トランジスタの周波数特性をエクセルの片対数グラフで書きたいのですが、うまくいきません。
周波数を横軸(対数表示)、縦軸に電圧利得でとりたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

> 対数軸にしたいX軸の「軸の書式設定」の目盛りタブには


> 対数目盛がないのです。

グラフの種類を「散布図」にしてますか? 「折れ線」では無く。

この回答への補足

再び早速の回答ありがとうございます!

出来ました♪
ありがとうございます!!
・・・散布図にするとX軸を対数にとることができたのですが、
どうすると散布図→曲線表示になるのでしょうか?
色々触ってみたのですが・・・。
再び教えていただけると幸いです。

補足日時:2001/12/26 20:50
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません!
できました!!

もう完璧です!!

本当にありがとうございました。
お陰で完璧なレポートが作成できそうです♪

お礼日時:2001/12/26 20:55

どううまく行かないのでしょう?



横軸に周波数を、ということですから

周波数 電圧利得
f1   v1


という表を作っておいて、範囲選択をしてグラフウィザード。グラフの種類には
散布図を選んでおいて、とりあえずグラフを作成。

対数軸にしたい、X軸を選択して、右クリック→軸の書式設定。
「目盛」タブで、対数目盛を表示するにチェックを入れれば OK。

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます。

対数軸にしたいX軸の「軸の書式設定」の目盛りタブには
対数目盛がないのです。
Y軸にはあるのですが・・・。

それで、XとYを入れ替えたのですが、思うようなグラフは表示されず。。。
対数グラフになるはずが!やや直線のグラフが表示されてしまいました。

どういうことなのでしょう??

補足日時:2001/12/26 19:01
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qpnpトランジスタとnpnトランジスタの接続回路について質問です。 写真の回路で入力電圧が4.7vで

pnpトランジスタとnpnトランジスタの接続回路について質問です。
写真の回路で入力電圧が4.7vでIc1のコレクタ電流が流れ、コレクタ電流が増加すると、VB2が0.7v以上にりpnpトランジスタのベース電流IB2が流れ、Ic2が発生すると言った説明がおるのですが、pnpトランジスタはベースの電位が下がるとベース電流が流れると勉強したのですが、これではIc1が増加するにつれ、Ic1と、コレクタ抵抗によりVB2は増加しますよね?
電位が高くなるのになぜ、pnpトランジスタは作動するのでしょうか?
詳しい方ご教授頂きたいです。

Aベストアンサー

> それはプラスの電圧VB2ではないのですか?
> エミッタから見てマイナス電圧とはどういった見方なのでしょうか?

TR1のコレクタにある抵抗に名前が書いてないのでRc1としておきます。
Ic1が流れるとRc1の両端に電圧が生じます。すなわちVB2が発生します。
VB2は直流の電圧ですが、その極性(プラス、マイナス)はどうなるかわかりますか?
図にIc1の流れる方向が矢印で書いてあるのでわかるでしょう。図の上方向がプラスになります。ですからVB2の矢印も上向きになってますね。
これをTR2について言えば、エミッタ側がプラス、ベース側がマイナスです。
このことを「エミッタから見てベースはマイナス」と言います。当然のことですが「ベースから見ればエミッタはプラス」ですね。視点を変えればプラスの電圧にも見えるしマイナスの電圧にも見えるのです。どこを基準にした見方なのかということが大事なのです。「○○から見てプラス」とか「××を基準としてマイナス」のように基準点を明確にしておかないと誤解を生じるのです。

Q課題で行き詰まってしまって知りたいのですが 縦軸が疲労限度、横軸が引張強度 プロットがバツが鋳造、丸

課題で行き詰まってしまって知りたいのですが
縦軸が疲労限度、横軸が引張強度
プロットがバツが鋳造、丸が鍛造
これ見て鍛造はこうで鋳造はこうだから鋳造のほうが鍛造より低くどうである!みたいな感じでこの画像見て気づくことがある限り知りたいのですが教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

加工による材料特性の改善が見て取れる。
鍛造は材料に応力を加えて塑性加工し、転位を増やし材料の結晶粒度が小さくなる、
そのため鍛造することで材料自体の均一性が向上し疲労・引っ張り強度とも増す。
グラフ中で鍛造の強度が左右の広がりをみせているのは、鍛造比や加工条件が違うためか?。

鋳造は鋳込時の組織や鋳造欠陥の影響を受けている為か、鍛造と比べ両強度とも劣る結果になっている。
成分の不均一性やブローホールや介在物等の欠陥が熱処理だけでは十分に解消されていない。

細かい実験条件が判らんが、ぱっと見でこんなところかな。

Q接合トランジスタ、プレーナトランジスタ、点接触トランジスタ

接合トランジスタ
プレーナトランジスタ
点接触トランジスタ

これらのトランジスタって一体どういったものなんですか??

Aベストアンサー

点接触、接合、プレーナ型へと進化したのかな

参考URL:http://www.nanoelectronics.jp/kaitai/transistor/1.htm

Q片対数グラフについて。

誰か教えてください。
現在、片対数グラフを使用して物の硬度の調整を行っています。
数学が苦手なためか片対数グラフを使用している理由がよく分かりません。
なぜ片対数グラフがよいのでしょうか?あと両対数グラフ等違うものでは駄目なのでしょうか?
因みに片対数グラフと両対数の違いはどのような特徴の違いでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

片対数グラフを見てみると、縦軸の方の目盛りが変なことになっていませんか?
等間隔ではないでしょう。上に行くと詰まっていて、そうかと思うと一桁上がるとキャンセルされてまた同じ間隔に戻って、を繰り返しています。
(エクセルでプロットされているなら、目盛りを出してみてください。あるいは、文具店でグラフ用紙を実際に買ってくる方が分かりやすいかな)

対数グラフは、データが桁のレベルで変化する場合に便利なものです。
普通の等間隔に目盛りが刻んであるグラフに、そうしたデータをプロットすると、すぐにグラフが足りなくなって、”あー、もっと上長くしないと!”なんて間抜けなことになってしまいます。
また、そうしたプロットでは、測定データの間にどのような法則性が存在するのかを見て取ることが困難ですよね。

実際、世の中にはそうした形の法則が良くあります。
数学が苦手ということですが、対数というものはご存じですか?
logという関数がエクセルにもあります(lnというのもある。対数だけどちょっと違う。まぁここでは置いておきます)。
例えば、log_10(100)とすると、これは2ということになります。
対数ご存じならこれは良いですね。
片対数グラフがやっていることは、我々が測定した量が100だったとして、これを片対数グラフにプロットすると、自動的に2を返してくれるということです。ちょっと分かりにくいか。
えーと、我々が片対数グラフの100のところに点を打つのは、普通のグラフ用紙でlog_10(100)、すなわち2のところに点を打つのと同じことです。
普通のグラフ用紙で100のところにプロットするのと2の所にプロットするのではえらい違いですね。

私は硬度については知りませんが、片対数グラフでやるということは、桁の単位で変化する量なのでしょうね。
しかも、x軸の量に対してプロットしたときに、直線になるものではありませんか?
上述した法則性が云々というのはこれで、対数をとってプロットすると直線になることが良くあります。
数式で言うと、y = a X b^x
という指数関数になっているとき、対数をとれば
log_b(y) = log_b(a) + x
となりますから、これはただの比例関係として扱うことができます。
あとは最小二乗法など使えば、測定データから実際にどういう式にしたがっているのかを求めることができますね。

両対数グラフはx軸もy軸も対数になったものです。
当然、同じデータを片対数と両対数でプロットしたら全然別モノになってしまいます。

片対数グラフを見てみると、縦軸の方の目盛りが変なことになっていませんか?
等間隔ではないでしょう。上に行くと詰まっていて、そうかと思うと一桁上がるとキャンセルされてまた同じ間隔に戻って、を繰り返しています。
(エクセルでプロットされているなら、目盛りを出してみてください。あるいは、文具店でグラフ用紙を実際に買ってくる方が分かりやすいかな)

対数グラフは、データが桁のレベルで変化する場合に便利なものです。
普通の等間隔に目盛りが刻んであるグラフに、そうしたデータをプロット...続きを読む

Qグラフ、特性曲線の読み取りかたについて log・対数の意味

特性曲線を扱うことが多いのですが、横軸が対数になっています。

普通のlogの付いていない数字なら縦軸と横軸ですんなり関係性が読み取れるのですが、
logを使って変換したグラフを見るとよくわからなくなります。
対数を理解していないからだと思うのですが、なぜ対数を使うのでしょうか?

対数だと大きな値でもグラフ上で比べることができると聞いたような気がします。
対数を使わなかった場合横にダラ~っとグラフが長くなってしまうので、コンパクトにまとめるために使うのですか?

その際グラフを読み取るのに縦軸30なら横軸はlog○○とか読んでもよくわからないのですが・・・。

どうか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

何の特性曲線かよくわかりませんが。まず例から
音の高さはA(ラ)は220Hzで、その1オクターブ上が440Hz、その1オクターブ上が880Hzのように、音は倍々で高くなっていきます。つまり、220Hz×1(2の0乗)→220Hz×2(2の1乗)→220Hz×4(2の2乗)と増えていきます。また、音の高さでなく、音の大きさの感覚(耳)も同じように変化します。耳は周囲の音が小さいときは感度が高く、周囲の音が大きいときは鈍くなっています。ですので、TV等の音量のボリュームは例えば数字で5→10と15→20では音の聞こえは同じ5の変化でもスピーカーに入る電気のエネルギーの変化は後者が何倍も大きいです。

 簡単に言えば、○のn乗で変化するものをグラフ化するときに対数を使います。人間の知覚する感度に近い?のです。
 最近よく起こる地震のエネルギーを示すマグニチュード○、星の明るさの○等星も対数です。

対数そのものはネットで対数を検索すればたくさんヒットするでしょう。そちらを見てください。高校の2年生で学習します。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報