(1)[Co(en)3]Br3・3H2O(トリスエチレンジアミンコバルト(3)錯体?)の色と吸収スペクトルの関連。
(2)[Ni(NH3)6]2+(アンミンニッケル錯イオン?)の水溶液は紫色を示す。[Ni(NH3)6]2+の可視吸収スペクトルはどのようなものと予想されるか。その概略。
(3)硝酸マンガン(2)6水和物2.0gを溶かして500mL水溶液をつくった。この水溶液のモル濃度は?
以上の3つについて教えて下さい。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

大学の定期試験か何かでしょうか?


とりわけ、分析化学でしょうか?
どなたもお答えが無いようですが・・・。
私自身も、すっかり昔のことであまり確かではないのですが。

(1)と(2)は関連しているようですね。
(1)の錯体の色は知りませんが、目で見える色と吸収スペクトルの間には、次のような関係があります。
この問題を考える時には、「補色」という言葉がキーワードになるのではないのでしょうか?
「補色」とは、白色光がある物質を通過する時、その物質が特有な吸収領域の光を吸収した結果生じる色です。
例えば、(2)で考えてみます。溶液が可視で紫色に見える
ということですね。私達が見ているその紫色というのは、白色光から溶液が吸収したある波長領域を除いた色、即ち補色の色なのです。そこで、補色が紫色になるには溶液でどんな波長領域での吸収が必要になるかというと、500~560nm程度の波長領域の緑の領域になります。
ということで、考えられる回答としては、「500~560nm程度での吸収スペクトル」、ということになるのではないのでしょうか?
私も、あまり成績が良くなかったので、自身はありません。
(1)についても、同様の考え方で行けると思います。
gooで補色で検索をかけて、出てきたHPのURLを記しておきます。補色と吸収帯の関係が出ています。これは、一般の分析化学の教科書などにもあると思います。

(3)については、水和物の取り扱いが問題になるということだと思います。恐らく、高校の化学の教科書を開くと似た問題があると思います。
手元にそれらが無いのと自信が無いのとで、ここではコメントを控えます。
もし、機会があったら、また回答します。

参考URL:http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/~furukawa/color.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりすいません。
ありがとうございました。

お礼日時:2000/12/27 10:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

nh3」に関するQ&A: NH3とNH4

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCTに詳しいかた

逆流性食道炎がなかなか治らなかったのでセカンドオピニオンをして、腹部~上腹部のCTをしてもらいました。

検査結果は、
胃内には、高吸収からなる、fluid-fluid levelがあります。高吸収値から出血も鑑別に上がりますが、高蛋白飲料摂取後かわかりません。胃痛があるようなので上部消化管の検査をお願いいたします。

肝胆膵卑に粗大病変は明らかでないようです。

右腎上極に沿うような低吸収域+
詳細不明ですのでusでの性状確認を検討されて下さい。

と書いてありました。CTの二時間前に、牛乳と食パン一枚を食べてからの検査だったので、上の検査は心配ないと、先生はおっしゃられましたが、心配です。

それと右腎上極の低吸収+とはなんなんでしょう?とくにそれについては話は触れられなかったんですが、詳しくわかるかたよろしくお願いいたします(泣)

Aベストアンサー

胃の内容物が出血だとすれば、真っ黒けの血便が出続けているはず。黒い影はですね、あなたCT撮影中にじっとしていられなかったのでは?

Q理科:水溶液が電流を通す理由[イオンなし]

水溶液が電流を通す理由を[イオンを使わず]書けという問題で、
[模範解答]水溶液中で電気を帯びた原子が、水溶液内を電極へと移動するため。

[私の解答]水溶液中に電圧をかけると、電気を帯びた原子が電極へ引き寄せられるため。
私の解答は合っているでしょうか?

Aベストアンサー

> 私の解答は合っているでしょうか?

はい。合っています。

こういうところで質問するときは、学年とか、今どの辺りを習っているのかなどの情報を書いておかないと、まともな回答がつきにくいですよ。ネットでは、学校とは違って、無責任な大人が無責任なことを平気でいいます。で、私も無責任な大人ですので無責任なことを書きますと、質問者さんの解答は合っています。無責任な大人ですので無責任な感想を書きますが、むしろ模範解答よりも良い解答であるように思われます。

この回答の補足欄に
◆今どの辺りを習っているのか(中学生の質問なのか社会人の資格試験のための質問なのか)
◆イオンとは何か(教科書または参考書にどのように書いてあるのか)
◆質問者さんの使っている教科書では、「水溶液が電流を通す理由」としてどのような説明がされているのか
を書いてみて下さい。そうすると、もう少しまともな説明をしてくれる人が現れてくれるかもしれません。

QX線CTでのフーリエ変換の必要性が分かりません

X線CTに興味を持っています。ウィッキペディアで調べてみたのですが、良く分からず質問するに至りました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/CT
より。
”つまりCTで元となるデータは、物体に360度から照射したX線が、それぞれの方向ではどの程度吸収されたかを示す度合いである。”
は当然のことながら理解できます。その後
”CT装置は、データをもとにコンピュータで画像をフーリエ変換で再構成する。”
とあります。何のためにフーリエ変換をするのでしょう。フーリエ変換は”関数をその周波成分の連続スペクトルに分解する”作業ですよね。何故必要なのでしょう?
また、その後の解説の
”1断面を格子状に分割し、各部位の吸収率を未知数とし、その合計が実際の吸収量と等しくなるように連立方程式を立て、これを解くのである。巨大な行列演算である。”
とあるのですが。ここも良く理解できていません。一度大学で習ってその時は納得したはずなのですが、教科書もノートも無くなってしまって分かりません。分かる範囲で結構ですのでよろしくお願いします。

X線CTに興味を持っています。ウィッキペディアで調べてみたのですが、良く分からず質問するに至りました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/CT
より。
”つまりCTで元となるデータは、物体に360度から照射したX線が、それぞれの方向ではどの程度吸収されたかを示す度合いである。”
は当然のことながら理解できます。その後
”CT装置は、データをもとにコンピュータで画像をフーリエ変換で再構成する。”
とあります。何のためにフーリエ変換をするのでしょう。フーリエ変換は”関数をその周波成分の連続スペクトル...続きを読む

Aベストアンサー

(1)”CT装置は、データをもとにコンピュータで画像をフーリエ変換で再構成する。”
どうしてもフーリエ変換を使って再構成しないといけないわけではありません。フーリエ変換は本質ではないので、フーリエ変換を一切入れずに画像再構成を行うことは可能ですし、実際にそうされる場合もあります。
フーリエ変換が出てくるのは、ある種の側面の説明に都合がよかったりするからです。データ処理の過程にフィルタリングが混じるのですが、このフィルタリングの説明にフーリエ変換が用いられると理論がちょっとスマートになります。また、計算の実行にもフーリエ変換が入ってくると能率が上がるので、普通はそうします。

(2)”1断面を格子状に分割し、各部位の吸収率を未知数とし、その合計が実際の吸収量と等しくなるように連立方程式を立て、これを解くのである。巨大な行列演算である。”
それはもののたとえで、実際にそんな無茶なことはしません。原理的に解けない連立方程式になりますから(例えば未知数の数と方程式の数とが違うと解けない)。

(3)#1様のURLは、投影データ(観測データ)がどういう式で表現されるかであり、投影データから画像がどういうふうに復元できるかを示しているのではありません。

(4)画像再構成原理を勉強しようと思ったら、このような質問コーナーでは無理です。簡易に書いたものだったら、診療放射線技師向けや医者向けの教科書や参考書があります。ただし、十分正しいとは言えなかったり、ひどく省略が入ったり、といってちゃんとしたものは難しかったりで、あえて紹介はしません。本気で学ぶなら次のようなものがあります。
(あ)"Computed Tomography: Principles, Design, Artifacts, and Recent Advances", Jiang Hsieh, SPIE Press, 基本から説明,
比較的平易。最新状況を含む。
(い)"画像処理アルゴリズム", 斎藤恒雄, 近代科学社
3次元再構成まで含む。数学力を要し手強い
(う)"Principles of Computerized Tomographic Imaging", A.Kak et.al., SIAM press  古典的な再構成理論の基礎をがっちり固めたいとき。
インターネットで無料公開→http://www.slaney.org/pct/pct-toc.html

(5)フーリエ変換の数式なんてどうでもよいのです。関数をその周波成分の連続スペクトルに分解する”という理解レベルで前出書籍に取り組むことはできます。

(1)”CT装置は、データをもとにコンピュータで画像をフーリエ変換で再構成する。”
どうしてもフーリエ変換を使って再構成しないといけないわけではありません。フーリエ変換は本質ではないので、フーリエ変換を一切入れずに画像再構成を行うことは可能ですし、実際にそうされる場合もあります。
フーリエ変換が出てくるのは、ある種の側面の説明に都合がよかったりするからです。データ処理の過程にフィルタリングが混じるのですが、このフィルタリングの説明にフーリエ変換が用いられると理論がちょっとスマ...続きを読む

Qこの0.1mol/Lの酢酸ナトリウム水溶液の[OH-]は何ですか?

この0.1mol/Lの酢酸ナトリウム水溶液の[OH-]は何ですか?
ただし、√2=1.4、酢酸の電離定数は2.0×10^-5、水のイオン積は1.0×10^-14 (mol/L)^2。

Aベストアンサー

[H^+]を求めて下さい。
酢酸ナトリウムは完全解離すると考えて構いません。

QCTスキャンの原理

CTスキャンの原理を素人にわかりやすく説明する資料を作成中です。

私自身よくわかっていなく、いろいろなサイトで調べたところ、いろいろな説明があり、どれが正しいのかわかりません。(全部正しいのかもしれません。)

例えば、下記の質問に対する回答の資料を拝見すると、ラドン変換・フーリエ変換で・・・とあります。
『QNo.866039 CTについての流れ・詳細サイトありますか?』

一方、Wikipediaで、コンピュータ断層撮影のなかのCTスキャンの項目を拝見すると、『各部位の吸収率を未知数とし、その合計が実際の吸収量と等しくなるように連立方程式を立て、これを解く』とあります。

ということで、質問をまとめます。

(1)後者のほうは、感覚的にスッと理解できるのですが、これはどちらも正しいのでしょうか?

(2)素人向けのCTスキャンの原理の説明をしているサイトがあれば教えてください。(かなり時間をかけて探しましたが、これはというのは見つけられませんでした。)

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

古い教科書には原理があったのですが、最近のはまるっきり乗っていませんが僕が勉強したころの記憶で書かせていただきます。
(長文です)
魔方陣をとく感覚です。

"5×5の25マスに横ABCDE縦12345と番地を振る
C1B2,C2C3,C4,B5,C5,D6に1をそれ以外には0が入っているデータがあるとします。
縦横の各列の値は計算で出ます。
マスを黒く塗りつぶすと数字の1のようなものが見えますね"
"全体の25のマスのデータ量は8になります。
25マスに平均化して挿入すると0.32ずつになります。"

"つぎに計算しやすいA列とE列を考えます、
AとEは空欄ですから0となります。0.32×10マス分を残りのBCD列の各マスに繰り入れます。
15マスはすべて0.533となります。
C列は合計5ですから一マスは1づつ入ります、不足分0.47×5マス分をBとD列から平均して取って1とすると
BD列の各マスには0.3が入ります。

"つぎに5列の合計は3ですのですべてに1を入れるには
0.7×2マス分をB1234とD1234からひきます。
これらの8マスは0.125になります。つぎにD列の合計は1ですからD1234は0になって必然的にB1234は0.25になります。"
同様にしてB2だけ信号が入りますので0.25×4は1
"最初のデータと同じ画が作られました。
実際のCTは最低でも256×256の画素です、しかも0か1かではなく
奥行き(グレースケールのように中間値も存在しますので)ひじょうに大きなデータとなります。"

00100
01100
00100
00100
01110

0.320 0.320 0.320 0.320 0.320
0.320 0.320 0.320 0.320 0.320
0.320 0.320 0.320 0.320 0.320
0.320 0.320 0.320 0.320 0.320
0.320 0.320 0.320 0.320 0.320

00.533 0.533 0.533 0
00.533 0.533 0.533 0
00.533 0.533 0.533 0
00.533 0.533 0.533 0
00.533 0.533 0.533 0

00.29510.2950
00.29510.2950
00.29510.2950
00.29510.2950
00.29510.2950

00.2510
00.2510
00.2510
00.2510
01110

00100
01100
00100
00100
01110

古い教科書には原理があったのですが、最近のはまるっきり乗っていませんが僕が勉強したころの記憶で書かせていただきます。
(長文です)
魔方陣をとく感覚です。

"5×5の25マスに横ABCDE縦12345と番地を振る
C1B2,C2C3,C4,B5,C5,D6に1をそれ以外には0が入っているデータがあるとします。
縦横の各列の値は計算で出ます。
マスを黒く塗りつぶすと数字の1のようなものが見えますね"
"全体の25のマスのデータ量は8になります。
25マスに平均化して挿入すると0.32ずつになります。"

"つぎに計...続きを読む

Q硫酸銅水溶液に、硝酸バリウム水溶液をいれると、白い濁りがでました。

硫酸銅水溶液に、硝酸バリウム水溶液をいれると、白い濁りがでました。
そのときの、化学反応式を教えてください。

Aベストアンサー

CuSO4+Ba(NO3)2→BaSO4+Cu(NO3)2

Q体の水分吸収を疑っている?

最近お腹の不調に悩み次回の診察まで期間も長いため食事の記録をつけて食事の合う合わないを調べています。
どうも水分の吸収がうまくいってないせいか?わかりませんが腹部右中央奥(腎臓?)に泡の様な音が多くだいたいいつもそこら周辺に鈍痛があります。
それにともないオナラが多く稀に骨盤や股関節が痛むのです。
前回の病院の検査で尿を満タンにし膀胱がいっぱいの状態で超音波検査をしたら横行から下降結腸にかけて腫れいてCT検査では膵臓も腫れていました。
腎臓・膀胱はお灸やツボも骨盤に集中しているので今では赤外線ストーブを当てていますがヘソの周辺のズキズキ感が少しやわらいだ気がします。
漢方の方は専門家に相談中なのですが水分吸収で腸→血管→腎臓→尿管→膀胱の周辺で何が疑わしいと思いますか?
またどんな病気に近いと思いますか?

Aベストアンサー

そのCTやエコー検査の結果から医師はどう診断されているのでしょうか?
CTで膵臓が腫れていたとの事ですが、それでも「慢性膵炎」の診断は下りませんか?
私はそれで慢性膵炎との診断が下りました。

オナラやゲップなどガスの多さは膵炎患者の悩みの1つです。
泡の様な音がしてその周辺が痛むのはオナラがたまっているためのように思いますが。

痛みに関しては温めると良くなる事もあります。なので、貼るカイロは箱買いしてます。
(場合によっては逆にひどくなる事もあります)

関節が痛むのは稀に胆嚢からという場合があるようです。私がそうです。
(東洋医学ですが)

膵炎はややこしい病気ですのでorion0834様が膵炎でない事を願っています。

Q酢酸水溶液と酢酸ナトリウム水溶液の調製

0.2mol dm^3酢酸水溶液200cm^3 の調製方法がわかりません。
教えてください。

酢酸(17.3mol・dm^-3)

また、酢酸水溶液ナトリウム水溶液200cm^3の調製方法もお願いします。
CH3COONa・3H2O

Aベストアンサー

0.2mol/Lが0.2Lですから、必要な酢酸は0.04molです。
CH3COOH=60 ですから、24gの酢酸に水を加えて200mlにすればOKです。

酢酸ナトリウムのほうは濃度が判りませんが、n mol/Lとしておきましょう。
CH3COONa・3H2O=136 ですから、136nグラムのCH3COONa・3H2Oを水に溶かして最終的に1Lにすればn mol/Lになります。

QPET-CT検査について

PET-CTの検査で肺マルチスライスCT検査がオプション検査で追加料金が必要となっていました。PET-CTは全身をCT検査する事だと思うのですが、なぜオプション検査なのでしょうか。PET-CTのCT検査とは通常のCT検査とは何か違うのですか教えて下さい。

Aベストアンサー

PET-CTのCTは本来の意味はPETの薬剤が出す放射線の「補正」に使うためのものです。本来の意味以上にPET薬剤の集積部位をCT画像と融合することで識別できるので役立っているものと思います。
当然CTは全身を撮りますが、PETに対するオマケであり、本来のCT検査の精度は保てないと思ってもらったほうがいいでしょう。

肺癌でもきわめて早期のものや前がん病変といったものなどでは、PET薬剤の集積がないものもあります。こういうのを見つける目的にマルチスライスCTを追加するのでしょう。

Q水酸化ナトリウム水溶液・水酸化カルシウム水溶液を判別実験

水酸化ナトリウム水溶液・水酸化カルシウム水溶液を判別する実験の方法を教えてください。
使っていい道具
ビーカー・ガスバーナー・試験管・マッチ・三角架・金網・薬さじ・ろ紙・漏斗・スタンド・リトマス紙・BTB溶液・フェノールフタレーン液・ガラス棒・スライドガラス・金属皿・駒込ピペット・メスシリンダー・マグネシウムリボン・べネジクト液・沸騰石・試験管ばさみです。量は限りがないものとします。
「混ぜて白く濁らる」以外であればお願いします。
※禁止事項
・息を吐いて二酸化炭素を入れる
・手を入れてみる、触ってみる
・においをかぐ
・見た目(ただし、色の違い・気体発生などの明らかなものは可)
・手で重さを比べる

Aベストアンサー

水酸化ナトリウム水溶液と水酸化カルシウム液のそれぞれを、ビーカーに100ccほど採り、駒込みピベットで少量ずつ塩酸を入れ、両方の水溶液が中性になったところで、塩酸を入れるをやめる。両方の水溶液が中性になったかどうかは、リトマス試験紙で確認する。中性になったそれぞれの水溶液を、それぞれの試験管に入れ、試験管ばさみで試験管を持ち、ガスバーナーで、結晶が出てくるまで加熱する。そして、それぞれの結晶をスライドグラスにのせ、結晶を顕微鏡で見る。塩化ナトリウムの結晶が見られる方が、水酸化ナトリウム液となる。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報