。
これとよく似たケースが
take O for granted「O を当然のことと思う」も
for の後に形容詞(過去分詞)がきています。
同様に,give up ~ for lost「~をなくなったものとあきらめる」

2 in general, of late, in short, in vain のような慣用句は日本の辞書では
general, late などを例外的にこの句の場合のみ名詞と扱っていますが,
英英辞典ではそのまま形容詞とみなしています。

3 from bad to worse のように相関的に用いる場合

これらはいずれも形容詞が名詞化したと考えることもできれば,
前置詞の後に形容詞がくると柔軟にみることもできます。

前置詞+形容詞+名詞のように,形容詞が名詞を修飾するのであれば,
形としては前置詞の後に形容詞がきます。

ご質問になっているのはこれとは別の場合だと思います。
いくつかのケースがあります。

1 regard A as B「A を B とみなす」のような as は前置詞とされますが,
B は補語のようなものであり,名詞の他,形容詞がきます。
これとよく似たケースが
take O for granted「O を当然のことと思う」も
for の後に形容詞(過去分詞)がきています。
同様に,give up ~ for lost「~をなくなっ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A