賃貸人または賃借人に代わって業として賃料の増減額交渉を行うことは、弁護士法72条に違反するでしょうか?
皆さんのお知恵を貸して下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

問題になる可能性があるでしょうね。


あちらさんが、不意に善意で謝礼として五千円とか一万円くらいを
くれるならいただいてもギリギリセーフかもしれませんが、
報酬としてもらってしまうと、結局、弁護士の業と同じになるので
マズイと思いますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。報酬もらうとやっぱりマズイですよね。

お礼日時:2001/12/19 22:21

宅地建物取引業法50条の2の解釈として、「宅地又は建物の売買、交換又は貸借に係る判断の全部又は一部を一任される」取引一任代理が業者には許されていますので、宅建業者であれば、この条項には違反しないと思います。

この回答への補足

宅建業法50条の2の規定は、投資信託やSPCから委託を受ける場合のみを規定しているように読めるのですが、一般の賃貸借契約における賃料改定交渉もここに含まれるのでしょうか?

補足日時:2001/12/18 08:58
    • good
    • 0

何らかの報酬(金銭、その他の見かえりなど)を事前に受け取ったり、


または受ける約束をしたり、または事後に受け取らなければ問題ありません。

この回答への補足

報酬を受け取る場合には、やはり問題になり得るのでしょうか?

補足日時:2001/12/18 08:55
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q定期借地で貸して後に地代の減額交渉をされた場合のこと

こんにちは。よろしくお願いいたします。
定期借地で土地の賃借契約を結んだとして、後々地代を安くしてほしいと借主に頼まれた場合、それを地主が了承しないとどうなるのでしょうか。地主は泣く泣く地代減額を飲まないといけないのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちはfurui-shiro さん
ご質問の件ですが、定期借地とはご存知のように、50年間期間限定の借地権で、更新は出来ないのが原則です。
契約時に「年間いくらの地代・保証金いくらの50年・返却時に更地渡し」等、お互い合意の元契約を致しますので、基本ベースは変わりませんが、ただ賃料については、時勢も加味しないといけないと思います。
地主に掛かる公租公課(固定資産税評価額)が著しく下がって、物価も相当変動している場合は、地代の値下げ交渉も入ってくると想定されますよね。
そのときに協議も検討せざる得ないと思います。

さて、問題の件ですが、契約書文面に「いかなる場合においても、50年間の年何万円で、物価の変動等に左右されず固定とし、貸主借主双方異議を申し立て無い」旨特約にてうたってみたらとうでしょうか?
甲乙どちらかが一方的に有利な特約は、民法では無効ですが、この場合はこれからバブルが来るかも知れませんし、下落もあれ得ますので、公平だと思います。

〈地主が了承しないとどうなるのでしょうか。〉裁判まで行った場合は、恐らく賃料改定案で和解を押してくるでしょうネ!

〈地主は泣く泣く地代減額を飲まないといけないのでしょうか。〉
のようなことが無いように、ハウスメーカー・仲介業者任せでは無く、契約書は十分検討して作成したほうがよろしいと思います。

こんにちはfurui-shiro さん
ご質問の件ですが、定期借地とはご存知のように、50年間期間限定の借地権で、更新は出来ないのが原則です。
契約時に「年間いくらの地代・保証金いくらの50年・返却時に更地渡し」等、お互い合意の元契約を致しますので、基本ベースは変わりませんが、ただ賃料については、時勢も加味しないといけないと思います。
地主に掛かる公租公課(固定資産税評価額)が著しく下がって、物価も相当変動している場合は、地代の値下げ交渉も入ってくると想定されますよね。
そのときに協...続きを読む

Q72~76条、99条の意義とは?

72~76条、99条の意義って何なのでしょう?
また、どうしてこれらの憲法が出来たんしょうか。

Aベストアンサー

72-76
76は司法権ですが72-75までは行政権についてですよね?
質問の意味がよくわからないのですが。

99条は、「国民」がはいっていないのがポイントです。
憲法は国民を拘束するものでなく、国会議員や大臣、公務員を
拘束するものなんだ。という意志がこめられています。

Q賃借事務所の賃料差し押さえ。

当社が借りているビルのオーナーが、借金をしていたらしく、裁判所から賃料の差押の通達が届きました。
これからは、賃料分(共益費は関係ないらしい)を債権者へ支払う予定なのですが、
消費税分は特に記載が無く、どちらに支払ってよいのかわかりません。
上司は消費税は書いて無いからオーナーでいいのではと言っていますが、
本当にそれが正しいのか分かりません。
賃料は、20万+消費税1万の計21万です。
オーナーと債権者、どちらに支払うのが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

 消費税分を含めて差押債権者に支払ってください。

 どこに行っても誤解があるのですが,消費税を納めるのは事業者であって,消費者ではありません。例えば,賃料10万円プラス消費税という契約をしているとすると,これは法律的には賃料10万5千円という契約をしているのであって,賃借人が賃料と別に消費税を納めているわけではないのです。事業者が,この10万5千円から納めるべき消費税額を計算して,消費税を納付することになります。

 最近,総額表示ということがいわれていますが,消費税法の考え方からいうと,内税が正しく,外税は,法制度を正しく反映していないのです。ただし,消費税の趣旨は外税の方がはっきりしますが・・・

 このように,あなたの会社が支払っているのは,すべて賃料であって消費税ではありませんので,消費税分を含めた全額を差押債権者に支払うことが正しいのです。

Q賃料減額請求の簡易裁判と調停

賃料減額請求の簡易裁判と調停

 賃料減額請求の簡易裁判と調停をしています。こちらは、原告です。
 10万円の賃料を6万円にと請求しているのです。商店街の景気の低下による店舗賃料の減額請求です。
 私と妹の二人の賃料合計20万円をそのまま賃貸人の賃料支払い18万円に使用されています。他の収入は、年金です。
 もし、私が、解約すると賃貸人の賃料収入が半分になり現在の状況では、しばらく、少なくとも、一年以上、新しい賃貸借契約は、望めない状態です。これなら、もし、私が、解約すれば、賃貸人は、賃料の支払いに困るのだから、賃料の減額に応じた方が、良いのではないか得策で無いかと言っているのですが、賃貸人は、具体的に内容を議論せず、話し合いに応じようとしないで、まちがっていると不愉快をあらわにしています。
 このような提示の仕方は、間違っているのでしょうか?
 賃貸人の回答書は、当方のことを侮蔑的な言葉で、さげすんだ感情的な内容になっています。相手は、どのような目的で、このような表現を取るのでしょうか?
 これでは、感情的な泥沼のような議論になりそうです。このような賃貸人の態度にどのように回答していけば良いでしょうか?
 たとえ一つだけでも、お知りのことが有りましたら、よろしく教授方お願いします。

賃料減額請求の簡易裁判と調停

 賃料減額請求の簡易裁判と調停をしています。こちらは、原告です。
 10万円の賃料を6万円にと請求しているのです。商店街の景気の低下による店舗賃料の減額請求です。
 私と妹の二人の賃料合計20万円をそのまま賃貸人の賃料支払い18万円に使用されています。他の収入は、年金です。
 もし、私が、解約すると賃貸人の賃料収入が半分になり現在の状況では、しばらく、少なくとも、一年以上、新しい賃貸借契約は、望めない状態です。これなら、もし、私が、解約すれ...続きを読む

Aベストアンサー

ええと、あなた(と妹さん)が店舗を借りている人も、他の人から借りたものをあなた方に貸している、という関係でしょうか?
でしたら、あなた方は「転借人」、貸し手を「賃借人=転貸人」と書いた方が分かりやすいと思いますが。

あなたの言い分が、「人の足元を見る」ものだと感じられて、「なんてひどいヤツだ」と思っているのでは?
あなたの言い分は「私らが出ていったら、あんたは大きな収入がなくなるんやで。すぐに後釜も見つからへんやろ。そうなったら困るやろ。値下げを飲んどいた方が賢いで」といっているように聞こえるのでは?

Q賃料の減額(裁判、弁済供託他)

20年ほど前に借り始めた賃貸物件(木造平屋)ですが、家主が一度も手を入れてくれないため、老朽化し雨戸の開け閉めができない、建物が歪んで1cmもの柱と壁に隙間ができるなど(地震等で倒壊しないか心配です。)酷い有様です。家主に修繕を要求しましたが受け入れられません。この間も2
年契約ごとに家賃を値上げされ、家賃で110%、付帯する駐車場で最初の600%にもなりました。そこで、これらの正当性のない値上げや、建物の老朽化を考慮した、賃料の値下げを要求しましたが、家主は弁護士をたてて、値下げするつもりは一切ない。どうしてもというなら裁判してくださいとの一方的な返答。裁判を起こすしか方法はないのでしょうか?値上げの際には現在の賃料で弁済供託が行えると聞いたのですが、このようなケースでも供託は行えるのでしょうか?(自分が妥当だと思う減額した賃料で弁済供託)

Aベストアンサー

供託は可能なのですが現在の賃料を供託しないと債務不履行になります。
つまり任意の話し合いや裁判等で新たな契約(つまり減額した賃料による契約)がなされるまで現在の契約は(遡及さすにしろ遡及するまで)一応有効です。
ゆえに現在の賃料が供託されない限り有効な弁済がなされたとは言えず債務不履行等の問題が発生します。
値上げの際は新たな契約がなされるまで現行と同様の契約が有効なので現行と同額の供託で有効なんですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報