密輸とかで押収した薬物などは、
どこへ行くのですか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

基本的に、押収物は一定期間保存した後、クスリや贋物、重要書類は裁判の後、焼却されて、犯罪に繋がらないものであれば、返却してくれると思います。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
いろいろと分かって助かりました。

お礼日時:2001/12/26 02:15

K府警、O府警で、押収した覚醒剤を横流ししていた警官が捕まっていましたが、そういうのがなければ、焼却処分ですね。

処分の際には、ちゃんと伝票を作って、どの物品をどれだけ処分したか、記録は残るはずですが、ここをごまかしたのか、ごまかしそこなって発覚したのか・・。
ワシントン条約違反の動物であれば、原産国に返却。
所持自体が違法なものでなければ、裁判が終わればかえってくるはずです。(裁判の段階で裁判所に証拠物件として提出されていれば、裁判所から)
ひき逃げ事件の車、なんて、もどってきても乗れないけど・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
やはり焼却なんですね。
勉強になります。

お礼日時:2001/12/26 02:08

beginnersanさんのとおり、押収品は処分されます。

これも法律(もしかしたら政令かもしれない)で決まってます。
処分するときも、所有者に対して、「本当はあなとのかもしれないけど、違法なものだから返却せずに処分します」との通知がきます。
ちなみに、海外から裏本などを郵送して、税関等で見つかって押収された時も、宛先にこうした通知がくるそうです。経験者から聞いたことがあります.(私じゃありませんよ!)
さらに、所持者が不明な場合は、管轄の法務局(検察所)にて、公告として張り紙で通知してます。最近、うちの近所の法務局で、所有者不明の拳銃と実弾を預かってます(!)との公告がしてました。
以上、補足まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
詳しく知れてよかったです。

お礼日時:2001/12/26 02:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qおすすめのグルメ検索サイト

おすすめのグルメ検索サイトを教えてください。

情報を掲載されている方、情報を検索されている方、どちらでも結構です。

関西地区対象のグルメ検索サイトでお願いします。

ぐるなび、グルメぴあ、ぐるめピタ、グルメWalketあたりを検討しています。

Aベストアンサー

他の回答に対する文を見た限り、広告を出されるんですよね?

でしたら、ぐるなびがイチバン間違いないです。
なんだかんだいって、他のものから頭一つ抜けてます。

ただ単に調べたいということでしたら、口コミ系サイトがありますけどね。
アスクユー(http://www.asku.com/rgj/)
Livedoorグルメ(http://kansai.gourmet.livedoor.com/)
食べログ.com(http://tabelog.com/restaurant/osaka/)
僕は食べログが一番好きですけど。

Q犯罪によって手に入れたお金はどこへ行くのですか?

犯罪によって稼いだ(?)お金というのは、没収されないのでしょうか。

例えばライブドアの堀江さんですが、彼は社長時代に何百億円も稼ぎましたよね。
個人の資産も相当なものだと思います。
でもその後、どうやらその手法は犯罪だったということで今も裁判中かと思います。
きっと犯罪だったんですよね。
彼は一度収監され、その後多額の保釈金(確か5億円?)を支払って保釈されたと思います。
しかし、この5億円というのは不正なことをして稼いだお金ではないのですか?
それを使って保釈されているということでしょうか。
そして彼が不正に稼いだと言われている他の巨額の財産は、今後いったいどうなるのでしょうか?

他にも詐欺や不正な取引など、犯罪行為で巨額のお金を手に入れた後に有罪判決を受ける人の例をよく見ますが、彼らの手に入れたお金はどこに行っているのですか?

私は、日本ってもしかして・・・

1.何か犯罪を犯してでもボロ儲けする。
   ↓
2.捕まって有罪判決。書類送検されたり、数年間服役する。
   ↓
3.出所してもお金はそのまま。その後の人生は悠々自適。

ということが可能になっているのではないかと思ったのです。

法律に明るい方、教えていただけますでしょうか。

ニュースを見ていると某IT系社長、ファンドの社長、食品偽装の社長、耐震偽装の社長、暴力団関係者、詐欺師、などなどなど、ドーンと悪いことをして稼いで、その後は楽々と暮らしてるんじゃないの?
と思う人がたくさんいます。

犯罪によって稼いだ(?)お金というのは、没収されないのでしょうか。

例えばライブドアの堀江さんですが、彼は社長時代に何百億円も稼ぎましたよね。
個人の資産も相当なものだと思います。
でもその後、どうやらその手法は犯罪だったということで今も裁判中かと思います。
きっと犯罪だったんですよね。
彼は一度収監され、その後多額の保釈金(確か5億円?)を支払って保釈されたと思います。
しかし、この5億円というのは不正なことをして稼いだお金ではないのですか?
それを使って保釈されている...続きを読む

Aベストアンサー

まず1つ誤解しそうなところから、ですが…

>犯罪によって稼いだ(?)お金というのは、没収されないのでしょうか。

被害者の存在する犯罪なら、没収はされないでしょう。被害者に返さなきゃいけませんから。
(窃盗罪、詐欺罪、横領罪など刑法に定められた財産犯はそうです)
この場合、そのお金は「犯人以外の者に属」するんで、刑法19条2項によって没収の対象外です。
…というか、19条2項はまさしく「被害者の物は没収しないで被害者に返しなさいよ」が趣旨の1つですんで…

証券取引法違反で得たお金の場合は法律の規定によって没収されます。
(この場合の根拠は証券取引法198条の2です。このケースは1号相当)
このあたりは以前にも回答したことがありますので、ご参考まで…
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2197476.html

>ドーンと悪いことをして稼いで、その後は楽々と暮らしてるんじゃないの?

まぁ週刊誌的想像としては楽しいでしょうけど…
法律はそう甘くは出来ていないです。

犯罪で得たお金を使ってしまって手元にない…
なんて場合は返せないってことはあるでしょうが
(詐欺事件はそのケースがけっこう多い)
その場合は犯人の手元にだってお金は残っていないんですから、
やっぱり「悪いことして稼いで、その後は楽々と暮らして」…ってことはなさそうです。

犯罪が見つからなければ楽々と暮らしているのかもしれませんが、
犯罪が見つかるか見つからないかってのは法律の外の問題ですし
(=『法律に明るい方』の出番はない)
犯罪を見つからないようにするってのもそれなりにコスト(労力、知恵、お金)がかかるんで
やっぱり通常は割に合わないのでは、と思います。

まず1つ誤解しそうなところから、ですが…

>犯罪によって稼いだ(?)お金というのは、没収されないのでしょうか。

被害者の存在する犯罪なら、没収はされないでしょう。被害者に返さなきゃいけませんから。
(窃盗罪、詐欺罪、横領罪など刑法に定められた財産犯はそうです)
この場合、そのお金は「犯人以外の者に属」するんで、刑法19条2項によって没収の対象外です。
…というか、19条2項はまさしく「被害者の物は没収しないで被害者に返しなさいよ」が趣旨の1つですんで…

証券取引法違反で...続きを読む

Q飲食店経営者の方にグルメサイトに関しての質問です。

グルメポータルサイト(ぐるなび、HotPepper、yahooグルメ!グルメGYAO)に自社飲食店の広告を出すのってどういうメリットがありますか?

後、ネットでの集客ってフリーペーパーやぐるめ雑誌と比較してどうでしょうか?
店舗でHPやブログを持っているのに、グルメポータルサイトに載せるのは何故なのか気になりました。
グルメポータルサイトに載せる際の費用って調べると万単位で結構高いなと感じましたので。。。。


飲食店経営について勉強中です。
伝わりづらい質問かもしれませんが、参考にアドバイス宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

飲食店経営者です

自店では有料グルメサイトはぐるなびのみ使用しています

メリットはアクセス、ページビュー数など、自店のHPと比べて断然多いことが理由のひとつとしてあげられます

また、自店HPへ直接アクセスされる方は、当店をはじめから探そうとしている方が多く、新たに発見してもらえることがぐるなびと比較してかなり落ちるからです

ぐるナビの場合、ほとんどの人が店を探す目的で入ってきています

その前提の上で当店を見つけてもらえると新しく認知してもらえるケースが生じる可能性があがるからです

また、自店ホームページのよい点は情報量を無限にのせられることで(闇雲に多くても意味はありませんが…)

ぐるなびから誘導することもでき、ぐるなびで伝えきれないことを知ってもらうチャンスにもなります

また、ぐるナビにしている理由はグルメサイトの中での認知度が高いからです

HotPepper、yahooグルメ!グルメGYAOなどにも当店の情報は一応乗っているようですがこれは、無料サイトの登録やぐるなび、グーグルへの登録などをいろいろしていると自然と情報がながれいつの間にか掲載されているものです

有料ページとは違いますがSEO対策程度に考えるならそれで十分と思っています

その他のネットでの販促はすべて0円で行っているため、ぐるなびひとつだけなら費用的にも高くはないと考えています

もうひとつネットでの集客についてですが紙媒体とは反応の質も効果もそもそもターゲット層も異なってくることが多くまったくの別物です

今は、何を使い何を伝えどう集客することが最もよいことなのかはその店店によって異なってきます

似たような条件であっても同じ手法が当てはまるとは限りません

ネットでの集客ってフリーペーパーやぐるめ雑誌と比較してどうでしょうかという質問に関しても店によって異なってくるものなので一概には言えません

一般定期は紙のほうが反応率が高く、ネットは長期的な集客向きといわれています

思いついたことをそのまま書いてしまったためちょっとわかりづらいかも知れませんがご了承ください

飲食店経営者です

自店では有料グルメサイトはぐるなびのみ使用しています

メリットはアクセス、ページビュー数など、自店のHPと比べて断然多いことが理由のひとつとしてあげられます

また、自店HPへ直接アクセスされる方は、当店をはじめから探そうとしている方が多く、新たに発見してもらえることがぐるなびと比較してかなり落ちるからです

ぐるナビの場合、ほとんどの人が店を探す目的で入ってきています

その前提の上で当店を見つけてもらえると新しく認知してもらえるケースが生じる可能性があがる...続きを読む

Q暗号化したPCを警察が押収した場合

最近、インターネットに関する事件で逮捕されるニュースが多いですね。ふと疑問に思ったのですが、警察は証拠品としてパソコンやHDDを押収するようですが、やはり、解除パスワードを開示するように要求されるのでしょうか?
最近、セキュリティ対策として、職場の仕事用のパソコンを全て暗号化するように指示され、社内のパソコンすべて暗号化されました。
例えば事件があって社内でパソコンが押収されるということがあった場合、会社の重要なセキュリティに関するパスワード等を開示する事を要求されるのは、会社として困る気がするのですが。

仮に暗号化してあった場合、警察はそれを解除しようとするのでしょうか?または、解除を要求する権限がある(解除命令に従わざるを得ない)のか?
そして、警察はそれにより得た情報を漏洩しないよう管理してくれるのでしょうか?
開示を拒否した場合、何か担当者が責任を問われる事がありますか?

例えば、会社からは担当者は開示を拒否するよう要求され、警察からは開示を要求されて板挟みになったりしたら、担当者が困ったりすることがあるような気がしたのですが

Aベストアンサー

>警察は証拠品としてパソコンやHDDを押収するようですが、やはり、解除パスワードを開示するように要求されるのでしょうか?

 当然、要求されます。

>例えば事件があって社内でパソコンが押収されるということがあった場合、会社の重要なセキュリティに関するパスワード等を開示する事を要求されるのは、会社として困る気がするのですが。

 捜査令状が発行された以上、会社の利益は考慮されません。

>仮に暗号化してあった場合、警察はそれを解除しようとするのでしょうか?または、解除を要求する権限がある(解除命令に従わざるを得ない)のか?

 警察にはその権限があり、被疑者(会社法人に属する者)は従わざるを得ません。

>そして、警察はそれにより得た情報を漏洩しないよう管理してくれるのでしょうか?

 漏えいすれば、それは別件として警察の当事者が裁かれます。

>開示を拒否した場合、何か担当者が責任を問われる事がありますか?

 証拠の隠匿ですから、罪に問われます。

>例えば、会社からは担当者は開示を拒否するよう要求され、警察からは開示を要求されて板挟みになったりしたら、担当者が困ったりすることがあるような気がしたのですが

 その場合は会社の要求が不当であり、拒否の指示を出したものが罪に問われます。担当者がパスワードを警察の然るべき担当に開示、もしくはパスワード保護を解いたことを以て、会社が担当者に不利益を働けば、それも罪に問われます。

 ただ家族が被疑者の場合には、拒否が罪に問われないことがあります。これはケースバイケースと申すより他、ありません。

>警察は証拠品としてパソコンやHDDを押収するようですが、やはり、解除パスワードを開示するように要求されるのでしょうか?

 当然、要求されます。

>例えば事件があって社内でパソコンが押収されるということがあった場合、会社の重要なセキュリティに関するパスワード等を開示する事を要求されるのは、会社として困る気がするのですが。

 捜査令状が発行された以上、会社の利益は考慮されません。

>仮に暗号化してあった場合、警察はそれを解除しようとするのでしょうか?または、解除を要求する権限があ...続きを読む

Q姫路のグルメ

今度姫路に行きます。
姫路またはその近隣のグルメを教えていただきたくお願いいたします。

グルメの内容は、絶品グルメ、B級グルメは問いません。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

多分、姫路にしかない食べ物は、おでんです。
姫路のおでんはしょうが醤油で食べます。
始めはえ?!と思ったけれど慣れたらそれほど変ではないです。

あと、このあたりは、タコとアナゴの産地です。
近年はアナゴは漁獲量減って、勧告ものが多くなっていますが、タコは豊富です。
生タコの刺身はおいしいですよ。

Q警察が押収した書類、帳簿などは、返して、もらえるの???

警察が押収した書類、帳簿などは、返して、もらえるの???
質問のままですが 押収された 書類、帳簿等は責任者が逮捕されても、警察に求めれば、返してもらえるものて゛しょうか。

Aベストアンサー

質問者サマの言う「責任者」って括りに多少の疑問もあるけど・・・

帳簿の類は、「所有権者」が返還を希望すれば、所有権にあてて還付されます(被押収者と一致しないこともある)。

例えば、会計部門の長である会計課長が逮捕され、会計帳簿が押収された場合・・・担当部門の長であっても単なる”被雇用者”であれば所有権者と見なされないでしょう。
会社の帳簿なら、会社の代表者である社長。若しくは担当役員など相応の権限者あてに還付されます。

なお、証拠品の還付は、被押収者の都合で行われる物ではなく、捜査上の必要性が無くなった(現物を差し押さえておく必要がなくなった)と判断された場合にのみ行われ、また、証拠品が検察庁に送付された後は、検察庁の管理下に置かれますので、還付も検察庁から行われます(判決が確定したら、検察庁の証拠品係から所有権者宛に、還付についての葉書(返してあげるから、取りに来て)が送付されます)。

QA級グルメとB級グルメの違い

A級グルメとB級グルメの違いってなんですか?

Aベストアンサー

価格です。

A級は非日常的、B級は日常的価格。…人それぞれという事になるけど。
A級価格の物を日常的に食す人はその人自体がA級ってことになるかな?

ところでA級グルメという言葉はもともとなくて単に「グルメ」だったはずですが、いつしか安くて旨い物をB級グルメと言うようになって、それに対してA級グルメという言葉が使われるようになりました。
しかし海産物等を現地で食べれば安くて美味い。これをB級グルメとはあまり言わないはずです。
ですので、やはりラーメン、お好み焼き、どんぶり物等、街場で普通の庶民が食べられる物をB級グルメと言うんでしょう。

Q人を殺した時、突発的に行った人と計画的に行った人の場合後者の方が刑罰が重くなるのはなぜなのでしょう?

人を殺した時、突発的に行った人と計画的に行った人の場合後者の方が刑罰が重くなるのはなぜなのでしょう?僕からすると突発的に行った人の方が自分の理性を制御できないやばい奴だと思うし社会の脅威ではないですか。むしろ計画的に人を殺すことのできる人間の頭脳と大胆さは賞賛に値すると思うのですが...

Aベストアンサー

まず、過失致死と殺人を分ける必要がありますね。

1.「殺す気はなかったけど結果的に死んでしまった」のであれば過失致死罪。
2.「殺そうと思ってたわけじゃないけど、こんなことしたらこの人死んじゃうな」って思っていたなら未必の故意が認定されて殺人罪。
3.そして、「殺す」とハッキリした意志を持った殺人ももちろん殺人罪。

あなたのおっしゃるのは、
1を言っているわけではなくて、2より3の方が重いのはなぜか、ということですよね。

3の量刑が重いのは、殺そうとする意志の強さ、ですね。

誰でも大なり小なり「アイツ殺してぇ」とか「殴りたい」と思うことはあったりします。
でも実行には移しません。
もし実際に殴ってしまうのであっても、それは一種の興奮状態が起こすものであって、
この点で量刑が軽いのです。
ほとんどの人がその殺意を継続できないのです。
どこかで冷静になったりするものです。

その殺意を維持したままそれを萎えさせることなく実行に移せるという、
殺人に対する意志の強さ明確さ持続力をもった殺人、
つまり計画的な殺人は、この意味で罪が重いのです。

QB級グルメとご当地グルメ

疑問に思ったのですが「B級グルメ」「ご当地グルメ」、この言葉の意味は同じなのでしょうか?

また、B級グルメでまちおこしに成功した例で静岡県富士宮市の富士宮やきそばがありますが、失敗した例をご存知でしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

B級グルメ:安くてウマいという庶民派のグルメ
ご当地グルメ:その地方で昔から食べられていた独特の料理。
       または、その土地の食材を使ったもので、
       町おこしなどのために考案された料理。
       総じてその土地に行かなければ味わえないグルメ。

いちおうは別物なのですが、「ご当地グルメ」で町おこしをする場合は
多くの人に食べてもらわないと行けないので、必然的に安い「B級グルメ」に
なってしまいますね。

失敗例は、特に「その土地の食材を使ったもので、町おこしなどのために考案された料理」では山ほどありますが
最近でぱっと思いつくのは北海道の「白いプリン」でしょうか。

「その地方で昔から食べられていた独特の料理」で思いつくのは
新潟のイタリアン(焼きそばにミートソースがかかった料理)で
何度か県外進出したのだけれど、新潟以外では受け入れられず
いずれも1年くらいで撤退していたと思います。

Qよくあの店はまずいとか、あの引っ越し業者のサービスは最悪とか、どこまで

よくあの店はまずいとか、あの引っ越し業者のサービスは最悪とか、どこまでブログとかに書くのは許されると思いますか?

こんにちは。よく思うのですが、ひどいめに会った時に店名を名指しでそのひどさをレポートするのって、けっこう勇気がいりますよね。でもお客としての感想なのでまったく問題無い気もします。常識の範囲で接客サービスや食品の味を否定するのって(店名名指し)問題あるのでしょうか。もちろんどんなことでも告訴すれば名誉毀損の裁判は成り立つのですが、常識的な範囲でご意見頂けると嬉しいです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

事実に基づいた話であれば公共の福祉に該当しますから問題ありません。

ただ、もしも訴えられた場合にその事実があったことを証明しなくてはいけませんから、
通常は証拠が無くて証明できないので伏せ字にしておくのが一般的です。

事実を証明出来るのなら公表しても構いません。

「不特定多数が利用するサービス」に対して
「不特定多数に対して有益な情報を提供する」ことは公共の福祉の範囲です。


しかし「不味い」というのは個人の感覚でしかないですからいくら書いてもまったく問題ありません。

「店員に睨まれた」など誰が見ても事実となる場合に関してのみ
事実の証明が出来ない場合に営業妨害や名誉毀損の可能性が出てきます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報